広告を出している中でも、売れている広告とそうでない物があります。これを見極める方法として「毎回出されている広告かどうか」という事が挙げられます。

毎回出されている広告はそれで元が取れているために出されています。つまり、そこに書かれているコピー文章は本物であることが分かります。

一回2000万の広告

雑誌広告は高くて見開き500万ですが、もっと高い広告があります。それは、全国紙の新聞広告です。一面に出せば、たった一回で2000万です。

この中でも、毎日広告を見続けていれば「どの広告が毎回出されているか」を見分けることができます。つまり、一回出せば2000万以上の利益が出ている広告がどのような物か分かります。

私も新聞を見続けていますが、何処を重点的に見ているかと言うと「広告」です。ネットから情報が入ってくるので、新聞に書かれている中身自体はあまり見ていません。

また、メルマガ内で[PR]と書かれている文章を見たことがあると思います。これは広告なので、毎回同じように出されている広告は本物です。

Yahooのトップページ右上にある広告も同じです。一回広告として出すと200万の広告費がかかります。これでも元が取れている事実を認識した上で、「なぜこの広告で商品が売れていくのか」を学んでいく必要があります。

商品が売れていくには必ず理由があります。これを私が教えても意味がないので、これは自分で発見していってください。私が教えるのはテクニックではなく、「どのようにすれば一生稼ぎ続けることができるか」という思考だけです。

これを踏まえた上で売れている広告を見続けていくと、一目見ただけで「売れている広告かどうか」を見極めることができるようになります。このようになると、多くの人の反応が取れる文章をようやく書けるようになります。

イメージ広告は無視しよう

ただし、広告と言っても大企業が出しているようなイメージ広告は無視する必要があります。イメージ広告はその企業自体のイメージを認知させ、次第に売れるようになるだろうという推測の元に行っています。

そうではなく、ダイエットサプリや健康食品など、そのページだけで何とか商品を売ろうとする広告を見続けなければいけません。

基本的に大企業が行っている戦略を中小企業や個人が真似したところで意味がありません。

本当に学ぶべきところは「知名度も信頼もない状態から、どのようにして商品を売れば良いか」に頭を振り絞りながら試行錯誤を繰り返している企業です。

その答えが広告です。 売れている広告だけを見ていけば、「なぜお客様の声があるのか」、「なぜ申し込みの文字が右下にあるのか」、「なぜ定期購入を促す構成になっているのか」を学び取ることができます。これには全て意味があります。

むしろ、ここまで理解すればビジネスを行う上でどのようにすれば売上を上げていくかを学ぶことができます。

雑誌広告や新聞広告、ウェブ広告、集客のできるサイトなど、どれも構造は同じです。これを学ぶことで簡単に自社の利益を上げることができますし、超優秀なコンサルタントにもなれます。

ビジネスの基本はどれも同じです。稼げるようになる本物の思考法を私が教えていますので、後はあなたが実行するかどうかだけです。

99%の金のない人ではなく、残り1%の稼げる人になるために努力を惜しまず行動し続けてください。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録