インターネットビジネスを始めようとするとき、どのようなビジネスを構築しようとするでしょうか。ネットビジネスといっても、稼ぐ手法はさまざまです。メールマガジン(メルマガ)を活用したり、自分の商品を作って売ってみたりといくらでも方法はあります。

ただ、ネットビジネスの中でも最も有名であり、初心者の人であっても行いやすいものとしてアフィリエイトがあります。それでは、アフィリエイトを開始するときは何を考えて行動すればいいのでしょうか。

アフィリエイトがいくら簡単とはいっても、実際に行ってみるとビジネス(=金儲け)である以上は意外と難しいことに気づきます。

もちろん、ネットビジネスの中でもアフィリエイトは非常にハードルが低いことは事実です。ただ、それでも初心者にとっては適切な考え方を理解しなければ稼ぐことは難しいです。

もくじ

アフィリエイトには種類がある

まず、アフィリエイトにも種類があります。そのため、どのアフィリエイトを行うのかを選択しなければいけません。このとき、多くの人は行うべきアフィリエイトを間違えます。その結果、たくさんの批判にさらされたり、どれだけ頑張ってもまったく稼げなかったりします。

アフィリエイトの中でも、行うべきはサイトアフィリエイトです。

なぜなら、アフィリエイトの中で感謝メールが届き、さらには大きく稼げる唯一の方法だからです。それでは、なぜサイトアフィリエイトを行うべきなのか他の手法と見比べながら解説していきます。

情報商材のアフィリエイトは行うべきではない

アフィリエイトの中でも、最も代表的なものとして情報商材アフィリエイトがあります。情報商材とは何かというと、その人がもっている独自のノウハウをPDFや動画などの情報としてまとめ、それを商品(商材)にしたものを指します。

情報商材は多くの場合で1~2万円ほどであり、これを売ることで商品価格の半分ほどのお金があなたのもとに入ります。

ただ、実際のところ情報商材のほとんどは無価値なものを何万円もする商材として売っているだけに過ぎません。本を読めば書籍代として数千円程度で手に入れることのできる情報に対して、何万円もの商材として値段を付けて売るものが情報商材です。

また、情報商材のアフィリエイトは一言でいうと非常に怪しいです。この理由は単純であり、情報商材アフィリエイトはねずみ講のビジネスと一緒だからです。

情報商材アフィリエイトでは、「私がこの情報商材を売って稼いだのと同じように、あなたもこの情報商材を他の人に売って稼いでください」という理論で行われています。

さらに、扱われている情報商材そのものも「簡単に稼げる」「3クリックで儲かる」「選ぶだけ」などのような、普通に考えてありえない内容のものばかりです。例えば、以下のような感じです。

先にいっておきますが、簡単に稼げるビジネスは存在しません。私も長くビジネスを実践しており、あらゆる成功者と話をしていますがそのような話を未だに聞いたことがないです。

そして、情報商材アフィリエイトでは上記の怪しい情報商材を売らないといけないため、実際に稼げるようになるためにはいくつかのハードルがあります。このときのハードルとしては「ウソをつく必要がある」「多くの批判にさらされる」「メルマガを発行しなければいけない」などがあげられます。

情報商材アフィリエイトは最初、ウソから入る

まず、情報商材アフィリエイトで稼ぐためにはどのようにしなければいけないかわかるでしょうか。それは、ウソでもいいので実績を作ってしまうことなのです。

実際のところ、情報商材アフィリエイトを行っている人の実績はほとんどがウソです。「月100万円を稼いだ!」といっても、実際のところそれが本当かどうかは分かりません。ただ、成果のない人から話を聞こうとする人はいないため、最初にウソの実績を作り上げてそこから人を集める必要があるのです。

また、たとえ実績が本当であったとしても誇張されているケースがほとんどです。例えば、月100万円とはいっても最大瞬間風速である場合が圧倒的に多いです。要は、単月だけ稼いで他の月は無収入なのです。

これでは、ビジネスとはいえません。ビジネスでは継続的に稼げてこそ意味があります。

さらにいえば、情報商材アフィリエイトではスパム行為も積極的に行わなければいけません。情報商材を実際に購入すれば分かりますが、「SNS上で偽のアカウントを作り、専門家になりすまして情報発信する」などような考えられないノウハウが書かれており、そうしたスパム行為を実行しなければ人を集められません。

