これからアフィリエイトを始めるとき、いくつかの方法があります。ただ、このときアフィリエイトの方法を間違えてしまうと、いくら頑張ってもまったく稼げない状態に陥ってしまいます。

そうしたことを考えたとき、ネットビジネスの中でもメインとなるものの一つに楽天アフィリエイトやAmazonアソシエイトがあります。楽天やAmazonは非常に有名であり、手ごろそうなので多くの人が始めようと考えます。

しかし、ネットビジネスとして稼ぐことを目的にサイトやブログの運営をするのであれば、残念ながら楽天やAmazonを活用したアフィリエイトは儲かりません。報酬率が非常に低いからです。

それでは、具体的にどのように楽天アフィリエイトやAmazonアソシエイトは稼げないのでしょうか。また、どのようなビジネスであればいいのでしょうか。ここでは、楽天アフィリエイトやAmazonアソシエイトの特徴について解説していきます。

楽天やAmazonのアフィリエイト報酬は低い

あなたがサイトやブログを運営することでアクセスを集め、商品を紹介するとします。もし、あなたのサイト経由で商品購入があった場合、アフィリエイト報酬としてあなたにお金が支払われるようになります。

このとき、楽天のアフィリエイトプログラムを活用する場合、楽天アフィリエイトと呼ばれます。また、Amazonで商品を紹介するのであれば、Amazonアソシエイトというアフィリエイトプログラム名になります。

しかし、楽天やAmazonのアフィリエイトには致命的な欠点があります。それは、恐ろしく報酬率が低いということです。以下では、Amazonアソシエイトの報酬率を記します。

紹介料率 商品カテゴリー
10% Amazonビデオレンタル・購入)Amazonコイ
8% Kindleデバイス、Kindle本、Fireデバイス、Fire TV、デジタルミュージックダウンロード、Androidアプリ、 食品&飲料、お酒、服、ファッション小物、ジュエリー、シューズ、バッグ、Amazonパントリー対象商品
5% ドラッグストア・ビューティー用品、コスメ、ペット用
4% DIY用品、産業・研究開発用品、ベビー・マタニティ用品、スポーツ&アウトドア用品、ギフト
3% 本、文房具/オフィス用品、おもちゃ、ホビー、キッチン用品/食器、インテリア/家具/寝具、生活雑貨、手芸/画材
2% CD、DVD、ブルーレイ、ゲーム/PCソフト(含ダウンロード)、カメラ、PC、 家電(含 キッチン家電、生活家電、理美容家電など)、カー用品・バイク用品、腕時計、楽器
0.5% フィギュ
0% ビデオ、Amazon Dash ButtonAmazonフレッシュ

商品によって報酬率は異なりますが、基本的に商品紹介による報酬率は2~4%だと考えてください。楽天アフィリエイトも似た感じなので、報酬率はほぼ同じということで話を進めていきます。

このとき、あなたのサイト経由で100万円分の商品を売った場合、仮に報酬率3%だとすると3万円の収益になります。実際に行えば分かりますが、100万円も商品を売るのは非常に大変です。それにも関わらず、わずか3万円の収益しか手にすることができないのです。

参考までに、以下は私がある月にAmazonアソシエイトで販売した金額と実際の収益額になります。

「発送済み商品売上」が売った商品の合計金額ですが、542,321円となっています。つまり、私のサイト経由でこれだけの商品を販売しました。

一方で紹介料合計がアフィリエイト報酬になりますが、17,319円です。つまり、約54万円の商品を売って17,000円ほどのアフィリエイト報酬になったわけです。報酬率は約3%です。

私は楽天やAmazonのアフィリエイトをメインとして位置付けていません。ただ、私は書籍を執筆して出版していることから、自分の本を紹介するときだけAmazonアソシエイトを活用しています。つまり自分の本を当サイトなどでアフィリエイトしているわけですが、そのときの報酬額になります。

こうした実際の画面からも、楽天やAmazonの報酬率は圧倒的に低いことが分かると思います。

ネットビジネスではASPを使ったやり方が儲かる

もちろん世の中には、楽天やAmazonのアフィリエイトを利用して稼いでいる人がいるのは事実です。ただ、残念ながら非常に効率の悪いことをしているといえます。アフィリエイトの中でも、ASPを活用したアフィリエイトを実践すれば、それだけで報酬が50倍以上に簡単に膨れ上がるからです。

ASPとは、企業の広告をたくさん抱えている会社だと考えてください。サイトやブログを持っている人であれば、誰でもASPに登録することができます。ASPにはいろんな会社があり、A8.netやアクセストレード、afb(アフィB)、バリューコマースなどが有名です。

