Webサイトやブログで記事コンテンツを作るときに、「タイトル」を意識していない人は多いです。ただ、いい加減なタイトルを付けてしまうと、せっかく質が高い記事コンテンツを作っても、誰からも見られないコンテンツになる可能性があります。

タイトルが魅力的でないと、ユーザーにクリックしてもらえません。また、検索エンジンで上位表示されなくなってしまいます。SEO対策(Googleの検索エンジンで上位表示されること)で記事タイトルは非常に重要なのです。

そうしたことを避けるためにも、ユーザーにとって魅力的なタイトルを付けてアクセスアップを図り、集客につなげることが大切になります。

人気サイトを構築するためには、質の高いコンテンツだけでなく、タイトルに力を入れることも重要です。そこで今回は、「ユーザーがクリックしてアクセスが集まる魅力的なタイトルの付け方」について解説します。

Googleの検索結果に表れる見出しがタイトル

アクセスが集まるコンテンツを作成するためには、タイトルを意識することが大切です。コンテンツのタイトルが魅力的でないと、どれだけ良いコンテンツを書いてもユーザーに読まれないためです。

人気サイトを構築するためにはコンテンツの質が高いことは必須です。ただ、検索結果に表示されるのは「タイトル」であるため、ユーザーが記事内容を読みたくなるタイトルを付けなければクリックされません。インパクトのあるサイトタイトルである必要があります。

また、ユーザーはタイトルからある程度コンテンツの中身が推測できないとクリックしません。自分が求めている情報が載っていないコンテンツを開いて無駄な時間を過ごしたくないためです。

基本的にインターネットを使って調べ物をするときには、Google(またはYahoo)の検索を利用します。Googleの検索窓に調べたいキーワードを入力することで、以下のようにキーワードに関連したウェブサイトのコンテンツが現れます。

基本的に、検索に対して1つのページ当たり10個のコンテンツが表示されます。このとき、コンテンツの一番上に表示されている見出し部分がタイトルです。

つまり、ユーザーが何かを調べようとして検索したとき、最初に目に入ってくるのがコンテンツのタイトルだといえます。

このように、Googleで検索したときに目立つように表示されているのがタイトルです。

タイトルにインパクトがないとクリックされない

あなたがGoogleを使って検索したときのことを想像してみてください。おそらく、どのウェブサイトのコンテンツをクリックするかは、タイトルを見て決めるのではないでしょうか。

もちろん、タイトルの下に書いてあるコンテンツの説明文を読んだ後、コンテンツを選ぶ人もいるでしょう。しかし、ほとんどの検索ユーザーはタイトルだけを見てクリックするコンテンツを選択します。つまり、ユーザーにとってタイトルが魅力的でないと、コンテンツがクリックされません。

例えば、あなたが便秘の解消法について調べているとします。そのとき、Googleの検索結果に以下の記事タイトルが表示されていたとします。

  • 便秘の原因と解消法
  • 今すぐ実践できる!確実に便秘を解消する5つの方法

この場合、あなたはどちらを最初にクリックするでしょうか。おそらく、ほとんどの人は後者の「今すぐ実践できる!確実に便秘を解消する5つの方法」を選択するはずです。これら2つのタイトルでは、後者のタイトルの方が明らかに魅力的であるためです。

もちろん、検索順位が上位である方を先にクリックする人は多いです。

実際、検索順位が1位と2位では、クリックされる確率(クリック率)が2倍以上違うといわれています。検索順位の1位に表示されれば、30パーセントの人がクリックするのに対して、2位では14パーセントの人しかクリックしないことが明らかになっているのです。

ただ、いくら検索順位が2位に表示されていても、タイトルが魅力的であれば、1位に表示されているコンテンツよりもクリックされるようになる可能性があります。それほど、タイトルはユーザーのクリック率に関係しているのです。

アクセスアップを考えるとき、インパクトのあるタイトルの書き方を学ばなければいけません。適切なタイトルの付け方を学び、実践することで記事が読まれるようになるのです。

コンテンツの中身を推測できないタイトルはクリックされない

ただ、いくら目を引くタイトルであっても、コンテンツの中身が全く推測できないようなタイトルであれば、ユーザーにクリックされません。ユーザーは効率的に情報を得たいと考えているため、自分にとって必要な情報が載っているか分からないタイトルのコンテンツをクリックしないのです。

