人気サイトを作っていく上で著作権を理解しておくことは重要です。どれだけアクセスが集まるサイトを構築しても、著作権を侵害してしまっていた場合、せっかく作り上げたサイトが水の泡になってしまう可能性があります。

基本的には、あなた独自のオリジナルコンテンツを作成していれば、著作権が問題になることはありません。ただ、どれだけ気をつけていても、著作権に関する警告文が送られてくることもあるのです。

そうしたときに焦らずに対処できるようにするためにも、著作権について理解しておくことは大切です。

そこで今回は、「ウェブサイト運営で著作権問題を起こさないための注意点」について解説します。

著作権とは

著作権とは、創作した時点で著者に生まれる権利です。具体的には、書物、言語、音楽、絵画、建築、図形、映画、コンピュータプログラムなどによって表現した著作物にかかる財産的な権利になります。そして著作権は、特許権や商標権にならぶ知的財産権の一つです。

サイトのコンテンツ内で著作物を著者の許可なく第三者が使用すると、著者から著作権侵害で訴えられる可能性があります。

そうしたことを避けるためにも、ウェブサイトを構築するときには、著作権について理解しておくことが大切です。

著作物に含まれるもの・含まれないもの

コンテンツを作成する際には基本的に、他の人が作成したコンテンツをそのまま使用してはいけません。つまり、「コピー&ペースト(コピペ)」をしてはいけないということです。

例えば、他者が運営しているウェブサイトやブログに書かれた「文章」や使用されている「図」には著作権が発生しています

そのため、こうした他の人が作成したコンテンツはあなたのウェブサイト上に真似して掲載してはいけません。

その一方で、客観的なデータ(統計データ集など)は著作物に含まれません。こうしたデータは、人間が作成したものではなく、機械的に算出されたものであるため著作権が発生しないのです。

つまり、インターネット上の他社のサイトに掲載してある情報であっても、客観的なデータはどれだけ使用しても問題ありません。

このように、他社のウェブサイトに載っている情報であっても「著作物に含まれるもの」と「含まれないもの」があることを理解しておいてください。

アイディア自体に著作権はない

ここまで述べたように、文章や図などの創作物には著作権があります。その一方で「アイディア」には著作権が発生しません

例えば、あなたが知人と話しているときに「○○っていうビジネスモデルを考えている」という話を知人から聞いたとします。あなたが知人から聞いた「○○」は、知人のアイディアです。そのため一見すると、あなたが知人に無断で○○を行うことは著作権を侵害しているように思えるかもしれません。

しかし実際には、こうしたアイディアには著作権が発生しません。つまり、あなたが知人から聞いたアイディアを知人の許可なく情報発信しても問題ないのです。

ただ、知人が○○というアイディアを文章化していたり、図式化していたりした場合には、それらをあなたのコンテンツと使ってはいけません。

このように、アイディア自体には著作権がないことを知っておいてください。

コピー&ペースト(コピペ)問題

ウェブサイトのコンテンツを作成するときには、著作権を侵害しないように注意しなければいけません。文章や図には、作られた時点で創作者に著作権が生まれるため、無断で他者が作成した文章や図を使ってはいけないのです。

ウェブサイトを構築していく上で最も問題となりやすいのが「コピー&ペースト(コピペ)」になります。コンテンツ作成時には、コピペをしないように注意しなければいけません。

ネット上からのコピペは論外

コピペの中でも、ウェブサイトに掲載されている情報をコピーして自分のサイトに貼り付けるのは論外です。

具体的には、以下のようにあるウェブサイト上にある文章を右クリックしてコピーした文章を、そのままウェブサイトに貼り付けるような行為です。

こうしたインターネット上に掲載されている情報をコピペしてコンテンツに活用しないことは、著作権を侵害しないための基本です。

他者のサイトに掲載されているコンテンツは絶対にコピペしないでください。

雑誌や本からのコピペも不可

ただ、どれだけインターネット上にあるコンテンツをコピペしてはいけないといっても、多くの人はコピペをしてしまいます

私はウェブサイトを作成するコンサルタントを生業としています。その中で、コンサル生に対して「コピペをしてはいけない」ということは最初に必ず伝えます。しかし、それでもコンサル生の約半分はコピペをしてしまうのが実際です。