こうしたことから、良心のある人にとって情報商材アフィリエイトは圧倒的に向いていません。人を騙しても何も思わない人であれば問題ありませんが、多くの人はそうではないため、情報商材には手を出さないことをお勧めします。

批判メールが大量に届き、人から嫌われる

また、基本的に感謝メールが届くことはなく、その反対に批判メールが大量に届くことも情報商材アフィリエイトを行うデメリットです。

少し考えれば分かりますが、「ビジネスをして稼ぐためには、自分からまずは情報商材を買え! その後、私が行ったように情報弱者を集め、同じように情報商材を売りつければ稼ぐことができる」という人がいた場合、あなたはどのように考えるでしょうか。

常識的な考え方のできる人であれば、嫌悪感を抱くと思います。金の亡者のような印象を受けるでしょう。

そのため、もしあなたが情報商材アフィリエイトを開始すると同じように金の亡者だと思われてしまい、批判メールが大量に届くようになります。ネット上でも叩かれるため、情報商材でのビジネスを行う場合は強い心をもった人でなければいけません。

メルマガアフィリエイトはハードルが高すぎる

さらにいうと、情報商材アフィリエイトで大きく稼ぐためには基本的にメールマガジン(メルマガ)を発行する必要があります。メルマガ読者をたくさん集め、メルマガ内で情報商材を売ることで稼ぐのです。

ただ、ネットビジネスの中でメルマガを活用するビジネスは最も難易度が高いです。そもそも、メルマガを発行したとしてもメルマガ読者が集まらないのです。

そこでメルマガ読者を集めるためにブログを書くなど頑張るわけですが、このときの情報発信の内容は情報商材系のアフィリエイトの内容になるため、基本的に薄っぺらい内容ばかりになってしまいます。しかも同じように情報商材系で稼いでいる強豪と勝負しなければいけません。

ウソをつく必要があったり、批判を受けたりするだけでなく、メルマガというネットビジネスの中でも高度な技術を用いたマーケティング(リストマーケティング)を行う必要があるため、多くの人が挫折するのです。

Googleアドセンスは儲からない

このように正常な神経をしている人であるほど情報商材アフィリエイトは向いていないため、真っ当にビジネスをしたい人は他のアフィリエイトを行うようにしましょう。

それでは、他にどのようなアフィリエイトが存在するのかというと、有名なものにGoogleアドセンスがあります。これはGoogle社が提供している広告であり、クリック型の広告です。要は、「広告が1クリックされると10~30円ほどのお金(広告料)があなたのもとに入る」という形のアフィリエイトになります。

Googleアドセンス広告では、以下のようにサイトを構築してそこへ広告を貼るだけで問題ありません。

Googleアドセンスは広告を貼りつけるだけであり、さらに有名な手法ではありますが、アフィリエイトとしては絶対に行ってはいけない方法の一つです。なぜなら、非常に稼ぐのが難しいからです。

Googleアドセンスによって稼ぐためには、大量のアクセスがなければいけません。クリック率が「多くても1%程度」なので、例えば月1万PV(ページビュー)のサイトだったとしても、多く見積もって「10,000PV × 0.01(クリック率) × 30円(1クリックの単価) = 3,000円」です。

後で紹介するサイトアフィリエイトを行えば、正しいジャンルさえ選べば月1万PVのサイトであると月10万円以上は稼げるのが当然です。そうした事実を踏まえると、Googleアドセンスは労力のわりに稼げる額が非常に少ないという問題点があります。

もちろん有益な情報発信をするので感謝はされます。ただ、ビジネスでは「どれだけ稼ぐことができるか」を含め費用対効果を考えることが重要なので、稼ぎの額の非常に少ないGoogleアドセンスは推奨できないというわけです。

トレンドアフィリエイトは行うべきでない

ちなみに、情報商材アフィリエイトに手を出してしまった方の中には「トレンドアフィリエイト」という言葉を聞いた人がいるかもしれません。トレンドアフィリエイトとは、その名の通りトレンド(流行)となる情報をブログで発信することによって、そこに大量のアクセスを集めるという手法です。ブログにアクセスを集め、そこにGoogleアドセンスを貼っておくことで収益化するのです。

この手法でもある程度の成果を出すことは可能です。ただ、その内容は非常に面倒です。

まず、トレンドアフィリエイトを実施するためには最新の芸能情報を常に集める必要があります。「芸能人の恋愛事情」「スポーツでの最新ニュース」「いま話題の事件の真相」などを自分なりにまとめてブログ上に情報発信するのです。

