ネットビジネスを始めるとき、必須となるものとしてサイトやブログがあります。これらの媒体無しでネットビジネスを開始してもいいですが、多くのケースで集客に失敗することになります。そこで、まずはサイトやブログを作ることを考えなければいけません。

ただ、サイト・ブログを作成するとなると、必ず記事をその中に入れなければいけません。そうしたとき、1記事の文字数はどれくらいが適切なのでしょうか。

文字数は多ければいいわけではありません。ただ、文字数が少なすぎるのも問題です。適切な文字数で1記事を作成する必要があります。

そこで、どのように考えて記事作成をしていけばいいのかについて解説していきます。

文字数に決まりはないが3000字以上は当然

まず、1記事を書くときに文字数の決まりは特にありません。何文字であっても問題ありません。実際、2015年以前の昔は1,000文字や1,500文字くらいの文字数の記事であっても問題なく検索エンジンで上位表示され、SEO(検索エンジン対策)に有効でした。

当ビジネスサイトについても、かなり昔に作成した記事については1,500~2,000文字くらいの記事が残っています。これは、当時はそれでも問題なかったからです。

しかし、現在ではどうなっているのかというと、薄い内容の記事ではまったくSEOで評価されなくなっています。つまり、500文字や1,000文字程度で終わる記事などあり得ないのです。500文字程度の記事をどれだけ量産したところで、無駄に記事数だけ多くなって意味はありません。

そのため、1記事1テーマで考えて「そのテーマの内容であれば1記事の中にすべてを詰め込む」ことを考えて、記事を作成するようにしましょう。やみくもに記事数を増やすことに意味はなく、有益な1記事をできるだけ増やす必要があります。

そしてこのとき、1テーマですべての事柄を詰めようとすると、当然ながら500文字や1,000文字などで1記事が終わることはありえないはずです。必ず3,000文字以上にはなります。

無駄な内容を避け、端的に伝える方がいい

ただ、このとき大きく勘違いをする人がいます。それは、「文章を長くさえすればいい」という考え方です。しかし、これでは結果としてゴミ記事となります。

文章というのは、長ければいいわけではありません。できるだけ短い言葉で伝える方がいいです。無駄に長くて冗長な記事に意味はなく、短い内容で端的に伝える方が圧倒的に優れた文章になります。そして実際のところ、そうした文章の方がSEOで評価されます。

「ある程度の長い文章でなければいけないにも関わらず、端的に記す方がいい」とは、いったいどういうことなのでしょうか。何だか、矛盾したことを言っているような気がします。

しかし、よく考えればそのようなことはありません。無駄なことを省きながら必要なことを伝えるにしても、具体例やあなた独自の体験を入れるとすると、自然と文章が長めになってくるのです。

具体例を入れた文章が優れている

サイトやブログを作るとき、多くの人は残念ながらゴミ記事を完成させます。なぜ、ゴミ記事になるのかというと、要は事実だけしか述べていないからです。教科書的なまとめ記事になってしまうのです。

あなたは教科書を読んでもまったく面白くないと思います。これと同じように、教科書的な内容の記事はまったく読者に刺さらないのです。

例えば、以下のような文章があったとします。

引越しでは何社もの見積もりを取るのが最適です。そうすると、引越し価格を安くできます。

これを読んだとき、どのように感じるでしょうか。事実だけを述べているため、「ふーん」くらいとしか思わないでしょう。

そこで、事実を述べた後に具体例や独自の体験を述べます。すると、以下のようになります。

引越しでは何社もの見積もりを取るのが最適です。そうすると、引越し価格を安くできます。

例えば、私が以前に家族の引越しをしたとき、2社の見積もりを取りました。そのときは繁忙期なので高額でしたが、それでも2社を比較することにより25,000円ほど料金が安くなりました。

こうすると、少しだけ具体的になりました。しかし、まだ不十分です。文章だけ述べても、読者は「本当に料金が安くなるのか分からない。また、値段が安くなるのはサイト運営者が妄想で言っているのではないか」と考えます。要は、信用していないのです。

そこで、できるだけ具体的に述べていきます。そうなると以下のようになります。

引越しでは何社もの見積もりを取るのが最適です。そうすると、引越し価格を安くできます。

例えば、私が以前に家族の引越しをしたとき、2社の見積もりを取りました。そのとき一方は272,063円でしたが、もう一方の引越し業者では248,400円でした。その結果、25,000円ほど安くなりました。

