サイトやブログにアクセスを集める場合、キーワードを狙って記事を書いていく必要があります。キーワードを考えながら有益な記事を作らなければ、あなたのサイトやブログに人が訪れることはありません。

このときのキーワードとして「検索数の多いビッグワード」と「比較的検索数の少ないワード」の二つがあります。

狙うキーワードですが、Webメディアの構築では「比較的検索数の少ないワード」を狙った方が良いです。なぜなら、ビッグワードではそもそも競合が多すぎて検索エンジンにヒットしないからです。

こうした考え方として、ロングテールSEOがあります。それでは、ロングテールSEOとは何なのでしょうか。ロングテール理論はネットビジネスにおいて非常に重要なので、全員が理解するべきマーケティングの考え方になります。

そこで、どのようにしてロングテール戦略を行うことで、ネットビジネスで稼げばいいのかについて解説していきます。

ロングテール戦略によるマーケティングの考え方と効果

一般的な店舗であると、売れ筋の商品を陳列するようになります。これはある意味、当然です。店舗スペースは限られているため、売れない製品を置いても仕方ありません。リアル店舗の場合、どれだけ売れる製品を取り扱うのかが重要になります。

一方でインターネットであればどうでしょうか。実際に商品を置く必要がないため、ネット上ではあらゆる製品を取り扱えるようになります。要は、商品数がほぼ無限になるのです。

この手法で成功した会社がAmazonです。Amazonではメインとなる売れ筋の本だけを取り扱っているわけではありません。一般的な書店では存在しないような、ニッチな本についても取り扱いがあります。

そして重要なのは、売れ筋商品よりも「書店にも置かれていないニッチな本の方が大きな売上を出している」という事実です。

これを、マーケティングではロングテール戦略と呼びます。インターネットによってあらゆる商品を掲載できることから、メイン商品以外の取り扱いをできるだけ多くすることを考えるのです。

ロングテールSEOとは、需要の少ないキーワードを拾うやり方

そして、サイトやブログ運営で成功しようと考えたとき、Amazonとまったく同じことを考えるようにします。具体的には、できるだけニッチな記事を網羅するように考えるのです。

インターネットでのマーケティングになると、記事を書くことでWebサイトに人を集める(=アクセスを集める)ことを考えなければいけません。このときの記事をニッチ化するのです。

読者はキーワード検索によって目的の記事を探そうと考えます。例えば、太った女性であれば「ダイエット」というキーワード検索をするようになります。

このときダイエットというキーワードは、非常に多くの人が活用する検索キーワードだといえます。検索エンジンで上位表示させることをSEO対策といいますが、「ダイエット」というキーワードについて頑張ってSEO対策をしたとしても、ライバルが多すぎて勝てません。

そこで、できるだけニッチな検索キーワードを狙うようにしましょう。ロングテール戦略とは、ネット上でニッチ商品を取り揃えるマーケティング手法だと紹介しました。これと同じように、できるだけニッチなキーワードの記事を書くことによって、検索エンジンで上位表示を狙うようにするのです。

イメージとしては、以下のようになります。

マーケティングで考えると、全体の売上は2割の商品に支えられていることが経験的に分かっています。つまり、残りの8割の商品はあまり売れない商品となります。利益を生まないため、残り8割の商品はあまり重要視されません。

これと同じことがネットでも言うことができ、ビッグワードが検索数の大半を占めます。そこからずれるほど検索数が少なくなっていきます。恐竜の長い尻尾(tail)のように見えることから、この部分をロングテールと呼びます。

例えば、先ほどのダイエットであれば、ビッグワードとロングテールは以下のように考えます。

  • ビッグワード:ダイエット
  • ロングテール:ダイエット 夏 痩せる

同じダイエットに関する記事を書くにしても、「ダイエット」のキーワードを狙うよりも、「ダイエット 夏 痩せる」などのようなロングテールのキーワードを狙うようにしましょう。

ロングテールのキーワードは検索数が少ない代わりに、競合も同じように少なくなります。そのため、新しいページを作成したとしても比較的早くから検索エンジンの上位に表示されるようになります。

