これからアフィリエイトのネットビジネスを始めるに当たり、WordPress(ワードプレス)を活用して開始しようと考える人は多いです。

ブログの運営を検討している場合、ほぼWordPressの一択になります。これがサイト運営だと他にも選択肢があるものの、ブログに限らずWebサイトについてもWordPressで作成できるようになっています。

そうしたとき、ネットビジネス初心者だと、どのようにWordPressを活用してブログ・サイト運営を開始すればいいのでしょうか。WordPressの場合、テーマの設定を含め始め方を理解しなければいけないことが多いです。

そこで「アフィリエイト初心者がWordPressを活用するときに理解するべきこと」について解説していきます。

WordPressがブログ・サイト運営で人気の理由

多くの人がWordPress(ワードプレス)を利用して、ブログやサイトの運営をしています。この理由として、自由度が非常に高いことが挙げられます。

  • 複数の人でサイトを一元管理する
  • プラグインをインストールして独自の設定をする
  • 無料で利用できる

例えば私の場合、以下のアフィリエイトサイトを運営しています。

私が管理者となり、現役看護師にライターとして頑張ってもらっています。このサイトはWordPressで作成していますが、ライターの看護師さんに「記事を投稿できる権限」を付与してWordPress上で記事作成をしてもらっています。

また、WordPressにはプラグインというものがあり、他人が開発したプログラムを入れることができます。例えば、以下のサイトマップはプラグインを活用しており、記事投稿すれば自動でサイトマップに記事が追加されるように仕組化されています。

重要なのは、これらの機能をすべて無料で活用できるという点です。WordPressはオープンソースという仕組みとなっており、ソースコードを無償で提供することでいろんな人が独自に開発できるようになっているのです。

使い勝手の良さと誰でも無料で利用できることから、ネットビジネスでブログやサイト運営を考えるとき、WordPressを利用する人が多いのです。

レンタルサーバーの契約が必須

それでは、WordPressを利用するためには何が必要なのでしょうか。大前提として、無料ブログなどではWordPressを活用できません。つまり、レンタルサーバーを借りる必要があります。

WordPress自体は無料で利用できます。ただ、レンタルサーバーなどその他の費用が発生すると考えましょう。

レンタルサーバーというのは、土地のようなものになります。「土地に家を建てていく」のと同じように、「レンタルサーバーという土地」を借りたうえでWordPressをインストールし、「ブログの中身という家」を構築していくのです。

このときアフィリエイターで最も支持されているおすすめのレンタルサーバーがエックスサーバーです。私も活用しているレンタルサーバーになります。

格安レンタルサーバーの中でも、「ページの表示速度が速い」「大容量のファイルを格納可能」などの特徴があります。

WordPressは利点が多いものの、サイトの引越しをするときは非常に面倒というデメリットがあります。そのためレンタルサーバーの移動は簡単ではなく、初心者にとって非常に複雑で難しいです。そこで、最初からレンタルサーバーの引越しが起こらないようにエックスサーバーを契約しましょう。

エックスサーバーの公式サイトへ

・Mixhostなど粗悪なレンタルサーバーは危険

参考までに、中にはレンタルサーバーでMixhostなどエックスサーバー以外を勧めている人もいます。ただ、これは絶対にやめましょう。理由は単純であり、サーバーが不安定なことがあるからです。その中でも、特にMixhostは粗悪なレンタルサーバーとして知られています。

過去、Mixhostは24時間以上のサーバーダウンを何度も起こしています。中には1週間以上、ダウンしていたこともあります。当然、その間はサイトにアクセスできないだけでなく、「他のレンタルサーバーに移動しようにも、本体にアクセスできないので引越しすらできない」という状況に陥りました。

「Mixhostがおすすめ!」と宣伝しているサイトはすべて、高額なアフィリエイト報酬目当てです。そのため、特別な理由がない限りはエックスサーバーを契約するようにしましょう。

独自ドメインを取得し、サーバーを紐づける

ただ、レンタルサーバー(サイトを表示させるための土地)を借りたとしても、そこに住所がなければアクセスできません。このとき、ブログやサイトにアクセスするための住所に当たるものとしてドメインがあります。