確かに、「コピペをしてはいけない」というと、インターネット上のコンテンツをコピーする人はほとんどいません。

その一方で、雑誌や本の情報を書き写す人が多いのです。たとえコピー&ペーストをしていないといっても、雑誌や本に書かれていることをそのまま掲載することは、コピペと変わりありません

当然ながら、本や雑誌に書かれている情報には著作権があります。つまり、あなたが本や雑誌の情報をそのままウェブサイトのコンテンツとして使用すると、著作権を侵害することになります。

また、本や雑誌に書かれている情報は、他の人が同じ本や雑誌からコピペしている可能性が高いです。そのため、結果的にインターネット上に全く同じ文章が複数存在することになるのです。その結果、簡単に本や雑誌からコピペしていることがバレます。

このように、インターネットだけでなく、本や雑誌からのコピペにも注意するようにしてください。

コピペはチェックできる

ここまで述べたように、ウェブサイトのコンテンツを作成していく上でコピペは絶対にしてはいけません。そして、コピペした文章は、簡単にチェックして見つけることができます。

既に述べたように、私はウェブサイトを作成するコンサルタントをしています。そうした関係から「コピペリン」と呼ばれる、コンテンツがコピペされていないかをチェックするツールを使用しています。

具体的には、コピペリンにチェックしたい文章を貼り付けることで、ウェブサイト上に同じような文章がないかを探してくれます。そして、インターネット上に被っている文章が見つかった場合には以下のように赤色で表示されるのです。

コピペリンでチェックすると、「コンテンツのどの部分が、どのウェブサイトと何パーセント同じ文章である」ということまで分かります。

もちろん、「コピペリンで引っかかったら全てがコピペしている」ということではありません。たとえ完全にオリジナルのコンテンツであっても、同じような文章になることはあるからです。

しかし、あまりにもコピペリンに引っかかる部分が多い場合には、コピペをしていることが予測できます。

ウェブサイトを構築していく上で、こうしたコピペリンのようなコピペチェックツールを購入する必要はありません。そもそもコピペをしなければ、チェックする意味はないためです。

ただ、こうしたツールがあるため、「コンテンツ作成時にコピペをするとすぐにバレてしまう」ということを知っておいてください。

私がクライアントやライターの文章をコピペチェックしてコピペが判明したとき、多くの場合で「雑誌や書籍から語尾だけを変えてコピペしていた」ということが多かったです。こうしたことを避けるため、いかなる理由があってもコピペはしないようにしましょう。

著作権に引っかからないための3つのポイント

それでは、コンテンツを作成するときに著作権に引っかからないようにするためには、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。

もちろん、完全にあなたが作成したオリジナルのコンテンツであれば、著作権を侵害する心配はありません。ただ、より著作権に引っかからないようにするために、特に本や雑誌から情報を仕入れてコンテンツを作成する際には、何点か注意しなければいけないことがあります。

本や雑誌は情報を仕入れるだけに留める

既に述べたように、著者が作成した文章や図には著作権が発生しています。その一方で、客観的なデータや著者のアイディア自体には著作権がありません。そのため、本や雑誌を参考にしてコンテンツを作る際には、本や雑誌は情報を仕入れるだけに留めるようにしてください。

例えば、ある本の中に以下のような情報があったとします。

便秘を解消するためには、食事と運動、睡眠の3つが大切です。その中でも、食事で水溶性食物繊維が豊富に含まれている食品を摂取することは、便秘を改善するために最も重要な要素になります。

この文章中からは、「便秘解消のために食事と運動、睡眠が大切である」「その中でも食事で食物繊維を摂ることが最も大事である」という情報を読み取れます。これらの情報は、いってしまえば著者のアイディアになります。

