アフィリエイトをするとき、どのような商品やサービスを紹介すればいいのか迷ってしまいます。世の中には非常に多くの商品があるため、適切に選ばなければいけません。

ジャンルごとに売れる商品が存在します。このとき、適当にあなたのサイトやブログで売る商品を選んではダメです。正しい商品選定方法が存在するため、それに沿って稼げる商品を選択し、サイト・ブログで紹介しなければいけません。

それでは、どのようにして商品選びを行えばいいのでしょうか。さまざまな方法はありますが、答えをいうとライバルサイトの調査を行うのが唯一の正解になります。

そこで、ライバルサイトの調査によってどのようにネットビジネスでの売れる商品を選択し、紹介すればいいのかについて解説していきます。

アフィリエイトは物やサービスを売るのが基本

まず、アフィリエイトは大きく2つあります。一つは物販アフィリエイトです。そしてもう一つが情報商材アフィリエイトです。情報商材アフィリエイトは詐欺に加担するねずみ講なので、ここでは物販アフィリエイトに限定して話を進めていきます。

物販アフィリエイトでは、あなたのサイトやブログで商品を紹介していくことになります。例えば、以下のようなものです。

  • 育毛剤
  • 化粧品
  • サプリメント、健康食品
  • ペット商品

また、これらは形のあるものですが、無形のサービスも存在します。形のないサービスとしては、以下のようなものがあります。

  • 株・FXの口座開設
  • 転職サービス
  • レンタルサーバー

物販アフィリエイトでは、こうした無形のサービスも含めます。つまり、情報商材以外の「商品やサービスを販売者の代わりに売ること」が物販アフィリエイトになります。いわゆるサイトアフィリエイト・ブログアフィリエイトになるわけですが、このときに売る商品が重要になります。

楽天やAmazonのアフィリエイトを選択しない

物販アフィリエイトには、さらに「楽天アフィリエイト、Amazonアソシエイト(アフィリエイト)」と「ASPを活用したアフィリエイト」の2つに分けられます。このうち、楽天やAmazonのアフィリエイトを選択した時点でほぼ稼げなくなります。

もちろん、多少の収益は上がります。ただ、労力のわりに稼げません。

例えばAmazonアソシエイトの報酬は3%ほどです(書籍を売った場合)。仮に100万円をあなたのサイトやブログ経由で売った場合、報酬はわずか3万円にしかなりません。また、楽天アフィリエイトでも同じような感じになります。

一方でASP(物販アフィリエイトの広告をもつ会社)であれば、より大きな収益額になります。例えば、以下は女性用の育毛剤ですが一本の成約があるごとに最初から7,000円の報酬が約束されています。

実際の商品価格は初回2,980円(次回以降は月6,226円)です。つまり、売った商品よりも高い金額の報酬が支払われるようになります。育毛剤は定期販売によって毎月リピートしてくれるため、販売価格よりも高額な報酬支払でも問題ないのです。

つまり、仮に100万円の商品を売ったら、100万円以上の報酬になります。同じ100万円を売ったとき、わずか3万円ほどの収益にしかならないビジネスよりも、100万円以上の報酬を得られるビジネスを選択しなければいけません。

楽天アフィリエイトやAmazonアソシエイトを選択する時点で、参入ジャンルを間違えているといえます。

ASPの商品一覧やランキングでは売れ筋が不明

そのため、物販アフィリエイトをする大前提として「楽天やAmazonのアフィリエイトは無視して、ASPを活用したアフィリエイト」を実践するようにしましょう。

ASPとしては、A8,netやアクセストレード、バリューコマース、afb(アフィB)などが有名です。ただ、ここで商品を検索したとしても、ヒットする商品が多くてどの商品が適切なのか分かりません。例えば、以下はA8,netで「青汁」と検索したときの商品一覧になります。

今回の場合、青汁で商品を調べると案件が123件ヒットしました。たしかに選べる商品は非常に多いです。ただ、これだけ多くの商品一覧が出ても、どの案件が適切なのか不明です。

また、こうしたASPでは特集やおすすめランキングを掲載していることがあります。以下のような感じです。

しかし、これらのランキングは特定の商品に特化しているわけではありません。ランキングを見て分かる通り、「1位:妊娠線クリーム」「2位:イボのケア」「3位:シャンプー」「4位:黒ずみ」と商品ジャンルがバラバラです。

売れるサイトやブログは特定分野に特化している必要があります。そのため、こうしたランキングは参考になりません。

これは、商品特集についても同様です。報酬が非常に低く、「その商品をサイト上で紹介して売れても儲からない」という製品が平気で特集されています。これは、広告主(商品をもっている企業)が広告費としてASPにお金を出して、特集を組んでもらうように頼んでいるからという理由があります。その商品が本当の意味で売れ筋かどうかは関係ありません。

