内容が良いからという理由で文章が読まれることはありません。どれだけ内容が優れていたとしても、実際に読んでみなければ良し悪しの判断はできないからです。

冒頭の数行を読んで興味が湧かなければ、すぐに読まれなくなります。つまらないメールは閉じられ、長い手紙はゴミ箱行きです。あなたの行動を見ても、最初に書かれていることが意味不明な文章であれば、その後に書かれていることも面白くなさそうに思うはずです。

そこで、ここでは読者にあなたの文章を読んでもらうための方法をお伝えします。多くの人に読ませることができれば、それだけたくさんの人に影響を与えれるようになります。

冒頭にメリットを述べる

人を行動させるとき、その人に「行動するための動機」がなければいけません。言い換えれば、その人にとってメリットがなければ行動することはありません。

映画館に行くにしても、デートするという動機があれば人は動きます。居酒屋で飲むにしても、かつての同級生が久々に集まるという動機があれば多くの人が来ます。ここには、「楽しい時間を過ごす」というメリットがあります。

これと同じように、あなたが文章を書くときは最初にメリットを述べなければいけません。「この文章を読まなければいけない理由」を冒頭で提示することにより、ようやく人が読んでくれるようになるのです。

売れている本を観察しても、この傾向を読み取ることができます。

ベストセラー本を見れば、どれも冒頭に命をかけています。売れている本であるほど、「はじめに」や「第一章の数ページ」に興味深い内容が書かれています。これは、読者が本を購入するとき、最初のページしか読まないからです。ここで読者をひきつけておけば、本を購入してくれる確率が高くなります。

しかし、冒頭を読んで読者が興味をもってくれなければ、残りの内容まで面白みにかける本だと思われてしまいます。この原則は本に限らず、あらゆる文章に共通します。最初に興味をひかなければ最後まで読んでくれません。

結論を最初に書くと文章が引き立つ

本は何万文字にも及ぶ媒体です。そのため、あなたが文章を書くときに本の構成を真似しても意味がありません。そこで、新聞や雑誌を見て文章の構造を学んでください。新聞や雑誌を観察すると、どれも結論が最初に述べられていることに気が付くはずです。

何も考えずに文章を書くと、結論を最後に書いてしまいます。しかし、これではあなたの言いたいこと(主張)が見えないため、何が言いたいのか最後にならないと分かりません。その結果、読まれない内容になります。

最後になって「そのため、この方法を実践すれば1ヶ月で体重が5kg減ります」といっても読者に伝わることはありません。それよりも前の段階で読むのを止めてしまっているからです。

それよりも、冒頭に「この方法を実践すれば、あなたは1ヶ月で体重が5kg減ります。誰でも簡単にできる体操を行うだけのダイエットなので、これから5分だけ時間をください」と書いた方が圧倒的に読まれやすくなります。

ちなみに、新聞や雑誌に限らず、テレビでも番組の最初に「最も興味深い内容を少しだけ流す」ことを頻繁に行っています。番組の後半に面白い内容を出しても、それまでにチャンネルを変えられてしまっては意味がありません。そこで、最初に面白い内容を数秒だけ見せ、番組をずっと見てもらうように仕向けるのです。

こう考えると、「読者に文章を読んでもらうための仕掛けを、冒頭に作るのが基本である」ことを理解できます。「なぜあなたの文章を読まないといけないのか」という読者の問いに冒頭で回答しなければいけません。

ただ、中には不安にあおる方法で文章作成を行っている人がいます。例えば、「これを読まなければ、あなたは話題についていけなくなる」などです。これは素人が行う下手なやり方です。

そうではなく、プラスの方向で動機づけをしましょう。このページの最初でも「読者にあなたの文章を読んでもらうための方法をお伝えします」とプラス思考で述べています。これと同じように、メリットを提示した文章が読者を動かします。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録