文章を書くことはビジネスをするうえで重要です。サラリーマンでも文章術は必要になりますが、これがネットビジネスのような手法だと文章力がなければ稼ぐことはできません。

あらゆる場面で必要なのが文章術であり、読み手に分かりやすく伝えるように工夫しなければいけません。

しかし、多くの人はどのようにすれば伝わる文章を構築できるのか理解していません。そのため、結局のところ何が言いたいのか理解できない日本語を作ってしまうようになります。ビジネスでは、こうしたことは避けなければいけません。

そこで、どのように考えて優れた文章記事を構築すればいいのかについて、その作り方を解説していきます。

底辺の知識レベルの人に合わせて話を行う

まず、文章を書くときは大前提となる考え方があります。この一つが「話のレベルを最も知識レベルの低い人に合わせる」ことです。

文章を書けるということは、他の人よりも多くの知識をもっていることを意味します。単なる日記を書くにしても、その人の周りで起こった出来事は本人しか書けません。「本人の周辺で起こった出来事」に限定すれば、他の人よりも知識をもっているはずです。

そのため、文章を書ける人は全員が専門家でもあります。このとき分かりにくい文章の代表として、専門用語で埋められた文章があります。執筆した本人は理解していたとしても、読者は知識がないので理解できないのです。

実際のところ、多くの人は「これくらい分かるだろう」と考えてコンテンツ記事を書いてしまいます。そこで素人目線を入れることができれば、分かりやすさを向上できます。例えば、以下のような社内向けの文章があるとします。

わが社の売り上げは今年になってようやく5億円を突破しました。これは、主力製品が好調だったためです。今後は他の製品を積極的に開発し、収益の柱を増やしていきます。

専門用語は出てきていませんが、書き手しか言いたいことが伝わらない内容です。まったく知識のない素人が見たとき、多くの疑問点が出てしまいます。

「売上5億円」といっても、他社の状況が分からないので、その数値が凄いのかどうか分かりません。前年度の売上も確認できないため、会社が成長しているかどうかも見えてきません。

主力製品も同様です。書き手は「社内の主力製品」について詳細に把握していたとしても、同じ社内にいる人全員が主力商品を理解しているわけではありません。また、なぜ他の製品の開発を行うのかも見えてきません。

このように、読者にとって「?」がたくさん出てくる文章は問題です。たとえ専門用語を使わなかったとしても、素人目線で見ると説明不足に陥っている箇所がたくさん表れます。

理解しにくい文章の特徴として、このように「前後の関係まで含めて、丁寧に説明できていない」ことがあります。

実際のところ、文章は最も伝える力が弱いです。対面であれば、相手の知識レベルに合わせて話をすることができます。一方でコンテンツ記事というのは、誰が読むか分かりません。そうしたとき、必然的に最も知識のない人に合わせる必要性が出てくるのです。

自分の意見・主張(一番言いたいこと)を文章に書くことの重要性

それでは、どのようにすれば知識レベルがゼロの人であっても理解できるようになるかというと、これには意見の伝え方に気を付けるようにしましょう。

文章は相手に何かを伝えるために存在します。文章を書くとき、あなたの意見(主張)が重要です。ただ、意見の欠けた文章を作成する人は多く、受け手(読者)は何が言いたいのか分からないために困ってしまいます。

そこで文章中に意見さえ入れれば、これを回避することができます。何か意見を出すとすれば、必ずそれに対する問いがあります。意見と問いは対になっているのです。例えば、以下のように「プレゼンテーション(プレゼン)」について述べた以下の意見があるとします。

学会発表では、プレゼン能力が必ず必要です。研究者である以上は、研究成果を世の中に発表しなければいけません。プレゼンが上手ければ、多くの人に伝えることができます。

これについては、「研究内容を人に上手く伝えるためには?」という問いがあります。こうした問いに対して、「プレゼン能力が必要」という意見を述べられるようになっています。何かの問いがあるからこそ、意見(主張)を述べることができます。

普段、私たちは「問い」を意識することはありません。そこで問いまでしっかり考えれば、伝わる文章になります。問いに対する意見を述べていくだけで良いからです。読者を惑わせる意見のない文章は、「問いに答えていない」といえます。

実際のところ、文章を読むと「知識や情報が並べてあるだけで、あなたの意見・主張がない」「意見は述べてあるものの、一般的なことしか書かれていない」など、重要な部分が欠けた原稿をたくさん見かけます。これらには、言いたいことが分かりにくいという共通点があります。