サイトやブログへのアクセスはさまざまな個別記事に集まる

特にネットビジネスに関していえば、少ない記事数だけでSEOで評価され、Googleの検索エンジンで上位表示されることはあり得ません。10記事や20記事ほどのブログで稼げるようになることはないのです。

そのため、いくつもの記事を書くことを考えなければいけません。どれだけ少なくても50記事は必要であり、たくさんの記事コンテンツを量産することを考えましょう。実際のところ、サイトへのアクセスは個々の記事に集まるようになるからです。

あなたが実際にネット検索するときも同様に、たどりつくのはどこかのブログにある個別記事のはずです。検索結果をクリックしたとき、いきなりトップページへ飛ぶようになることはほぼありません。いずれにしても、有益な記事にたどりつくようになります。

サイト運営者側になるのであれば、これとまったく同じことを考えなければいけません。ブログにアクセスを集めることを考える以上、大量の記事コンテンツを作る必要があるのです。

このとき、「ロングテールによるニッチ記事をできるだけたくさん作るようにする」ことが大量のアクセスを集めるコツとなります。例えば、以下は当サイトに訪れている人がどのような検索キーワードを活用しているのか示した一例です。

このように、さまざまな検索キーワードによって私のサイトに人がアクセスしていることが分かります。これらはどれもロングテールのキーワードですが、こうしたキーワードを拾い集めることによって、結果として莫大なアクセスを呼び込めるようになるのです。

ネットビジネスで収益化を図るとき、以下のようにさまざまな手法があります。

  • Googleアドセンス
  • 物販アフィリエイト
  • 通販サイト
  • せどり

これらすべてにおいて、売上を伸ばすためにはロングテールで検索結果に引っかかるように仕向ける必要があるのです。

また、実際のところあなたがキーワードを使ってネット検索するとき、単一のキーワード(ビッグワード)で検索することはほとんどありません。いくつかのキーワードを組み合わせ、複合キーワード(ロングテールキーワード)を利用します。

同じように、多くの人はロングテールのキーワードを利用します。そこで、あなたもロングテールのキーワードを利用することで有益な個別コンテンツを書く必要があるのです。

・パレートの法則の逆がロングテール戦略

一般的には「店内にある重要な商品2割によって、売上の8割が作られている」といわれています。これをパレートの法則といいます。2割が8割の結果を生み出すため、「本当に重要となる2割に労力を注ぐべき」というのがパレートの法則です。

一方でロングテール戦略だと真逆のことをします。つまり、ほとんど売れない8割に注力するのです。いわゆるリアルビジネスであれば、こうした戦略を取った時点で簡単に倒産します。ただ、ネットビジネスのように商品を無限に取り扱えたり、いくらでもwebサイト上に記事をアップできたりする場合、ロングテール戦略が成り立つのです。

むしろ、サイトやブログ運営のネットビジネスでは、ロングテールのマーケティングを実践しなければ稼げません。

コンバージョン率(成約率)はロングテールキーワードが優れる

なお、実際にサイトやブログ記事にたくさんのアクセス数を呼び込むとき、たとえ検索ボリュームが少なかったとしても、ロングテールキーワードによるアクセスアップを図る方が優れています。これは単純にそちらの方が、コンバージョン率(成約率)が高いためです。

例えば、以下のキーワードを検索する人がどのような商品を購入できるか想像できるでしょうか。

  • ダイエット 方法

このキーワードで検索する人はたくさんいます。いわゆる競合の多いキーワードに分類されます。ただ、キーワード選定をするときにビックワードを狙ってもいいですが、「どれだけアクセスがあっても成約しない」という大きな問題点があります。

実際、「ダイエット 方法」で検索する人では、何を求めているのか不明です。ダイエットサプリメントに興味があるのかもしれませんし、もしかしたらジムに通ってダイエットしたいのかもしれません。何を考えてこのキーワードで検索しているのか、まったく推測できないのです。