たとえ芸能人に興味がなかったとしても、それまでスポーツをしたことがなかったとしても、「話題性があるかどうか」という判断基準だけでコンテンツをアップしていきます。

そのため実際に行ってみればわかりますが、かなり不毛な作業になります。流行の話題だけを扱うため、更新し続けなければアクセスは急速に落ちます。

本来、ビジネスでは不労所得を考えなければいけません。つまり、自分が働かなくても勝手にサイトが動いてくれる仕組みを構築することで収入を青天井にするのです。こうしたことはトレンドアフィリエイトでは不可能であり、興味のない情報を常に探らないといけないため、トレンドアフィリエイトだけで生活している人はほぼいないのが実情です。

トレンドアフィリエイトというのは、情報商材アフィリエイトを行うための実績作りとして活用する人がほとんどです。そのため、あなたが情報商材アフィリエイトを本気で行おうと考えていないのであれば、トレンドアフィリエイトは選択しないようにしましょう。

初心者が行うべきはサイトアフィリエイト

そして唯一、アフィリエイトの中でも「真っ当なビジネスであり、さらには大きく稼げる可能性のあるもの」としてサイトアフィリエイトがあります。サイトアフィリエイトでは、サイト上に有益な情報発信をしていきます。

このときは商品を売り込むことなど考えず、素晴らしい情報を提供することだけを考えれば問題ありません。むしろ、下手に商品を売ろうと考えながら情報発信してしまうと、まったく収益にならないサイトになってしまいます。サイトアフィリエイトを行うときのコツは「どれだけ訪問者の役に立つ情報が発信できるか」を考えることにあります。

サイトアフィリエイトを行うときの注意点

それでは、具体的にどのように考えてサイトアフィリエイトを実施すればいいのでしょうか。これには、いくつかの注意点があります。

自分の強みを活かし、有益な情報発信を心がける

情報発信を行う上で注意しなければいけないのは、「自分の強みを活かす」ということです。

これまで

の人生の中で、自分なりの興味関心がある分野が存在するはずです。それまで歩んできた自分だけの歴史から、どのような強みがあるのかを見出すことでアフィリエイトすべきジャンルを決定するのです。

「どのような学生生活を送り、何に悩みをもっていた(コンプレックスがあった)のか」「なぜ、いまの会社に勤めたのか」「サラリーマンではどのような仕事をしているのか」「趣味は何であり、休日はどう過ごしているのか」などを深く掘り返すのです。

こうした自分史を作成し、自分が歩んできた歴史を見ながらどのような情報発信をすればいいのかを深く考えなければいけません。

既に自分が経験していることであれば、それは強みになります。例えば株式投資をしていたり、株主優待制度をかなり活用していたりする人であれば、「これから株を始めようとしている人」から見ると多くの経験をしていることになります。

しかも重要なのは「Web上の読者は、既に大成功しているスーパースターの話を聞きたい」わけではなく、「どのようにすれば初心者がうまくいく(上達する)のか」というちょっと先のことを知りたい人がほとんどだということです。そのため「自分は人に教えられるほどの知識がない」と嘆く必要はなく、むしろいまの時点での知識や実績で情報発信する方が初心者としてはありがたいことが多いです。

必死になって調べ、本を読み、独自情報を積み重ねる

こうして自分独自の強み(これまで経験してきた分野)を活用して情報発信していくわけですが、このときは大量の本を読み、さらには実体験を増やして独自情報を積み重ねる必要があります。

実際に情報発信してみると分かりますが、「実は分かったつもりであり、自分はその分野に対してあまり理解していなかった」ことが分かるようになります。

そのため、1つの分野につき書籍を5冊以上は読んで勉強する必要があるのです。ウソの情報を発信するわけにはいかないため、知識をつける作業が必須なのです。

ただ、本に書かれてある内容だけで情報発信しても内容はペラペラになってしまいます。そこにあなた独自の考え方やノウハウがなければいけません。

先ほどの株式投資であれば、「どのように株を購入すれば、効率的に株主優待を受けられるのか」「初心者が必ず行うべき投資法」を含め、独自の考えを提供するのです。そうして独自情報を積み重ねていけば、質の高い記事が完成されることになります。

