現代社会に生きるうえで、お金は必ず必要になります。日々の生活費を稼ぐほか、「大切な人に楽をさせてあげるため」「子供に良い教育を受けさせるため」「自分を幸せにするため」など、さまざまな場面で必ずお金が絡んでくるからです。

しかし日本の学校教育では、現状お金の教育はほとんど行われていません。そこで、お金の増やし方を主体的に学ぶ必要があります。

また、学校教育の中に長くいると、会社員として真面目にコツコツと稼ぐことが正しく、起業家や経営者のように大きなお金を稼ぎ出す人たちのことを「成金的、欲が強い」などと勘違いする人がいるようです。そこで、ビジネスの観点からその誤解を解きたいと思います。

お金を増やすのは社会貢献のため

ここに、A店とB店という2つのケーキ屋が並んでいるとしましょう。A店のケーキ屋は美味しいケーキ屋であり、B店のケーキ屋は不味いケーキ屋です。その他の条件はすべて同じであれば、当然A店のケーキ屋は繁盛し、より多くのお金を稼ぎ出すことができます。

このとき、ビジネスで成功した起業家のことを「成金的、欲が強い」と考えている人は、「A店のケーキ屋の店主はあんなにお金を儲けて、高級車や豪邸が欲しいのか!」といっているのと同じです。

そして、こうした考え方は非常に危険です。なぜなら、その人がビジネスを行っている理由が「高級車や豪邸などの贅沢品しか興味がない」と宣言しているようなものだからです。

実際には、A店のケーキ屋の店主はより美味しいケーキを顧客に提供するために、勉強や修行をしてスキルを磨く必要があります。当然、設備投資もするでしょう。より多くの人に美味しいケーキを届けるために、隣町に2号店をオープンするかもしれません。

それらの全てはお金がなければ実現できないことなのです。つまり、「美味しいケーキを届けることによってお客様に満足してもらう」という社会貢献を実現するためには、必然的に稼がなければいけません。

欲望だけではモチベーションが続かない

また事業を拡大していくことは圧倒的な努力が必要となります。そうまでして努力できるのは、お金がモチベーションになっているからではなく、顧客から感謝されることが店主の支えになっているからだと考えるのが自然です。

お客様に対して価値を提供したうえで正当な対価としてお金を受け取り、そのお金を使ってより多くの人を喜ばせようとするビジネスを行うのです。こうしたビジネスは社会を豊かにする活動であり、それを欲が強いと否定する人たちのほうが、心が汚れているといえるでしょう。

お金を増やすことによってしか実現できない、自己成長や社会貢献のほうが圧倒的に多いです。ボランティアでは何もできなくても、ビジネスであれば実現できてしまうのです。

お金の増やし方は3つしかない

それでは、実際にどうやってお金を増やしたらよいかを考えていきましょう。

あなたがお金を増やすために意識すべきことは、「あなたのお金 = 収入 - 支出 + 運用益」だということです。収入を増やすか、支出を減らすか、運用で儲けるかの3パターンによってのみお金が増えると理解するといいです。それでは、1つずつ詳しく解説していきます。

収入を増やす

あなたが会社員であれば、労働者として会社に労働力を提供し、その対価としてお金を受け取る行為が収入を増やす行為です。例えば、時給800円でアルバイトをする(労働力を提供する)ことによって、その対価として収入を得ます。収入を増やすためには、会社内でより高いポストを得たり、あるいは専門性を身に付けたりすることによって、会社に提供できる労働力を増やすことを考えます。

また、あなたが自分で起業してビジネスを展開しているのであれば、儲かる会社を創り出すことが収入を増やす行為です。収入を増やすために、あなたの顧客により多くの価値を提供し、対価として正当な金額を受け取ります。

さらに現代では、副業としてお金を増やすことのハードルが大幅に下がってきています。クラウドソーシング(インターネット上で誰でも仕事を受注できるサービス)などのインターネットのマッチングサイトを利用して、プログラミング、デザイン、ライティングなどの仕事を受注し、スキルに見合った報酬を得る人たちも増え続けています。

支出を減らす

支出を減らすとは、あなたの日常生活から生活費、交際費、浪費(無駄遣い)などの支出を減らすという意味です。当サイトに訪れるような成長意欲の高いあなたであっても、人生で一度も無駄遣いしたことがないということはあり得ないでしょう。

