メルマガを発行して稼ごうとする場合、必ずある1つの法則に従うようになります。まずはメルマガでの法則を理解した上で対策を行っていく必要があります。

このような法則としては、以下のようなものがあります。

・読者数×到達率×開封率×クリック率=クリック数

・クリック数×購入率×商品単価=収入

メルマガ稼ぎの法則

先に挙げた項目を増やせば収入が上がるため、後は「どのようにして各項目(「商品単価」を除く)の数値を上げる事ができるか」を考えるだけになります。簡単にまとめると次のようになります。

・読者数:読者を増やす

・到達率:配信スタンドを変える

・開封率:メールのタイトルを工夫する

・クリック率、購入率:ライティング力を上げる

読者数」が一番難しい問題となりますが、これは他のページで説明しているのでここでは省きます。読者増サービスなどで購入した無意味な読者数ではなく、メルマガをきちんと読んでくれる濃い読者数が必要になります。

到達率」に関しては、メルマガの配信スタンドが重要になります。メルマガを発行したとしても、迷惑メールと判断されると読まれなくなります。この状態は「メールが届かない」と表現され、どのメルマガ配信スタンドを使用しているかによって到達率が変わってきます。

多くのメルマガ配信のシステムがある中で、メルマガ読者に届くシステムを利用した方が収入が増えます。

開封率」では、タイトルが命になります。当たり障りのないタイトルではなく、思わずクリックして中身を開きたくなるようなタイトルを付ける必要があります。これは、他人のタイトルを研究してコピーライティングを学んでください。

ニュース記事の見出しや広告を学ぶことによっても、タイトルの付け方を学ぶことができるはずです。つまり、タイトルを付ける時の教科書はあなたの周りにいくらでも転がっています。

また、送信者名も重要になります。可能である限り、送信者名は「個人名」にしてください。中には企業名を付けている人もいますが、インパクトがないために開封率も下がります。

最後に、「クリック率」や「購入率」では、単純にライティング能力を上げてください。この部分ばかりは本人の実力が一番出てしまいます。経験を積んでトライ&エラーを繰り返すのみになります。

この時、反応率を必ず測定するようにしてください。「どの文章の時に何クリックあったか」などを調べることにより、「内容の善し悪し」や「読者が興味のある話題」などを探ることができます。

クリック率が高いのであれば、効果的なライティングができている事になります。同じパターンを続ける事により、さらに高いクリック率を維持し続けることができます。

ただし、中にはクリック率が低くなる事もあります。この時はダメなライティングであった事が分かります。そこで、内容を修正していくことでクリック率を上げる事ができるようになります。いずれの場合もライティング力の向上によってクリック率アップ(反応率の上昇)に繋がります。

このように「メルマガ稼ぎの法則」を紹介しましたが、メルマガで収入を上げるために考えるべき点は先に挙げた項目だけです。あとはそれぞれをどのようにして増やしていくかだけを考えていきます。

簡単に稼ぐための魔法はないため、それぞれの項目に対して少しずつ修正を加えていきます。これによって反応率を測定していき、ライティング力を磨きながらクリック率や購入率を上げていきます。ここに読者増対策を行うことで、収入を加速させていきます。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録