あなたのサイトだけのドメイン(独自ドメイン)を取得することで、ようやくアクセスできるようになります。例えば、当サイトは以下のような独自ドメインに設定しています。

独自ドメインはどこで取得しても大きな違いはありませんが、私の場合は「ムームードメイン」を使っています。単純に最も安いからです。

・レンタルサーバーと独自ドメインを紐づける

ただ、ネット上の住所として独自ドメインを取得したとしても、「この住所(独自ドメイン)はこの土地(レンタルサーバー)のものですよ!」と知らせなければいけません。つまり、両者を紐づける必要があります。

そこで、レンタルサーバーでは取得した独自ドメインを登録するようにしましょう。例えばエックスサーバーであれば、以下の画面からドメイン登録することになります。

これにより、レンタルサーバー側からの紐づけが可能になります。

そしてもう一つ、行わなければいけないのがドメイン側からの設定です。つまり、「レンタルサーバーからドメイン」「ドメインからレンタルサーバー」と双方での紐づけが必要だと考えるようにしましょう。

これについて、どのドメインでも「ネームサーバー」というものを設定します。例えばムームードメインであれば、以下の部分がこれに当たります。

例えば、ネームサーバーに以下の文字列を入力すれば「この独自ドメインではエックスサーバーの情報を反映させる」と認識してくれるようになります。

  • ネームサーバー1:ns1.xserver.jp
  • ネームサーバー2:ns2.xserver.jp
  • ネームサーバー3:ns3.xserver.jp
  • ネームサーバー4:ns4.xserver.jp
  • ネームサーバー5:ns5.xserver.jp

ここまでを行うことで、レンタルサーバーと独自ドメイン双方での設定が終わります。

WordPressをインストールする

それでは、アフィリエイトの始め方として次に何をすればいいのでしょうか。これについて、WordPressをインストールしてみましょう。

どのレンタルサーバーでも、WordPressを簡単にインストールするための仕組みが備わっています。例えばエックスサーバーであれば、以下のように「WordPress簡単インストール」のボタンがあります。

ここから、ブログやサイトの初心者であっても誰でも問題なくWordPressをインストールできるようになっています。

特化型ブログ・サイトは無料や有料のテーマ(テンプレート)が重要

なおWordPressの場合は、インストールしただけだと非常に見た目の悪い状態になっています。そこで、テーマ(テンプレート)を選ぶようにしましょう。テーマというのは、「WordPressの骨格を決めるもの」だと考えれば問題ありません。

どのテーマを選ぶのかによってブログやサイトの見た目が大きく変わるようになりますが、初期のテーマを利用してネットビジネスを開始している人はまずいません。このとき、以下のように非常に多くのテーマがあるため、好きなものを選ぶといいです。

実際のところ、どのテーマを利用しても問題ありません。ブログやサイトでのSEOは「どれだけ有益な記事を書けるか」であるため、テーマによって検索エンジンの順位に変動はないのです。

ただ、ネットビジネス初心者だと何のテーマを選べばいいのか迷ってしまいます。そうしたとき、以下から選択するといいです。

雑記ブログを考えている場合、無料テーマで問題ありません。いろんな内容の記事がごちゃまぜで入る場合、トップページなどは重要ではなく、ある程度の体裁さえ整えられていればいいからです。

一方で特化ブログ・サイトを運営する場合、見た目を含めて気を付けるようにしましょう。WordPressの機能自体は無料であるものの、有料テーマを私は利用してますが、これはアフィリエイトでの収益に関わるようになるからなのです。

また有料テーマだと機能も充実しているため、使いやすいというメリットがあります。ただ、テーマについてはいつでも自由に変更できるため、最初はひとまず無料テーマをインストールしておくだけでも問題ありません。

常時SSL化によってセキュリティを高める

なお、最後に常時SSL化をするようにしましょう。初心者だと「SSL化って何?」と思うかもしれませんが、いまでは必須の作業になります。稼いでいるアフィリエイターであれば、全員が常時SSL化を実施しています。

SSL化をしていると、サイトURLが「http://〇〇」ではなく、「https://〇〇」となります。当サイトについても、URLが以下のようになっていてSSL化を実施していることが分かります。

