ブログやサイトの運営はネットビジネスの成功において不可欠です。こうした媒体を運営するからこそ、多くのアクセスを集めることで収益を得られるようになります。

ただ、このときは当然ながら記事を更新しなければいけません。有益な記事をたくさん作ることで、アクセスが集まってくるようになります。

そうしたとき、ビジネス初心者であるほど「何記事を更新すればいいのか」という質問が必ず出てきます。初心者だと明確な基準を求めようとして、記事数について気にする傾向があります。ある程度、目安があるほうが分かりやすいと考えるのです。

それでは実際のところ、ネットビジネスでの成功に必要な記事数はいくらなのでしょうか。これについて解説していきます。

ネットビジネス初心者に記事数とアクセス数は関係ない

まず、大前提としてネットビジネス初心者にとって記事数とアクセス数は関係ないと考えるようにしましょう。

実際のところ、どれだけたくさんの記事を書いたところでアクセスがまったく集まらない現象はよく起こります。100記事どころか、1,000記事を量産してもまったく意味がないのです。この理由は単純であり、ゴミ記事を書いてしまうことがよくあるからです。

・低品質記事があっても無意味

実際のところ、ブログやサイトを構築するとき、高品質な記事を書けば書くほどアクセスが集まってくるようになります。これは、すべてのブログに共通することでもあります。

ただ、これと反対の状況があります。それは、低品質記事を量産しているケースです。この場合、どれだけ頑張ったとしてもアクセスが集まることはありません。

むしろ、低品質記事はサイトの価値を下げます。そのため、アクセスが集まらないどころか、他に良質な記事を書いたとしても、他の低品質記事が足を引っ張り、サイト全体で記事の価値を下げることになってしまいます。実際、ネットビジネス初心者だと以下のような記事になっていることが多いです。

  • 1記事が3,000文字以下
  • 素人写真(独自写真)やオリジナルの図がゼロ
  • 自分の体験談が入っていない

例えば私の場合、記事を作るときに実際に取材をすることがよくあります。以下はそのときの様子の一つです。

ただ、多くの人はこうした労力を省きます。その結果、家の中にこもって記事を書きます。ただ、実際のところ家の中にこもっていて良い記事は書けません。積極的に取材をして独自情報を集めるからこそ良い記事となります。

そういう視点で、あなたが書いた記事を見直してみましょう。もし、あなた独自の情報がない場合、たとえ何百記事を量産しても「アクセスがほぼゼロの状態」が続きます。結局のところ、記事数とアクセス数は比例しません。

高品質記事が50~100記事は必要

それでは、前提を変えて「あなた独自の情報が入った高品質な記事」ばかりを量産する場合であればどうでしょうか。この場合は前述の通り、先ほどとは違ってブログやサイトにアップする記事数に応じてアクセス数が増加していくようになります。

それでは、どれくらいの記事数が必要になるのでしょうか。これについては、いくら記事数が少なくても50記事以上でなければいけません。また、基本的には100記事以上にするようにしましょう。

もちろん、サイトの参入ジャンルによっては100記事以下になることもあります。ただ、10記事のほどのブログやサイトで上位表示されることはほぼありません。運よく検索エンジンで上位表示されるかもしれませんが、一時的なケースが多いです。

それより、質の高い記事をたくさんアップしているサイトのほうが評価されやすいです。低品質記事がブログ価値を下げるのとは対照的に、高品質記事があればその他の記事についても評価されやすくなるのです。

この基準の最低ラインが50記事であり、100記事以上を目指して頑張らなければいけません。

過去記事のリライトも重要

なお、低品質記事がむしろ他の記事の足を引っ張るという事実から、「無駄に記事数だけたくさん増やそうとする」という行為は避けるようにしましょう。これまで述べた通り、「単に記事数をかせぐだけで、アクセス数が伸びる」ということはないからです。

そのため、時間がかかってもいいので良質な記事を作成することを心がけたほうがいいです。

特にネットビジネス初心者の場合、最初に書いた記事を見直してみると「何でこんな低品質の記事を書いているのだ!」と思うようになります。それだけあなたの実力が向上したという事実でもありますが、低品質記事を放置してはいけません。必ずリライトしましょう。

