新卒学生が就職先として希望する中で必ず上位にくる業界の一つとして「広告業」があります。いわゆる情報を主体としてビジネス展開している会社になるのですが、広告にもいくつか種類があります。

そして、ネットビジネスの基本も広告業であることを認識しなければいけません。さらに言えば、ネットビジネスは極めて優秀な広告業に位置づけられます。

広告には3つの種類がある

大きく分けて広告は3つに分類されます。この種類としては以下のようになります。

・掲載型
・クリック保障型
・成果報酬型

掲載型の広告

掲載型の広告とは、例えば「ある部分に一ヶ月掲載することを保障します」という広告になります。Yahooのトップページに掲載型の広告が載せてありますが、ここに掲載するためには200万以上のお金がかかります。

これは別にネットだけに限らず、あらゆる媒体で掲載型の広告が活用されています。雑誌広告や新聞広告、電車の中に掲載されている広告など、さまざまな場所に掲載型の広告が見られます。

しかし、このような掲載型の広告はお客様にとって見れば、「本当に効果があるのかどうか分かりにくい」という欠点があります。「多分効果があるだろう」という推測の元に行わなければいけません。
そのため、広告として最も不確実性を伴う方法が掲載型の広告となります。

クリック保障型

そこで登場した広告として「クリック保障型」というものがあります。GoogleやYahooなどが提供している広告がクリック保障型です。PPC広告とも呼ばれます。

掲載型の広告では、ただ掲載されているだけなので「そこからどれだけクリックされたか」、また「どれだけ商品が売れていったか」などは関係ありません。そこで、「広告をクリックされることに関しては保障します」としたのがクリック保障型の広告です。

この広告では、クリック単価として「その広告が1回クリックされるごとに課金する」という方式を取っています。ただし、この方法でもまだ不確実性が伴います。

成果報酬型

いくら広告がクリックされたとしても、その後に商品が売れるとは限りません。そこで、最もお客様から喜ばれる方式が成果報酬型の広告です。

つまり、商品を代理で売る代わりとして、その商品の何割かを報酬として貰う方式の広告です。確実に商品が売れた分だけ報酬を支払えば良いので、販売者側としてはリスクがありません。

この考えに基づいてネット上で行われている販売手法がアフィリエイトです。

ネット上で商品を販売し、成果報酬としてその何割かを課金する方式をアフィリエイトと呼びますが、言ってしまえばアフィリエイトは成果報酬型の広告です。

ただし、いわゆる情報商材アフィリエイトはビジネス構造自体がねずみ講であるため、私はお勧めしません。

ちなみに、リアルビジネスでも成果報酬型の広告を行っている企業はいくらでもあります。それがネットになればアフィリエイトと呼ばれるだけであり、基本的にどのビジネスも考え方は同じです。

そして、これまで話してきた通りネットビジネスの基本は広告になります。私はネット上で掲載型の広告を扱っていますし、成果報酬型の集客代行(アフィリエイト)も行っています。このような広告ビジネスがネットで稼ぐための基本となります。

リアルビジネスであれば、雑誌や新聞、テレビなど一つの企業が巨大媒体を持つことで広告業を行います。しかし、ネットでは個人が巨大媒体を持つことができます。

私も同じように巨大媒体を個人で保有しているからこそ、ネット上で広告ビジネスを行うことができるのです。

そのため、リアルビジネスではなくてネットビジネスを主体とする場合、基本的には広告業をほとんどの人が行うようになります。しかも成果報酬型の広告が大半なので、力を付ければ企業との交渉もスムーズに行えるようになります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認