一方で、以下のようなキーワードであればどうでしょうか。

  • ダイエット スムージー ランキング

この検索キーワードであれば、「ダイエットスムージーが良いことが既に分かっており、スムージーの購入を検討しているが、どの商品がいいのか分からないのでランキングを知りたい」と考えている、一人の人間に絞ることができます。

さらにいえば、こういう具体的な言葉で検索する人は「ダイエット 方法」などで検索するよりも圧倒的に商品(今回はダイエットスムージー)を購入する確率が高いと容易に推測できます。収益化(マネタイズ)によって利益を出す場合、圧倒的にロングテールキーワードの方が優れているのです。

ネットビジネスの場合、ビッグキーワードでSEOが評価されて上位表示されてもいいですが、無駄にアクセス数が多くなるだけであり、売上につながりません。

ECサイトや通販、アフィリエイトを含め、ビジネスとして副業・起業のためのネットビジネスをする場合、商品が売れる必要があります。そのため「検索ボリュームは少ないものの、ロングテールキーワードを狙う」ことでのマネタイズは大きな意味があるのです。

むしろ、実際にwebサイト作成をする場合、ミドルワードやスモールワードとして、少ない検索ボリュームのキーワードばかり狙うことになります。この方が成約率が高く、少ないアクセス数で稼げるからです。また、ライバルも少ないので簡単にGoogleの検索エンジンで上位表示されるようになります。

ロングテール対策のためのキーワード選定法

それでは、ロングテール対策をするためのキーワード選定としてはどのように実践すればいいのでしょうか。ロングテールキーワードの見つけ方はあるのでしょうか。

これについては、適切なやり方が存在します。どのようにするのかというと、キーワード検索ツールを利用します。

まず、Googleなどで検索キーワードを入力した場合、「あなたはこのキーワードを調べたいのでは?」という提案が出てきます。例えば、以下のような感じです。

これは「カナダ留学」と入力したときの結果ですが、このように検索キーワードが出てくるようになります。これらがすべてキーワードです。ここに表示されるキーワードは「実際に読者が検索しているキーワード」だといえます。そのため、まさにここに表示されているものがロングテールキーワードになります。

そこで、今度はすべてのロングテールキーワードを引っ張ってくるようにしましょう。これについては、「このサイト」のツールで検索できます。

例えば、ここに「カナダ留学」と入力すると、以下のようなキーワードリストが出てきます。

単に「カナダ留学」で記事を作る場合、恐らくSEOで上位表示されるのは非常に厳しいです。ただ、以下のようなロングテールでの検索キーワードであれば、それ専用の記事を書き上げることでニッチなコンテンツを作成できるようになります。

  • カナダ留学 一年間 費用:一年間の留学費用
  • カナダ留学 クレジットカード:留学でお勧めのクレジットカードは何か
  • カナダ留学 トロント バンクーバー:トロントとバンクーバーのどっちがいいのか

このように、ロングテールキーワードを確認すれば自動的にライティングするべき記事も把握できるようになります。そうして、次々と記事を書き進めていくようにするのが正しい記事作成になります。

・ネット情報だと書籍よりも詳しい情報を作れる

なお、ネットビジネスでこのようにキーワード分類をして有益な記事を作れば、書籍よりも圧倒的に優れたコンテンツを読者に提供できるようになります。

本というのは、紙面が限られているので浅く広い知識しか記載できません。特定ジャンルに特化させ、深掘りさせることができないのです。

例えば、あなたが読んでいる今回の記事は「ロングテールSEOに関するコンテンツ記事」になります。しかし、本の中でこれだけ詳しく、事例や図解を交えながらロングテール戦略だけに特化させて解説することはできません。紙面の関係上、Webマーケティングの本を執筆するにしても、ロングテールSEOに関しては一つの項目内(長くても2,000文字ほど)だけで完結させる必要があります。

一方でネットビジネスであれば、サイトやブログとして情報を詰め込むことで、一つのテーマについて本よりも詳しい情報を読者に提供できます。これが、ホームページなどのWebメディアが優れている点だといえます。

