著者が本を売るためのプロモーションの1つとして、Amazon(アマゾン)キャンペーンがあります。Amazonキャンペーンとは、著者が「Amazonで本を買ってください」とキャンペーンをすることです。決して、Amazonが勝手に行うキャンペーンではありません。

Amazonキャンペーンでは特典を用意します。Amazonで本を買ってくれたお礼として、後で特典を送付するのです。これにより、たくさんの人に本を購入してもらうように仕向けるのです。

キャンペーンを行うことにより、Amazonの順位(ランキング)が上がります。ランキングで上位表示されるため、それだけあなたの本が売れやすくなります。ただ、Amazonキャンペーンをしたとしても、ほぼ意味がないことを知っておいた方が良いです。

Amazonキャンペーンは意味がない

メルマガ読者をたくさんをもっている人であるほど、Amazonキャンペーンに強いです。メルマガに登録してまでその人の情報が欲しいということは、言い換えれば「ファン」であるといえます。メルマガ読者の多い人はファンをたくさん抱えているため、Amazonキャンペーンの時に大人数を動員させることができます。

Amazonのランキングは短期間の間に購入してくれた方が上がりやすいです。そのため、Amazonキャンペーンを実施するとき、「特定の2日間に限定してキャンペーン」を行う人が多いです。

ただし、前述の通り現在ではAmazonキャンペーンはあまり効果はないです。ある程度ネットマーケティングに精通している人であっても、いまだにAmazonキャンペーンを行っていますが、あなたは絶対に行わないようにしてください。

かつては、全国の書店員さんはAmazonの順位をチェックしていて、それを書店の仕入れに反映させていた時期がありました。その時期はAmazonキャンペーンによる効果が高く、「Amazon総合1位を取った」という実績だけで本が売れていました。

一方、現在のようにAmazonキャンペーンがたくさん行われるようになると、書店員さんもAmazonの順位を参考にすることはなくなっています。

もちろん、ずっとランキング上位にあるのであれば、大きな意味があります。しかし、Amazonキャンペーンによる効果は数日で消えます。すぐにランキング外へ飛ぶため、書店の仕入れには反映されないのです。

本が売れるのは、圧倒的にリアル書店です。Amazonの影響が大きいとはいっても、そのシェアは約2割程度です。本を売るためには、書店員さんを動かさなければ意味がありません。Amazonで上位表示させたとしても限界があるのです。

書店購入キャンペーンを行う

Amazonキャンペーンは意味ないですが、その代わりに「書店購入キャンペーン」を実施してください。要は、Amazonで本を買うのではなく、リアル書店で本を購入してもらうように仕向けるのです。私も本を出すときは書店購入キャンペーンを行いました。

「紀伊國屋書店 新宿本店」や「丸善 丸の内本店」など、キーポイントとなる大型書店が世の中にはいくつかあります。地方の書店によっては、これらの大型書店のランキングを仕入れに反映していることもあります。

これらの書店で本を買ってもらうようにすれば、ランキングを上げることが可能です。さらに、書店員さんに「本が売れている」という肌感覚を植え付けることができるため、そのまま継続して本を置いてくれるようになります。

Amazonキャンペーンでは、購入後に送られてくる「注文番号」を特典フォームに入力させることが基本です。一方、書店購入キャンペーンでは、注文番号の代わりにレシートの写メを特典フォームに添付させます。レシートが本を購入したという証拠になるのです。

このように、あなたが本を出版したときにキャンペーンを行う場合、Amazonではなく書店購入キャンペーンを行いましょう。

Amazonキャンペーンをしている人はマーケティングの素人です。本を売るため、「書店で本を置いてもらうようにするには?」を必死で考えましょう。そうすれば、Amazonではなく書店購入キャンペーンを行うことくらい、自然に理解できるはずです。

出版コンサルティングの実施

book-onsulting2 botton3