インターネットビジネスで成功するためには、Webサイトやブログに大量のアクセスを集めなければいけません。アクセスが集まらないサイトでは、お客さんが訪れない店と同じようにビジネスが上手くいきません。

大量のアクセスが集まるWebサイトの条件として「質が高いコンテンツを提供している」ことが挙げられます。

ただ、インターネットビジネス初心者が何も考えずに記事を作成しても、低品質のコンテンツしか作られません。言葉を悪く表現すれば、「ゴミ記事」を作ってしまうのです。

しかし、これまでコンテンツライティングを経験したことがない人でも、「コンテンツ作成上のルールや書く手順、押さえておくべきポイント」などを意識することで、質が高いコンテンツを作成できるようになります。

そこで、「ビジネス初心者でも、質の高いコンテンツを作成することができるライティング手法」について解説します。

記事ライティングの具体的な手法

ウェブサイトに記載する文章は、学校の国語の授業で習った文章とは違います。どれだけ国語で高い点数を取っていた人でも、サイトに載せるコンテンツを書くときはゼロから学び直さなければいけません。

まず、コンテンツライティングの目的はアクセスを集めることです。文学作品を読解する能力はまったく求められず、それよりも読者に対して「非常に役に立つ記事だった!」と思わせる内容に仕上げなければいけません。

そうしたとき、質の高い文章とはどのようなものなのでしょうか。コンテンツライティングで記事が重要とはいっても、どうすれば質が高くなるのか理解しなければいけません。

質の高い文章にはルールがあります。そのルールに則ってコンテンツを作成すれば、自然とアクセスが集まるようになります。

記事を読むターゲット(ペルソナ)は一人

まず、あなたがコンテンツライティングを始めるとき、誰に読んで欲しいでしょうか。ダメな例の典型例として「多くの人に読んでもらいたい」というものがあり、そうした記事を書くとゴミ記事が完成されます。

そうではなく、コンテンツは一人のターゲットに向けて書くようにしましょう。そうすることで、訪問者の心に刺さる文章を書くことができるようになります。

例えば、あなたが30代の主婦だったとします。アトピーに悩んでいるあなたは、インターネットでアトピーの解消法を探しているとき、以下の2つの記事を見つけたら、どちらの記事を読みたいと思うでしょうか。

  • アトピーの解消法
  • 30代主婦が化粧品を変え、アトピーを改善させる方法

この場合、確実に後者を選択するはずです。これは、後者のタイトルに対して「まさに自分に当てはまっている」と感じたからです

コンテンツを作成するとき、読者に対して「これは自分のために書かれた記事である」と感じさせる文章を意識しなければいけません。

ペルソナマーケティングとも呼ばれますが、分野を絞るとお客さんの数は倍に増えると一般的にいわれています。分野を絞るほどお客さんに選ばれるようになるため、結果として売上が増えるのです。例えば以下の2つのクリニックがあった場合、花粉症患者だと確実に専門医を受診します。

これと同じ原理であり、分野を絞る(記事ターゲットを一人の人間に絞る)ことを必ず実施するようにしましょう。

疑問に全て答えている

また、ユーザーは「何かを知りたい」または「悩みを解消したい」という目的で検索しています。そのためユーザーがもつ疑問に全て答えており、ユーザーの欲求を満たすコンテンツを作成することが大切です。

例えば「30代主婦が化粧品を変え、アトピーを改善させる方法」に関する記事であれば、「化粧品の選び方」だけに着目してコンテンツを書いてはいけません。この記事を読む読者としては、化粧品の選び方を理解した後、どのようなことを他に知りたいでしょうか。

これを想像すると、以下のようなコンテンツを思いつくようになります。

  • なぜアトピーと化粧品が関係しているのか
  • 日々の肌のケア方法
  • 化粧品に含まれる成分で注意すべき点

このように、「アトピーをもつ30代主婦が悩んでいるであろう化粧品のポイント」について1記事内に詰め込んでいきます。1つのことだけ述べるのではなく、その周辺知識についても記すのです。

自分の意見が入っている

ただWebサイトに掲載するコンテンツでは、事実だけを書いてはいけません。たとえどれだけ正しい情報を載せたとしても、あなた自身の意見が入っていないと全く面白みがないコンテンツになってしまいます