こうした事情があるため、商品選定をするときにASPをいくら探しても売れ筋の商材を見つけることはできません。

それでは、どこに着目すればいいのかというと、ライバルサイトになります。ライバルサイトを見れば、売れる案件が明確に分かるようになります。

売れるネットビジネス商材はライバルサイトから分かる

具体的にどのように考えて、ライバルサイトを調査すればいいのでしょうか。これについては、あなたが構築している「商材名 + ランキング」で検索しましょう。そうすれば、ライバルサイトがたくさん出てきます。

例えば腰痛サイトならグルコサミンを売ることになります。そこで、「グルコサミン ランキング」と入力します。また、看護師の転職サイトであれば、「看護師 転職 ランキング」と入力するようにしましょう。

例えば、以下はある看護師の転職サイトですが、1位にマイナビ看護師をもってきていることがわかります。

アフィリエイトの場合、ランキング形式で3~5位まで商品を紹介するのが一般的です。そこで、ライバルサイトでどのような商材が置かれているのかチェックするのです。

そうすると、あることに気が付きます。それは、「どのサイトも載せている商品・サービスがほとんど同じ」という事実です。

なぜ、こうした現象が起こるのでしょうか。それは、アフィリエイトで何か商材やサービスを紹介するとき、売れる商品はだいたい決まっているからです。「この案件が儲かる」というのがあるため、基本的にはそれを紹介しなければいけません。

これを無視して「自分は他の特徴のある商材をサイトやブログで売る!」と考えてもいいですが、ほぼ確実に失敗します。売れない商品というのは、いくら頑張っても売れないからです。ライバルサイトを見れば、現実に売れる商品が分かります。それなら、同じ商品を取り扱うべきだといえます。

将来の特別単価を見る

ただ、ライバルサイトを見て売るべき案件を調査していると、「あまり報酬単価がよくない商品」が存在することに気が付きます。なぜか、商品を売ったときの報酬額が低いのです。

しかし、これについてはそこまで気にする必要はありません。アフィリエイトでは、特別単価というものが存在するからです。通称、特単と呼ばれています。あなたのサイト・ブログでたくさん商品を売るようになると、特別単価として報酬額をアップさせてもらうことができるのです。

では、具体的にどれくらい特別単価が出るのでしょうか。以下は、実際にASPからもらった資料になります。機密情報なので、さすがにどの案件かは教えられません。ある健康系のサプリメントの商材だということはお伝えします。

これをみると、デフォルトの成果単価に比べて、特別単価では2倍以上の報酬になっていることが分かります。

特別単価をもらうのは難しくなく、意外と簡単に出ます。月5~10件くらい獲得が出始めたら、ASPの担当者に特別単価が出ないか聞いてみるといいです。そうすると、最初の報酬単価が悪かったとしても、特別単価が提示されることによって非常に優れた案件になるのです。

なぜ、最初の報酬条件が悪いにも関わらず、ライバルサイトはその案件を頑張って紹介しているのかというと、特別単価の条件が良いからです。

特別単価では、最初の提示報酬額よりも2~3倍に膨れ上がるのは普通です。そのため、ASPの管理画面でヒットする最初の報酬額は無視して、あくまでもライバルサイトの多くに掲載されている商品をあなたも紹介するようにしましょう。それが、売れ筋の商材になるからです。

ランディングページ(LP)がダメだと売れない

ここで重要なのは、商品選定のときはあくまでも「ライバルサイトだけを参考にする」ことです。その他の要素はすべて除外するようにしてください。

よくある失敗として、ASPで検索してヒットした商品の中で「最初の報酬条件が良い商品を選ぶ」ことがあります。ただ、これはやめるようにしましょう。理由は単純であり、その商品のランディングページ(LP)が微妙であるため、商品が売れないことがよくあるからです。

商品を売るとき、1枚のペラページに飛ばすことになります。なぜ、1枚のページなのかというと、単純にその形にした方が商品が売れるからです。このときの1枚のページ(商品を売るためのページ)をランディングページといいます。

このとき、「商品の報酬単価は高いものの、ランディングページがまったくダメ」な商材が腐るほど存在します。最初の報酬単価に惹かれて、そうした商品を選んでしまうとまったく商材が売れないという事態に陥ります。

こうした失敗を避けるためにも、やはりライバルサイトの商品ランキングページから、売れ筋商品を確認するようにしましょう。そうすれば、確実に売れる商材がどれなのか把握できるようになります。

選び方の基本は「別の角度の商品選定になる」かどうか

なお、このとき商品の紹介方法をミスしてしまう人が非常にたくさんいます。複数の売れ筋商品を調査して紹介するのはいいのですが、どの商品も同じような紹介方法になってしまうのです。

物販アフィリエイトでは、やり方を間違えると当然ながら商品が売れなくなります。適切な紹介方法でなければいけません。

このときの選び方としては、「同じ種類の商材ではあっても、性質の違うもの」を選択するのが正しいです。つまり、別の角度から紹介できる商品やサービスを選ばなければいけません。

