サイトアフィリエイト(物販アフィリエイト)を行う場合、ASPを通して広告を取ってくるのが一般的です。ただ、場合によっては広告主に対して直接アプローチを行い、単独契約を結ぶこともできます。

ビジネスでは特にルールがありません。特定の会社に対して営業を行い、自ら広告を取ってきても問題ないのです。

こうした直接契約を結ぶことで独自案件を取ることができれば、当然ながら大きな強みになります。ただ、デメリットもあるので事前に何に注意すればいいのか理解しなければいけません。

そこで、「アフィリエイトで広告主へ直接アプローチし、単独契約を交わすときの方法や気を付けるべきポイント」について解説していきます。

集客できれば企業と直接提携できる

ASPに登録すれば、そこには「非常に多くの会社が広告を出している」ことに気が付きます。このときサイトやブログを運営している人で、ある程度の巨大媒体を持つことができ、多くのお客さんを紹介できる状態であれば発言力が増します。

実際にある程度の成果を出せば分かりますが、ASP側から「特別に報酬額を1件につき5,000円アップしますので、ぜひともこの案件を紹介してください」というオファーが来るようになります。例えば、以下のようになります。

報酬額アップの依頼

多くのお客さんを紹介できる人はそれだけ強い立場を取ることができます。リアルビジネスでも、企業規模が大きいほど交渉力が強くなります。一社の決定によって売上額にもの凄い影響が出てしまうためです。これと同じ原理で、たくさんの報酬額を得ることのできる人ほど交渉力が強くなります。

集客できればASP経由なしが可能

そしてこれは、企業と直接提携する場面でも同じです。お客さんを集めることができる場合、単独契約を結ぶことができます。

広告主とってみれば、要は集客さえ実現できれば問題ないわけです。このときASP経由であろうが、あなたとの単独契約であろうがどちらでもいいのです。そのため、ASPの仲介なしで広告主と直接契約するのは特に珍しいことではありません。

実際、私は以下の薬剤師の転職サイトを保有しています。

アフィリエイトの激戦ジャンルの一つが薬剤師の転職です。ただ、私の場合はこの広告の中で直接契約を結んでいる会社があります。

具体的には、以下の「ファーネットキャリアという、薬剤師の転職サービスを実施している会社」と単独契約しています。

非常に優れたサービスを実施している会社ですが、ASPにアフィリエイト広告を出していません。そのため、世の中に存在する薬剤師の転職サイトの中で私だけがこの会社の広告案件を保有しています。

集客さえすることができれば、このようにASPに広告のないジャンルであっても取ってくることができます。

・ASPの仲介料を考えると広告主もメリットがある

こうした直接契約については、広告主についてもメリットがあります。ASPによる仲介料がなくなるからです。

サイトアフィリエイト(物販アフィリエイト)で収益が発生するには、あなたのサイト経由で商品が売れる必要があります。その後、広告主がASPへ報酬を支払い、さらにASPからあなたに収益が支払われるようになります。

このとき、一般的にASP側は広告主から受け取る成果報酬の20%がマージンとなっています。つまり、広告主がASPに10,000円の報酬を支払った場合、あなたには「10,000円 × 20% = 2,000円」が差し引かれ、8,000円が振り込まれるようになります。

こうしたマージンが発生しないため、広告主にとってもASPを介さずにあなたと直接契約を結ぶのはメリットがあるのです。

メールを送れば提携でき、契約書は不要

このとき、どのようにすれば企業と直接提携できるのか気になる人は多いです。ただ、企業と組む方法は非常に簡単です。それは、メールを送るだけです。

何か物販やサービスを提供している会社の場合、ほぼ100%の確率で企業サイトを保有しています。こうした公式サイトへ出向き、そこから直接契約できないかメールを送るようにしましょう。メールを一通送るだけで、問題なく担当者から連絡が来ます。

注意点として、企業と組む場合は「既にサイト・ブログを運営しており、アクセスが集まって集客できる状態にある」という条件があります。この大前提がなければ、相手企業から無視されます。

集客できる媒体(サイトなど)を保有している状態でアプローチするのは、要は「あなたの会社はいますぐ100%の確率で儲かるようになるが、私と組まないか?」と提案しているのと同じです。これを断る会社は存在しません。

ただ、集客できる実績のない状態でアプローチしたとしても、相手企業にとって本当に成果を出してくれるのか不明です。そこで、以下の実績と共にメールを送らなければいけません。

  • サイトの月間アクセス数
  • 月にどれだけ集客できるのか
  • サイトURL
  • 運営者情報

こうした情報は必須だと考えましょう。

・専用の契約書は不要

なお、実際に企業と単独契約するときに「契約書が必要になるのか」と心配になる人がいます。ただ、これについて特に契約書は不要です。

私はこれまで、何社もの会社と単独契約によるアフィリエイトを実施したことがあります。ただ、直接契約によるアフィリエイトを実施するとき、契約書を結んだことは今までに一度もありません。そのため、契約書は不要だといえます。

ASPに広告がある場合の単独契約はメリットが少ない

それでは、実際に「ASPなしに広告主と組み、直案件をもらう」のはメリットがあるのでしょうか。これについては、どのようなケースなのかによって違ってきます。

まず、既にASPにアフィリエイト広告が存在する場合、正直なところ企業と直接契約をするメリットはありません。もちろん広告主にとってみれば、ASPへの仲介料支払いがないので非常にお得です。ただ、あなたにメリットが少ないのです。