このとき、ASPを活用した一般的なアフィリエイトであれば、「売った金額の何倍もの報酬を与えてくれるのは当たり前」となります。

例えば、以下はA8.netの管理画面になりますが、女性用育毛剤の案件になります。

商品を一本売るごとに7,000円の報酬になっています。商品価格は6.226円(初回は2,980円)ですが、販売価格よりも報酬額の方が高いのです。また、育毛剤を月に一定個数売り上げると、特別単価というものが与えられて、一本売るごとに1万円以上のアフィリエイト報酬になるのは普通です。

なぜ、このようになるのかというと、サプリメントや健康商品、化粧品などは毎月消耗していくものなのでリピートされるからです。リピートまで考えると、販売価格よりも高い報酬額を設定して問題ないのです。

そのため、たくさん商品を売って100万円ほどの販売額になれば、特別単価まで考えると150~200万円ほどの報酬になります。一方で楽天やAmazonのアフィリエイトだと、100万円を売っても収益はわずか3万円ほどです。楽天アフィリエイトやAmazonアソシエイトを選択しないだけで、報酬が50倍以上になるのは、ウソではなくむしろ当然のことだと分かります。

また、他にも転職サービスであれば、一人登録してもらうごとに7,000円以上の報酬になります。会費無料のクレジットカードであっても、一つ発券してもらうと4,000円ほどの報酬になります。無料のサービスにも関わらず、これだけの高い報酬になるのです。

こうしたことから、アフィリエイトで楽天やAmazonを選択する意味はないといえます。労力のわりに稼げないからです。

公式サイト経由での申し込みは多い

そのため、大前提として楽天アフィリエイトやAmazonアソシエイトは無視するようにしてください。月1万円ほどの収益でもいいのであればまったく問題ありませんが、ビジネスとして本気で稼ぐことを考える場合、楽天やAmazonを選択している時点でアフィリエイトの参入ジャンルをミスしているといえます。

ただ、こういうことを述べると「自分は楽天やAmazonからしかネットで購入しない。それなら、やはり楽天やAmazonのアフィリエイトでないとダメなのでは?」と考える人がいます。

しかし、本当にそうでしょうか。あなたが商品を購入するとき、楽天やAmazonからだけでしょうか。

世の中に存在する商品やサービスの中で楽天やAmazonに存在しないものは非常に多いです。例えば、クレジットカードはどうでしょうか。Amazon経由でクレジットカードに申し込む人など、ほとんどいません。

他には、転職サービスはどうでしょうか。楽天やAmazonからは、転職エージェントへの申し込みはできません。

そうした視点で考えてみると、保険やレンタルサーバー、引越し、結婚相談所、恋愛アプリ、キャッシング、株など、あなたが意識していないだけで「楽天やAmazon以外の公式サイトから申し込んでいるサービスは腐るほどある」ことに気付きます。

インターネット利用での購入方法というのは、楽天やAmazonだけが選択肢ではありません。その他のサービスの購入方法も、上記の公式サイト経由など多岐にわたって展開されています。

こうした「公式サイト経由から申し込まれる商品」を取り扱うようにすれば、当然のようにあなたのサイト・ブログから商品が売れていくようになります。そもそも楽天やAmazonには、該当する商品・サービスが存在しないため、楽天やAmazonから申し込まれることはあり得ないのです。

楽天やAmazonに存在しない商品を売るべき

そのため、大前提として楽天やAmazonなどで気軽に購入できる商品については、アフィリエイトに向いていません。そうしたもの以外の商品・サービスを取り扱う必要があります。

アフィリエイトでは、儲かる分野が決まっています。以下の通りです。

・金融

キャッシング、ローン、クレジットカード、保険など

・投資

株、FXなど

・転職

薬剤師、看護師、SE(システムエンジニア)、保育士、第二新卒、女性など

・恋愛

結婚相談所、出会い系、婚活アプリなど

・健康

サプリメント・健康食品(便秘、肩こり、アトピー、青汁など)、ウォーターサーバーなど

・美容

脱毛、エステ、ニキビ、化粧品、バストアップ、薄毛・白髪染め、体臭、シャンプー、美容整形など

・機器

レンタルサーバー、インターネット回線、格安SIMなど

・その他

一括見積もり系(引越し、中古車・バイク査定)、不動産、リユース(買取)、英語、資格・通信講座、探偵など

ここに提示した分野でほとんど共通しているのが、「楽天やAmazonでの取り扱いがない」という事実です。逆にいえば、楽天やAmazonで平気に売られているものについてはサイトやブログのテーマにしてはいけないことがわかります。

健康食品や化粧品があなたのサイトから売れる理由

ただ、それでも反論があると思います。それは、「健康食品・サプリメントや化粧品などであれば、楽天やAmazonでも購入することができるのは」という疑問です。

これについては、確かに楽天やAmazonでも取り扱いがあります。しかしそれでも、あなたのサイトから商品が購入されます。理由は単純であり、あなたからの方が安い値段になるからです。楽天やAmazonでは基本、単発での商品購入になります。一方でアフィリエイトの場合、定期購入が基本なので全体的な価格を安く設定しているのです。