Web上のセキュリティを強化する方法が常時SSL化になります。全ページを暗号化することにより、例えば「第三者がWebサイト運営者になりすまし、読者の個人情報を抜き取る」などの事態を防ぐことにつながります。

どのようにすればSSL化を実施できるかというと、レンタルサーバーで設定できます。例えばエックスサーバーであれば、以下のようにログイン後に「SSL設定」の項目があります。ここで簡単にSSL化の設定が可能になります。

ただ、WordPress側についても「https」の「s」が付いた状態のドメインへアクセスできるようにしなければいけません。これについては、WordPressの管理画面にログインしたあと、設定の画面で調節するようにしましょう。

以下のように、WordPressの設定画面ではサイトURLを登録する場所があります。ここに「s」を追加し、「https」にして更新ボタンを押せば問題ありません。

常時SSL化は最初に行うと非常に効果的です。後で行うとなると、URLが変わるためにリダイレクト(ページを遷移させるための手法)をしなければいけないなど、非常に面倒な作業が発生するようになります。

ASPに登録し、広告を貼り付ける

こうしてWordPressのインストールが完了し、テーマ(テンプレート)を設定したら、実際に記事を書くだけになります。そうして記事を書き、アクセスが集まれば広告を貼るようになります。

ただ、実際のところアクセスが集まる前に「どのようなアフィリエイト広告があるのか」を理解することは重要です。そこで、WordPressによる特化ブログ・サイトを立ち上げたのであれば、同時にASPにも登録するようにしましょう。

ASPで広告を確認すれば、以下のようにどのようなアフィリエイト広告があるのか理解できるようになります。

ちなみに、このときは「ブログやサイトを既に保有していないと登録できないASP」と「特に保有サイトがなくても登録できるASP」の2つがあります。

ネットビジネス初心者だと、記事が何も入っていない状態となっている人が大多数です。そうしたとき、以下のA8.netはアフィリエイト広告の最大手であるものの、ブログなしで誰でも登録できるようになっています。

WordPressのインストールをすると共に、こうしたASPにも登録しましょう。アフィリエイト広告を確認することは、ブログやサイトで稼ぐために必須だといえます。

A8.netの公式サイトへ

設定は面倒だが、挫折するならアフィリエイトで稼げない

ここまでが「WordPressを活用してアフィリエイト初心者が何をすればいいのか」に関するザックリとした手順になります。

WordPressは高機能であり、自由度の高いブログ・サイトのテンプレートになります。ただ、その代わりとして「設定が面倒」というデメリットがあります。慣れればまったく問題ないものの、慣れるまでが非常に大変なのです。

ただ、設定の部分で挫折するようならアフィリエイトで稼ぐ資格はありません。最初の設定というのは、ネットビジネスで稼ぐために全員が通る道だからです。

それよりも、アフィリエイトでは実際に運営を始めた後のほうが大変です。毎日、記事を更新するためにネタを考え、キーワードを練り、記事内容を作っていかなければいけません。楽な作業ではないため、多くの人がここで消えていきます。

また実際に記事更新していっても、自己流だと高確率でアクセスが集まらないことも初心者だと頻繁に起こります。要は、努力の方向性を間違えるのです。

そう考えると、WordPressの設定方法についてはいろんな人がネット上で既に解説していますし、解決方法は公開されています。そのため、調べればすぐに問題解決できるはずです。もちろん面倒ですし最初は大変ですが、WordPressの設定については頑張って行うようにしましょう。

アフィリエイト初心者の始め方や手順を理解する

ここまで、「どのようにしてWordPress活用でアフィリエイトを開始すればいいのか」について確認してきました。

WordPressを利用するには、以下の手順となります。

  1. レンタルサーバーと独自ドメインを取得し、双方を紐づける
  2. WordPressをインストールし、テーマを決める
  3. SSL化などその他の設定を行い、ASPに登録する

WordPress自体は無料であるものの、実際にはその他の費用がかかります。ただ、小学生のお小遣い程度で開始できるため、これについては特に大きな問題にならないはずです。

ここまでのことを理解して、まずはブログ・サイトの開設してみて運営を始めてみましょう。そうして、アフィリエイトで稼ぐための一歩を踏み出すといいです。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内

Twitterでビジネス情報を確認