集客においてネットビジネスを活用することは非常に重要です。サイトやブログを運営し、ネットマーケティングを実践するだけで勝手にお客さんが舞い込んでくる仕組みを構築できるようになります。

このとき、サイトやブログとして自分のメディアを構築することを考えたとき、有益な記事を読者に提供するのが必須となります。ネットマーケティングとして自社への集客を図るにしても、アフィリエイトで稼ぐにしても、有益な記事が存在しなければアクセスは集まりません。

有益な記事の作成を考えるとき、最初に理解するべきなのが「一次情報」です。一次情報とは、「あなたでしか発信できない情報」を意味します。

多くの人は、一次情報が含まれないゴミ記事を量産します。その結果、まったくアクセスが集まらない状態が続きます。

これを防ぐため、「一次情報とは何か」について深く学ばなければいけません。ここでは一次情報について正しく理解することで、情報発信の本質に触れていきます。

一次情報、二次情報、三次情報の違い

記事として読者に情報を提供するとき、情報には3つの種類があることを理解しなければいけません。このとき、それぞれ一次情報、二次情報、三次情報に分けることができます。

それぞれの違いとしては、以下のようになっています。

・一次情報

実際に自分が見たり、聞いたりした内容をもとに発信する情報

・二次情報

他の人への取材から得た情報

・三次情報

又聞き情報、ネット上の情報

こうした情報がある中で、多くの人は三次情報だけで記事を書こうとします。つまり、記事を作成するときに家の中にこもり、一歩も外へ出ずに本にある情報やネット検索でヒットする内容だけでライティング作業をするのです。

その結果、誰にでも書けるゴミ記事が完成されます。これでは、どれだけ努力して記事を書いたところで有益なサイト・ブログにはならず、アクセスが集まることはありません。そこで、できる限り一次情報を集めることを考えなければいけません。

ゴミサイトばかりなのでネットマーケティングで勝てる

私はサイト運営をしており、ネットマーケティングを仕掛けることが仕事です。ただ、ネットビジネスによるマーケティングとはいっても、「一次情報をできるだけかき集めて有益な記事を作成し、情報提供をすることでアクセスを集めているだけ」です。

なぜ、私が新規で新たな分野に参入したとしても問題なくライバルサイトに勝てるのかというと、理由は単純です。「ライバルのサイトやブログは三次情報ばかりで勝負しており、ゴミ記事のみを量産しているから」です。

一次情報を考えるとき、既に述べた通り「あなたでしか発信できない情報は何か?」という問いに答えられるかどうかがキモになります。例えば、私は薬剤師転職のアフィリエイトサイトを保有しています。

私自身が薬剤師であるため、こうしたサイトを作ることにしたのです。

ここには、私でしか掲載できない情報(一次情報)をできるだけ詰め込んでいます。例えば、以下は私が企業薬剤師だったときの給与明細です。実際に、この明細を記事の中で活用しています。

こうした資料は私だけが保有しているため、他の人は情報提供できません。

また、実際に写真を掲載することも忘れません。文字情報だけでなく、独自写真による一次情報にもこだわっています。例えば、以下は在宅医療のときの様子です。

記事の一部に「実際に薬剤師が在宅医療を実施している様子」を掲載していますが、写真の彼は私の大学の後輩です。友人に頼むことで、こうした一次情報の写真を入手したわけです。

残念ながら、多くの人はここまで努力しません。本を読んだり、ネット上にある情報を収集したりするだけで勝負します。その結果、まったく刺さらないゴミ記事になってしまうのです。

そのような視点で世の中に存在する記事を確認してみてください。ほとんどが文字情報だけで完結しています。実際のところ、細部に至るまで丁寧に作り込まれているサイト・ブログなどほとんど存在しません。「知識ゼロの私が作っても同じ内容の記事を作れるのでは?」というようなサイトばかりです。