あなたの支出から無駄遣いで出ていくお金を減らせば、あなたの手元に残るお金は確実に増えます。例えば、無駄な飲み会を減らせば一回当たり5,000~10,000円ほど節約できます。

年功序列制度で賃金が上がらなくなった現代では、支出を減らすという行為は、あなたの実質的な年収を増やすための現実的な行為です。

運用で儲ける

運用で儲けるとは、株や不動産などの投資で儲けるという意味です。自分が所有している不動産を他人に貸し出したり、上場企業の株を所有して配当を得たりすることです。あるいは、株や不動産の資産価値が上昇することによって利益を得ることだと考えてください。

上場企業の株であれば、証券会社の口座を開設すれば誰でも購入できます。不動産であっても、収益物件を専門とする不動産会社は数多くあります。

実際にお金を増やし始める際に、あなたが意識しておくべきこと

ここまで、お金の増やし方が3パターンしかないということを説明してきました。収入を増やす力支出を減らす力運用で儲ける力を手に入れることにより、あなたの自己成長が始まります。

しかしながら、これらの力を伸ばすうえで、意識しておかなければならないことがあります。それは、どの力を先につけるべきかという順番です。

これを間違えてしまうと、せっかく手に入れたお金があなたの元から離れていく可能性が非常に高くなります。あなたにとって本当に大事なことは、お金持ちになることではなく、お金を持ち続けることであるため、これから説明することは忘れないようにしてください。

「支出を減らす」ことで、自己コントロール能力を身につける

まずはじめに意識すべきことは、支出を減らす力を身につけることです。なぜなら、この力が身についていないと、自分が稼いだ額に振り回される人生になるからです。

現在あなたが毎月の収支がギリギリの生活をしており「あと5万円収入が多ければ良かったのに」という意見に賛同できるのなら要注意です。一度、学生時代を振り返ってみてください。あなたは学生時代にも同じように、欲しいものを買うための収入が足りないと思っていませんでしたか?

社会人になると、学生時代よりはるかに多くのお金を稼ぎ出すことができるにも関わらず、社会人になってからも欲しいものを買うための収入が足りないと感じている人が多いです

これが、自分が稼いだ額に振り回されている人生になっている根拠となります。

さすがにビジネスで大成功を収めたら、ある程度のところで消費が落ち着くのではないかとあなたは誤解しているかもしれません。ただ、ビジネスで圧倒的に成功すると、ほぼ間違いなくあなたの周囲の人間関係が変わります。会社員時代の人脈からは離れ、あなたと同程度の成功者があなたの周囲にいるはずです。

そこでの彼らは、高級車、豪邸、子供への教育を含め、相当高い水準で生活しています。男性経営者であれば、キャバクラへ毎日のように通う人がいます。こうしたときに支出を減らす力を身につけていないと、彼らに負けまいと無駄な消費を繰り返す可能性が高いのです。

あなたが身を滅ぼさないために、ここからは「支出を減らす力とは何か?」を説明していきます。

「本当にその商品が必要か?」という思考を挟むこと

まず始めに意識しておきたいことは、欲求と購買行動の間に、「本当にその商品が必要かどうか?」という思考を挟むことです。世の中の販売者はありとあらゆる販売テクニックであなたに商品を買ってもらおうとしてきます。ときには心理学のテクニックを応用したり、あなたの心を揺さぶったりして商品を売ろうと考えます。

あなたが販売テクニックに対して無知であると、本能的に欲しいと感じてしまいます。ようやく冷静になったとき、どうしてあんな無駄な買い物をしたのだろうと後悔するようになります。

しかし、しばらくするとまた同じように販売者の心理学のテクニックに引っかかってしまい、同じような無駄遣いを繰り返してしまいます。そうならないためには常に、「欲しいという欲求」と「実際に買うという購買行動」の間に、「本当にその商品が必要かどうか」という思考を挟むようにしましょう。

販売者側の理屈を学ぶ

また、あなたがビジネスで成功するためにスキルを磨き始めると、販売者側の理屈(テクニック)を学ぶことになります。したがって、あなたが常に販売者側の目線をもつことにより、無駄な買い物を避ることができるようになります。

一つの例としては、「人間はもらうときよりも、失う恐怖のときに行動を起こす」ことがわかっています。

例えば、深夜24:00に電話がかかってきたときに「おめでとうございます! 景品として自動車が当選しました」といわれたらどうでしょうか。多少はうれしいかもしれませんが、「こんな深夜に電話をかけるとは何て非常識なのだ」と多くの人が考えます。