実際のところ、教科書を読んでもまったく面白くありません。これと同じようにアクセスを集めるには、あなた独自の考え方が必須なのです。

例えばアトピー記事を書くとき、事実だけを述べた文章であると「水洗いは皮脂を落とし、手荒れを悪化させるので、水に触れるときはゴム手袋をはめましょう」という内容になります。ただ、これではまったく面白くありません。

そこで、ここに独自の意見や実体験を加えます。例えば、以下のようになります。

  • 普通のゴム手袋は硬く、皮膚に刺激があるので直接手をいれるのはダメ。ナイロンの柔らかいゴム手袋の上に、さらにゴム手袋をするべき
  • この方法であれば、ハンドクリームなしで家事ができる
  • ただし、ナイロン手袋は破れやすいため、ナイロン手袋だけの炊事は向いていない

こうした独自の感想や率直な意見を述べると、読者は興味をもって読んでくれるようになります。つまり、コンテンツライティングをするにしても「あなたしか発信できない情報は何か?」を意識すると、オリジナル文章を作れるようになります。

誰でも理解できる簡単な言葉

また、同時にWebサイトのコンテンツは中学生でも理解できるような文章を意識する必要があります。難しい漢字や専門用語が多用されているコンテンツは、ユーザーに読まれることはないのです。

例えば、以下のような文章を読んでみてください

筋肉をつけるためには、質の高い睡眠を取ることが大切になります。睡眠中に成長ホルモンが分泌されるため、眠ることが筋肉の増強につながるのです。

この文章では「質の高い」という曖昧な表現が使われていたり、さらには「成長ホルモン」といった、中学生には理解しにくい言葉が使用されていたりします。そのため、以下のようにわかりやすく書き直す必要があります。

筋肉をつけるためには、少しの物音では起きないくらい深く眠ることが大切です。深く眠っているとき、脳の中では筋肉を増やす働きをもつ「成長ホルモン」と呼ばれる物質が多く作られるため、深い眠りが筋肉をつけることに関わります。

このように、曖昧な表現や難しい言葉は、理解できるように説明を入れたり、簡単な言葉に置き換えたりしなければいけません。知識ゼロの素人が読んでも理解できるように心がけましょう。

読みやすい見た目の文章を心がける

また、改行を意識して訪問者が読みやすい文章で書くことも重要になります。例えば、以下の2つの文章を見比べてみてください。文章を読む必要はなく、「パッと見たときの印象」を比べるといいです。

そもそも、ビジネスを行うとそこには壁しかありません。イレギュラーなことしか起こらないので、この壁をどれだけ乗り越えていけるかが重要になります。例えば、ブログやサイトを始めても最初は全くアクセスが集まりません。「このサイトに書いてある通りブログを開設して記事を書いているのに、全くアクセスが集まらない」と思った時点で金を稼ぐことができなくなります。そうではなく、「どうやったら他人の興味を引く文章を書けるか」、「どう工夫すればアクセスを集められるか」を考え始めたら急速に頭が回転し始めます。
そもそも、ビジネスを行うとそこには壁しかありません。イレギュラーなことしか起こらないので、この壁をどれだけ乗り越えていけるかが重要になります。

例えば、ブログやサイトを始めても最初は全くアクセスが集まりません。「このサイトに書いてある通りブログを開設して記事を書いているのに、全くアクセスが集まらない」と思った時点で金を稼ぐことができなくなります。

そうではなく、「どうやったら他人の興味を引く文章を書けるか」、「どう工夫すればアクセスを集められるか」を考え始めたら急速に頭が回転し始めます。

これは、私が運営するビジネスサイトの記事の一部です。全く同じ文章であるにも関わらず、1つ目の「改行を施していない文章」と2つ目の「改行を施している文章」では、明らかに改行を施している方が読みやすいと感じるはずです。

このように訪問者が読みやすいように工夫することも、質が高い文章には欠かせない要素です。文章をパッと見たときの様子がダメなだけで読まれないため、こうした工夫も重要になります。

文章を書く順番(i-PREP)の法則・テンプレート

ここまでを理解したうえで、実際にユーザーを惹きつけるコンテンツを書かなければいけません。ただ、読みやすい文章には法則(書くべき順番)があります。

質の高い文章を書くにはi-PREPと呼ばれる文章の型(ライティングテンプレート)に則って書くことがコツです。i-PREPの順番で文章を書けば、自然とユーザーを惹きつけるコンテンツとなるのです。

i-PREPは以下の頭文字を並べたものです。

  • Interest(興味付け)
  • Point(結論)
  • Reason(理由)
  • Example(具体例)
  • Point(結論・まとめ)