検索キーワードをまとめて記事数を予測する

ただ、このときは出てきた検索キーワードについて事前にまとめるようにしましょう。キーワードによっては、ほぼ同じ意味であることがあるからです。

例えば、看護師の転職サイトを作りたいと考えます。このとき、以下のようなロングテールキーワードが出てきます。

  • 看護師 転職 結婚
  • 看護師 転職 結婚 悩み
  • 看護師 結婚後 転職

これらはつまり、どれも「結婚というイベントがあり、看護師として良い職場に転職したい」と考えている一人の人間を集客することができます。その人が「看護師 転職 結婚 悩み」と検索することがあれば、「看護師 結婚後 転職」で検索することもあります。ただ、いずれにしても同じ人間なのです。

そこで、これらのキーワード群をまとめるようにしましょう。一人の人間になるようにまとめますが、例えば以下のようになります。

コンテンツライティングの原則は「一人の人間に向けて記事を書く」ことがあります。

今回であれば、「看護士 転職」というビッグキーワードではなく、看護師転職の中でも結婚に関わる問題を抱えている人に向けたロングテール記事を作るようにするのです。そうすることで、これらに関わるキーワードで読者が検索したとき、Googleの検索エンジンに引っかかるようになります。

また、このように一人の人間(ペルソナ)になるようにキーワードをまとめれば、サイト全体で作るべき記事数がほぼ決まるようになります。先ほどの「看護師転職の結婚に関わるキーワード群」のように、これらのキーワードの塊が100個できれば、そのサイトは全体で100記事くらいの記事数になると予測できるのです。

検索ボリューム(検索回数)の概念は無視するべき

なお、ネットビジネスを教える人の中には検索ボリューム(検索回数)を重視する人がいます。ロングテール対策を行うことはWebメディアの作成において必須ですが、これらロングテールの検索キーワードを検索ボリュームごとにさらに細分化させようとするのです。

先ほどの方法で検索キーワードをすべて出すことができるわけですが、当然ながらキーワードごとに検索ボリューム(検索クエリの数)は異なります。

これについては、Googleが提供するキーワードプランナーというツールで月間の平均検索ボリュームをキーワードごとに調査できます。

「看護士 転職」は競合の多いビッグキーワードになります。月の検索ボリュームは1~10万ほどです(上記の「看護 転職」とは別です)。

ただ、ここまではいかなくても、ある程度の検索回数の多いキーワードがミドルワードです。月の検索回数が1,000件ほどだとミドルワードです。

ただ、それよりも少ない月1,000件未満の検索キーワードがスモールワードです。検索数は「クエリ」とも呼び、上図によると「ナース 仕事」の検索クエリ数は月100~1,000件の検索クエリがあると分かります。

  • ビッグキーワード:月の検索クエリが1万以上
  • ミドルキーワード:月の検索クエリが1万未満、1,000以上
  • スモールワード:月の検索クエリが1,000未満

しかし、これらのキーワードを検索回数別に分類する意味はまったくありません。結局のところ、キーワードごとにそれぞれをまとめ、最終的にはすべての記事を作ることで大きなWebメディアを完成することになります。そうしたとき、どこかの時点ですべてのキーワードを網羅することになります。

そのため、キーワードごとの検索回数を区別すること自体、無意味です。そうではなく、出てきたキーワードに対して「一人の人間に設定できるように並び替えを行い、それに従ってすべての記事を網羅する」ことだけを考えましょう。そうすれば、ホームページのアクセスアップにつながって検索流入数が増えていきます。

メリットはドメインパワーが強くなり、流入が増えること

ECサイトによる通販やアフィリエイト、Googleアドセンスでのマネタイズを含め、自分のWebメディアを活用してビジネスを行う場合、ロングテールSEOを考えることが必須になります。

それでは、なぜこれら検索キーワードをまとめ、すべてのキーワードについて記事化する必要があるのでしょうか。それは、ロングテール対策を行うことによってサイト全体としてSEOが評価され、アクセスアップにつながるからです。