ASPというのは、こちら側の味方です。要は、サイトやブログを運営している媒体主にとってパートナーになる存在がASPなのです。ASPは完全成果報酬であるため、サイト運営者が儲かってくれないとマージンを取れません。そのため、広告主との単価交渉や集金などを頑張ってくれるのです。

これが直接契約であると、単価交渉などはあなたが行わなければいけません。当然、請求書を発行する作業を含め、自ら実施する必要があります。

ただASP経由であると、ASPの担当者に「特別単価として金額をアップできませんか?」などのメールを送るだけで、すべての交渉を代行してくれます。要は、圧倒的に楽なのです。私もこれまで、以下のようにASPの担当者に何度も特別単価の依頼を出したことがあります。

「サイト運営者が儲かる=ASPが儲かる」なので、こうした交渉をASPは積極的にしてくれます。そのためASPに既に広告がある案件については、直案件をもらうメリットはありません。むしろ、単価交渉を含め面倒な作業が増え、デメリットとなります。

広告がない場合は直案件での提携先を探すべき

ただ、どれだけ広告を探してもアフィリエイト広告を見つけることができないケースがあります。世の中には、非常に高額なお金が動いて儲かるものの、広告のないジャンルが存在するのです。

例えば、以下は私の商業出版サイトになります。

このサイトでは、出版コンサルタントのサービスを紹介しています。私のサイト経由で出版コンサルが決まった場合、私にバックマージンが入るようになります。

ASPを介することなく、このように専門家(今回は出版コンサルタント)とお客さんをつなぎ、仲介料を得るビジネスをマッチングビジネスといいます。マッチングビジネスとは、要は「ASPなしに企業と直接契約し、お客さんを紹介するビジネス」だと考えましょう。

「企業と組み、B to Bを行う」という思考をすることができれば、広告のないジャンルであっても問題なくビジネスを展開できます。アフィリエイトの考え方というのは、ASPを活用するだけでなくその他の手法でも問題ないのです。

アフィリエイト広告がなくなった場合のB to Bも有効

また、B to Bとして企業と組む考え方は、それまで存在していたアフィリエイト広告がなくなってしまったケースでも有効です。

場合によっては、それまでASPにアフィリエイト広告が掲載されていてそれなりに稼いでいたものの、急に広告がASPからなくなって収益がほぼ消えてしまうことがあります。実際、サイトアフィリエイトをしていると、ほぼ確実に案件終了のお知らせをASPから受けるようになります。以下のようなメールです。

別の種類のアフィリエイト広告がある場合、別案件に張り替えれば問題ありません。ただ、そうした広告がなく一種類のアフィリエイト広告に依存していた場合、アフィリエイト案件がなくなった時点でサイト収入がほぼゼロになってしまいます。

例えば、「パソコンの買取サイトを運営していたものの、広告主が急にASPへの掲載を取りやめ、パソコン買取の広告が無くなってしまった」などのケースです。

そうしたとき、それまで提携していた広告主と同じようなビジネスをしている企業を見つけ、直案件を掘り起こすようにしましょう。そうすれば、ASPを介さず自らの手で案件を発掘できるようになります。例えば、パソコン買取を実施している店舗に掛け合い、直提携してもらうのです。

もちろん、このとき「楽天カード」「SBI証券」などのように特定企業の商品名でサイトを作っている場合、対象の商品に関するアフィリエイト広告が消えたら100%の確率で売上は激減します。代わりの広告が存在しないからです。

ただ、そうではなく「パソコンの買取サイト」「無料クレジットカードのサイト」「投資信託のサイト」などのように、ジャンルのサイトを作っていれば何も問題ありません。たとえアフィリエイト広告がなくなったとしても、自分で直案件を取ってくればいいだけです。

組み方としては、既に述べた通り企業の公式サイトを訪れ、そこからメールを送るだけなのでそこまで難しくありません。いってしまえば、誰でも行える手法が企業との直接契約だといえます。

ASPなしに独自で提携し、アフィリエイトを行う

私の場合、直提携して企業の商品を独自でアフィリエイトすることが頻繁にあります。世間一般的には、これをマッチングビジネスと呼びます。ASPを通せばアフィリエイトですが、ASPなしに自分で案件を取ってくる場合はマッチングビジネスと呼ばれます。

直提携の考え方が可能になれば、アフィリエイト案件が存在しない分野であっても問題なく広告を自ら作り出すことができます。実際のところ、お客さんを取れなくて困っている会社が大多数です。そうした会社に完全成果報酬で集客することを提案すれば、ほぼ確実に提携してくれます。

ただ、独自案件を引っ張ってくるとはいっても、既にASPにアフィリエイト広告が登録されている案件については直接契約するメリットがありません。単価交渉の手間やそれまでのやり取りを考えると、ASPに任せてしまったほうが圧倒的に楽なのです。

しかし、アフィリエイト広告が存在しない場合に「B to Bとして特定の会社と直接契約する」という考え方は非常に効果的です。直案件を引っ張ってきたほうがいい場面とそうでない場面を見極め、ネットビジネスを発展させるといいです。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認