この順番に沿ってコンテンツライティングをしていきますが、以下にそれぞれについて解説します。

Interest(興味付け)で読者を引き込む

コンテンツの導入文の最初には、ユーザーに「自分の知りたいことが書かれているページに来た!」と思わせる文章を書かなければいけません。そうでなければ、ユーザーはその後の文章を読まずに離脱してしまうためです

そうしたとき、例えば「〇〇に悩んでいる人は多いですよね?」というような文章を最初に書けば、ページを訪れたユーザーは「そうそう、自分も〇〇に悩んでいる」と共感してコンテンツを読み進めてくれます。

さらに、コンテンツを読むことで得られるメリットを導入文で明確に記すことも有効です。メリットを明らかにしておくことで、ユーザーに「続きを読みたい」と思わせることができるのです。

例えば、以下のように導入文を書けば、ユーザーの興味を引き出した後に、コンテンツを読みたいと思わせることができます。

伝わる文章は、読む相手(ターゲット)と目的を明確にしている

あなたが文章を書くとき、誰を対象として書いているでしょうか。また、文章を書く目的は何でしょうか。残念ながら世の中に出回っている文章の多くは、「読む相手(ターゲット)」や「目的」を明確に提示することができていません。その結果、伝わらない文章になります。

あなたの対象とする読者やその目的を明らかにすれば、格段に伝わる文章へと生まれ変わります。そこでどのように考えて文章を作成すれば良いのか、以下で確認していきます。

ここでは、青色で記した「誰を対象に書いているでしょうか」「文章を書く目的は何でしょうか」というところで、ユーザーの興味を引きつけています。その後、赤字で記した「格段に伝わる文章へと生まれ変わります」という明確なメリットを述べています。

このように、導入文では興味付けを意識した文章を書くことで読者に対する興味付けを実現することができます。

Point(結論)で冒頭は結論を述べる

また導入文の中には、コンテンツの結論を記さなければいけません。ユーザーはコンテンツを読みたいのではなく、情報を得たいだけであるためです。

導入文に結論を述べていなければ、ユーザーがコンテンツを読み続けてくれる可能性は非常に低くなります。ユーザーは、先(結論)が見えない文章を読みたがらないのです。そのため、導入文には興味付けをした後に結論を記すことが重要になります。

例えば先ほどの文章であれば、メリットと少し重なりますが、「あなたの対象とする読者やその目的を明らかにすれば、格段に伝わる文章へと生まれ変わります」という部分が結論になります。

こうした結論は、1、2行で簡潔に書けば良いです。

興味づけと結論を意識して導入文を作成することで、ユーザーにコンテンツを読んでもらえるようになります。「Interest(興味付け)+Point(結論)」によって構成された導入文が読みやすい文章といえます。

以下のように、Webコンテンツの冒頭部分が導入文に当たります。

導入文というのは、「Interest(興味付け)+Point(結論)」で記されると考えるといいです。

Reason(理由)で問題提起する

その後、本題に入っていきます。このときコンテンツの本文では、「導入文で述べた結論」や「小見出しに対する理由」を記していきます。つまり、その結論に至った理由をより詳しく解説していくのです。

具体的には、以下のようなイメージです。冒頭に結論を述べ、その後にその理由を補完していきます。

またコンテンツ全体だけでなく、本文の中でもあらゆる場面で「結論 → 理由」という順番で文章を書いていくことで、自然と質の高い文章となります。

例えば、以下のような順番で書きます。

ストレスが強い人は、そうでない人と比べると便秘になりやすい傾向にあります(結論)。なぜなら、ストレスが腸の動きを悪くするからです(理由)。

結論を述べた後に「なぜなら」「理由は」「そのわけは」といった接続詞を使って理由を説明していきます。慣れてくれば「なぜなら」などの接続詞を省いてもいいですが、最初は意識するようにしましょう。

Example(具体例)で独自の意見を述べる

そうして、結論に対する理由を述べた後は「具体例」を示します。具体例(例え話)を書くことで、ユーザーはイメージしやすくなるのです。先ほど、「質の高い文章では自分の意見を述べるべき」と記しました。このとき自分の意見というのが具体例に当たります。

