e8

素人であるほど、広告を出すのをためらいます。本当に広告を出して、それ以上の効果が出るか分からないからです。ただ、こうした考えをもっている以上はビジネスで大きな成果を出すことはできません。

特に本の宣伝で広告を出すことを躊躇していれば、あなたの本はまったく売れることなく書店から消えていきます。

出版するとなると、書店であなたの本が大々的に置かれている状態を多くの人が想像します。ただ、実際は書店の片隅にポツンと置かれ、一週間ほど経てばどの書店からも消えるという経緯を多くの本がたどります。最初に数十万円の印税が振り込まれ、そこから増刷がかかることはありません。

これを避けるため、出版した後に著者は積極的に本の宣伝をしなければいけません。

特にビジネス書や実用書などの出版では、あなたのビジネスを加速させるためのツールとして本があります。そのため、印税で稼ごうというケチな考えをするのではなく、すべての印税を広告宣伝費に回すようにしましょう。こうして、本を売っていきます。

初速をつけることの重要性

本を売るためには、どのような周期で書籍販売を考えればいいのかを最初に理解しておく必要があります。書籍の宣伝では、出版して「一週間」と「一ヵ月」で区切ります。本を出して最初の一週間では、できる限り広告を出すなどして露出を増やすようにしましょう。特に出版して最初の土日はかなり重要です。土日に書店で本が動くことにより、あなたの本は書店員の印象に残ります。

また、ほとんどの本は発売して一ヵ月ほど経過したら書店から消えるようになります。返本されることにより、棚のすみに置かれるか完全になくなるかのどちらかです。そのため、長くあなたの本を置いてもらうために発売後一ヵ月の間で本を売る努力をする必要があります。

出版では、初速が重要だといわれています。本を市場に放り込んだ後、最初にどれだけ売れるのかによってその後の様子が大きく変わってくるようになります。そのため、発売一週間の間に多くの広告宣伝費をつぎ込むことで露出を増やすことを考えなければいけません。

また、発売一ヵ月後にあなたの本が書店から消えないように、ひと月は本を売る努力を継続しましょう。

そうして本が売れていけば、増刷されるようになります。最初の増刷(重版)を「2刷」といいますが、増刷される本は出版される本の中でも5%に満たないほど少ないです。それだけシビアな戦いであるため、著者は本を売るようにする必要にあるのです。

増刷がかかるタイミング

それでは、どのように重版がかかるようになるのでしょうか。それは、「本の品切れ感」を出版社が感じたときです。

前述の通り、最初の一ヵ月(特に一週間)は全国の書店であなたの本が流通するようになります。全国の本屋に何千冊もの本が置かれることになりますが、このときに1000部や2000部などと本が動いていけば、出版社がもっている在庫が不足するようになります。このとき、ようやく増刷の検討を始めます。

全国の書店でどれだけあなたの本が売れているのかについて、出版社は一日や一週間ごとに把握しています。書店から提供されるデータから、本の売れ具合を推測しているのです。そこから本の売れ行きを予測し、めでたく重版が決定されます。

ただ、時間が経過して書店が「この本は売れない」と判断した場合、すぐに返本されてしまいます。そうして書店に流通していた本が倉庫へと返本されると、当然ながら出版社があなたの本に対して「品切れ感」を感じることはありません。

こうした事情があるため、増刷を行うためには出版後の初速が重要になります。重版させることを狙うためにも、最初のタイミングを大事にしてください。

3刷までいけば本物

そうして本が売れていき、さらに増刷がかかって「3刷」になれば、あなたの本は本物です。3刷までになるということは、売れ続けている証拠です。3刷までになる本はほとんどありませんが、ここまで行けば4刷、5刷と増えていきやすくなります。

ちなみに、当社の創業者が出版した本であれば、発売から2週間で増刷がかかり、合計で1万5000部まで売れました。1万部売れる本は全体の1%未満であるため、それなりの成績になります。

ただ、振り込まれた印税は約100万円ですが、そのときは広告宣伝費として150万円ほどを使いました。完全に赤字ですが、そうして初速をつけたことによって大きな結果を出すことにつながったのです。