そして、もしこれら2つ情報をコンテンツ内に活用したいと思ったときには、文章全体ではなく、アイディアである情報だけをメモもしくは頭に留めるようにしておきます。

そうすれば、著作権が発生している文章ではなく、著作権がないアイディアだけを使うことになります。その結果、著作権に引っかからないのです。

このように、コンテンツを作成する場合には、本や雑誌からはあくまで情報(アイディア)だけを仕入れるように意識してください。

コンテンツ作成時に情報源を見ない

また、情報を仕入れた後は、情報源である本や雑誌を見ないでコンテンツ(文章)を作成するようにしましょう。どれだけコピペしないように意識しても、本や雑誌を横に置いて確認しながら文章を作成すると、同じような文を書いてしまうためです。

そうしたことを避けるためにも、コンテンツ作成時には情報源を見ないようにすることをお勧めします

ただそうはいっても、本や雑誌で仕入れた情報をコンテンツ作成時に忘れてしまう場合もあります。そうした場合には、そのときに再度本や雑誌で情報を確認するようにしてください。

もしくは、最初に本や雑誌を読むときに、ノートやメモ帳などに、情報やアイディアだけをメモしておくことも有効です。ノートやメモ帳に残した、断片的な情報やアイディアだけであれば、確認しながらコンテンツを作成しても文章が被ることはほとんどありません。

オリジナルの考え方や事例を入れる

このように本や雑誌を参考にするときには、情報やアイディアだけを仕入れて、情報源を見ないでコンテンツを作成することが大切です。ただ、それだけでなくコンテンツ内にあなた独自の考え方や事例を入れることで、さらに著作権に引っかかることを避けられます。

例えば、先ほど例に挙げたような文章であれば、以下のように事例を入れることでオリジナルの文章になります。

・原文

便秘を解消するためには、食事と運動、睡眠の3つが大切です。その中でも、食事で食物繊維が豊富に含まれている食品を摂取することは、便秘を改善するために最も重要な要素になります。

・オリジナルの文章

便秘を解消するためには、食事だけではなく、運動や睡眠といった生活習慣を整えることも大切です。ただ、その中でも、コンニャクなどに含まれる水溶性食物繊維を意識して摂取することは、便秘を改善するために最も重要な要素になります。

例えば、私はあらゆる雑誌に書かれている便秘を解消するための食事や運動、睡眠法を試してきました。しかし、1年近く努力をしたものの、便秘は一向に良くなりませんでした。

そのとき、ある雑誌を読んでいると、「イモ類や豆類に含まれている不溶性食物繊維だけではなく、コンニャクなどに入っている水溶性食物繊維が便秘をするためには重要である」という情報を見つけました。

これまで私は、食物繊維を摂取することは意識していたものの、よく考えてみると不溶性の食物繊維ばかりを摂っていました。

そこで、その日から毎日水溶性食物繊維を摂取するようにしたところ、これまで数年間悩まされてきた便秘が1週間で改善したのです。

以上のように、「例えば」「具体的には」といった言葉を使って、あなたの実体験(事例)や考え方を入れることで、完全なオリジナルコンテンツとなります。

図の著作権問題

文章の著作権に関しては、ここまで述べた注意点を意識することで、ほぼ問題ありません。ただ、ウェブサイトでコンテンツを作成するときには、文章だけでなく「図」の著作権にも注意しなければいけません。

当然ながら、文章と同じように、図自体をコピペすることは論外です。また、図に関しては文章以上に細かいことに注意する必要があります。

模写は不可

コンテンツを作成しているときに、「インターネット上に掲載されているものと同じような図を使いたい」と考える人は多いでしょう。このときに、著作権を意識してコピペをしないように注意する人はたくさんいます。

