インターネットビジネスを行う上で、「コピーライティング」について勉強することは必須です。コピーライティングとは、ユーザーが商品を買ったり、メルマガへ登録したりするように誘導する文章になります。

どれだけユーザーに読まれる文章(コンテンツ)を書いても、最終的にユーザーが「商品を買う」「メルマガに登録する」という行動をしなければ、ビジネスとして成り立ちません。

そのため、インターネットビジネスで成功するためには、コピーライティングについて学ぶことが必須です。

そこで今回は、「コピーライティングを書く上で押さえておくべきポイント」について解説します。

コピーライティングのマインドセット

先に述べたように、コピーライティングとは、ユーザーが商品を買ったり、メルマガへ登録したりするように誘導する文章になります。

例えば、アフィリエイトで紹介している商品の購入やメルマガへの登録を促す文章は、コピーライティングになります。単純に「買ってください」「登録してください」と書くのではなく、読み手の心理などを考慮して文章を書くことで、購入率や登録率が大きく変わるのです。

コピーライティングを学ぶときには、まず「マインドセット(考え方)」を理解しておくことが大切になります。正しいマインドセットがないと、いくらテクニックを勉強しても活用できないためです。

そこで以下に、コピーライティングを実践する上で必要なマインドセットについて解説します。

パソコンの向こうにいるユーザーを意識する

コピーライティングに限らず、インターネット上に掲載する文章を書くときに必ず意識しなければいけないことがあります。それは、「パソコンではなく、パソコンの向こうにいるユーザーに向かって文章を書いている」ということです。

パソコンで文章を書いていると、どうしても読み手の存在を忘れがちになります。

ただ、文章自体をパソコンで作成していても、あなたが作ったコンテンツを読んでいる人が必ず存在します。そのため、パソコンの向こう側にいるユーザーを意識して書くことは必須だといえます。

ユーザーを意識せずに文章を書いてしまうと、自己満足なコンテンツ(記事)になりがちです。

しかし、インターネットビジネスで成功するためには、自己満足なコンテンツではいけません。あなたが満足するのではなく、読み手が価値を感じる内容にしなければ、ユーザーは行動しないからです

ユーザーが行動しないということは、商品が買われることもメルマガに登録してもらえることもありません。つまり、ビジネスとして成り立たないといえます。

そうならないようにするためにも、文章を書くときには、パソコンの向こう側にいるユーザー(お客さん)を意識して、「お客さんにどんな価値を提供できるか?」ということを常に考えることが大切です。

読者は一人

また、あなたが書いたコンテンツを読むユーザーは一人です。このことも、コピーライティングを実践する上で欠かせないマインドセットになります。一人のユーザーに向けて書かないと、ユーザーの心に響かない文章になるためです。

例えば、インターネットを使って情報を探すときは、ほとんどの場合が一人で検索しています。また、記事を読むときも商品を買うときも、基本的には一人でコンテンツを見ているはずです。

そのため、ウェブサイトやブログに掲載する文章(コンテンツ)は、読み手である一人を釘付けにすれば良いのです。

あなたが一人でスマホやパソコンを使ってコンテンツを見ているとします。そのとき、一人に向かって書かれている文章と大勢に向けて書かれている文章では、どちらが心に響くでしょうか?

例えば、あなたがダイエットに関する情報を探していたとします。その際に、以下のように大勢に向けた書き方をしているコンテンツを見つけたらどう感じるでしょうか?

みなさんは、ダイエットをしているときに、筋トレをすべきかどうかで悩んだことはありませんか?

おそらく、「みなさん」と書かれているため、自分一人のために書かれた文章だと感じないはずです。その一方で、同じ文章であっても以下のように「あなた」という一人称を使った文章だと、自分に向けられた文章だと感じるのではないでしょうか。

あなたは、ダイエットをしているときに、筋トレをすべきかどうかで悩んだことはありませんか?

特に、コピーライティングはユーザーを行動させるための文章です。ユーザーは「まさに自分のために書かれている文章だ」と感じなければ、おススメされている商品を買うことはありません

そのため、コピーライティングを書くときには、特に一人のユーザーの心に刺さる文章を意識しなければいけないのです。

読者の一番の理解者になる

さらに、ユーザーを行動させるためには、その人の一番の理解者にならなければいけません。人は「自分のことをわかってくれている人」から話を聞きたいと思っているためです。

つまり、ユーザーに「自分のことを理解されている」と感じさせる文章を書けなければ、読んですらもらえなくなります。

例えば、あなたがダイエットに関する情報を捜していたとします。そのとき、冒頭の文章に「私は太ったことないため、ダイエットをしている人の気持ちは全くわかりませんが……」と書かれたコンテンツが現れたら、どう感じるでしょうか?

