専門サイトの構築を考えると、多くの人は「自分は専門家ではない」と思ってしまいます。しかし、実際のところポータルサイトの運営において専門家である必要はありません。

そもそも、私が薬学系サイトを立ち上げた時はまだ大学二年生でした。たとえ薬学部とは言っても、大学二年生ではまだ薬について講義で教えてもらっていないため、薬に関する知識はほぼありません。

しかし、その頃から本で学んだ事や講義で睡眠学習しながら勉強した内容をサイト上にアップし続けました。ここで重要なのは、「他の人よりも少し前を行っている」という考え方です。

必ずしも専門家である必要はありません。むしろ、他の人よりも少しだけ知っている状態の方が分かりやすく説明できる可能性が高いです。これに関して、以下の動画で解説しています。

初心者を相手にすれば、誰でも専門家になれる

ビジネスを始める時に重要なのは、「初心者を相手にする」という事にあります。専門家を相手にするのはとても面倒臭いですし、変にプライドを持っているので扱いにくいです。そこで、初心者をターゲットにします。

リアルビジネスで初心者を相手にしているモデルは無数にあります。例えば、スポーツ教室などがこれに当たります。

スポーツの中でも水泳を教える場合、別に全国大会に出場したような実績がなくても教えることはできます。むしろ、これから水泳を習いたい小学生を相手にするのであれば、高校まで水泳部で活動していた人であれば誰でも教えることができます。

これは他のスポーツでも同じであり、その分野でトップにいなくても初心者を対象とした瞬間に「先生」と呼ばれる立場になります。つまり、誰でも専門家になれます。

私が行っている事をよく見れば分かりますが、全て初心者を相手にしていることが分かります。薬学系サイトであっても、医師や薬剤師などの専門家は最初から相手にしていません。どちらかと言うと、これから薬を学ぶ薬学生を相手にしています。

このように考えると、どのようなコンセプトでサイトを構築してビジネス展開すれば良いか分かると思います。キーワードは「初心者を相手にする」という事です。専門家は面倒なだけなので無視してください。

初心者からすれば、あなたから発信される情報は新しい学びばかりなので、とても重宝されるようになります。その結果としてアクセスが自然に集まるようになり、「時間」という参入障壁を作りながら稼ぎ続けることができるようになります。

ちなみに、これはサイト運営でなくても、どのビジネスでも応用できる思考法です。例外もありますが、基本的に専門家よりも初心者を相手にしたビジネスの方が稼ぎやすいです。

専門知識がないのであれば勉強すれば良い

前述の通り、私が薬学系サイトを立ち上げたのは大学二年生です。薬の知識はほとんどありませんでしたが、このようなサイトを立ち上げました。

その代わりとして、本を読んだりセミナーで学んだりして勉強するようになりました。その内容を自分の言葉に置き換えてサイト上にアップしていったのです。

ビジネスを行う上で一番必要になるのは知識ではなくて時間です。そのため、学生など時間がたくさんある人はとても有利です。知識がないのであれば、勉強すれば良いだけだからです。

ビジネスで成功できない人の典型例として、圧倒的に時間をかけていない事があります。

私が本格的にビジネスを始めたのは社会人になってからですが、それでも毎日会社から帰った後に3時間以上は必ずビジネスをするための時間を確保していました。このように、時間をかけずに成功できるビジネスはありえません。

他人より少し詳しいだけでビジネスを行えるので、何度も言いますが知識がないのであれば勉強すれば良いです。その後は、しっかりと時間をかけてサイトを育てていく過程が必ず必要になります。

これは専門サイトの運営に限らず、全てのビジネスで言えることになります。どのビジネスを行うにしても、時間をかけなければ成功もないです。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認