文章を書いた人の意見がないと理解しにくい

意見のない文章はなぜ分かりにくいのでしょうか。例えば、会社の部下から上司へ向けて、次のようなメールが送られるとしてます。

妻が現在妊娠中であり、再来週中には生まれる予定です。

あなたが会社の上司だった場合、この文面を読んでどのように思うでしょうか。「おめでとう」と返信しようとしたとき、ふと心に何かが引っかかります。

この部下が上司に書いた文章には「子どもが生まれること」について書いているようですが、実は何も述べられていません。上司からするとお祝いをして欲しいのか、休みをもらいたいのか分かりません。もしかしたら、妊娠の事実を会社の人に知らせてほしいだけかもしれません。

部下の望んでいることが見えないため、メールを返信しようにも書くことができません。意見のない文章を書くと、このように読者を混乱させてしまいます。

そこで、言いたいことをはっきりさせなければいけません。例えば次のようなメールであれば、上司はスッキリしていたことでしょう。

妻が現在妊娠中であり、再来週中には生まれる予定です。そのため、申し訳ございませんが、出産予定日の前後で急に会社を休むことがあると思います。

会社のみなさんには迷惑をかけますが、出産に立ち会いたいのでよろしくお願いします。

このように意見(主張)が明確であれば、上司は次にどのように動けば良いか分かります。簡単なメールやメモであっても、書き手は意見を書くことを要求されます。

メールのように短い文章でさえ、意見を書かなければいけません。当然ながら、これが長い文章になると主張(言いたいこと)を明確にしたうえで述べる必要があります。

コンテンツに具体例が必要不可欠である理由

ただ、ここまで述べたことが記事作成の大前提であり、必ず行わなければいけないことでもあります。当然、分かりやすい文章の書き方を理解するためには、より意識しなければいけない項目が存在します。

そうしたとき、記事コンテンツを作成する上で「具体例」を記すことは欠かせません。具体例とは、ある主張をした後に、主張をよりわかりやすく説明するための例え話になります。

コンテンツの中に具体例がないと、理解しにくく、はっきりしないボヤっとした文章になります。例えば、以下の文章は具体例がない例文です。

マッチングビジネス(仲介ビジネス)は少ない労力で儲かります(主張)。情報を横流しするだけだからです(理由)。

この文章は、主張の後に理由を述べており、間違ったことは書いてありません。ただ、これだけでは「なぜ少ない労力で儲かるのか?」「情報を横流しにするとはどういうことであるか?」「マッチングビジネスを行うとき、自分は何を行えばいいのか?」という疑問が浮かびます。

そもそも、マッチングビジネスがどういうものなのかすら分かりません。つまり、事実だけを記した内容だけでは、文章の意味が理解できないのです。その一方で、以下のように具体例を入れると理解しやすい文章になります。

マッチングビジネス(仲介ビジネス)は少ない労力で儲かります(主張)。

例えばエクステリア工事の仲介ビジネスであれば、「200万円の工事をあなたが受注して、お客様の情報を工務店に丸投げし、あとはすべての工事を工務店に行ってもらいます。このとき工務店から仲介料10パーセント(20万円)をもらう」ようになります。

あなたが行うことは、お客様から注文を受け、それを業者へ連絡し、書類の受け渡しをするだけになります(具体例)。

情報を横流しするだけで、大きな仲介料を取れるようになるのです(理由)。

文中の青字で記した部分が具体例になります。具体例の文章が入るだけで、書かれている内容がとても理解しやすくなります。

・強制的に文章中に具体例は入れるべき

記事コンテンツとして文章を作成する上で、具体例は「できれば」ではなく「絶対に」入れるようにしましょう。具体例は、質の高いコンテンツには欠かせない省略することができないパーツです。

どんなに単純で分かりやすい内容の文章であっても、具体例を入れることでよりユーザーが理解しやすい文章になります。実際、今回の記事でも具体例をできるだけたくさん入れるようにしています。そうしないと、理解できない文章に仕上がるからです。

そこで、何か意見・主張を述べた後は必ず「例えば」という言葉を付け加えることで、具体例を加えるクセを付けるといいです。

あなたの体験談を述べる重要性

なぜ、具体例を述べるといいのでしょうか。これは、文章の内容が教科書的にならないからです。許可書は正しいことが書かれてあるものの、読んでいて面白くありません。独自の視点がないからです。

一方で具体例を入れれば、あなた独自の意見がより色濃くなります。さらにいうと、このとき体験談を文章中に取り入れるとより最適です。

あなたが実際に体験したことを記し、主張の裏付けをすることでリアリティのある文章になります。例えば、以下のようになります。

引越しでは何社もの見積もりを取るのが最適です。そうすると、引越し価格を安くできます。

例えば、私が以前に家族の引越しをしたとき、2社の見積もりを取りました。そのとき一方は272,063円でしたが、もう一方の引越し業者では248,400円でした。その結果、25,000円ほど安くなりました。