そうした中で、一次情報をできるだけ詰め込んだオリジナルコンテンツを作成することを考えれば、たとえアフィリエイトの激戦ジャンルであったとしても簡単に勝てるようになります。

強みを活かした分野以外はあり得ない

そのように考えると、ネットビジネスでは自分の強みを活かした分野で勝負しなければいけません。「儲かるから」という理由で興味のないジャンルに入ってはいけないのです。理由は単純であり、一次情報を取れないからです。

実際のところ、薬剤師の転職では「儲かるから」という理由だけで、薬剤師資格をもたない一般人がたくさん参入しています。その結果、多くのゴミ記事がネット上に散乱しています。

しかし、私のような本物の薬剤師が参入し、さらには薬剤師しか手に入らない内部情報や写真を駆使して情報発信すればどうでしょうか。当然、私でしか入手できないオリジナル写真入りの記事を作成することが可能になります。。そうすれば、たとえ薬剤師のような「転職サイトの中で最も競合が多い分野」であったとしても簡単に勝てるようになります。

中身がペラペラのサイトであると、時間経過とともにアクセスが減って稼げなくなります。サイトやブログが不労所得を生み出すのは確かですが、これは「記事(コンテンツ)の内容が一次情報だらけで優れている」という大前提に基づくのです。

自分自身、興味があって経験した内容であるからこそ、一次情報として深い情報を提供できるようになるのです。そう考えると、サイト運営で「儲かるから」という理由だけで参入するのは失敗であり、強みのあるジャンル以外を攻めてはいけないことが分かります。

ネットビジネスで重要性の高い一次情報の集め方

それでは、一次情報を手に入れるためにはどのように行動すれば良いのでしょうか。ここからは、一次情報の入手方法について解説します。

・商品を買う、使う、試す

あなたのサイトが、商品を販売するようなサイト(例えば物販アフィリエイト)であれば、実際に対象となる商品を買って使用することで一次情報を得ることができます。

インターネットビジネスを行っている人の中には「自分が紹介している商品を使用したことがない」というたぐいの人が存在するのも事実です。ただ、これでは優れたコンテンツを生み出すことができません。

商品を紹介するためには、実際に購入して使用するのは必須です。例えば、化粧品を紹介するサイトを作っているのであれば、実際に紹介している化粧品を買って試します。そして、あなたが感じた「使用感」「良かった点」「注意すべき点」などを体験談のコンテンツとして作成します

また、このときにはできる限り写真を撮って掲載するようにしましょう。あなたが使用している姿が写っている写真を載せることで、さらにユーザーからの信頼度が高くなるのです。

プロのような写真ではダメです。素人感あふれる写真を載せることで、ようやく読者から共感を得られるようになります。例えば、健康食品を紹介するときは以下のような写真を活用します。

当然、こうした写真を撮るためには実際に商品を購入しなければいけません。しかし、面倒であっても必ず実践するようにしましょう。そうしなければリアルな体験を載せることができず、結果として質の低い記事に成り下がってしまいます。

商品を紹介する場合には、あなた自身が実際に商品やサービスを利用することで、一次情報を得ることができるのです。

・サービスを体験する

商品を紹介するときと同じように、あるサービスをお勧めして、利用を促すようなサイトであれば、サービスを実際に利用することで一次情報を得ることができます。

例えば、脱毛サロンを紹介するサイトを作成したとします。そうした場合には、実際に紹介している脱毛サロンに通いましょう。このとき、「スタッフの対応」「脱毛の効果」「不快に感じたこと」などをコンテンツ化します。

当然、画像も入手しましょう。「脱毛サロンの外観」「脱毛前と脱毛後の写真」など、自ら写真を撮ることでリアルな情報を載せていくといいです。

例えば私の場合、過去に実際に薬剤師転職サービスを利用して調剤薬局へ転職したことがあります。そのため、このときのやり取りメールを先ほどの薬剤師転職サイトに掲載しています。

