まず、ビジネスは何でしょうか。起業したり経営したりすることを考えたとき、全員がビジネスとはどういうものなのかについて理解しておかなければいけません。

一般的な言葉をいうと、ビジネスでは「利益を出す」ことを指します。もっと簡単な言葉では、金を稼ぐことになります。つまり、「どれだけ金を稼ぐことができるか」がビジネスを行う上で最も重要になります。

しかし、金を稼ぐとはいっても人を騙す行為ではいけません。きちんと社会のルールに沿った形でビジネスを行わないといけません。

ただ、「もっと稼ぎたい」「今の給料ではやっていけない」など何かしらの不満があったとき、どのようにビジネスを行って利益を出せばいいのでしょうか。ここでは、金を稼ぐことに焦点を当てて、これらの実現に向けてのヒントを述べていくようにします。

ドラッカーの名言から学ぶビジネスの定義

まず、ビジネスとはどういうものかを理解するためには、その定義について考えなければいけません。人によって事業を行う定義は異なりますが、これについてマネジメントで有名な維持であるピーター・ドラッカーが名言を残しています。

彼はビジネスの定義や目的について、「利益を残すことではない」としてしています。その代わり、以下のように述べています。

事業の目的は利益の追求ではなく、顧客の創造である

ドラッカーの名言として非常に有名ですが、「顧客の創造」といわれても少し難しいです。この意味について、もう少し詳しく解説していく必要があります。

顧客を生み出せば利益が生まれる

企業や経営などによってビジネスを自ら生み出していくとき、当然ながら利益が必要になります。利益がなければ何もすることができません。

それでは、どのようにすれば売り上げを出し、利益を生み出すことができるのでしょうか。これについては、どれだけあなたのお客さん(顧客)を生み出すことができるのかにかかっています。

例えば、いくら最先端のテクノロジーを駆使して「これが現在、最高の商品です!」と見込み客に訴えかけたところで、お客さんがその商品・サービスに対してお金を支払ってくれなければ売り上げはまったく発生しません。

そこで、顧客に目を向けます。お客さんの要望に耳を傾け、顧客の方から「ぜひ、その商品が欲しい!」と言わせるようなサービスを開発した場合ならどうでしょうか。この場合、勝手に顧客が生まれるようになるため、結果として後から利益が付いてくるようになります。

利益を稼ぐことに目的を当てるのではなく、顧客を生み出すことに目を向けるのです。そうすることが事業を行う目的だとドラッカーは述べています。

・顧客の創出が利益を生み出す事例

例えば、私は当サイトを運営していることから分かる通り、Webサイト運営を主な事業としています。このとき、顧客のことなど考えずに「お寺のウェブサイトを構築する。なぜなら、自分が興味ある分野だから」と考えてサイトを作り始めたらどうでしょうか。

ただ、お寺に興味のある人は多少いるかもしれませんが、残念ながら人数は非常に少ないです。また、売る商品がないので顧客の創出を実現することはできません。

そこで、よりお客さんに目を向けます。私が最初に構築したWebサイトは薬学サイトですが、これを大学生のときから構築し始めました。

当時は薬学生だったわけですが、単純に「教授たちの講義をまったく理解できないため、自分のような理解力のない学生でもわかるような中級レベルの教科書が欲しい」と考えて構築しました。そうすると、全国の薬学生に限らず現役の薬剤師や研究者なども見るようになり、人気サイトになったわけです。

月300万PV以上のサイトに育ったわけですが、サイトに広告を載せることで毎月130万以上の収益となります。

私の場合、「薬学分野の知識を知りたい人」に関して大量の読者(顧客)をサイトに集めることで、大きな利益を生み出すことに成功しました。これがお寺のサイトであれば、読者がほとんどいないので同じような成果は出ていなかったと容易に想像できます。

利益だけの追及はビジネスを破綻させる

ただ、一般的に会社が事業をする目的は利益を出すことだとされています。それにも関わらず、なぜ売上・利益の追求だけでは不十分なのでしょうか。これは、利益を生み出す方法としては「不正を行う」「人を騙す」なども含まれているからです。

簡単に利益を出したいのであれば、要は不正行為をすればいいだけです。人を騙すことも考えられます。実際、利益の追求を重視したために不正行為に手を染めた会社は腐るほど存在します。これは、大企業であっても同様です。

例えば、過去に三菱自動車は何度もリコール隠しなどの不正を行っています。

リコールをせずに問題を隠蔽すれば、当然ながらその分だけ利益が出るようになります。無駄なリコール作業をしなくてもいいからです。

他にも、銀行などの金融機関であってもこうした不正が発覚した例があります。

不動産投資を行うときは審査が必要になります。ただ、スルガ銀行では「顧客の保有資産(銀行通帳の額)」の数字を操作して大きく見せることで、問題なく不動産投資の審査に通してもらうという不正を銀行主体で行っていました。その結果、一部業務停止命令となって社会問題にまで発展しました。

