自分で言うのも変ですが、私は他の人から説明が分かりやすいとよく言われます。ただし、私が気を付けている点は二つしかありません。

逆に言えば、この二つのポイントに気を付ければ、誰でも分かりやすい文章を書くことができるようになります。以下にこのポイントを記載します。

専門用語の説明する前に、その説明を行う

分かりやすい文章を書く人が全員使う言葉として、「小学生でも理解できるように意識している」というものがあります。 ただその中でも私が何に注意しているかと言うと、「専門用語を使う前に、必ずその説明をする」という事があります。

例えば、「心理学をマスターすればコピーライティングのテクニックは完璧です」と言われても、あまりピンと来ません。そもそもネットビジネス初心者に「やっぱりコピーは重要ですよね」と言った所で、「えっ、コピー機ですか?」と言われます。

そこで私なら、「なぜ人が動くのかを学ぶ心理学をマスターすれば、文章の力だけで人を行動させるコピーライティングのテクニックは完璧です」とします。

「心理学」という単語を使う前にその説明を行い、「コピーライティング」の言葉を使う前にもその説明を行っています。これを意識すれば、とても分かりやすい文章を書けるようになります。

多くの人はいきなり専門用語を使っているから理解の難しい文章になってしまいます。そこで、これら専門用語を使う直前に「専門用語自体の説明」を行えば小学生でも理解できるようになります。

同じ説明を言葉を変えて何回も行う

文章の中で何回も同じ説明を繰り返すことにより、より分かりやすくなります。多くの人は何を考えるかと言うと、「一度説明すれば、その説明を再び行う必要は無い」と考えます。しかし、実際には逆です。

人はそこまで記憶力が良くないです。そのため、もう一度説明しなければ忘れてしまいます。何度も説明を繰り返し行うことで、頭の中に刷り込ませるのです。

ただし、同じ説明とは言っても言葉や表現は変えなければいけません。また、不自然ではない程度に間隔も空けて説明を繰り返す必要があります。

これらの注意点を押さえた上で何回も同じ説明をすることで、ようやく人間は理解できるようになります。

このサイトの構成も同じです。言葉や表現は若干変化させていますが、重要だと思う部分は同じ事を何回も言っています。これにより、何回も同じ表現に触れさせることで分かりやすい文章が完成されます。

このように、私が気を付けている事は「専門用語を使う前に、その専門用語自体の説明を行う」「何回も繰り返して同じ説明を行う」の二つだけです。
これを意識すれば、小学生でも理解できる文章を書けるようになります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録