一方、同じように深夜24:00に電話がかかり、「あなたの自動車が盗難にあっており、いまにも犯人グループに持ち去られそうになっています」といわれたらどうでしょうか。この場合、「よく知らせてくれた」と感謝するはずです。

同じように自動車に関することですが、車が当選するよりも、自分の車を失うときの方が恐怖は大きくなるのです。

こうした心理を利用し、例えば「あなたはまだ、無駄な携帯代金を支払い続けるつもりですか?」と販売者がいえば、消費者の心に響きます。高額なお金を支払い続けるという「お金を失う恐怖」に対してアプローチしているからです。

しかし、この心理テクニックをあなたが知っていれば、無意識に格安携帯に飛びつくことがなくなります。携帯代金では「定額料金、通話料金、通信料、通信速度、キャリアメールアドレスの有無」など、比較する項目は多数ありますから、自分のライフスタイルにあわせた賢い携帯電話選びができるでしょう。

要は、ビジネスをして稼ぐということは、販売者側の心理(意図)を理解することで消費を抑えることにつながるのです。

お金を出す代わりに知恵を出す

他にも、お金を出す代わりに知恵を出すことによって、消費を抑える方法があります。例えば、あなたが海外留学をしてネイティブと互角に渡り合える英語力を身につけたいとします。しかし、長期留学を実現するためには、仕事の退職、留学費用など、多くの悩みが次々とでてきます。

そこでいっそのこと、日本に興味のあるネイティブを、ホームステイで何ヵ月も泊めたり、ホームパーティなどで何度も自宅に招いたりすることを検討すればよいのです。無料でネイティブの英語を学べ、さらに海外につながる人脈を手に入れることができるでしょう。

お金を出す前に、知恵を出すことを考えるようにしましょう。

これらのことを意識すれば、本当に必要なもの以外を買う癖がなくなり、支出を減らすことができます。支出を減らす力が身についているお金持ちのことを、何もわかっていない人たちはケチだといいます。今のあなたならそれが「無知な意見」だと理解できるはずです。

経済状況が悪ければ、頑張っても収入が増えないどころか収入が減る可能性すらあります。それは、運用で儲けることにも同じことがいえます。しかし、支出を減らすという行為だけは、誰でも今日から実践できます。確実にできることを実践した人間だけがお金持ちになる権利を得ることができるといえます。

支出をコントロールした次は収入を増やす

支出を減らす力を身につけた後は、収入を増やす力を身につけてください。なぜなら、収入を増やす力は本質的にあなたのお金を増やすからです。当たり前の話ですが、年収200万円の人間が2000万円を貯めるには、最短でも10年はかかります。一方、年収1000万円の人間が2000万円を貯めるには最短2年で済みます。

会社員が収入を増やしたいのであれば、より高いポストを獲得するか、専門性を身につけるということになるでしょう。しかし今の時代、自分がどれだけ頑張っても、会社自体が儲かっていなければ自分の給与は増えにくいですし、組織内のポストを得るにも年功序列制度が残っています。

そこで、何かしらのビジネスを行うこと」が収入を増やすための現実的な答えとなるでしょう。この答えは、現在のあなたの職業(経営者・会社員など)を問わず当てはまることになります。

例えば、クラウドソーシングを活用することによって、ソフトウェア開発やウェブデザインなどの業務を受注するビジネスを行うことができます。ウェブデザインが得意な人であれば、「1イラストを5,000円で作成します」などのような仕事を受注し、納品すれば自らお金を生み出すことができたといえます。

また、商品を開発するスキルがなくても、パートナーの商品を販売する代理店であればビジネスを行うことができます。例えば、保険代理店は誰でも応募することができます。その後、保険に加入したい人を見つけてサービスを利用させることができれば、保険会社から「保険に加入したい人を代わりに見つけてくれたお礼として、フィー(代理店料)が支払われる」ようになります。

ポータルサイトは、すべてのビジネスを加速させる

ビジネスを行って収入を増やす方法は無数にあります。ただ、その中では当社はポータルサイトを活用したビジネスに特化しています。このビジネスのコンテンツは薬学、英語、工事、営業、恋愛、スポーツ、不動産と多岐にわたります。

儲かるウェブサイトを構築すれば、利益率98%以上の収益を実現でき、さらには完全放置での不労所得を実現できます

あなたがポータルサイトでの集客を成功させる頃には、マーケティングスキル、ライティングスキル、セルフマネジメントスキル、タイムマネジメントスキルなど多くのスキルを身につけることができ、それらのスキルは収入を増やす力と直結します。

