ee7

作家として本を書くとき、既に何冊も本を出している人であればそこまで大きな不安はありません。ただ、初出版となると著者はどのようにして本ができるのか分からないため、戸惑ってしまうことがあります。

出版企画書が通って編集者とやり取りをすることになったとしても、途中で頓挫して出版できなくなることがあります。したがって、作家として執筆をするのであれば、どのように編集者と本を作り上げていくのか理解しておかなければいけません。

これら本ができるときの流れを知ることにより、著者として何をすればいいのかを理解できるようになります。

企画書が通り、編集者と本を作る

あなたの出版企画書が通り、実際に本を執筆するとなると、編集者とテーマや方向性を決めなければいけません。これについては、最初にザックリと方向性を定めたうえで、執筆しながら軌道修正していくのが一般的です。

最初の執筆では、パソコンで文章を入力することによって電子データで送るようになります。そこである程度のやり取りをすると、編集者は紙に印刷をしたうえで赤字を入れたファイルを送ってくるようになります。ここでのアドバイスをもとにして、もう一度原稿を加筆・修正していきます。

以下に、実際に当社の創業者が出版したとき、本を作成する過程で編集者から返ってきた生の原稿を載せます。

ee6

このように、大量の指摘が入ります。このページだけでなく、一冊の本にするのでこうした指摘が200ページ以上にわたって行われます。指摘が多すぎるため、著者としてはどこから修正すればいいのか分からないほどになるのが現状です。

そうして修正していくことにより、内容を洗練させていきます。基本的には、あなたが最初に書いた文章よりも構成や言い回しが大きく変わるようになることを認識するようにしてください。原稿を書いた後、「編集者へ提出して修正する」という作業を何度も繰り返し、文章を洗練させていく作業をしていくようになります。

この段階で著者の筆力が足りなかったり、編集者と意見が合わなかったりすると、出版が途中頓挫してしまいます。したがって、作家が出版するに値するレベルにあることが、本を出すための条件になります。

そのため、企画書が通ったからといって安心してはいけません。次に説明する「初校」の段階になって、ようやく安心するようにしてください。

初校から再校、校了まで

こうしてすべての原稿が完成された後、初校という段階へ移ります。初校まで行けば、あなたの本が出ることはほぼ確定したと考えてください。

初校とは、すべての原稿を印刷したうえで、それらに誤字や間違いがないかについて確認する最初の作業のことをいいます。出版社によって異なりますが、初校では「校正者」と呼ばれる第三者の目線から赤ペンを入れられます。校正者の実力は人によって大きく異なりますが、良い校正者に当たれば運が良いと思ってください。

初校の段階では、まだいくらでも修正できます。そのため、担当の編集者と密にやり取りをすることで、さらに原稿の内容を研ぎ澄ましていきます。

こうして初校が終わった後、もう一度文章の見直しをします。これを、再校といいます。通常の出版では、初校と再校の2回を行います。初校とは違い、再校では「てにをは」など細かい修正だけを行います。ここで大幅な修正をすると、文書のつながりが崩れるので最小限の修正に留めます。

そうして再校が終わると、すべての作業が終了します。この段階を校了といいます。校了まで行けば、あとはあなたの本が出来るのを待つばかりです。

出版する一ヵ月前から本を売る準備をする

すべての原稿を執筆して仕上げたとしても、実際に出版されるまでには時間差があります。このとき、本が出るのをただ待っていてはいけません。著者は本を売るための努力をする必要があるため、出版の一ヵ月前から準備しておく必要があります。

このとき、広告会社と打ち合わせすることで本の宣伝をする準備を進めておきましょう。新聞広告やネット広告など、本を宣伝することでようやく書店で売れていくようになります。

また、友達に宣伝したりプロモーションの準備をしたりしておく必要があります。他には、ポップの作成をしなければいけないかもしれません。

本を売るとき、出版されて最初の一週間が勝負になります。そのため、本が出た後に準備しても遅いです。一ヵ月前から本を売るための手はずを整えることが、ベストセラーにするための秘訣です。売れている本の中で、著者が頑張って宣伝していない本は存在しないことを認識しなければいけません。

このように、書籍出版では一連の流れがあります。本を執筆して編集者とやり取りを行い、初校・再校・校了までなったあとは本を販売するための準備を行います。ここまで実行することが、作家として本を作るときに必要な作業になります。