そして、「似たような図を自分で書けば著作権に引っかからないだろう」と考えて模写する人は多いです。

ただ、図の著作権に関して模写はいけません。インターネット上にある図を真似して自分で描いても、それは図をコピペしていることと違いありません。

そうならないようにするためにも、図を描くときはあなたの頭の中だけでイメージを構築する必要があります。

そうはいっても、目や耳、ハートなど、ある程度形が決まっているものは模写しても問題ありません。これらは、どれも誰が書いても同じような図であるためです。

このように、図を描くときには基本的に他者の図を真似して模写しないようにしてください。

イラストは無料素材、有料素材を活用する

図を作成するときに、図の中に「イラストを入れたい」と考えることも多々あります。例えば、私の薬学系のサイトには以下のようなイラスト入りの図を使用しています。

当然、こうしたイラストは、自分で描くことは難しいです。イラストレーターであればまだしも、全くイラストの経験がない人が質の高いイラストを作成することはできません。

このような図の中に挿入するイラストは、インターネット上にある「無料素材」や「有料素材」を活用することで、手に入れることができます。ただ、このときに注意しなければいけないことは「商用利用OK」である素材を使用するようにしてください。

例えば、「Photo AC」「ぱくたそ」「Pixabay」といったウェブサイトであれば、無料で商用利用できる画像を手に入れることができます。

こうした無料の素材を加工して図に貼り付けることで、きれいなイラスト入りの図を簡単に作成することができるのです。

具体的には、「Power point(パワーポイント)」を使うことで、誰でも図にイラストを挿入することができます。パワーポイントで図を作成して、そこに無料素材からダウンロードしたイラストを貼り付けて加工するのです。

実際に、先ほど記した私の薬学系サイトに掲載している図も、すべてパワーポイントを使って作成しました。

このように、商用利用できるイラストを上手く活用することで、より分かりやすく見やすい図を作成することができるようになります。

文章の引用方法

ここまで述べたように、文章や図には著作権があるため、著者に無断で使用してはいけません。ただ、「この本には素晴らしいことが書いてあるから、ぜひ本の中の一文をそのまま使用したい」といったときには「引用」を用いることで、著者に許可を得ずに文章や図などの創作物を使うことができます。

そうはいっても、引用する場合にはいくつか注意しなければいけません。特に「引用部分・引用元の明記」「コンテンツ内における引用部分の割合」の3つは、引用する際には必ず意識するようにしてください。

引用部分・引用元が明確に分かるようにする

コンテンツ内で引用を使う場合には、引用部分が明確に分かるようにしなければいけません。つまり、誰が見てもあなたがオリジナルで作成したコンテンツの部分と引用した部分を見分けられるようにしておかなければいけないのです。

例えば、最も簡単な引用部分の差別化の方法としては、以下に記すように引用部分を「テーブル(枠)」で囲います。

こうすることで、ユーザーが見たときに「テーブル内の文章は引用部分である」ということを、明確に理解できるようになります。

また、文章を引用する際には、引用した書籍名やサイト名を明記することが大切です。上の図にあるように、引用部分の下に「引用:○○(書籍名、サイト名)」を明記します。

このように、引用部分や引用元を明確に記すことで、著作権に関係なく文章を引用することができます。なお、サイトから引用する場合は必ずリンクを入れるようにしましょう。

コンテンツの大部分が引用であるのは不可

ここまで述べたように、引用部分を明確にして引用元を明記すれば、コンテンツ内に他者の文章を引用しても問題ありません。ただ、あくまで引用部分がコンテンツのメインになっていてはいけません。コンテンツの主な内容は、あなたのオリジナルである必要があるということです。

例えば、「まとめサイト」と呼ばれるような、他者のウェブサイトに載っているコンテンツの一文を引用して、カテゴリーごとにまとめているサイトがあります。

具体的には、「肩こりを治す効果的な方法」というコンテンツであれば、他者が作成した肩こりに関するコンテンツをいくつも引用することになります。このとき、まとめサイトのコンテンツは、コンテンツの大部分が引用となっているのです。

こうしたまとめサイトのように、ほとんどが引用で作られているコンテンツは、全く価値がありません。いくら引用しているといっても、他人のコンテンツを真似しているだけであるためです。