ポータルサイトの成功には圧倒的な努力が必要

もちろん、ポータルサイトの成功は1日1時間程度の努力で成し遂げられるものではありません。1年単位の圧倒的な努力を必要とするのが当たり前の世界です。だからこそ努力してポータルサイトで成功したあかつきには、自動で収益を生み出してくれる仕組みを完成させることができるのです。

たとえあなたが現在会社員であろうと、圧倒的に集客できるポータルサイトを作り出すことができるのなら、「会社員としての立場から脱却し、独立するための十分な力」があるといえます。また、独立せずとも、ポータルサイト作成で培ったライティングスキルを駆使すれば、副業Webライターとして活躍できます。

ライティングスキルやマーケティングスキルなど、お金を生み出せるスキルを身につけ、ポータルサイトのようないつでもお金に変換することができる資産をWeb上に構築するのです。これができるようになれば、収入を増やす力が身についていきます。

世界で唯一のおいしい儲け話は「自己投資」

最後に、運用で儲ける力を身につけることについてお話させて頂きます。

運用で儲けるというのは、本来「株や不動産の投資で儲ける」という意味なのですが、結論からいいますと投資には手を出さないことをお勧めします。少なくとも、あなたが経済的に成功するまでは、手を出してはいけないという意味です。

株式投資には、数千万円単位の元手が必要

仮にあなたが100万円の元手で株式投資を始めたとしましょう。この100万円を、5年後に1,000万円にしたいと考えたとき、58.5%の利回りが毎年必要になります。10%の運用でも高リスクといわれる世界ですので、58.5%という数字がいかにあり得ない数字かわかって頂けると思います。

100万円を10%の利回りで運用しても、1年で110万円にしかなりません。ただ、同じ100万円があるなら、ぜひビジネスの運営に費やしてください。ビジネスであれば年利100%を超えるのは普通なので、100万円単位の投資であってもすぐに回収することができます。

他にも株式投資は、少なくとも数千万円単位の資産を手に入れてから行うべきものです。3,000万円を利回り10%で運用すれば、収益は1年で300万円となり、贅沢を考えないなら投資から得た収益だけで暮らすことができるでしょう。

株式投資で経済的に成功するのではなく、経済的に成功した後のリスク分散として、株式投資を検討してください。

また、不動産投資も素人には危険です。

安くても数千万単位のお金が必要になる不動産投資の世界では、自分では意識していなくても、知らず知らずのうちにかなりのリスクを負っていることになります。自然災害、住人とのトラブル、物件周辺の環境の変化などにより、すぐに資産価値がなくなってしまうことがあるのです。

もちろん、不動産で成功している人は数多く存在します。そうした人の話を聞くと、決算書をプロレベルで読めたり、銀行や証券会社で働いていたりする人がほとんどです。そのため、素人が手を出すべきものではありません。

世界で唯一のおいしい投資話は「自己投資」

それでも、とにかくおいしい投資話を求めているあなたには、世界で唯一のおいしい投資話をさせて頂きます。それは、自己投資です。

例えば、あなたがWebライターとして、1文字1円で仕事を受注していたとします。スキルを磨かない限りは、ずっと同じ値段で仕事をこなすことになります。そこでビジネスセンスのある人は、自分のライティングスキルを磨き、1文字2円で仕事を取ることを考えるのです。

仮に、ライティングスキルの向上に、10万円のスクール代が必要だったとしましょう。1文字1円の場合「5,000文字 × 1円 = 5,000円」となりますが、1文字2円であれば「5,000文字 × 2円 = 10,000円」となり、20記事書いた時点で、スクール代を回収できます。

その後は、スキルを磨かなかったときと比較して、同じ労力で2倍の金額を稼ぎ続けることができます。これが、自己投資の力です。

会社から業務を割り当てられる会社員と違い、自分でビジネスを始めると自らの判断で仕事を選ぶことができ、受注単価をいくらでも引き上げることができます。そうして高付加価値の仕事を受注できるようになると、自己投資の素晴らしさを実感することになります。

お金を増やそうと考えると、世の中に価値を提供してお客様に満足してもらうことを考えます。お客様から多くのお金を受け取るためには、より価値のあるサービスを提供する必要があるのです。そして、そのサービスを生み出そうとスキルを磨く過程で、あなたの自己成長が始まるのです。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認