例えば、敏感肌サイトを運営しているため、敏感肌化粧品を売るアフィリエイトをするとします。このとき、多くの人は以下のようにサービスを選んで紹介します。

  1. 化粧品A:とにかくおすすめ。まずはこれを買おう
  2. 化粧品B:ここもわりといい化粧品
  3. 化粧品C:それなりにいい有効成分が配合されている化粧品

しかし、これでは商品は売れません。それぞれのサービスの差別化が成されていないため、結局のところどれを購入すればいいのか分かりません。

そこで、明らかに特徴の異なる化粧品を選ぶようにしましょう。例えば、以下のようになります。

  1. 化粧品A:値段は高いが保湿成分が優れており、私にとって最も合っていた
  2. 化粧品B:敏感肌に加え、アンチエイジングにも優れている。年齢肌の人に最適
  3. 化粧品C:価格は非常に安いが、有効成分の濃度は高めでコスパに優れる

このように、別角度から商材を紹介していくのです。似た商品に意味はありません。ライバルサイトから売れる案件を調査するにしても、それぞれ紹介する商材やサービスが異なる特徴を有するように意識しましょう。

ASPに聞く探し方はおすすめしない

なお、商品の探し方としては、他にも「ASPの担当者に聞く」という方法もあります。ASPを運営している会社は非常に多くの案件を取り扱っており、どの商品が売れるのか分かっているため、「ASPの担当者に聞く」という商品の選び方が最も理にかなっているというものです。

一見すると、確かにそのとおりかもしれません。ただ、実際に物販アフィリエイトを行っている身からすると、ASP担当者に聞くという商材の探し方はあまりおすすめしません。

理由は単純であり、商品が偏るからです。

売れる案件とはいっても、同じASPに全てが存在するとは限りません。例えば、A8.net(ASPの一つ)の中でも「商品Aは取り扱いはあるが、商品Bは存在しない。ただ、他のASPであれば商品Bを取り扱っている」ということが頻繁にあるのです。

このとき、ASPの担当者に聞くという探し方であると、そのASPが取り扱っている売れ筋商品しか紹介してくれません。自社の取り扱いのある商品でなければASPの売上につながらないため、これはある意味当然のことだといえます。

ただサイト運営者からすると、「本当の意味で稼げる商品を紹介する」のが正しいやり方になります。商品の偏りを防ぐためにも、ASPから聞くという探し方ではなく、あくまでもライバルサイトの調査を基準にしましょう。

なお、アフィリエイト初心者であるとASP担当者とのコネがないため、そもそもどの商品がいいのかASPに聞けないという問題点もあります。

稀に良い案件をASPから提案されることがある

ちなみに、物販アフィリエイトを継続して頑張っていき、ある程度の成果が出るようになるとASPの担当者が付くことになります。最初は必ずライバル調査を元にした商品掲載を行う必要があるものの、稀にASPの担当者から非常に良い条件を提示されることがあります。

ASPでは新規商品が毎月入ってくることになりますが、このときにASP担当者から「この商品を掲載してみませんか?」と打診されるのです。例えば、以下のような感じです。

こうした案件の場合、基本的に最初から良い条件で提携できます。つまり、始めから特別単価をもらえるのです。また、よりたくさん商品を売ればさらなる特単を期待することもできます。

正直なところ、ASPの担当者から紹介される案件であまり刺さるものはありません。ただ、稀に良い案件の紹介があります。そうしたときについては、あなたのサイトやブログで紹介するメイン商品を取り換えても問題ありません。

商品選定のやり方はライバルサイトの調査から

ここまで、どのようにして商品選定をすればいいのかについてのやり方を解説してきました。物販アフィリエイトでは、稼げない方法の代表例として楽天やAmazonのアフィリエイトがあります。間違っても、これには手を出さないようにしましょう。

そこで、ASP(A8.netなど)を活用した一般的な物販アフィリエイトを行うといいです。ASPから商品を選ぶ方が圧倒的に儲かります。

しかし残念ながら、いくらASPの管理画面を見て商品を探したとしても、売れる商品を見つけ出すことはできません。商品一覧やランキングを確認しても、参考にならないのです。またASPの担当者に聞いたとしても、商品が偏ってしまうので微妙です。

そこで、ライバルサイトをチェックしてください。物販アフィリエイトでは、特定ジャンルに特化したサイトやブログを構築することになります。このとき、「商品名 + ランキング」で検索すれば同じジャンルのライバルサイトがいくらでも出てきます。

ライバルのサイト・ブログを見れば、何が売れる案件なのか確実に分かるようになります。商品の選び方としては、最初はライバルサイトの調査だけで問題ありません。こうした商品選定方法を理解したうえで、売れる商品を探し当てるようにしましょう。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認