このようにサービスを自分自身で体験することで、私でしか出せない情報を記事に入れるようにしています。自ら経験しているからこそ、一次情報に基づいたリアリティあふれるコンテンツを作成することができるのです。

・販売会社、業者に電話する

商品やサービスを紹介する場合には、販売会社、業者に対してお客のフリをして電話をすることで、販売会社の顧客対応を体験することができます。

例えば、いくつかの商品を紹介しているとします。そうしたときに、実際にあなた自身が電話をかけてその対応を比較したコンテンツを作成することで、リアルな情報をユーザーに届けることができるようになるのです。

このとき、当然ながら「サイトを構築したいため、電話対応がどのような感じか確認したいので電話をかけている」などのようなことは絶対に伝えてはいけません。あくまでもリアルな情報を得る必要があるので、一人のお客様として電話をしましょう。

いろんな商品を紹介するサイトである場合には、販売会社や業者に電話をかけることも一次情報を得る有効な方法になります。

・広告主へ取材する

他社の商品やサービスを紹介する際には、電話をかけるのではなく直接取材することも、一次情報を得るための有効な手段の一つとなります。取材の内容をコンテンツ化するときのポイントは「取材している人(あなた)の写真を載せる」ことです。

例えば、広告主に対してあなたがインタビューしている姿を後ろから(2人が写るように)撮影して、コンテンツに掲載します。そうするとコンテンツにリアル感が出るため、さらに読者からの信頼性が高まるのです。

こうした方法も、一次情報を元にしたコンテンツを作成するためには有効な方法だといえます。

インタビューによる二次情報でサイト・ブログの質を高める

しかしコンテンツを作成する上で、一次情報を得られない場合は多いです。そもそも、全てのコンテンツを一次情報だけで作成することは困難です。そうしたとき、より一次情報に近い二次情報を活用しましょう。

このとき、二次情報を得るために有効な手法として体験者への取材があります。自分一人だけで何とかするのではなく、他人の力を得ることがネットビジネスを成功させるために必要です。

・体験者への取材

体験者に取材をすれば二次情報を得ることができます。そのため、家族や知人などを通じて、紹介する商品やサービスの体験者を見つけ出しましょう。体験者が見つかった場合には、インタビューをさせてもらうといいです。

質の高いコンテンツを作るとき、取材を有効に活用しなければいけません。例えば転職サイトを作るとき、自分が何度も転職を繰り返すわけにはいきません。そこで、例えば第二新卒(新卒3年目までの人)の転職サイトを構築するときは、以下のような人たちに取材していきます。

  • 新卒1年目で転職した人
  • バイトから正社員へ転職した24歳の人
  • 20代で異業種へ転職成功した人

このように該当するさまざまな人に取材をすれば、それだけ生の情報を仕入れることができるようになります。ついでに転職エージェントとやり取りしたメールや、実際に使用した履歴書などを提供してもらえれば、二次情報ではあるものの圧倒的に価値の高い情報をネット上へ掲載できるようになります。

取材の内容をそのまま情報発信するだけで、「どのように転職活動を実践すれば、うまく転職できるようになるのか」に関するリアルな体験を述べられるようになります。その結果、他のサイトにあるコンテンツよりも質が高まります。

自分フィルターを通してコンテンツを作成する

ただ、集めた情報をそのままコンテンツとして発信してはいけません。あなた独自のフィルターを通す必要があります。勉強したこと(事実だけ)をそのままコンテンツ化しても、ユーザーを惹きつけるようなコンテンツとはならないためです。情報に付加価値をつけましょう。

例えば、便秘に対するサプリメントの特徴について、取扱説明書を元に作成した、以下の2つのコンテンツを見比べてみましょう。

〇〇(商品名)は、飲みやすさを追求した漢方薬です。そのため、スムーズに飲むことができます。
〇〇は、飲みやすさを追求した漢方薬です。実際、私は苦いものが嫌いであるものの、この漢方薬は問題ありませんでした。