1ジャンルに特化したサイトを構築する

そしてこのとき、必ず1ジャンルに特化してサイトを構築するようにしましょう。初心者であるほど、1つのサイトに多くの情報を詰め込もうとします。ただ、それを行うと逆にまったく稼げないサイトになってしまいます。

例えば、よくある間違いとして「転職サイトの中に多くの職種を入れてしまう」ことがあります。

転職サイトを作ってアフィリエイトをする場合、「保育士向けの転職サイト」「第二新卒向けの転職サイト」などのように、1ジャンルに絞って情報発信する必要があります。

しかし、初心者であるほど1つの転職サイトの中で「看護師の面接突破法」「第二新卒に必要な履歴書の書き方」「システムエンジニアがブラック企業を見分ける方法」など、まったく異なる職種の転職情報をごちゃ混ぜにして情報発信してしまいます。

ただ、これではたとえアクセスが集まったとしても収益化するのが非常に難しくなってしまいます。

訪問者の立場になれば分かりますが、例えばあなたが看護師で「どの転職サイトに登録するのがいいのか」と悩みながら検索エンジンで探しているとき、「看護師の登録はこちら!」「第二新卒はこっちがいい」「システムエンジニアはこの転職サイトがオススメ」とメッセージがぶれているサイトを発見したとき、そのサイトに登録したいとは思わないはずです。

それよりも、以下のように1ジャンルに絞って発信されている、メッセージが鋭いサイトに登録したいと思うはずです。

私は20代のときに看護師として最初に老人施設で勤めることになりました。このときはお世話になった看護学校の紹介で入社することになったのですが、老人施設である以上、おむつの取り換えなどヘルパーと変わらない仕事内容であり、「注射もできない看護師」として社会人経験を積んでいることに対して非常に強い焦りを覚えました。

そこで自分なりに調べて転職先を決めたのですが、転職した会社は看護師同士のいじめが激しく、3ヵ月ほどで精神的にまいってしまいました。

こうした事態から脱したいと思い、今度は転職サイトを活用しました。このときは担当のコンサルタントがついてくださり、私の現状や希望を詳しくヒアリングしてくれました。そうして100社ほどの求人の中から厳選して3つの求人を紹介してもらい、そのうち2つ面接を受けました。

このうち一つの求人は小規模のクリニックであり、院長先生の人柄がよく、面接時に周囲にいた看護師の雰囲気も明るいものでした。そこで、私はそのクリニックへの転職を決め、いまではとても良い環境で働いています。自分一人だけで悩むのではなく、あなたも転職サイトを活用してプロと相談しながら転職活動を行ってください。

非常に簡単なプロフィールにしましたが、このようなメッセージであれば「転職を検討している看護師」に響きます。

マーケティングでは、勝負する分野を半分にすると売上が2倍になるといわれています。これは、それだけ鋭いメッセージを発することができ、それに反応するお客様が増えるからです。

これと同じように、アフィリエイトを行うときは欲張ってさまざまなジャンルに手を出したり、1サイトで多くの商品を売ったりしてはいけません。1ジャンルに特化させ、売りたい商品は1種類に絞るようにしましょう。

ブログ形式はお勧めしない

なお、サイトアフィリエイトという言葉通り、必ずサイトでの構築を考えましょう。ブログ形式でのアフィリエイトはお勧めできません。そもそも、ブログでアフィリエイトして成功できるのは情報商材を取り扱う場合が基本です。

ブログ形式の場合、上から順に新しい記事が並ぶようになります。このとき、ブログ更新しなければまったく同じ情報がずっと変わらず並ぶことになり、読者にとってみれば「このブログはまったく更新されておらず、古い情報しかないのでは」と思われてしまいます。その結果、成果の出ないブログになります。

一方でサイトであれば、変わらない情報だけを載せていれば更新しなくても常に新鮮な情報が存在しているように思ってくれます。ブログのように上から順に記事が並ぶことはなく、どの記事も並列で閲覧されるようになるのです。

楽天アフィリエイト、Amazonアフィリエイトは無視する

こうしてサイトアフィリエイトを行っていきますが、楽天アフィリエイトとAmazonアフィリエイトは完全無視するようにしましょう。理由は単純であり、ほぼ儲からないからです。

まず、楽天アフィリエイトでは報酬1%です。たとえ100万円を売ったとしても、1万円しか手にすることができません。これは、Googleアドセンスよりも費用対効果が悪いです。同じことはAmazonアフィリエイトにもいえます。報酬が3%程度なのでほぼ稼げません。