コンテンツ内で他者の文章を引用する際には、あくまでオリジナルコンテンツがメインであることが大切です。

また、図を引用する場合も同じです。以下のように、引用するときには図の下に引用元を明記することが必須になります。

著作権で警告がくる場合もある

ここまで述べたように、ウェブサイトを作成するときには、著作権に注意しなければいけません。ただ、当然ながらアクセスが全くないようなサイトであれば、はっきりいってほとんど著作権で訴えられることはありません。誰も見ていないためバレないのです。

その一方で、人気サイトになるほど著作権などに関する警告がくる可能性が高くなります

例えば、私は著作権に関してかなり注意してコンテンツを作成しています。ただそれでも。著作権に関して以下のような警告文が送られてきたことがあります。

もちろん、このときは私に非はなかったため、コンテンツを削除することなく問題は穏便に解決しました。

ただ、これだけ気を付けていても「小見出しなどの文章の構成が似ている」「表現が似ている」といったことで、警告される場合もあるのです。そのため、著作権に関しては、最低でも以上に記した注意点だけは意識するようにしてください。

警告がきたときの対処法

どれだけ気をつけてコンテンツを作成していても、著作権に関して警告がくることがあります。ただ、警告といっても焦る必要はありません。落ち着いて適切に対処すれば、基本的には大きな問題へ発展することなく解決できます。

そこで、私の経験を踏まえた上で、警告がきたとの対処法について解説します。

電話、メールで連絡する

警告文が送られてきたら、まずは相手に対して連絡するようにしましょう。このときは、電話もしくはメールで行うようにします。ただ、基本的には電話の方が好ましいです。

謝罪する

そして、どのような状況であってもこちらから謝罪をするようにしましょう。

あなたの言い分もあると思います。しかし、警告文を送ってきているということは、相手はあなたに対して少なからず怒りを感じているはずです。そうした状況で、いきなりあなたが言い分を述べ始めると、相手は良い気持ちがしません。またそうなると、スムーズに解決する話もこじれてしまう可能性が高いです。

そうしたことを避けるためにも、まずは相手の気持ちを考えて「この度は申し訳ありませんでした」と謝るようにしましょう。

相手の言い分を聞く

そして謝罪をした後は、相手の言い分を聞くようにしてください。ここでも、必ずあなたの意見ではなく、まずは相手の考えを尋ねることが大切です。

例えば、こちらから「どのように対処したらよいでしょうか?」と尋ねれば、相手は「○○だから××して欲しい」と希望を述べてくれます。

自分の言い分を伝える

相手の言い分を全て聞いて、最後にあなたの言い分を伝えるようにしましょう。このときは冷静に、「可能な限りコンテンツの削除を避ける」という方向に結論をもっていくようにしましょう。

せっかく作ったコンテンツを削除されてしまうことが、ウェブサイトを運営する上では最もマイナスとなってしまいます。

そうしたことを避けるためにも、論理的に現状を捉えてあなたの言い分を通せるようにしましょう。

コンテンツ削除を抑えるための基礎知識

そうはいっても、警告された相手からコンテンツの削除を抑えるためには、警告に対応できるだけの知識が必要です。適切な知識をもって対応することではじめて、警告からコンテンツを守ることができます。

そこで以下に、著作権に関する警告からコンテンツを守るために必要な基礎知識について記します。

二次的著作物には該当しない

まず、著作権で警告がくる際には、「二次的著作物」という言葉がよく使われます。二次的著作物とは、元の著作物(原著作物)に対して、第三者がアレンジをすることで新たな価値を加えて作られた新たな著作物のことをいいます。

例えば、英文の本を日本語に訳して出版するときには、日本語の本は二次的著作物になります。その他にも、小説をアニメ化したものも、二次的著作物だといえます。

そして、こうした二次的著作物には、原著者に著作権があるのです。つまり、「日本語訳した本」については元となる英語の本を書いた人に著作権があります。また、アニメ化したものについては、元となる小説を書いた人に著作権があります。二次的著作物と判断されるものについては、原著者がその著作物の扱いをコントロールすることができるということです。