ただ、場合によってはそれでもダメな人がいるかもしれません。そうしたとき、以下のようにオブラートで包めば、味も匂いも気にならなくなります。

効果は非常に優れているため、どうしても苦いのがダメな人でもこのようにして飲むことができます。

これら2つを読んだときに、2つ目の文章の方が、明らかにリアルかつオリジナリティがあります。またユーザーにとっても、体験者の意見が載っているため有益です。写真も含まれているため、実際に試していることが伝わりますし、注意点まで記しています。

最初の文章はありきたりな文章であり、誰でも書けるような内容です。その一方で2つ目の文章は、体験した人だからこそ書くことができる文章になっています。

読者は教科書的なことを知りたいわけではなく、「実際のところはどうなのか」というリアルな部分を知りたいわけです。そのため、あなた独自の意見を述べる必要があるのです。

このときは「味がマズかった」「思うように改善しなかった」「電話対応が悪かった」など、マイナスのことを述べても問題ありません。本心の意見を述べることにより、ようやく読者の心に刺さるようになります

ただ、これを行うためには実際に試したり取材したりする作業が必要になります。

一見すると、一次情報を集めるのは面倒です。ただ、これらを実践したうえで生の情報を載せた方が、Webサイト・ブログの運営で莫大なアクセスを集められるようになります。他の人が面倒だと思うことを積極的に行い、読者が求める情報を発信するようにしましょう。

勉強して得た情報をそのまま掲載するのではなく、あなた自身の意見を加えることで、ようやくオリジナルのコンテンツを作成できるのです。

データベースのまとめに意見を加えても問題ない

なお、このときの情報は「政府など官公庁や研究機関が公開しているデータベース(他の人が公開している情報)」を自分なりにまとめ、独自情報として出しても問題ありません。単なる数字やデータベースに著作権はないため、好きなように利用できます。

例えば私の場合、薬剤師の転職サイトで「残業」に関するコンテンツを作成したとき、厚生労働省が発表しているデータを活用しました。もちろん、文字情報だけでなく図としてもサイト内に挿入しています。

以下のような図です。

こうした証拠を提示しながら説明すれば、「ここに記載されている情報はウソではない」と読者は確実に信じてくれるようになります。私が妄想で作り上げたデータではなく、政府が発表しているデータベースを活用し、まとめているからです。

信頼性の高いWebメディアの構築を考えるとき、一次情報や二次情報だけでなく、こうした官公庁や研究機関が発表しているデータも取り入れるようにしましょう。

ただ、こうした発表データについては、あなた独自の意見を取り入れなければまったく面白くない情報になってしまいます。一次情報では独自意見が必要になりますが、これが一般的な統計データになると、さらに独自のフィルターを通した自分の意見が重要になるのです。

価値の高いメディアを作るからマーケティングに成功する

自社サイトやアフィリエイトブログを含め、ネットビジネスで成功することを考えるのであれば、一次情報の収集法を知ることが非常に重要です。

実際のところ、なぜ私がサイト運営で新規ジャンルに参入したとしても問題なく稼げるかというと、理由は一つしかありません。できるだけ一次情報(または二次情報)をかき集め、私でしか発信できない価値の高い情報ばかりを掲載しているからです。

一次情報というのは、図書館に行って本を読んだり、新聞を読んだりしても載っていません。実際にあなたが経験することで、ようやく価値の高い情報を掲載できるようになります。当然、ネット検索だけで記事を作るなど論外です。

一次情報の意味を理解すれば、部屋の中だけでネットビジネスが完結することなどあり得ません。私は積極的に外に出て取材し、インタビューすることもあります。そうして独自情報を集めているからこそ、ライバルサイトに簡単に勝てています。

今回の記事についても、私だけしか発信できない情報をたくさん詰め込みました。私が実践している戦略や実例を掲載しましたが、こうしたものが一次情報になります。同じように考えて、できるだけ一次情報や二次情報を収集し、価値の高いWebメディアを構築してみてください。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認