本来、アフィリエイトではそれなりの報酬をもらえます。例えば健康食品であれば、一般的に3,000円の商品を売った場合、特別単価で6,000~8,000円の成功報酬がもらえます。売った額よりも多い報酬を受け取ることができるのは普通だと考えてください。

健康食品はリピート商品であり、何度も購入されます。そのため、商品価格よりも高い報酬を提示しても問題ないのです。

楽天アフィリエイトでは100万円売って1万円の稼ぎにしかなりませんが、正しくサイトアフィリエイトを実践すれば100万円売れば200~300万円以上の報酬になるのが基本です。そのため、正しいアフィリエイトを行う必要があります。

どの分野を攻めればいいのか

それでは、サイトアフィリエイトをするにあたってどのような分野を攻めればいいのでしょうか。これについては、適切な考え方があります。

儲かるジャンルを攻めなればアフィリエイトで稼げない

これまでも述べてきましたが、ビジネスで考える以上は儲かるジャンルを攻めるようにしましょう。副業で行うにしても、努力してもまったく稼げないジャンルを選ぶのではなく、頑張るだけ成果が表れる副業をする方が大きなやる気ができます。

それでは、どのジャンルが儲かるのかというとサイトアフィリエイトでは既に分野が決まっています。いわゆる激戦ジャンルといわれるものですが、必ず以下から選ぶようにしてください。

金融 キャッシング、ローン、クレジットカードなど
投資 株、投資信託、ETF、債券、先物、金、FX、積立投資、NISAなど
転職 転職全般、薬剤師、医師、保育士、第二新卒、女性​など
恋愛・結婚 結婚相談所、恋愛アプリ、男性、女性など
健康 サプリメント・健康食品(便秘、目、肩こり、腰痛など)、器具、ニキビ
美容 脱毛、痩身、エステ、化粧品、ダイエット、薄毛、体臭など
その他 一括見積もり系(引越し、車の査定など)、格安SIMカードなど

これ以外のジャンルを選んでもいいですが、基本的に稼げないサイトになるのでお勧めしません。

ただ、「この中から選ぶ」とはいってもよく見ると非常に分野は広いです。例えばクレジットカードであっても、一般的なクレジットカード以外にも学生カードやゴールドカード、マイルカードなど多くの種類があります。

サプリメントにしても「便秘、腰痛、睡眠、腸内細菌、更年期障害、冷え、ED(勃起障害)……」と非常に分野が広いです。そのため、実は多くの儲かるジャンルが存在します。

テーマを選ぶときは前述の通り、他の人よりも少し進んでい強みを活用すれば問題ありません。例えば、「過去にアトピーで悩んだことがある」「節約術にはとても詳しい」などです。他には、株式投資だけで生活できるレベルでなくても、株主優待を楽しんでいる程度の実力で問題ありません。

また、一つのジャンルで稼ぐことに成功したら後は横展開していくだけです。例えば私の知り合いには、クレジットカードのアフィリエイトだけで年間1億円以上を稼いでいる人がいます。その人は「学生カード、ゴールドカード、マイルカード、法人カード、ETCカード……」という具合に1ジャンルに絞って横展開していっただけです。

稼げないテーマで情報発信しても意味がない

アフィリエイトで稼ぐことを考えたとき、上記に挙げた「儲かるジャンル」以外を攻めても問題ありませんが、実際のところほぼ稼ぐことができません。アフィリエイトできる商品があったとしても、非常に単価(商品が売れたときのの報酬)が低いなど問題があるからです。

ビジネスでアフィリエイトを行う以上、稼げないテーマで情報発信しても意味がありません。ビジネスでは「稼いだ額=社会貢献した額」と考えるため、それだけ社会貢献ができていないことになります。

もちろん、最初に述べた情報商材アフィリエイトは人を騙すことになるため、こうしたグレーなビジネスをするとなると「稼いだ額=人を騙した額」になるのであまりいいビジネスとはいえません。

ただ、本来のビジネスは関わった人全員が幸せになることで成立します。サイトアフィリエイトの場合、できるだけ自分の体験談を入れるなど有益な情報発信をしている人であるほどアクセスが集まり、その分だけ感謝メールが届くようになります。

また、そうして信頼してくれる人が多くなるほどファンが増え、商品が売れるようになります。このときは自分の強みを活かした情報発信なので、これまで自分が実際に使ってみて「良かったと思える商品」を紹介することになります。