例えば、先ほどと同じように便秘の解消法について調べているとします。そのときに「今すぐ実践できる!確実に便秘を解消する5つの方法」というタイトルであれば、「便秘を解消するための方法について書いてあるコンテンツ」ということが想像できます。

その一方で「便秘に関する基礎知識」といったタイトルであればどうでしょうか。「便秘に関することが書いてある」という程度は想像できますが、具体的なコンテンツの内容は推測できません。

「便秘に関する基礎知識」というタイトルであると、「便秘の有病率(どれくらいの割合の人が便秘にかかっているかを示す値)について書いてあるのか?」「便秘の原因について書いてあるのか?」「便秘の解消法について書いてあるのか?」といった、さまざまな疑問が浮かびます。

コンテンツの中身を漠然としか推測しかできなかった結果、ユーザーはコンテンツのクリックを止めてしまいます。欲しい情報が書いてあるかわからないコンテンツは無視されるのです。

ターゲットペルソナを決めるのが集客のコツ

それでは、実際にタイトルの考え方として意識するべきルールやコツとしては何があるのでしょうか。このとき最も意識すべきことは、コンテンツのターゲットとなるユーザー(ターゲットペルソナ)を意識することです。ターゲットペルソナとは、記事を読んで欲しい一人の人間を指します。

ターゲットペルソナは、できるだけ具体的かつ詳細に決めるといいです。

例えば、あなたが便秘に関するウェブサイトに「便秘の解消法」に関するコンテンツを書くとします。このときに、大まかなターゲットとして「便秘に悩む人」ということは決まっています。ただ、これだけでは魅力的なコンテンツやタイトルを作るためには不十分です。

質が高いコンテンツやタイトルを作るためには、ターゲットペルソナを具体的かつ詳細に決めなければいけません。例えば、以下のようになります。

  • 30代の女性
  • 2人の小学生を子どもにもつ専業主婦
  • 2人目の子どもを出産した後から便秘が出現する
  • 現在は下剤を飲んでいて、週に3回は排便が認められる
  • 排便後のすっきり感はなく、常にお腹に張り感が残っている
  • 薬を使わずにどうにかしてお腹の張り感を改善したいと考えている

このように、性別や年齢だけでなく、生活状況、悩みの程度、望みなど、できるだけ詳細にペルソナを設定します。その後はペルソナだけに向けた文章を書くことで、ペルソナの心に刺さるコンテンツを作成することができるのです。

これは、タイトルでも同じです。もし、以上に挙げたような具体的なペルソナ像を立てずにタイトルを付けるとしたら、おそらく「便秘の解消法」「便秘を改善するために有効な方法」といったタイトルになります。

その一方で、先に挙げたようにペルソナ像を明確にし、ペルソナに向けたタイトルを付けると、以下のようなタイトルになります。

  • 産後の便秘を下剤に頼らず解消する5つの方法
  • 便秘によるお腹の張りを今すぐに解消する7つのポイント
  • 薬に頼らず便秘によるお腹の張り感を改善する方法

このように、詳細かつ具体的にペルソナをイメージしてタイトルを付けると、先ほど挙げたようなペルソナが具体的でないときと比較すると、明らかにペルソナの心に刺さるタイトルになっています。

もしあなたが30代の主婦で産後の便秘に困っている状況であり、Googleの検索結果に以下の2つのタイトルが並んでいた場合、どちらをクリックしたくなるでしょうか。

  • 便秘の解消法
  • 産後の便秘を下剤に頼らず解消する5つの方法

おそらく、大半の人が後者のタイトルを見たときに「これは自分に向けたコンテンツだ」と感じて選ぶはずです。

こうしたことから、ユーザーの目を引くインパクトが大きいタイトルを付けるためには、まずはターゲットペルソナを明確に設定しましょう。多くの人に向けたタイトルではなく、一人に向けたタイトルであるほどクリックされるようになります。

・勘違いのないタイトルを付ける

このときのルールやコツとして、できるだけ勘違いを起こさせないようにタイトル名を設定する必要があります。例えば、今回のあなたが読んでいる記事は「サイト記事のタイトルの付け方」に関する内容になります。ただ、このときのタイトルを「サイトでのタイトルの付け方」などのように設定してはいけません。