コンテンツに関する警告文が送られてきたときには、相手側の弁護士から「あなたのコンテンツが二次的著作権にあたる」ということを主張される可能性があります。

ただ、基本的にウェブ上に作成したコンテンツは英語を日本語に翻訳したものではありませんし、アニメ化のように何かをベースにして作ったものでもありません。つまり、あなたが作ったコンテンツは二次的著作物にはあたらないのです

もちろん、明らかにコピペしている場合は問題であるものの、表現や事例を含めて大きく異なる場合は著作権違反にはなりません。

そうした上で相手に言い分を伝えるときは、「自分のコンテンツは二次的著作物にあたらない」ということを論理的に組み立てて主張していくことが重要になります。

あらゆる情報の中からコンテンツを作成したことを伝える

そして、二次的著作物について言及されたときには、コピペではなく、あらゆる情報の中から作成したことを伝えるようにしてください。

「複数の情報源を参考にした上で、あなた独自の見解を述べているオリジナルコンテンツである」ということをしっかりと述べれば、基本的にコンテンツの削除は避けられます。

そもそも、世の中にオリジナルのノウハウはほぼ存在しません。どんなに革新的だといわれているノウハウであっても、基本的にはこれまで実在したノウハウを組み合わせたり、アレンジしたりしているだけです。

そうした事実を踏まえた上で、あなたの言い分を論理的に述べるようにしましょう。

証拠の提示を求める

ただ、中にはそれでもコンテンツの削除を求められるケースもあります。つまり、「相手が提供しているノウハウが完全にオリジナルであり、あなたのコンテンツがそのノウハウを真似している」という主張を、相手は展開するのです。

そうした際には、主張に対する証拠の提示を求めるようにしましょう。

例えば、完全に相手が作り上げたオリジナルコンテンツであるというのであれば、出版や論文などオリジナルである証拠を提示するように伝えてください。

基本的に、そうした完璧な証拠を提示できる場合はありません。先ほど述べたように、世の中にはオリジナルのノウハウがほとんど存在しないためです。

このように、あなたの言い分を伝えたにも関わらず、なかなか相手が引かない場合には証拠の提示を求めるようにしてください。

例えば私の場合、ネット上の記事の中で「パレートの法則」に関する記事を作成しており、この記事に対して削除依頼されたことがあります。パレートの法則とは、世の中に存在する事象はすべて「重要な2割で占められている」という法則です。

例えば、コンビニの売上のうち、2割の主要商品が店舗全体の売上8割を生み出しています。また、同じ人が離婚を繰り返すことが知られており、すべての離婚のうち「離婚を繰り返す2割の人」が離婚件数の8割を占めています。

こうした一般的な事象をパレートの法則といいますが、削除依頼があったときは上記のように「パレートの法則があなたオリジナルの手法だという根拠を提示してほしいです。アイディア自体には著作権がないため、論文など公的な文章で事例を含めまったく同じだということを確認できたら謝罪して削除します」ということを伝えました。すると、相手はそれ以上何もいわなくなったのです。

著作権の期限

また、著作権の期限(著作物の保護期間)についても知っておきましょう。

著作権について考えるとき「著作権はいつまで続くのか?」という疑問をもつ人は多いです。中には、「著作権は永久に続く」と考えている人もいるかもしれませんが、著作権には期限があります。

具体的には、日本では作者の死後50年で著作権は消えます。つまり、著者が死後50年以上経っている著作物であれば、どれだけウェブサイトのコンテンツに使っても問題ないのです。

例えば、「モネ」「ゴッホ」「芥川龍之介」「夏目漱石」といった著名人の絵や文章などは、著作権がないため好きなだけ使用できます。また、画像集や文学集として売られているものをコピーしてウェブ上に載せても問題ありません。

このように、著作権には著者の死後50年という期限があることを知っておいてください。

今回述べたように、ウェブサイトを構築していく上で、著作権について理解しておくことは大切です。ただ、基本的にはあなた独自のオリジナルコンテンツを作っていれば、著作権が問題になることはほとんどありません。

しかし、私のようにどれだけ意識しても警告文が送られてくるケースもあります。そうしたときに焦らないようにするためにも、以上に述べた基本的なことだけでも把握しておくようにしましょう。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録