他にも「製薬会社による論文不正」「牛肉の偽装事件(外国産の牛肉を国産と偽って販売した事件)」など、事例はいくらでも存在します。このように、利益だけを追求することで結果としてダメな経営にかじを取るようになることもあるのです。

しかし、ここに顧客はいるでしょうか。当然ながら、不正や騙す行為をする会社の商品を使いたいと考える人はいません。顧客を創造するどころか、お客さんを手離す行為になります。そのため、不正が明るみに出たときに一気に顧客が消え去り、結果として利益の激減という厳しい現実が待つようになるのです。

・顧客の創造がビジネスにつながる

別に大企業に限りません。中小企業や個人がビジネスを行う場合でも同様です。特にネットビジネスでは、「簡単に稼げる」というキャッチフレーズの元にねずみ講ビジネスに手を出している人が非常に多いです。ただ、彼らをみると多くは1年以内に消えています。

理由は単純であり、顧客の創造をしていないからです。一瞬だけ稼げるようになるかもしれませんが、ドラッカーの名言である「顧客の創造」というビジネスの本質を理解していないため、結局のところネットビジネスの世界からすぐに消えていくのです。

ちなみに私は10年以上もネットビジネスの世界にいますが、いまでも稼げる理由は単純です。「どれだけ読者(=顧客)に対して有益な情報を提供できるサイト・ブログを構築できるか」を最優先にしているからです。

ビジネスと仕事の違いを学び、事業の本質を理解する

起業でも副業でもいいので事業を始めるとき、できるだけこのように考えて顧客を作り出すことを意識するようにしましょう。

利益の追求だけで不十分なのは理由があります。それは、不正や人を騙すことによっても簡単に利益を出せてしまうからです。そうではなく、あくまでもお客さんありきで考える必要があります。

ただ、顧客の創造は誰でも可能なわけではありません。あるスキルをもった人だけが行えるようになります。それは、お金を生み出す仕組み作りを行える人になります。

多くの人は「仕事」をしています。いわゆる自分の時間を使って労働し、その対価としてお金を受け取っているわけです。「時給〇円で働く」「毎月、決まった額の給料が振り込まれる」という状態で働いているのが仕事だといえます。

当然、私も昔は普通にサラリーマンを経験していました。毎日決まった時間に会社に行き、同じ仕事を行い、上司や得意先に頭を下げ、帰宅します。毎日大きな変化があるわけではなく、変わらない仕事をして日々を過ごしていました。

・自分で事業をする意味

ただ、私が他の人と違っていたのは、「会社から帰った後の平日や土日などにビジネスを動かしていた」という事実です。

つまり、会社から貰う給料とは別に金を稼いでいたのです。 既に述べた通り、私は薬学生のころから薬学サイトを運営していたのですが、副業としてサラリーマンだったときも続けていたのです。

さらに言えば、このときのサイトは私が毎日会社勤めをしていても自動で動いてくれていました。たとえ日中に仕事をしていても関係ないわけです。そうして薬学サイト以外にも多くの自動収益化システムを動かし、毎月会社から定期的に入ってくる給料の何倍もの金額をビジネスで稼げるようになって独立・起業することになりました。

世の中には、「給料が上がらない」「どれだけ頑張っても評価してもらえない」「上司に不満がある」「もっと稼ぎたい」と思っている人が多いです。私もサラリーマン時代はそうでした。ただ、会社勤めをしている中で「それなら、自分ひとりだけの力で稼げるようになれば良い」と思ったわけです。

しかし、起業するとなると既に決まった仕事や与えられた仕事があるわけではありません。会社の看板や商品ゼロの状況から事業を立ち上げ、自分の判断でどのようなビジネスを実践するのか決める必要があります。当然、働いたからといって確実にお金が支払われるわけではありません。顧客を創造したときだけ、お金が発生するのです。

ビジネスと仕事には、このような違いがあります。自分の時間を差し出して労働するのが仕事です。一方で事業を動かす場合、自分で考えながら顧客を生み出し、稼ぐために仕組みを作らなければいけなくなるのです。

ビジネスはシンプルである

それでは、ゼロから事業を生み出して副業や起業をする場合、簡単に稼げるようになるのでしょうか。結論から言いますと、ビジネスで稼ぐのは簡単です。ただし、楽ではないです。楽に稼げるビジネスはこの世に存在しません。

特にネットビジネスでは、「寝ているだけで○○万稼げる方法」「毎日10分作業をするだけで儲かる」などの文字があります。しかし、実際のところそのようなビジネスはあり得ません。