サイトタイトルには、「記事(コンテンツ)タイトル」と「サイト名(ブログ名)」という2つの意味があります。

そこで、今回の記事では「サイト・ブログ記事のタイトルの付け方:読まれる書き方例を紹介」のようにタイトル名を設定しています。これにより、「記事タイトル」の書き方に関する内容だと把握できるようになります。

タイトルの付け方によっては、勘違いを起こさせることがあります。こうしたことを避けるように留意しましょう。

サイトやブログを読むメリットを明確にする

また、ターゲットペルソナに向けてタイトルを付けるときには「コンテンツを読むことで得られるメリット」を明確に示すことも大切です。

ユーザーは「自分が求めている情報が書かれてある」と感じたタイトルのコンテンツをクリックするためです。タイトルからメリットを読み取れないと、コンテンツを読む気持ちが弱まります

例えば、先ほどの例で挙げたペルソナ(産後の便秘に悩む30代女性)について考えてみます。

このとき、「30代の女性における便秘について」というタイトルを付けた場合、コンテンツを読むメリットを感じるでしょうか。

確かに、同じ年齢の女性に起こりやすい便秘について知ることができるかもしれません。ただ、わざわざ時間をかけてコンテンツを読んで「30代の女性に起こりやすい便秘」について理解できたからといって、悩みが解消する可能性は低いと感じるはずです。

そうではなく、「便秘によるお腹の張りを今すぐに解消する7つのポイント」というように、「コンテンツを読み進めることであなたの悩みを解消できる」というメリットがタイトルに入っていれば、コンテンツを読みたいと思ってくれます。

キーワードを入れ、SEOの検索順位で上位表示させる

ただ、やみくもに煽りを利かせたキャッチーなタイトルを作ればいいわけではありません。Googleの検索順位で上位表示させる必要があるため、このときはキーワードを考える必要があります。

あなたの専門サイトや特化型ブログに訪れるユーザーは、Googleなどの検索エンジンに検索キーワードを入力することで、知りたい情報を調べます。そして、検索エンジンに表示された結果から、「欲しい情報が載ってそうなタイトル」のコンテンツを選択(クリック)して、そのウェブサイトから情報を得ます。

そうした際に、「タイトルに検索キーワードが入っているかどうか」というのは、ユーザーからのクリック率に大きく影響します。

例えば、あなたが産後の便秘解消法について調べていたとします。その場合、多くの人は「産後 便秘 解消法」「産後 便秘 治し方」といったキーワードで検索します。

そのとき、検索結果として表示された結果の中に「何ヶ月も続く産後便秘の5つの解消法・治し方」といったように、検索したキーワードが含まれていた方が、間違いなくクリックされるようになります。タイトルに検索キーワードが含まれていた方が、「自分が欲しい情報が載っているコンテンツだ」と感じるためです。

当然、便秘の解消法を探している人が、「便秘の原因について」というタイトルのコンテンツをクリックすることはありません。キーワードが含まれておらず、タイトルを読んだとき、どのような内容がコンテンツ内に書かれているのか分からないためです。

さらに、タイトルに検索キーワードを入れることは、ユーザーだけでなくGoogleからも高評価を受けることにつながります。つまり、SEO対策となって検索結果の上位に表示されやすくなるのです。

狙ったキーワードで検索エンジンでの上位表示を考える場合、アクセスアップによる集客のために、タイトルにキーワードを入れるのは常識です。タイトルの決め方としては、「キーワードを活用するべき」というルールがあるのです。

特に初投稿の人を含めて記事タイトルを思いつかない人も中にはいますが、検索キーワードからブログ記事のタイトルを考えれば問題なく記事タイトルを思いつくようになります。

タイトルに入れるキーワードの調べ方

タイトルに入れるキーワードは、「Googleサジェスト」もしくは「関連キーワード取得ツール」といったツールを使って事前に調査します。コンテンツを作成する前には、こうしたツールを使って必ずユーザーの検索意図を推測しておきましょう。

Googleサジェストなどのツールを使うことで、実際にユーザーが検索時に入力する複合キーワード(2語、3語といったようなキーワードの組み合わせ)を抽出できます。

例えば、Googleサジェストで便秘というキーワードを調べると、以下のような複合キーワードが抽出されます。

基本的にユーザーは一つの単語ではなく、こうした複数のキーワードを組み合わせて検索します

さらに、調べたいことや悩みが詳細かつ明確な場合には、2語ではなく「便秘 解消法 食事」「便秘 産後 治し方」「便秘 良くする 簡単」といったように3語以上のキーワードで検索するのです。