例えば女性向けの敏感肌サイトであれば、「自分はずっと敏感肌に悩まされていたけど、この化粧品を活用したら非常によかったのであなたも使ってみましょう」というメッセージを発します。あなたが手に取って活用した商品を紹介し、あなたと同じような悩みをもった人を解消するほど報酬が発生するのです。

要は、人の深い悩みを解消されることができるほど収益が増えると考えてください。つまり、サイトアフィリエイトであれば収益が増えるほど社会貢献をしたことになります。

ただ、これが儲からないジャンルであると、悩みを解消できる人の数は少ないです。または、解消できる悩みの度合いが少ないです。そのため、社会貢献の度合いも少なくなります。

例えば同じ化粧品サイトであっても、子供用化粧品では単価が低く悩んでいる人が少ないのでビジネスとして成立しにくいです。それよりは、先ほどの敏感肌用の化粧品を勧めることで、多くの人の悩みを解決できる方が社会貢献していることになります。

サイトアフィリエイトのメリット

それでは、ネットビジネスの中でもサイトアフィリエイトを行うメリットは何があるのでしょうか。社会貢献性の高いビジネスとして、ネットビジネスにはサイトアフィリエイト、マッチングビジネス、(情報商材ではない真っ当な)リストマーケティングなどさまざまな手法があります。

ここでは、ネットビジネスに共通する利点だけでなく、サイトアフィリエイトだけのメリットについても解説していきます。

お金が必要ない

すべてのネットビジネスに共通しますが、ビジネスを開始するときにほぼお金が必要ないことがネットビジネスを行う最大のメリットです。

一般的なビジネスであると、例えば店舗を構えるためにリフォームや家賃の支払い、在庫の仕入れ、従業員の教育、さらには機材をそろえるなど1000万円以上の費用が必要になります。

一方でネットビジネスでは、ドメイン取得料とサーバー管理費だけでビジネスを始めるために1000円もかかりません。安いサーバーを借りれば、維持費は月300円ほどです。実際、当社が法人化する前は安いサーバーを使っていました。そのころ、月額300円ほどのサーバー代で月120万円ほどの利益を出していたことがあります。

初期投資がほぼ必要なく、維持費もかからないので利益率99%以上を出せるのがネットビジネスです。

副業でも会社にバレずに不労所得を構築できる

また、会社にバレることもありません。なぜなら、不労所得型のビジネスだからです。

世の中で不労所得といわれているものとして不動産、株、FXなどが知られています。これらはどれも蓄積型であり、放置していても勝手にお金が入ってくる仕組みになっています。そして、これと同じ性質をもつものがサイトアフィリエイトです。

稼ぐための仕組みを構築するのは大変ではあるものの、一度有益なサイトを作れば後は勝手に稼いでくれる資産サイトになります。あとは、資産サイトを増やしていくだけで不労所得が積みあがっていくようになります。

また、世の中の多くのサラリーマンが株や不動産を動かしてこっそり確定申告し、会社にバレずに副業をしています。これと同じように、たとえサラリーマンであっても確定申告さえすれば会社にバレずに副業でき、不労所得を構築できるのがサイトアフィリエイトです。

誰でも参入でき、比較的簡単に収益化が可能

サイトアフィリエイトでは行うべき分野が既に決まっており、その中から何をするのかを決めて情報発信していきます。

このとき、載せるべき広告は既に存在するので、あなたが行うべきことは「どれだけ有益な情報を載せたサイトを構築できるか」というだけです。サイトのテーマを1ジャンルに絞り、適切な商品さえ選べば非常に簡単に収益化が可能です。

当社はサイトアフィリエイト以外にもマッチングビジネスやリストマーケティングを含め、あらゆるネットビジネスを手掛けていますが、その中でも最も収益化が簡単なのがサイトアフィリエイトです。

マッチングビジネスやリストマーケティングなど、他のネットビジネスでは「別の企業と提携しないといけない」「契約書の用意が必要」「新たに商品開発を行う」など、非常に手間がかかります。サイトアフィリエイトでは、こうした手間をすべて排除できるので収益化が簡単なのです。

ただ、簡単とはいっても「ネットビジネスの中で難易度が最も低い」というだけであり、ビジネスで金を稼ぐ以上は初心者にとってもみれば必死の努力が必要なのはいうまでもありません。