結局のところ、ビジネスで稼ぐのが簡単なのは本当です。考え方や基本構造がシンプルなビジネスほど、成功しやすいです。複雑に考えたビジネスほど失敗します。例えば経営書などを読むと、難しい公式や考えが出てくることがあります。しかし、それらは基本的に全て意味がないです。「○○分析」など勉強してもダメなのです。

実際、MBAや中小企業診断士などの資格を取っても稼ぐことができない人の方が多いです。これは、単純に学んだことがほとんど役に立たないからです。実際、私はそのような小難しい公式はほとんど知りません。しかし、私は彼らよりも圧倒的に稼いでいるという事実があります。

知識も必要ですが、それ以上に必要なのは結果です。いくら「自分は○○大学のMBAに通った」といっても、稼げていないのであれば所詮それは机上の空論で終わります。

難しい理論を持ち出せば持ち出すほど、ビジネスは失敗に終わります。「ビジネスはとてもシンプルで簡単である」という認識を持つ必要があります。

・ビジネスで成果を出すには行動が必須

ただし、ビジネスで成果を出すのが簡単とは言っても、それを実現させるためには物凄い努力と行動が必要になります。だからこそ、寝ているだけであなたの預金通帳が増えることはありませんし、毎日1時間だけの作業で稼げるようになる事はありえません。

例えば先に出した私の薬学サイトであれば、2,000ページ以上あります。これだけの努力と勉強、そして行動をしているからこそ現在の私のような結果があります。その結果、不労所得を得られるまでになっています。

あなたがどのようなビジネスをしたいのかは分かりません。整体師かもしれませんし、美容師かもしれません。単なるサラリーマンとして、副業をしたいだけかもしれません。

ただ、いずれにしても副業や起業で成功するには物凄い努力と行動が必要になります。平日の夜に友達と飲みに行っている暇はありませんし、土日に旅行に行っている余裕もありません。それくらいの覚悟が必要です。

ビジネス思考を今の会社に活かす

ただし、私は必ずしも起業を勧めているわけではありません。別に自らビジネスをしなくても「自分が勤めている会社に、ビジネスの思考を活かす」という方法でも良いです。実際、私はサラリーマン時代に会社の利益に何回も貢献しました。

私はサイト運営によるネットビジネスをしていたわけですが、ネットビジネスとはいってもビジネスの基本構造は全て同じです。そのため、ビジネスの本質を理解していればリアルビジネスで稼ぐこともそこまで難しくはありません。

私はサイト運営がメインなので、表面上はネットビジネスだけを行なっているように見えます。しかし、実際のところコンサルティングなどリアルビジネスでの活動の方が大きい収益を上げています。サイト運営を基盤として、リアルビジネスも展開しているのです。

具体的には、企業と直提携をして送客したり、コンサルティングによる利益上昇に貢献したりしています。ビジネスの本質を理解すれば、ネットビジネスでもリアルビジネスでも稼げます。これは、ビジネスがどれもシンプルであり、同じ考え方によって成功することができるからなのです。

自分で稼ぐ経験をするべき

ただ、起業して稼ぐにしても、サラリーマンとして会社に貢献するにしても、必須となる条件があります。それは、「まずは副業(または起業準備)として小さくビジネスを開始してみて、お金を稼ぐ」という経験をすることです。

自分でお金を稼げない人が会社で大きな成果を出せるようになることはありません。もし、「自分は副業をしていないものの、会社でそれなりに成果を出している」と思っているのであれば、それは単なる勘違いであると認識する必要があります。

本当の意味で会社に成果を残す人は、貢献の意味合いが違います。アイディアを実行して会社の利益を倍以上に増やしたり、新事業を立ち上げて会社の柱を作ったりできる人が真の意味で会社に貢献できる人だといえます。

副業で稼ぐには、本当に成果が出るのか分からない状況の中、顧客の創造を実現するために奔走することになります。当然、時間給が出ない状況の中で実践していかなければいけません。

そうした行動を実践できる人だけが、起業で成功したり、会社員として本当の意味で大きな成果を出せるようになったりするのです。

ビジネスの本質を学び、事業を開始する

ビジネスとは、利益を追求することが目的ではありません。ドラッカーの名言では、「顧客を創造すること」と定義されています。

利益の追求ばかりをするのが不十分なのは、それだけが目的だとお客さんにとって不利益なことをしても問題ないことになってしまうからです。そしてこれらの不正に手を染めると、結果として一瞬にして顧客が離れ、利益が大幅に少なくなってしまいます。

ただ顧客を生み出すとはいっても、このときは時間給で働く仕事ではなく、事業として「お金を生み出す仕組み作り」をできる人が顧客の創造を可能にします。成果が出るかどうか分からない中で動き続ける必要があるのです。

こうしたビジネスの本質を理解したうえで、副業や起業を開始して顧客を創造し、利益を生み出すようにしましょう。そうすれば、お客さんに喜ばれながらビジネスを行えるようになります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認