「10記事ほどのサイトで検索エンジンに上位表示されることはない」と既に述べました。どれだけ有益な記事を書いたとしても、サイトの記事数が少ない場合だとSEOで良い評価をされ、アクセスが伸びていくことがないのです。

これは、サイトのパワーが弱いからです。ネットビジネスでは、これを「ドメインパワー」と呼びます。ドメインパワーが強ければ、Googleの検索エンジンで上位表示されやすいのです。

ロングテール対策を施すことで多くの記事をホームページに詰め込めば、それだけドメインパワーが強くなります。その結果、サイト全体がSEOで評価されることで、すべての記事が上位表示されてアクセス数が増えるようになるのです。

ネットビジネスでなぜロングテールを考えるべきかというと、その理由は「記事ライティングをたくさん実践することで、ドメインパワーを強くしてアクセスアップを図る」ことが必要になるからなのです。

デメリット・問題点は労力が大きいことにある

ロングテール戦略であれば、ライバルが少ない中で記事をアップしていくため、簡単に記事が上位表示されて容易にアクセスアップが可能になります。Webメディアの構築を考えるとき、全員が行うべき手法になるのです。

ただ、利点が多い反面デメリットもあります。デメリットとは、単純に「大変」ということです。

ロングテール対策を行うため、少ない検索需要のキーワードをすべて網羅しなければいけません。そうなると、一つのホームページで100記事以上になるのは普通です。

例えば、私は以下のような薬学サイトを保有しています。このサイトは月300万PV以上を誇るサイトに成長しています。

なぜ、このサイトにこれだけ大量のアクセス数が集まるのかというと、多くのロングテールでアクセス流入があるからです。

このサイトの場合、記事数は2,000ページ以上です。さすがにここまで記事を追加する必要はないですが、主要な医薬品や専門的な用語に関するキーワードを含めて膨大に記事化しているため、これだけのボリュームになったわけです。

なお、トップページへのアクセス数はWebサイト全体の5%未満です。ほとんどが個別記事にアクセスがきており、ロングテールSEOの典型的な成功例になります。

しかし、このように多くの記事を書かなければいけないため、非常に時間がかかりますし大変です。

ただ、いまからネットビジネスをして成功しようと考える場合、全員がロングテール対策を行うことでWebメディアへのアクセスアップを図らなければいけません。かつてはスパム行為によってアクセス数を獲得できる方法が存在したものの、現在では使えないため、真っ当な手法によってビジネスをするしかないと考えてください。

なお、実際のアクセス数は以下のように徐々に上昇していきます。

このように、1年間はほとんど成果ができません。なぜ、すぐには成功できないかというと、新サイトの場合はドメインパワーがゼロだからです。

そこで有益な記事を追加していくことで、サイトやブログ全体でドメインパワーを強くしていきます。そうすると、サイトに存在する記事が評価されるようになり、効果的に検索エンジンで上位表示されます。それと共に、ホームページへのアクセス流入も増えるようになるのです。

ロングテール戦略でアクセスを集め、利益を増やす

ネットビジネスで必須となるものとして、自分自身のWebメディアがあります。このときはサイトやブログを作ることになるのですが、キーワード選定を行うときは必ずロングテールを意識するようにしましょう。

Amazonはニッチ商品を売って稼いでいます。これと同じようにニッチ戦略を取らなければいけませんが、ネットビジネスの場合は「できるだけ検索回数の少ないニッチキーワードを狙う」のがロングテールSEOの意味になります。

このとき、適切な方法を理解しておかなければいけません。ロングテールキーワードの見つけ方を知っておく必要があるのです。このとき利用すべきツールやキーワードのまとめ方については既に記載した通りです。適切なやり方に従い、記事ライティングを行うようにしましょう。

ホームページへアクセスを集め、マネタイズすることを考えたとき、非常に効果の高い手法がロングテールSEOです。検索需要の低いニッチワードを狙い、多くのアクセスを取り込むことでネットビジネスでの利益を拡大させるようにしましょう。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認