多くの人が過去記事の見直しをしません。ただ、新記事を追加するよりも過去記事をリライトして品質を高めるほうがアクセスアップにつながることはよくあります。

リライトをすれば、以下のような効果を見込むことが可能になります。

  • サイト全体の記事の品質が上がる
  • 既に時間が経過している記事であるため、評価されやすい

この2つの理由により、リライトしたほうが効率よくブログに多くのアクセスを集められるようになります。

私についても、「何年も前に書いたサイト」について、アクセス数が時間経過とともに徐々に下がっていったことがあります。かなり前に書いた内容であり、いまの自分のライティングスキルから見ると非常に内容がショボかったので、アクセスが下がるのも自分の中で納得していたわけです。

ただ、アクセスの減り具合がすごかったので、さすがにリライトすることにしました。このときはサイト内にある130記事(全記事)の見直しをしました。また、ついでに記事を追加して最終的に200記事ほどのサイトに再構成しました。

そうしてリライトを行い、記事の追加まで実践した結果、以下のように問題なくアクセス数が回復するようになりました。

もちろん、記事の品質を高めた上に記事数を追加したため、リライトする前の最高アクセス数を超えるようになりました。このようにアクセス数の増加というのは、記事数を多くするだけではダメです。品質を追求しなければ意味がありません。

記事数は最初の時点で分かる

なお、ブログやサイトで書くべき記事数については、実は最初の時点である程度まで予測することができます。

ネットの記事コンテンツを書くとき、必須になるのがキーワードです。キーワードを確認しなければ、高品質の記事を書くのは不可能です。ただ、サイトの参入ジャンルによってキーワードが出てくる数は違ってきます。

例えば、「看護師 転職」のキーワードであれば、それなりに大量のキーワードが出てきます。その後、これらのキーワードに対応する記事を書いていくことになります。以下が実際のキーワードです。

このうち、例えば「看護師 転職 異業種」のキーワードを利用する場合、看護師が病院以外の異業種へ転職する方法について記事を書く必要があります。いずれにしても、このようにキーワードを確認したうえでライティングします。

ただ、キーワードは無限に出てくるわけではありません。この場合は「看護師 転職」と検索して出てきたキーワードを網羅したら、看護師専門の転職サイトが完成されるようになります。

一方でこれが「理学療法士 転職」だと、出てくるキーワード数は先ほどの「看護師 転職」に比べて4分の1ほどになります。そのため、看護師転職サイトを構築するときに比べると、サイト完成時の記事数は単純計算で4分の1ほどになると予想できます。

作りたいブログテーマについてキーワードを出したとき、どれだけの量のキーワードがあるのかによって、作るべき記事数は決まると考えるようにしましょう。出てくるキーワードのボリュームにより、サイト完成時の記事数を予測できるのです。

収益は参入ジャンルで決まる

それでは、100記事以上の高品質なコンテンツを作ることでアクセスアップを図った場合、どれくらいの収入になるのでしょうか。

これについては、ブログのテーマによって異なります。まず、ごちゃ混ぜの雑記ブログだとほぼ稼げません。月1万アクセスあったとしても、月3,000~5,000円ほどの稼ぎになるくらいです。つまり、アクセス数に対して儲けが少ないのです。

そうではなく、特別な理由がない限りは特定分野に特化したWebサイトを構築するようにしましょう。先ほど紹介したように「看護師の転職サイト」「理学療法士の転職サイト」などのように特化させるからこそ売れる(儲かる)サイトを作れるようになります。

ただ、同じ特化サイトであってもやはり収入の上限は変わるようになります。

前述の通り、同じ転職テーマであっても看護師のほうが作れる記事数は圧倒的に多いです。100記事どころか、200記事や300記事まで作れます。一方で理学療法士の転職サイトになると、頑張っても100~150記事ほどになります。

当然、高品質記事なのであれば記事数が多いほどアクセスを呼び込むことができます。

また、看護師と理学療法士では単価が違います。看護師の場合、あなたのブログから一人の看護師が転職エージェントに応募してくれた場合、一人当たり2万円ほどの報酬になります。以下の通りです。