おそらく、ほとんどの人は「この人(サイト運営者)は全然私のことをわかってくれていない」と感じて、続きの文章を読みたくないと思うはずです。

それに対して、「ダイエットって辛いですよね? 頑張ってもなかなか痩せないし、食べたいものは食べられないし……」と書かれていればどうでしょうか?

おそらく、ダイエットをしている人であれば「そうそう、ダイエットって辛いんだよね……」と共感するはずです。そして、最初の文章で共感すれば、ユーザーは自然と続きを読み進めることになります

当然、最初だけではなく、最後まで「理解されている」とユーザーが感じさせることが大切です。その結果、ユーザーはあなたがおススメする商品を買ったり、メルマガに登録したりするようになるのです。

このように、ユーザーを行動させるためには、読者を理解するように意識することが重要になります。

読者を一人に絞るポイント

先に述べたように、コピーライティングにしてもコンテンツにしても、文章を書くときは読者一人に向かって書かなければいけません。一人に向けた文章でなければ、ユーザーの心に響かないためです。

ただ、一人に向けて文章を書くといっても、最初はどうしてもイメージが湧きにくい思います。

そうした際に、読者を一人に絞って文章を書くために「コンテンツはコミュニケーションである」ということを意識するのは大切です。

あなたが対面で人と話しているときには、「相手とコミュニケーションをとっている」という自覚があると思います。その一方で、パソコンに向かって文章を書いていると、どうしても相手の存在を忘れがちになります。

しかし、何度も述べているように、基本的にコンテンツには読み手が存在します。つまり、対面であろうがインターネット上のコンテンツであろうが、同じように相手がいるコミュニケーションなのです

このように「ユーザーとコミュニケーションをとっている」という意識をもって文章を書くと、自然と一人に向けた文章を書けるようになります。

読者を理解するポイント

さらに、読者を一人に絞ったあとは、その人を理解しなければいけません。ユーザーに「このコンテンツを書いている人は私のことを理解してくれている」と感じさせる文章を書かなければ、ユーザーは行動してくれないためです。

そうはいっても、実際に会ったことない上に、目の前に存在するわけでもないユーザーのことを理解するのは簡単ではありません。

そこでここからは、ユーザーを理解するポイントについて解説します。

どれだけ理解したかではなく、相手がどう感じたか

インターネットビジネスでコンテンツやコピーライティングを書くときには、どれだけユーザーを理解しているかが重要になります。

読者であるユーザーについて理解していなければ、ユーザーの心に刺さる文章は書けません。また場合によっては、文章を読んですらもらえない可能性もあるのです。

ただ、ユーザーについて理解するときのポイントは「あなたがどれだけユーザーのことを理解したか?」ではなく、「ユーザーがあなたの文章を読んでどう感じたか?」が大切になります。

つまり、あなたがいくら努力しても、ユーザーに伝わっていなければ意味がないのです。

このように、ユーザーを理解することについて考えるときには、常に「ユーザーがどのように感じたか?」ということを基準にしていきましょう。

理解の5ステージ

あなたがユーザーのことを理解しているかどうかは、大きく5つの段階に分けて考えることができます。簡単にいうと、相手が「どれだけ自分をわかってくれている」と感じているかを段階化したものです。

あなたがどの段階に位置しているかを把握するだけでも、意識が変わってくるはずです。

・相手を理解しようとしていない

多くの人は、インターネットビジネスを始めた当初は、パソコンを相手に文章を書いています。つまり、パソコンの向こうに読者がいることを理解していない状態です。

例えば、ネット上でダイエットサプリを売りたいとき、「とにかく稼ぐためにダイエットサプリメントを売る文章を書く」と考えている人は、おそらくユーザーのことを理解しようという思考を持っていないでしょう。

この段階であれば、全くユーザーに価値のあるコンテンツを提供することはできません。

・ユーザーを理解しようとしているが、相手に伝わっていない

次は、相手を理解しようと努力はしているものの、相手に伝わっていないという段階です。ユーザーの気持ちを理解する大切さを知っているけれども、ユーザーには気持ちが届いていないという状態になります。

例えば、ダイエットのコンテンツを書くときに「ユーザーはきっと楽をして痩せたいと考えているはずだ」と考えて文章を作ったとします。ただ、そのコンテンツを読んだユーザーは「この文章を書いている人は、全く私の気持ちをわかっていない」「書いてある文章に全く共感できない」と感じている状況です。