例えば、以下はベルタ葉酸サプリという商品のAmazonでの値段になります。一本が4,780円となっています。

一方で、あなたのアフィリエイトリンク経由で公式サイトに飛ばした場合、以下のように定期購入だと一つ3,980円になります。一本につき1,000円以上も安いです。

アフィリエイト初心者であると、「商品を紹介したとしても結局は楽天やAmazonへ行って購入されるのではないか」と考えてしまいます。ただ、実際は逆です。楽天やAmazonを見た結果、あなたのサイトから購入するようになります。

もちろん、多少は高くてもいいので単発で購入したい人は離脱します。ただ、そうではなく定期購入を含め本気で商品の利用を考えている人の場合、確実にあなたのアフィリエイトリンク経由で商品購入に至るようになります。

また、商品によっては楽天やAmazonでの取り扱いのない健康食品・サプリメント、化粧品も存在します。そうした商品の場合、さらにあなたのサイトから商品が売れるようになります。

雑記ブログなら楽天やAmazonの両方を利用する

このような事実を認識したとき、いまから楽天やAmazonでアフィリエイトをする意味はゼロであることが分かります。

ただ、例外的に楽天やAmazonのアフィリエイトをしても問題ない人がいます。それは、雑記ブロガーです。特にサイトやブログのテーマなどを考えず、あらゆるジャンルの記事を詰め込んだブログが雑記ブログになります。

アフィリエイトで稼げるのは、特定分野に特化させたサイトやブログになります。雑記ブログはまったく稼げません。いろんな記事がごちゃ混ぜで入っているため、伝えたいことがブレて商品がほぼ売れないからです。

要は、「サイトで売りたいもの」が定まっていないのです。

そこで雑記ブログの場合、ASPに掲載されてあるアフィリエイト商品が売れないため、仕方なく以下の収益源を考えるようにします。

  • Googleアドセンス
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazonアソシエイト

これらをすべて活用します。楽天とAmazonの両方を利用するだけでなく、Googleアドセンスも活用するのです。Googleアドセンスはクリック型の広告であり、あなたのサイトからアドセンス広告がクリックされるごとに20~50円ほどの収益になります。

これに加えて、楽天とAmazonの両方を利用します。例えば時計の記事を書く場合、Amazonに掲載されている時計商品を紹介します。また、オレンジに関する記事を書くのであれば、楽天に掲載されているオレンジ農家の広告を掲載するようにします。

雑記ブログの場合、サイト全体で商品を売るのではなく、その記事だけで商品を売ることになります。そうした場合、儲かる額は非常に低いものの、楽天とAmazonのアフィリエイトプログラムが役立つようになるのです。

サイトの方向性がズレると稼げなくなる

なお、ここからいえるのは「サイト・ブログの方向性やテーマが少しでもズレてしまうと稼げなくなる」ことです。

例えば、似たサイトテーマであっても以下のようになります。

  • 格安SIMを売るサイト:非常に儲かる
  • 格安スマホを売るサイト:儲からない

格安SIMは楽天やAmazonで購入することなく、公式サイトから申し込むのが普通です。また、月額課金(定期販売モデル)の商品サービスであるため、報酬も高単価です。そのため、格安SIMサイトは非常に儲かります。

一方で格安スマホの場合、一度売って終わりです。リピートはありません。また、Amazonなどで安く売られています。そのため報酬率は非常に低く、コストパフォーマンスが悪いです。似たサイトであっても、取り扱うジャンルを間違えるとこのように稼げなくなるのです。

手を出すべきではないジャンルが存在する

ネットビジネスでアフィリエイトを考えるとき、絶対に手を出してはいけないジャンルが存在します。その一つが楽天アフィリエイトやAmazonアソシエイトです。

特にアフィリエイト初心者であると、「楽天とAmazonはどっちがいいのだろうか。両方の案件を取り扱った方がいいのか」など、いろいろ考えるようになります。ただ、結論を言うと「これらのテーマを扱ってはいけない」のが正解です。

この記事では具体的な数値を挙げただけでなく、私の実体験も含めて検証してきました。そうしたことから言えるのは、楽天やAmazonを手掛けた時点で稼げないサイトやブログになるという事実です。

もちろん、「多大なる労力をかけたうえで、ちょっとしか稼げなくても問題ない」というスタンスなのであれば問題ありません。しかし、そうでないのであれば楽天やAmazonは無視して、ASPを活用した一般的なサイトアフィリエイト(ブログアフィリエイト)を行うべきだといえます。

ネットビジネスではいくつもの罠があります。そのため、適切なやり方で行わなければいけません。その一つが楽天アフィリエイトやAmazonアソシエイトの無視です。ビジネスで儲かるようにしたいのであれば、正しい手法を実践するようにしましょう。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認