それに対して、理学療法士ではどうかというと、看護師のような高単価にはなりません。具体的には、一人の登録に対して8,000円ほどになります。

単純に単価が半分以下です。そのため、同じアクセス数のサイトを構築して同じ数の人を成約させたとしても、理学療法士の転職サイトでは看護師に比べて収益性がかなり違うのは容易に想像できます。

収益というのは、参入するサイトジャンルですべてが決定されます。稼げる度合いについては、記事数というよりも、どのテーマでブログを構築するのかが重要になります。

SEO効果の高い記事や収益性の高い記事は不明

それでは、どのような記事を構築すれば効果的にアクセスを集めることができ、収益性の高いブログ・サイトを構築できるようになるのでしょうか。

ただ、残念ながらどの記事が高い収益性を生み出すのかについては、誰も予測することができません。

キーワードをもとにして、需要のある記事を書かなければいけないのは間違いありません。ただ、実際にコンテンツ記事を書いてみて、「どの記事にアクセスが集まるのか」「どのコンテンツの収益性が高いのか」は記事をアップしてみないと分からないのです。

私が運営するサイトについても、「どうして、この記事に多くのアクセスが集まるの?」と疑問に思ってしまうようなコンテンツに大量のアクセスが集まり、たくさん稼いでくれるようになることは頻繁にあります。

キーワードを見れば収益性の高い記事を作れるとはいっても、具体的にどのキーワードでどれくらいのアクセスが集まるのかについては、実際にやってみないと誰も予測できないのです。

そのため、キーワードを参考に書かなければいけない記事については、「数打てば当たる」の作戦により、高品質な内容をできるだけ多くアップするようにしましょう。これが、ネットビジネスで重要なアクセスアップの考え方になります。

品質が高ければアクセスは下がらない

結局のところ、重要なのは記事数ではありません。いくら記事が多くてもアクセスアップにはつながりません。ただ、「高品質な記事」という大前提がある場合、記事数が多いほどアクセスアップを図れるようになります。

このような品質の高い記事の場合、基本的にはアクセス数が下がることはありません。

「徐々にアクセス数が下がっている状況」であれば、確実に記事の質が悪いといえます。以前は運よくアクセスがあった状況であっても、ライバルサイトがより高品質な記事を作成したため、相対的に検索エンジンの順位が下がっていったわけです。

※Googleのアップデートによって理不尽にアクセスを下げられる場合は別です。

そのため、「記事数は多いのにアクセスが集まらない」「少しずつアクセス数が下がっている」という状況のとき、むやみに記事数の増加を追求するのはやめましょう。そうではなく、いまの記事が本当に読者のためになっているかどうかを本気で考えたほうがいいです。

  • 自分独自の体験談が入っている
  • オリジナルの写真や図がある
  • あなたしか発信できない情報で埋められている

こうした記事でなければ、結局のところいくら記事があっても検索エンジンで上位表示されません。

そうした視点でみると、今回の記事についても私独自の経験が入っており、さらにはオリジナル写真や画像も入れていることが分かります。このように作り上げないと、記事コンテンツが評価されないと考えましょう。あなたが追求するべきは、記事数よりも「コンテンツの質」だといえます。

初心者こそ記事の質を考え、数を増やすべき

特にネットビジネス初心者の人ほど、「何記事を書けばアクセスが増えるのか」と考えがちです。ただ、ここまで述べた通り記事数はアクセス数に関係ありません。

それよりも重要なのが記事の品質です。低品質の記事がいくらあっても意味はなく、品質を保った記事でなければいけません。

そのため、これまで記事数を追求してきたのであれば、積極的に過去記事のリライトを実施するといいです。意味なく記事数を増やすよりも、既存記事の見直しをしたほうがアクセスアップにつながることはよくあります。

また、キーワードを確認したうえであなた独自の体験を入れた記事にする必要があります。独自記事を増やすからこそ、読者を魅力するようになるのです。

ここまでのことを理解したうえで、記事数ばかりに着目するのはやめましょう。そうではなく、どれだけ読者を惹きつける文章を構築できるかを考えるほうが、結果としてアクセスアップにつながります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認