特別単価をもらえば収益が簡単に2~3倍になる

そして、サイトアフィリエイトでは一度軌道に乗れば収益化が非常にスムーズになります。あるときを境にして、一気に利益が2~3倍になることは珍しくありません。

なぜ、そのようなことが可能なのかというと、サイトアフィリエイトでは特別単価というものが存在するからです。要は、「あなたのサイトは非常に有益な媒体であり、たくさん商品を売ってくれるので特別に報酬を高くしてあげます」というものです。

特別単価をもらうことができれば、それまでの報酬の2~3倍になることが多いです。「一気に利益が2~3倍になる」という理由は、それだけ特別単価が出る可能性が高いからなのです。サイトアフィリエイトではわりと簡単に特別単価をもらうことができますし、より成果の出るサイトに育てれば最初の5倍以上の特別単価をもらうことも可能です。

アフィリエイトのデメリット

このようにメリットを述べてきましたが、アフィリエイトを行うことにデメリットはないのでしょうか。当然、メリットばかりではないので何に気を付けなければいけないのかについて確認していきます。

ゴミ記事を作ってしまう

初心者がサイトアフィリエイトを行うとき、最大のデメリットは「いくら頑張って情報発信してもアクセスが集まらない」ことです。この理由は単純であり、初心者であれば全員が例外なくゴミ記事を作ってしまうからです。

例えば、以下のような文章を平気で書いてきます。

「くみ上げ式の健康法」を実施すれば、効果的に血糖値を改善できます。
私が自宅を確認すると、東北が大きく欠けている家に住んでいました。

本人は分かっているつもりだと思うのですが、読者としては「くみ上げ式の健康法?」「東北?」「欠けている家?」と何をいいたいのか分かりません。ただ、残念ながら初心者では全員がこのような意味不明な文章を仕上げてきます。

当社はコンサルティング会社ですが、こうしたゴミ記事を作らないようにすべてを添削・指導してます。そうして文章力を磨くことによって、ようやく莫大なアクセスが集まり、読者を魅了し、大きな収益を生み出す資産サイトを構築できるようになります。

例えば、実際の添削では全員が以下のような真っ赤の状態になります。

ネットビジネスで稼げる人には共通点があり、それは「文章力に優れている」という点です。そのため、これまでネットビジネスで実績を残し稼げている人に文章指導を受けたことがないのであれば、実は初心者が最初に行うべきことはそういう人に弟子入りして文章力を磨くことです。

実際のところ、文章力に自信のある人であっても100%の確率で最初は添削が修正で真っ赤になります。それだけ、ウェブライティングでは注意すべき点があるのです。

誰でも参入できるからこそ、強者が簡単に入ってくる

また、サイトアフィリエイトである程度の成功を収めることができたとしても、ずっと同じようにそのサイトが稼ぎ続けてくれるとは限りません。

サイトアフィリエイトの場合、誰でも参入できるからこそ強者が簡単に入ってくることができます。それまで株の巨大サイトをもっていてかなり稼いでいた人が「今度はキャッシングの分野を攻めよう」と考え、新たな分野に入ってくることはよくあります。

アフィリエイトは誰でも参入できるからこそ、いつ自分の分野が食われてしまうのか分からないのです。そのため、必死で文章力を磨いて最初から最高レベルのライティングを行えるようにしなければいけません。

ちなみに、ネットビジネスの中でもマッチングビジネスやリストマーケティングなどであれば、一度仕組みを構築すれば基本的にずっと稼ぎ続けることができます。

前述の通り、サイトアフィリエイトはネットビジネスの中で最もハードルが低いです。一方、マッチングビジネスやリストマーケティングは稼げるようになるために多くの障壁があります。ただ、障壁があるということはそれだけライバルが参入しにくいということでもあります。そのため、ずっと稼ぎ続けられる可能性が高くなるのです。

成果が出るには1年以上の時間が必要

さらに、どのネットビジネスにも共通しますが成果が出るためには1年以上の時間が必要になります。しかも、必死の努力をしての1年間です。

前述の通り、ネットビジネスでは金銭的なリスクは存在しません。その代わり、時間のリスクがあります。例えば店舗を構えるリアルビジネスでは、借金をするなど金銭的なリスクがある代わりに時間のリスクが存在しません。店舗を構え、お客様が入ってきてお金を支払ってくれた瞬間に収益が発生します。