私が最終的に依頼したのはサカイ引越センターですが、このときは丁寧に梱包作業を行ってくれました。以下の通りです。

大手業者であっても、見積価格を比較することで問題なく引越し価格を下げることができます。

このように、実体験をもとにして書かれた文章は圧倒的に読者に刺さるようになります。もし先ほどの文章で「引越し業者は何社にも見積もりを取ると安くなる」という文章だけで終わっていればどうでしょうか。おそらく、何も心を動かさない文章になります。

ただ、そこに自分の実体験を入れることで読者は興味深く読んでくれるようになります。読み手が知りたいのは教科書的な内容ではなく、「実際のところどうかのか」という部分です。それを記すようにしましょう。

想像のしやすさが好意の度合いを分ける

それでは、なぜこのように分かりやすい文章を書く必要があるのでしょうか。これは、そうしないと読者に好感を与えることができず、ダメな文章だと「この書き手は頭が悪い」と思われてしまうからです。

相手の頭の中で想像しやすいかどうかはとても重要な要素の一つです。スッと頭の中に入ってこない場合、人間は思考を止めてしまいます。

これは、講義で少しでも難しい事を言われれば、すぐに眠たくなってしまうのと同じです。相手の言っている事が意味不明であるため、そもそも聞く気が失せてしまいます。本当の賢者というのは、難しいことを分かりやすく説明する人だといえます。そうした人のほうが賢いと思われますし、ビジネスでもうまくいきます。

例えば、友達から次のような質問を受けた時にあなたはどのように思うでしょうか。

「私の長所を1つだけ教えてくれない?」

多分、すぐに答えることができるので何ともないでしょう。一つだけ答えれば良いので、とても想像しやすく考えやすい質問です。

それでは、この質問を次のように変えてみるとどうでしょうか。

「私の長所を10つ挙げてみて」

この場合であると、多くの人がかなり悩みながら回答していく必要があります。なかなか質問に答えられないと思います。

重要なのは、「長所を1つだけ教えて欲しい」という質問と「長所を10つ挙げてほしい」という質問では、前者の方がよりその人に対して好感を持つことが分かっています。その逆に「長所を10つ挙げてほしい」という質問では、相手に対して頭を使わせてしまうので好感度が下がってしまうのです。

このように、想像しやすいかどうかは「その相手に好意を抱かせる」という事に関してとても重要な要素となります。

ビジネス文章での想像しやすさは必須

「想像のしやすさによって好感度が分かれる」という原理は人に限らず、商品においても同じです。例えばある車のアンケートを取るにしても、その車に関する好きな点を聞くとき、「1つ教えてほしい」という質問と「10つ教えてほしい」という質問では、後者の質問の方が好感度は下がってしまいます。

ビジネスとして商品販売を行う場合は「できるだけストレスなく相手の頭の中に情報が入ってくる」という状態を作り出す必要があります。人間は考えることを嫌う生き物であるため、想像のしやすさによっても商品が売れるかどうかが分かれてしまいます。

これを考えると、パソコンをはじめとする電化製品の説明書はいかにビジネススキルのない人たちが作成しているか理解できると思います。

実際のところ、こうした機器類については写真や絵をつけて「小学生でも分かるような説明書」を情報として付加させるだけで、他社製品より多少高くても売れるようになります。重要なのは、相手が想像しやすいかどうかです。

そのため、ここで説明した通り専門用語を排除し、自分の意見を述べ、さらには具体例や体験談まで含めて述べる必要があるのです。

特に難しい言葉が飛び交っている分野であれば、その難解な言葉を初心者向けに翻訳するだけで誰も真似できない差別化を実現させることができます。しかも、そちらの方がファンになってくれる確率が格段に高いです。

実際のところ、文章だけで相手に伝えるのは非常に難しいです。だからこそ、文章術を学ぶことで伝え方を勉強すれば、他の人に比べて格段に分かりやすい文章を作れるようになります。

素人目線で文章を書き、読み手を魅力してファンにさせる

最も相手に伝える方法が少ない手段として文章があります。誰が読むのか分からないことは多く、読み手の知識レベルを最底辺に合わせなければいけません。

相手の表情を見て理解しているかどうかの確認もできないため、具体例を入れることで誰が読んでも内容を把握できるように調節する必要があります。

実際のところ、話が上手な人であっても文章能力は非常に低い人が多いです。これは、それだけ文章を書く技術が難しいからでもあります。一方で分かりやすい記事コンテンツを書ける人の場合、ほぼ全員がプレゼン上手です。文章で伝えるよりも、言葉で伝えるほうが圧倒的に簡単だからです。

最も伝えるのが難しい方法が文章である以上、文章術を学ばなければ良い記事を書くことはできません。そこで、どのようにすれば優れた記事になるのかを理解したうえで自分独自の情報を提供し、読者を魅了するようにしましょう。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認