こうしたキーワードが入ったタイトルを設定することで、検索結果に表示されたときにユーザーからクリックされやすくなります。

ここまで述べたように、タイトルにはユーザーが検索時に入力するキーワードを入れることが重要です。ただ、あまりに意識してすべてのキーワードを詰め込むことを考えるのは避けるようにしてください。タイトルが不自然になるからです。

例えば、あなたが看護師の転職に関するサイトを作っているとします。このとき、ターゲットとするユーザーが検索するであろうキーワードを抽出します。例えば、以下のように一覧としてまとめます。

  • シングルマザー 看護師
  • シングルマザー 看護師 年収
  • シングルマザー 看護師 学校
  • シングルマザー 看護師になる
  • シングルマザー 看護師 目指す
  • シングルマザー 看護師 資格
  • シングルマザー 看護師 ブログ

今回の場合、「シングルマザー 看護師」というキーワードで検索したところ、3語目のキーワードがこれだけ抽出されます。このとき、これら全てのキーワードをタイトルに組み入れることは困難です。また、できるだけ多くのキーワードを使おうとしても日本語が不自然となる可能性が高いです。

そもそも、サジェストで抽出されたキーワードには、ターゲットとなるペルソナに関係のない単語も含まれています。Googleサジェストなどで抽出されたキーワードを、全て使用する必要はありません。ペルソナに関係のあるキーワードのみを抽出し、タイトルとして使うようにしましょう。

例えば、「シングルマザーの人が年収の高い看護師になる方法」に関するコンテンツを作成するとします。そうした際に、「年収」「学校」「目指す」「資格」といったキーワードは、ペルソナに関係する単語だといえます。

その一方で、「ブログ」といったキーワードは、抽出されたキーワードの中でも、ペルソナが求めている情報とは関係ない単語だと考えられます。そのため、このときには「ブログ」というキーワードをタイトルに入れる必要はないのです。

具体的には、「シングルマザー 看護師」に「年収」「資格」といったキーワードを組み合わせて、以下のようなタイトルにすればよいでしょう。

  • タイトル:シングルマザーが年収の高い看護師の資格を取得するには

このように、タイトルにキーワードを入れるときには、抽出された全てのキーワードを使うのではなく、ペルソナに関連のあるキーワードのみを選択して使用するようにしましょう。記事タイトルにできるだけキーワードを入れるべきなのは間違いありませんが、あくまでも自然になる必要があります。

・キーワードを入れれば、煽るタイトルは不要

なお、コピーライティング(人を行動させる文章)の基本として、煽るキャッチーなタイトルを考えたり、数字を入れたりすることが一般的に知られています。

しかし、不自然にならない範囲でキーワードをタイトルにできるだけ詰め込むことを考えるのであれば、特に煽ることや数字を交えたタイトルを考える必要はありません。見やすく工夫してキーワードを入れ、一人の読者に刺さるサイトタイトルであれば大丈夫です。

必要であれば句読点や記号(!や?など)、スペースを入れて見やすくしても問題ありません。ただ、注意点として顔文字を入れるのは避けましょう。非常に幼稚な印象を与えるからです。

文字数の長さは32文字以内を目安にする

このとき、タイトルの文字数を何文字にすればいいのか考えるようにしましょう。

タイトルの文字数は、基本的に制限がありません。しかし実際には、タイトルの文字数は32文字以内(多くても35文字以下)に設定することが大切です。Googleの検索結果に表示されるタイトルの文字数の長さが決まっているためです。

具体的な文字数は検索時期(タイミング)によって異なりますが、検索結果にはおおよそ30~32文字のタイトルが表示されます。このとき、33文字以上と長いタイトルでは、それ以後は以下のように「‥」と表示されます。

上の画像の2番目に表示されているタイトルは「便秘解消効果がある4つの食べ物の正しい選び方をご紹介!即効でる便秘解消法」というのが正式なタイトルです。ただ、タイトルの文字数が36文字あり、33文字以降は「‥」となって途中で消えています。

このように、タイトルは一定の文字数以上になると、検索結果に表示されなくなります。そうしたことを避けるためにも、タイトルを付けるときの考え方としては32文字を目安にしましょう。