一方でネットビジネスでは、1000円以下の資金でビジネスを開始できる代わりに実際の収益発生までの多くの時間が必要になるというわけです。なぜ、これだけの時間がかかるのかというと、情報発信を開始して十分なアクセスが集まるまでに最低1年ほど必要だからです。

以下に、実際にゼロからサイトを構築して情報発信を行い、アクセスが集まってきたときの推移を載せます。このように最初の半年間はアクセスがほぼゼロであり、そこから徐々にアクセス数が伸びていることが分かります。

サイト運営をしていると、全員がこのような推移をたどります。

最初はまったく成果が出ないため、多くの人はここで諦めます。本来、少なくとも1年以上は何も考えずひたすらに必死の努力を継続しなければいけません。その代わり、軌道に乗れば後は非常に楽です。

ネットビジネスで成果を出すためには、最初の「月10万円の収益達成」が最も難しいです。ただ、これをクリアすれば月100万円は非常に簡単です。何もしなくても勝手にアクセス数が伸びていきますし、成果が出るようになったら特別単価を出してもらえるため、利益がすぐに2~3倍になるからです。

しかし、そのためには年単位の努力が必要になることを忘れてはいけません。

成功の秘訣は続けられるかどうか

それでは、当社が実際に多くの人を指導した中では何十人もの成功者を出してきましたが、当然ながら全員がうまくいったわけではありません。中には何も成果を出せなかった人がいるのも事実です。

それでは、成功者の階段を駆け上っていった人と何も成果を出せなかった人の違いには何があるのでしょうか。これは単純であり、「途中で諦めてしまうかどうか」ということだけです。

成功する人は諦めません。言い訳もしません。愚直に指示した通りに動きます。

しかし、うまくいかない人は行動スピードが遅いです。「時間がない、お金がない」など言い訳の天才です。そうして、「やっぱり自分には無理だ」と勝手に解釈してドロップアウトしていきます。こちらからメールを送っても、返事が返ってこなくなるのです。

ビジネスで成功するかどうかに学歴は関係ありません。それまでのキャリアも無関係です。重要なのは、「自発的に動けるかそうでないか」というだけです。

では、ここまでを理解したうえでアフィリエイトを行うときに知るべきことについて確認していきます。

コツをつかめば、永久に稼ぎ続けられる

文章力を磨いてサイトを構築し、コツをつかんでどのようにすれば稼ぐことができるのかを理解すれば、永久に稼ぎ続けることができます。アフィリエイトは参入障壁が低いと既に述べましたが、同じようにあなたも他の分野のサイトアフィリエイトへ手軽に参入することができるのです。

そうして同じように有益な情報を提供していき、儲かるサイトを増やしていくことで不労所得(資産サイト)をいくつも構築できるようになります。

今から参入しても稼ぐことは可能

また、今から参入しても意外と問題ないです。なぜなら、検索エンジンで上位表示されているサイトであっても、ゴミ記事で埋められているケースがほとんどだからです。

本当の意味で読者のことを考え、有益な内容で埋められたサイトは少数です。実際に高度な文章力を身につけたうえで世の中に存在するサイトを見渡すと、ゴミ記事(ゴミサイト)であふれていることに気がつきます。そうした中で有益な情報を提供していけばいいため、どのようなジャンルであっても問題なく収益化することができます。

アフィリエイトで考えない場合、あらゆるジャンルを手掛けることが可能

ここまで、アフィリエイトに特化して話を進めてきました。前述の通り、サイトアフィリエイトでは手掛けるべき分野があらかじめ決まっていますが、マッチングビジネスやリストマーケティングなどを行いたい場合はあらゆるジャンルを手掛けることができます。

例えば、リアルビジネスで儲かる分野としては「起業・ビジネス」「不動産」「スピリチュアル」「システム開発」とさまざまです。

ただ、先に述べた分野(起業・ビジネス、不動産など)はアフィリエイトには存在しません。そこで、アフィリエイトに限らずマッチングビジネスやリストマーケティングまで考えを広げると、これら儲かるジャンルをすべて行えるようになります。

しかしながら、ネットビジネスの中で最もハードルが低いビジネスがアフィリエイトです。ネットビジネスの中ではサイトアフィリエイトが最も収益化が早いため、初心者に向いているビジネスだといえます。

ここまで述べてきたことに注意した上で有益な情報を詰め込んだサイト構築を目指し、感謝されるサイトアフィリエイトを行ってみてください。そうすれば、不労所得を構築できるようになります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録