売れる本をつくるための5つの条件

それでは、どのようにすれば売れる書籍にすることができるのでしょうか。

執筆して書籍出版を果たすとき、誰もが良い本を作りたいと思います。そして、できるだけたくさん売りたいと考えます。ただ、何も考えずに執筆活動をしたとしても売れる本を作成することはできません。

売れる本には、条件があります。ある程度の条件を満たしたうえで本を書かなければ、あなたの本はすぐに消えてしまいます。そこで、良い本を出版するときに必要な条件をおさえた上で、執筆にとりかからなければいけません。

ベストセラーになるほど売れる本には理由があります。そのための条件としては、主に5つあります。それは、「タイトル」「著者」「運」「テーマ」「トレンド」です。

1. タイトル

本は中身よりもタイトルによって売れ行きが決まります。基本的には、「タイトル8割、表紙2割」だと考えてください。読者を惹きつけるタイトルにすることで、書店で本を手に取ってもらうようにするのです。

注意点としては、作家にタイトルの決定権がないことがあげられます。そのため、タイトルについては本を書き始める前に編集者と相談するようにしましょう。

2. 著者

そして、書籍の執筆では作家自身が重要になります。著者が有名であると、それだけで売れていきます。

テレビに出るような有名人は少数ですが、芸能人でなければいけないというわけではありません。一般人は知らなくても、特定の業界で有名だったり人的ネットワーク(人とのつながり)が強い人であったりすれば、口コミによって本が売れていきます。

3. 運

また、運も必要です。ベストセラーを何冊も出している編集者であっても、実際に本を市場に放り投げないとその動きがわからないといいます。そのため、そのときの運を味方につけることが大切です。

4. テーマ

次に、テーマです。テーマというのは、著者が訴えかけたいことを指します。例えば、経営に関する本を出版するにしても、「20代のサラリーマンを対象にした入門ビジネス書」と「経営者が相手のチームマネジメント術」では中身が異なります。

また、マンガにしたり小説風にしたりと切り口を変えることもできます。テーマによって、本の売り上げは何十倍も違ってきます。

5. トレンド

最後に、トレンドです。ベストセラーになる本の条件として、時流に乗ることがあります。つまり、その時代が欲している本を書くことでトレンドの波に乗るのです。また、ベストセラーの本が世の中に出ることによって、新たなトレンドになることもあります。

大量の文章を書いた後に削っていく

こうした「売れる本を書くための条件」を満たしたうえで、最初は大量の文章を書くようにしてください。一冊の本は10万文字といわれていますが、15~20万字以上は執筆するのです。その後、本当に必要な個所だけを残して後は削っていきます。

削った文章は当然ながらボツ原稿になります。効率を考えると、多めに執筆するのは無駄なように思えます。それにも関わらず、なぜ10万字をはるかに超える量の文章を作成しなければいけないのでしょうか。それは、良い本を作成する秘訣として、「たくさんの内容から文章を削っていく」ことがあるからです。

世の中に何本もの名作を生み出した作家であったとしても、最初に執筆する内容は文章が上手くありません。言いたいことが分からなかったり、同じことを繰り返していたりするのです。

そこで、文章を書いた後によけいな贅肉を切り取っていきます。そうすれば、文章の中でも濃い部分だけが凝縮され、内容がより洗練されていくようになります。こうして、読者を惹きつける本へと仕上がっていくようになります。

ここまで述べた通り、良い本を執筆・出版するためにはタイトルをあらかじめ考えておいたり、著者として人脈を築いておいたりと行うべきことがたくさんあります。また、大量の文章を書いた後に不必要な部分をそぎ落としていくようにします。こうして、内容の濃い書籍が完成されていきます。

本の執筆でゴーストライターを活用し、出版するメリット

ただ、中には文章を書くのが苦手であるために執筆作業が進まない人も存在します。こうしたときはどのようにすればいいのかというと、ゴーストライターに頼むという手法が存在します。

書籍出版するとき、最も分かりやすい方法として「自分が執筆する」ことがあります。ただ、実際のところビジネス書を書いている多くの人は自分自身で本を書いていません。自ら執筆するのではなく、ゴーストライターが代行して原稿を執筆しています。

