何かの主張があるとき、そこには必ず論点が存在します。論点が話の内容を決めるため、話がかみ合わないときは「論点がずれている」と考えて間違いありません。

論点を理解すれば、就活で受かるための志望理由を書いたり、小論文で相手の望む内容を的確に述べたりできるようになります。どのように論点を考えていけば良いか、以下に述べていきます。

論点がずれるとどうなるのか

「主張」と「問い」は対になっています。例えば、以下のような文章があるとします。

私はサッカー部だけでなく、美術部にも入っています。将来、芸術家を目指しているからです。

これに対する問いは「なぜ美術に入っているのか?」です。主張に対する問いが「論点」に当たります。

話の内容を示す道しるべが論点であり、核になります。論点がずれてしまうと、急に話がかみ合わなくなります。以下に論点がずれている会話を記します。

A:
今日、学校に行く途中で捨て猫を見つけたんだ。帰りに拾っていきたいけど、家でペットを飼うのを親が許してくれないから他の人に頼もうかと思ってる。

B:
猫といえば、私の家の近所に猫カフェがオープンしてさ、客の数もかなり多いらしいよ。かわいい猫たちがいっぱいいるってさ。

A:
その捨て猫も小さくてかわいかったよ。隣のクラスにいるD君だったら興味をもってくれるかな。

B:
私もかなり興味が湧いてしまって、いつかそのカフェに行きたいと思っているんだけど一緒に行かない。

かなりおおげさに書きましたが、論点がずれているとはこういうことです。Aの論点は「捨て猫を拾ってくれる人を探すには?」であり、Bの論点は「猫カフェに誰と行くか?」です。猫について同じ会話をしているように見えても、まったく違う方向性を向いています。

これが、話の内容がずれてしまう理由です。互いの論点が違うため、そこには必ず意見の食い違いが表れます。ただ、このような論点のずれはあらゆる場面で見受けられます。

相手の論点を読む

大学での小論文試験や就活・転職などを行う場面では、「相手が提示している論点」を読み解かなければいけません。論点がずれた回答をすれば、その時点で不採用となります。就活の場面を思い浮かべて、論点を読むことの重要性を考えてみましょう。

就活の場面でありがちなのは、一方的にこれまで自分が経験してきた出来事を述べることです。例えば、テニス部として頑張ってきた学生であれば、「大会で入賞した実績がある」「どれだけ自分がテニス部を引っ張ってきたか」などを話したがるでしょう。

ここに、論点のずれが生じます。そもそも、企業の面接官が何を望んでいるのかを考えていません。面接官と就職活動中の学生の論点を分析すると、次のようになります。

・面接官:学生時代の経験が自社のビジネスにどう活きるか

・学生:テニスをどれだけ頑張ってきたか

このように考えると、どれだけ厳しい練習に耐えて頑張ってきたかを熱く語ったところで無意味なことが分かります。それでは、どうすれば良いのでしょうか。これを解決する方法は簡単です。それは、学生が論点のずれに気がつき、自ら修正すれば良いのです。

企業が求めていることは、自社に役立つかどうかです。そこで、テニス部での経験を通して、どれだけ自分が相手企業に貢献できるかについて話せば良いのです。要は、論点を「テニスから得た経験を御社のビジネスに役立てるには」に変えるのです。

部活でチームワークを学んだのかもしれませんし、信頼関係の重要性に気が付いたのかもしれません。いずれにしても、相手企業に論点を合わせなければいけません。

相手との論点が一致するため、これでようやく就活のスタートラインに立てます。ただ、この原則を理解している学生は圧倒的に少ないため、「論点の考え方」を理解するだけでも、その他大勢よりも抜き出ることは簡単です。

友達との会話であれば、何も考えなくても論点が一致します。しかし、社会に出てビジネスを動かすとなると「相手の論点は何か」を鋭く観察する力が求められます。

自分の意見だけを述べているようでは、相手との話はかみ合いません。ただ、先ほどの「テニス部の例」のように、少し切り口や見せ方を変えるだけで、同じ話題であっても相手が興味をもって話を聞いてくれるようになります。

これを行える人が、ビジネスで稼げる人です。企業で言えば優秀社員に当たり、起業家であれば敏腕経営者になります。話の論点を明確にして物事を進めていけば、日常会話に限らず、あらゆる場面で上手くいくようになるはずです。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録