どれだけ努力しても、ユーザーに気持ちが伝わっていなければ、コンテンツは価値をなしません。

・ユーザーを理解しようとしているのが相手に伝わる

少し相手への理解が進むと、ユーザーが「このコンテンツを買いた人は私のことを理解しようと努力している」と感じてくれるようになります。

ただ、この段階では、ユーザーは「何となく言いたいことはわかるけど共感はできない……」という感覚をもっています。そのため、まだ商品やサービスを販売しても買ってもらえる段階ではありません。

・ユーザーが完全に理解されたと思う

インターネットビジネスで成功するためには、最低でもこの段階まで達する必要があります。

具体的には、ユーザーが文章を読んだときに「この人は自分の知りたいことを理解している」「まさに自分が知りたいことが書いてある」と感じている段階です。

この段階であれば、商品やサービスを紹介したときに、ユーザーは買ってくれるようになります。

・ユーザーが「自分以上に自分のことを理解されてしまった」と感じる

ユーザーの心を完璧につかむためには、ユーザーが「自分以上に自分のことを理解されてしまった」と感じるような文章を書かなければいけません。

例えば、ユーザーがはっきりと理解していなかった部分を、ユーザーが頭の中で把握している以上にわかりやすく書いていれば、ユーザーは「なるほど! 私はこのような点をまだ理解していなかったのか?」と感じます。

他にも、「私が悩んでいることは、こんなことだったのか!」という気付きを与えられれば、ユーザー以上にユーザーのことを理解しているレベルの文章だといえます。

つまり、「ユーザーを感動させる文章」がこの段階になります。

毎回、ユーザーを感動させる文章が書ければ、インターネットビジネスで成功することは難しくありません。

このように、コンテンツやコピーライティングを書くときには、「ユーザーをどれほど理解できているのか?」を考えるようにしましょう。

理解度の高い記事とは

ここまで述べたように、コンテンツにしてもコピーライティングにしても、ユーザーの理解度が高い文章を書くことが必要不可欠です。

それでは、「理解度が高い記事」とはどのような記事のことを指すのでしょうか?

ここからは、理解度が高い記事が備えている要素について解説します。

単語が「ユーザーが使っている言葉」と一緒

ユーザーの理解度が高い記事の条件として、「文章中の単語が、普段ユーザーが使っている言葉と同じ」ということが挙げられます。

ユーザーは、文章中に使われている単語と、自分が使っている言葉が一致するだけで、あなたのことを味方だと思ってくれるのです

例えば、ダイエットに関する記事を書くとします。医療従事者やダイエット指導者は、太ることを意識することなく「肥満になる」といいます。しかし、実際にダイエットをしている人は「肥満になる」ではなく、「太る」という表現を使います。

一見すると、この2つの言葉は同じように感じるかもしれません。ただ、ユーザーはこうしたちょっとした違いに違和感を覚えるのです。

その結果、あなたの文章を読まなくなったり、「自分とは違う」と感じて紹介している商品を買わなくなったりします。

このように、ユーザーが普段から使用する単語を使って文章を書くようにしましょう。

伝える順番が期待通り

ユーザーが使っている単語を意識するのと同じくらい、物事を伝える順番も大切です。ユーザーが伝えて欲しいと考えている順番で文章を書くと、それだけでユーザーは「自分のことを理解してくれている」と感じるようになります。

例えば、あなたがダイエットに関する記事を書いているとします。そのときに、以下のように共感する文章から書いていると、ユーザーはそれだけであなたを信頼するようになるのです。

ダイエット中には、どうしてもお腹が空いて我慢できずに食べてしまうことがありますよね?

ただ、ダイエット中に間食することは避けるべきです。間食はダイエットを失敗する原因になります。

それに対して、以下の文章のように共感する文章を後に書いたらどうでしょうか?

ダイエット中に間食することは避けるべきです。間食はダイエットを失敗する原因になります。

もちろん、ダイエット中にどうしてもお腹が空いて我慢できずに食べてしまうことはあるかもしれません。

ほとんど同じ文章ですが、最初にユーザーが共感を覚える一文を書くだけで、ユーザーは「この人(コンテンツ作成者)は私のことを理解してくれている」と感じるのです。

このように、伝える順番によってユーザーへ与える印象が異なります。

特に書き出しの文章が重要であり、ユーザーへの共感を示す一文を最初に書くことがポイントになります。

今回述べたように、文章でユーザーを行動させるコピーライティングを書くためには、「パソコンの向こう側にいるユーザーをイメージする」「ユーザーを理解する」「ユーザーの理解度が高い記事を書く」という3つを意識することが大切です。

これら3点を意識することで、ユーザーを行動させるコピーライティングが書けるようになります。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認