例えば、先ほどの文章であれば以下のようになります。

ストレスが強い人は、そうでない人と比べると便秘になりやすい傾向にあります(結論)。なぜなら、ストレスが腸の動きを悪くするからです(理由)。

例えば私であれば、仕事などが忙しくなると、急に便が出にくくなります。これは、仕事が私にとってストレスであるため、そのことによって腸の動きが悪くなるためです(具体例)。

このように、自分の実体験を述べることは最も書きやすい具体例になります。その他にも、「〇〇というケースであれば」「このとき、××という実例があります」というような言葉を使うことで具体例を書くことが可能です。

具体例を入れることによって、事実だけを述べた文章ではなく、その人の意見や実体験などが入った独自情報のコンテンツ(記事)に生まれ変わります。実際、この記事でも「例えば」という言葉を多用して具体例をたくさん入れています。これは、そのようにしたほうが質の高い記事になるからです。

Point(結論・まとめ)で締めくくる

このようにしてコンテンツライティングを実施したあと、記事の最後には必ず「全体のまとめ」を書くようにしましょう。世の中のコンテンツには、自分が言いたいことだけ述べて終わっている文章があります。ただ基本的には、最後にもう一度結論をまとめとして述べなければいけません。

例えば以下の文章は、私が運営するビジネスサイトのコンテンツの最後にある部分です。太字で記しているように、最後にこのコンテンツの結論を述べています。

文章を書く目的を明確にするとは、つまり「どうすれば文章の力だけで、ターゲットが行動してくれるか」を考えることでもあります。

最も難しい作業ですが、この要素を少し取り入れるだけであなたが狙った通りに人は動いてくれるはずです。なぜなら、多くの人はここまで意識して文章を書いていないからです。人を動かす文章を書くためには、最初に「読む相手(ターゲット)」と「目的」を明確にしましょう。

コンテンツの最後に「このコンテンツでは結局何を伝えたかったのか?」という結論を述べるようにすることで、ようやく文章を締めくくれるようになります。

コンテンツの価値を倍増させる小見出しの考え方

なお、コンテンツページを構成するのは文章だけではありません。確かにi-PREPによって文章は論理的になり、読みやすくなります。ただ、その他の要素まで組み合わせることでコンテンツの価値を倍増させることができます。

その中でも、小見出しはコンテンツの価値を高める要素の一つになります。小見出しは、ユーザーがコンテンツの全体を把握するために有効な情報になります。

インターネットのユーザーは、とにかく情報を得たいだけであるため、記事全てをゆっくり読もうとしません。いってしまえば、「斜め読み」をするのです。そうした際に、ユーザーが活用するのが小見出しになります。

そこでコンテンツの詳細を読まなくても「小見出しを読むだけでコンテンツ全体の内容を把握できる」ようにしておく必要があります。そうしてユーザーが「この記事は有益だ」と感じたとき、コンテンツの中身を読んでくれるようになるのです。

イメージ画像やテーブル(表)を多用する

またコンテンツ内に画像や表を使用することで、ユーザーに情報をよりわかりやすく伝えることができるようになります。特に理解しづらい専門的な内容のコンテンツを書く際には、画像や表を用いて説明することが必須です。

例えば、私は薬学系の専門サイトを運営しています。このとき、以下のようにコンテンツ内に画像を用いています。

コンテンツ内に画像を挿入することで読者は内容を理解しやすくなります。基本的にオリジナルの画像や表は多くてダメなことはありません。そのため、できるだけ画像を入れまくるようにしましょう。

アクセスを集めるサイト・ブログの記事作成はコツがある

ここでは、Webサイト・ブログを構築してアクセスを集めるとき、有益な文章の書き方のコツやテンプレートについて解説してきました。コンテンツライティングには適切な考え方があるため、事前にこれらを理解する必要があります。

また論理的な文章内容に仕上げるとき、i-PREPという手順を意識しましょう。これにより、読みやすい文章の型に沿ったコンテンツを作成できます。

世の中に存在する文章を確認すると、Web上の記事に限らず「雑誌」「新聞」「書籍」を含め、どれもi-PREPの型に当てはまっていることに気が付きます。これは、単純にそのほうが読まれやすいからです。

さらに、小見出しや画像・テーブルまで含めて活用することができれば、あなたのコンテンツの価値を倍増させることにつながります。

これまでコンテンツを作成したことがない人であっても、こうしたルールや手順、ポイントを意識するだけで質の高いコンテンツを作成できるようになります。オリジナル記事を仕上げることで、有益なコンテンツを作ることを意識しましょう。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認