同じように考えて、本を売ることで増刷を狙う場合、必ず印税を広告宣伝費に使うようにしましょう。

初速をつけて本が売れたという実績があれば、マスコミから取材が舞い込んできたり、お客様が勝手にファンになってきたりするようになります。そうしてビジネスを加速させていけば、本に使った広告費は後でいくらでも回収できるはずです。

本の広告宣伝で有効な媒体:新聞広告、ネット広告

それでは、どのようにして初速をつければいいのでしょうか。前述の通り、あなたが書籍出版をする場合、必ず広告を使って宣伝するようにしてください。

毎日200冊ほどの本が出ていることを考えると、本を出すだけであなたの本が書店で大々的に置かれることはありません。書店の隅にポツンと置かれ、一週間ほどして売れないと判断されてすぐに返本されるだけです。

そこで、本は著者自身が売らなければいけません。そのため、印税を出版本の広告宣伝費につぎ込むのは作家として基本です。印税で稼ごうと考えている著者は二流であり、本が売れたことによる実績を活用し、さらに大きな成果を出すことを考える作家が本物です。

それでは、どのような媒体に広告を出せばいいのかというと、新聞広告やネット広告を活用するようにしてください。新聞広告では、半三段広告や半五段広告が有効です。ネット広告では、メルマガ広告やコンテンツ広告など種類があります。こうした媒体を活用することで、本を売る努力をします。

新聞の半五段広告は有効

新聞による広告効果が落ちたとはいっても、その威力が大きいことには変わりありません。実際、新聞を見ると本の広告が頻繁に出されています。なぜ、新聞広告に書籍の宣伝が多いかというと、効果があるからです。新聞広告としては、「サンヤツ」「半三段広告」「半五段広告」が有効です。

新聞では、一段ごとに考えます。そのうち、三段分を8当分したものをサンヤツといいます。三段を8つに分けるため、サンヤツという名前になっています。

sanyatu

次に、三段分の半分を半三段広告といいます。紙面トップに掲載する場合、多くは半三段広告です。そして、紙面の中に掲載され、五段分の半分を活用した広告を半五段広告といいます。

例として、以下に当社の創業者が初出版を果たしたときに載せた半三段広告を載せます。紙面トップに掲載したときの広告になります。

hansandan

新聞広告を出すとき、どこに出すのかを考えなければいけません。全国紙に半五段広告を出すのは何百万円もの費用が必要です。そのため、著者が個人のお金で出すのは現実的ではありません。

そこで全国紙に広告を出したい場合、出版社と相談しましょう。印税分を出して費用を負担するなど、交渉するようにすればいいです。

地方紙に広告を出すことを検討するべき

また、あなたが地方出身の著者なのであれば、地元紙に出すようにしましょう。このときは、地元出身であることを広告でアピールします。また、書店を回って「地元紙に広告を出す」ことを書店員に言うようにします。そうすることで、書店でも大々的に宣伝してもらえるようになります。

こうして、広告を有効に活用しながら作家として本を売るようにします。地元紙の新聞広告であれば、紙面トップへの掲載であっても15万円程度のお金があれば出すことができます。

ネット広告を活用する:メルマガ広告、コンテンツ広告

また、インターネットの広告も本の宣伝で有効です。ネット広告としては、主にメルマガ広告コンテンツ広告の2つがあります。特に、多くの読者を保有している人のメルマガ(メールマガジン)で宣伝してもらうことは有効です。メルマガ広告を出せば、ネット書店でたくさん本が売れるようになります。

適切な媒体にメルマガ広告を出せば、確実に一定数は売れます。ただ、より大きな拡散を狙いたい場合、コンテンツ広告を出すようにしましょう。ネット上にコンテンツとして広告を出すことにより、口コミを引き起こすのです。

コンテンツ広告では、あなたの本の内容を要約し、ニュース配信することで大手ポータルサイトなど影響力のあるメディアに掲載するように仕向けます。そうして露出を増やし、口コミが起こるようにします。

確実に口コミが起こるかどうかは実際に広告を出さなければわかりませんが、上手くいけばあなたの本を効果的に宣伝できます。

このように、出版した際は必ず印税をもとにして広告を出すようにしましょう。このときは新聞広告やネット広告が有効です。これらを活用することで本を売っていくことが、作家として重要になります。

出版コンサルティング

book-onsulting2 botton3

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録