ブログタイトルを考えるときのルール

なお、サイトやブログ記事のタイトルの決め方について解説してきましたが、その他にも細かいルールがあります。これらを認識したうえで、記事タイトルを考えなければいけません。

具体的には、以下のようなルールがあります。

・ブログタイトルの自動生成ツールを使ってはいけない

なお、記事タイトルが思い浮かばない人が考えることとして、記事タイトルの自動生成ツール(タイトルジェネレーター)の活用があります。Web上にはランダムに記事タイトルを考えてくれるツールが存在し、そうしたタイトルメーカーを活用するのです。

ただ、そうしたツールやアプリを使ってもゴミみたいなタイトルしか完成されません。例えば、以下は実際にWeb上に存在する記事タイトルの自動作成ソフトを使ったときの結果になります。「シングルマザー 看護師 目指す」のキーワードを活用しました。

このようにランダムで表示されましたが、「82歳を過ぎてからシングルマザー……」「学校では教えないシングルマザー……」などのように、意味不明な日本語が並ぶようになります。ツールによって機械的にランダムに出しても、使えないタイトルしか出てきません。

読者が興味をもち、クリックされるタイトルは「キーワードを活用し、一人の人間に絞った刺さる記事タイトル」となります。自分の頭でいくつかのタイトル案を考え出し、タイトルの自動生成メーカーには頼らないようにしましょう。

・記事タイトルを変更しても影響は少ない

また、場合によっては途中で記事タイトルを変えたいと考えることがあると思います。その場合、記事内容がペラペラの状態だとSEOに大きく影響し、検索結果の順位が変わってしまいます。

ただ、私が10年以上もネットビジネスを実践している経験からいうと、記事内容がしっかりしていれば、たとえタイトルを途中で変更しても検索順位に変動はありません。

これまで述べた通り、そもそも記事タイトルにすべてのキーワードを詰め込むのが不可能なケースは多いです。ただ、記事内容がしっかりしていれば、変更したキーワードで検索したときであっても、問題なくSEOで上位表示されます。

そのため、たとえタイトルを変えてたとしても検索結果に影響はありません。もし、記事タイトルを変えて順位が落ちたのであれば、単純にあなたのサイトの記事内容がショボいためだといえます。

・地名や商品名の記事では、重複タイトルを避ける

同じサイト内で重複するタイトルが発生した場合、SEOに悪影響を及ぼす可能性が高いです。そのため、重複タイトルは避けるようにしましょう。

よくあるのは、似たタイトルを使いまわすことがあります。例えば、以下のような感じです。

  • 新宿でおすすめの美容室を現地調査
  • 渋谷でおすすめの美容室を現地調査

地名を変えた以外、あとは同じです。ただ、あまり良いタイトルとはいえません。重複タイトルになるため、検索結果に悪影響が及びます。こうした記事だと、地名や商品名の記事を作るときに起こりやすいです。同じような重複タイトルはできるだけ避けましょう。

・サブタイトルを付けるのはアリ

場合によっては、サブタイトルを付けることでタイトルにキーワードを盛り込むのも問題ありません。そうすることで、より記事の中で述べている内容を表現でき、クリックされやすくなります。

実際、この記事のタイトルは「サイト・ブログ記事のタイトルの付け方:読まれる書き方例を紹介」としており、「読まれる書き方例を紹介」というサブタイトルを付けています。ただ、それでも問題ありません。

特化型ブログで収益性の高い記事タイトルを考える

何のために専門サイトや特化型ブログを運営するのかというと、副業・起業や売上アップのためです。多くの人を集客し、収益を生み出すためのツールがサイトやブログによるホームページなのです。

そのため、記事タイトルの作り方を学ぶことでアクセスアップを図り、ビジネスを加速させることを考えましょう。

ただ、実際にタイトルを作り出すときは悩むようになります。そこで、ブログタイトルの付け方をまとめました。キーワードを盛り込み、一人の読者に向けて32文字以内でタイトルを作るようにしましょう。

特定のテンプレートやサンプルに従って記事タイトルを作るのは意味がありません。あくまでもキーワードを活用し、不自然にならないようにキーワードをタイトルに盛り込むのが、刺さるサイトタイトルを構築するコツになります。

コンテンツマーケティングで有益な記事を作るとき、最初に悩むのが記事タイトルです。ここで読まれるブログタイトルを考えることにより、副業・起業によるビジネスでの収益化を加速させるようにしましょう。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認