それでは、ゴーストライターに頼むことが恥ずかしいことなのかというと、必ずしもそうではありません。むしろ、ゴーストライターがいるからこそ、良い知識やノウハウが世の中に出回るようになっています。ゴーストライターを雇うにはお金が必要になりますが、自分が執筆するよりも時間を短縮しながらプロによるライティングを行ってもらえます。

ゴーストライターに本を書いてもらうメリット

実際に執筆したことのある人なら分かりますが、文章を書く作業は想像以上に難しいです。執筆作業というのは、創作活動に当たります。そのため、ストーリーの構成やテーマ設定を含めてすべてゼロから構築していかなければいけません。こうした作業が必要なため、まったく文章を書けない人は多いです。

セミナー講師として話すことが得意な人はたくさんいます。しかし、質の高い文章を書ける人は意外と少ないです。どれだけ饒舌に話すことができたとしても、実際に執筆するとなると筆が止まってしまうのです。

良いノウハウや質の高いコンテンツをもっている人であっても、それを書籍として世の中に出せなければ大きな損失になります。本がでなければ、その人のもっている知識を知りたいと考えている人へ情報を提供できなくなるからです。

そこで、ゴーストライターという職業が重宝されます。良いノウハウをもっている人の話を聞き、それを代わりに文章にすることによって一冊の本としてまとめるのです。

そうして書籍出版をすれば、著者側としては自分の本を作成でき、出版社としては質の高いコンテンツが詰まった本を作ることができ、ゴーストライターは執筆料をもらうことができます。

もちろん、読者はそれまでにないノウハウが載っている本を手に取ることができます。このように考えると、実は誰も損をしていません。そのため、ゴーストライターに頼んで書籍出版を果たすこと自体は悪くなく、大きなメリットがあります。

むしろ、ゴーストライターがいなければ世の中に出回る本の数は激減してしまいます。それだけ、ゴーストライターが執筆している本は多いのです。

実際にゴーストライターに書かせるとなると、あなたはライターに向かって「保有しているノウハウや考えていること」などをすべて話すことになります。このときの会話を録音しておき、あとで文章として書き起こすのがゴーストライターの仕事になります。

執筆の丸投げは厳禁

ただ、すべてをゴーストライターに丸投げするのはやめてください。そうした本であると、必ず面白くない本に仕上がってしまうからです。実際に文章化された内容を見て、編集者とゴーストライターを交えながらあれこれ意見を交わすようにします。そうして軌道修正をしていき、ノウハウが凝縮された内容にするのです。

ゴーストライターはどのジャンルであっても存在します。難しい医療系の話であっても問題なく書けるゴーストライターがいれば、哲学の分野で執筆可能なライターもいます。基本的には、書けない分野は存在しないと考えてください。

本を執筆するとき、良い本ができる順番としては以下のようになります。

1. 筆力の高い著者がすべて書く

2. 筆力がないため、良い文章を書けるゴーストライターが書く

3. 優れたノウハウをもっているが、筆力のない著者がすべて書く

ビジネスや研究などで大きな成果を出している人であっても、文章を書いたことのない人は多いです。そのため、本を書くときはほとんどの人が「3. 優れたノウハウをもっているが、筆力のない著者がすべて書く」に該当します。こうした事態を避けるために、ゴーストライターを起用するのです。

ちなみに、芸能人やタレントを含め、著名人が出版している本の99%はゴーストライターが書いていると考えてください。

彼らは名前が知れているため、マスコミで宣伝できますしファンも多いです。そのため、本を売りやすいです。こうした背景があるため、出版社はゴーストライターを積極的に活用してでも著名人を使って出版させようとするのです。

ここまで述べてきた通り、出版する方法としては、自分で書く以外にもゴーストライターを活用するという選択肢があります。本来は自ら文章を書くのが望ましいですが、それが難しい場合はゴーストライターの起用も考えてみてください。

このように、書籍出版には適切な流れがあります。どのようにして本を作り上げるのかを知れば、著者として出版しやすくなります。このときは売れる本を作るために努力し、さらには自ら執筆するのかゴーストライターを雇うのかを検討するようにしましょう。ここまで考えることで、ようやく商業出版へ近づけるようになります。

出版コンサルティングの実施

book-onsulting2 botton3