広告やセールスレターを書くとき、キャッチコピーとして言葉や文章を書くことを多くの人が想像すると思います。しかし、必ずしても文字を書くことだけがキャッチコピーではありません。ここに画像を付け加えることも大切です。

文章は読まなければいけませんが、画像イメージであれば一瞬で判断することができます。そのため、イラストや写真を載せることはとても重要になります。

画像の効果を上げるためには

確かにキャッチコピーは重要ですが、それ以上にイラストや写真が大切になります。言葉では分からなくても、画像を付け加えることでようやく理解してもらえることがあります。

画像によって視覚情報としてダイレクトに訴え掛けることにより、反応率を大幅に上昇させることができるのです。別に広告に限らず、これはサイト運営などによってアクセスを集める時も同じです。

例えば、私は薬学系サイトを運営していますが、学術系の内容はどうしても難しくなってしまいます。そこで、画像を加えることにより、ようやく多くの方から「分かりやすい」という言葉をいただくようになりました。要は、文字情報だけでは不十分なのです。

ところで「広告」や「セールスレター」などでは、より効果的に画像を活用する方法があります。この方法として3Bの法則が知られています。3Bの法則は広告業界の中で古くから使われている手法です。
3Bの法則では、次の3点を意識します。

・Baby
赤ちゃんなどの小さい子供のイメージ

・Beauty
美人のイメージ(主に女性であり、男性は避ける)

・Beast
かわいい動物のイメージ

テレビCMや雑誌広告などを意識して見れば、この3つのイメージを有効に活用していることが分かります。

ビデオカメラのCMではかわいい子供が運動会で頑張っている姿をお父さんが撮っている姿が描かれます。保険のCMでも赤ちゃんが頻繁に使われています。

また、自動車のCMでは美人の女性が使われますが、男性がメインとなることは少ないです。化粧品や脱毛の広告は必ず美人の女性です。

ある消費者金融のCMでは、チワワが男性をジッと見つめている姿が描かれていたことがありました。某携帯会社のCMは家族のお父さんが白い犬という設定でしたし、繊維メーカーがアルパカをCMに使っていたこともあります。

このように、あらゆる業界が3Bの法則を利用しています。どれか1つでも良いので使用すれば、メッセージが伝わりやすくなります。

数を使えば良いのではない

広告では、人を惹きつけることが第一となります。一瞬の判断で心を掴むことができなければ、あとは見向きもされなくなります。

最初からじっくりと文章を読んでくれる人はほとんどいません。まずはイメージ画像で心をキャッチする必要があります。そのためのヒントとして3Bの法則があります。

ただし、これらの法則を何でも良いので数多く使えば良いのではありません。1つや2つで問題ありません。重要なのは、話のストーリーの中で効果的に使えているかどうかになります。そして、当然ながら広告の中身(文章)も重要になります。

いくらイメージ画像で心を掴むことができたとしても、その中身がスカスカであれば折角読み進めてくれた人に飽きられてしまいます。

要は、文章もイメージ画像も両方とも重要であるという事です。しっかりした文章を書き、そこにイラストや写真を付け加えることで広告の効果が増すことでしょう。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録