cate12

出版を行う前に

書店に行けば、ビジネスで必要なすべての動向を理解できる

出版したい奴は最初にサイトを作れ!

無名著者でも出版デビューは可能

本を出すと批判する側から批判される側になる

ベストセラーの基準を理解する

印税で稼ごうと思う人は出版に向いていない

原稿を書き上げた後に出版を考える

ビジネス書のほとんどはゴーストライターが書いている

ブログやサイトを更新し、雑誌投稿まで行うことが出版への近道

本を出すとどう変わるのか

出版は最高のブランディング化ツール

本を出すとあなたのビジネスが加速する

出版でお客様を増やし、人材採用を円滑にする

出版するとマスコミから取材や講演依頼が入るようになる

出版社へアプローチするには

出版したいことを宣言し、行動し続けると本を出すことができる

一般公募している出版社へ応募して本を出す

出版企画書に必要な項目と中身

出版セミナーや著者講演会に行くと本を出しやすくなる

出版コンサルタントを介して本を出す

ポータルサイトや雑誌へ記事を寄稿して出版する

出版社と編集者の特徴を知る

自費出版は無意味である理由

魅力的な本を書くための秘訣

本はコンセプトが重要:類書を読んで差別化する

本を売るにはタイトルが重要

本を売るにはプロフィールが重要

一冊目の出版(処女作)に全ての力を注ぎこむ

最初の出版(処女作)は「得意なこと」で勝負する

冒頭に最も面白い話を書いた本が売れる

売れる本は読者の「読みたいこと」が書かれている

大量の文章を書いてスリム化させた本は内容が濃い

著者が自ら本を売るための基本

初の出版(処女作)は増刷させろ:印税は全て広告費(販促費)へ

本の増刷を狙うためには初速が重要

著者による書店営業(書店回り)を極める

Amazonのランキングを上げる方法

Amazonキャンペーンは無意味である

著者による本の販促術

著者による大量買いは本の販売促進の基本

有力な人のメルマガ広告は本を売るために有効

インターネット広告で口コミを起こし、本を売るためには

新聞の半五段広告は本の販売に効果あり

出版したら地元のマスコミを回って献本し、取材依頼を頼む

発売日までの準備で本の売れ行きが決まる

ノウハウが凝縮された本だけがロングセラーになる

ベストセラーの出し方は誰も分からない

出版の考え方

書籍出版では印税を無視し、ビジネス利用で考えるべき

いい本の定義から、ロングセラーを狙う意義を学ぶ

本を出す前に著者がサイト・ブログ運営を行う意味

書籍出版は集客で強力な営業・販促ツールになる

著者が認識すべきこと

出版社ではなく、編集者を選んで本を作ることの重要性

自費出版や電子書籍でなく、商業出版を目指すべき理由

本の執筆活動に必要な情報収集の手法

新聞や週刊誌に掲載されると、出版のチャンスが広がる

出版企画書を書き、出版社へ売り込むには

本の中身を作る

本はタイトルと表紙で売れるかどうかが9割決まる

書籍出版の流れ:初校、校了、本の宣伝まで

出版してベストセラーを出すための戦略思考と法則

出版後に考えるべきこと

印税を広告宣伝費に回し、初速をつけて本を増刷させる重要性

作家による本の販売促進方法:著者買い、書店回り、口コミ

電子書籍の基礎知識

電子書籍出版の注意点:売れる本を出すつもりで努力する

電子書籍の執筆・制作で行うべき注意点

電子書籍の文章作成における、校正の方法と注意点