アクセスを集めようと思う場合、キーワードを狙って記事を書いていく必要があります。このキーワードとして「検索数の多いビッグワード」と「比較的検索数の少ないワード」の二つがあります。

この狙うキーワードですが、「比較的検索数の少ないワード」を狙った方が良いです。なぜなら、ビッグワードではそもそも競合が多すぎて検索エンジンにヒットしないからです。

ロングテールSEO

前述の通り、ネット上で検索頻度の大きいビッグワードが必ず存在しますが、その逆にあまり検索されないワードも存在します。

これを全体で見てみると、下図のようになります。

ロングテールSEO
マーケティングで考えると、全体の売上は2割の商品に支えられていることが経験的に分かっています。

そのため、後の8割の商品はあまり売れない商品となります。利益を生まないため、残りの8割の商品はあまり重要視されません。

これと同じことがネットでも言うことができ、ビッグワードが検索数の大半を占めます。そこから右に行くほど検索数が少なくなっていきます。恐竜の長い尻尾(tail)のように見えることから、この部分をロングテールと呼びます。

ただし、実世界のマーケティングとネットの世界が異なるのは「サイト運営ではロングテールの部分を狙う」という事があります。

リアルビジネスではロングテールを無視しようとしますが、ネットビジネスでは逆です。むしろ、ロングテールのキーワードを積極的に狙っていきます。専門サイトであれば、これがより顕著になります。

ロングテールのキーワードは検索数が少ない代わりに、競合も同じように少なくなります。そのため、新しいページを作成したとしても比較的早くから検索エンジンの上位に表示されるようになります。

この「検索エンジンの上位に表示される」という部分が一番重要になります。 ビッグワードを狙うにしても検索エンジンに上位表示されれば良いですが、競合が多すぎるので実際にはかなり難しいです。

そのため、ロングテールとして競合の少ないキーワードを狙っていくことが必要になります。

専門知識が必要

サイトを作成する上で「興味のある分野」や「これまで関わっている分野」を行った方が良い理由がここにあります。

全く知らない分野を選んでも良いですが、専門の業者に聞き取りに行くなどのリサーチをしない限りロングテールのキーワードに引っかかるようなページを作成するのが難しいです。そのため、既にある程度の専門知識を持っている分野が望ましいです。

ただ、専門知識とは言っても、他の人よりも少し前に進んでいる程度で問題ありません。私が薬学系サイトを立ち上げたのは、薬の知識が全くない大学二年生の時でした。しかし、それでも良いのです。

ちなみに、私のサイトも例外なくロングテールのキーワードに支えられています。ビッグワードで上位表示を狙うのはかなり厳しいですが、ロングテールでは比較的簡単です。

このように考えると、サイト運営でアクセスを集めるためには「なぜ有用な記事が書かれたその人独自のページがたくさん必要なのか」という事が分かると思います。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録