私が最終的に依頼したのはサカイ引越センターですが、このときは丁寧に梱包作業を行ってくれました。以下の通りです。

大手業者であっても、見積価格を比較することで問題なく引越し価格を下げることができます。

この場合、「引越し業者を比較して利用すれば、値段が安くなる」という事実に対して、具体例や体験談を含めて解説していきました。このように、写真や体験談、友人からの情報を含めた一次情報(あなたが実際に見たり聞いたりした情報)をできるだけ詰め込んでいくようにするのです。そうすれば、優れた濃い記事になります。

このようにして、一つのテーマをできるだけ掘り下げていきます。そのようにして事例を述べていくことを意識すると、「できるだけ端的に記事を書くのは当然のこととして、結果として必然的に文字量が多くなった」というのが正解になります。

一人のペルソナを設定し、その人に向けた記事にする

そしてライティングのとき、一人の人間を設定するようにしましょう。このときに設定する一人の人間をペルソナといいます。ペルソナに向けて、情報発信していくのです。

記事を書くとき、特にネットビジネスではキーワードを確認します。キーワードとは、以下のような「検索エンジンで単語を入力したときにできてくる提案キーワード」となります。このときのキーワードを専門用語でサジェストといいます。

例えば、以下は「カナダ留学」の文字を入力したときのキーワードになります。

これらのキーワード群を抜き出して記事作成を行います。キーワードを抜き出した後は、そのキーワードが一人のペルソナになるように並び替えるようにしましょう(参考になるページ:Webサイト設計図や構成を考え、SEOで上位表示される手順)。

例えば、以下のようなキーワードがあると仮定します。

  • 葉酸 無脳症
  • 妊婦 葉酸 無脳症
  • 妊娠 無脳症 葉酸
  • 無脳症 原因 葉酸

これらのキーワードについては、対象を「葉酸サプリメントを服用することで無脳症という病気を予防したい人」という一人の人間に絞ることができます。その人が検索する単語として「妊婦 葉酸 無脳症」「無脳症 原因 葉酸」などの違いはあるものの、無脳症について知りたいペルソナであることには変わりがありません。

その後、葉酸サプリで無脳症の予防法を知りたい人が欲している情報は何かを考え、そうした内容を記事の中にすべて詰め込んでいきます。

このときの文字数は5,000文字かもしれませんし、6,000文字かもしれません。実際にライティングしてみなければ、いくらくらいの文字量になるのかは不明です。ただ、いずれにしても3,000字以上になるのは当然ですし、より多くの文字量になっていきます。

必要なこと以外は書かない

ただ、記事を書くときに多くの人が侵すミスとして、「ペルソナが欲している情報とは関係ない他のことまで述べてしまう」ことがあげられます。しかしこれを行うと、読者がすぐに離脱していくだけでなく、SEOでも評価されなくなります。

例えば、先ほどの「葉酸サプリで無脳症を予防する方法」について記事を書くとします。このとき、以下のことを述べようとする人が非常に多くなります。

  • 葉酸とは何か
  • 葉酸サプリに含まれている成分
  • 妊娠と奇形児の関係

ただ、これらは関係ない内容なのですべて省かなければいけません。「葉酸とは何か」「葉酸サプリに含まれる成分」については、別に無脳症に限らず他の記事を含めてすべてに共通して述べることのできる内容です。こうした一般記事は不要であり、あくまでも無脳症に関して述べなければいけません。

また、「妊娠と奇形児の関係」についても同様です。確かに、無脳症は奇形の一つです。ただ、読者はあくまでも無脳症について知りたいのであり、奇形全般的なことを知りたいわけではありません。そのため、奇形に関する一般的なことを述べるのは「記事と関係ないことを書いている」といえます。

ニッチテーマを記載することがSEOに重要

それでは、なぜ一人の読者を設定したうえでニッチジャンルのことに特化した内容にしなければいけないのでしょうか。これは、その方が読者にとって有益になるからです。また、SEOでも評価されます。

例えば、あなたがミカンについて知りたいとします。このとき、ミカンの情報であればあなたは上から下まで読みます。ただ、途中でリンゴに関する内容が出てきたらどうでしょうか。その瞬間、「このページにはもう、ミカンのことが書かれていない」と感じてページから離脱します。

そうなるとページの滞在時間が短くなったり、同じサイト内での他ページへの回遊がなくなったりして、検索エンジンからの評価は下がります。つまり、ペルソナが欲する情報以外の内容を記事内で述べるのはマイナスにしかならないのです。

一方でミカン記事を述べるとき、さらに内容を深掘りして「夏みかん」に特化した情報を記載するのであれば、、「夏みかん」というキーワードに刺さった読者はさらに読み進めてくれるようになります。無駄な情報を羅列したり、冗長な文章にしたりするのは意味がなく、ペルソナが欲する情報を深掘りしていくからこそ意味ある記事になるのです。

文字が多すぎの文章は微妙

そのように考えると、無駄に文字数が多すぎる文章は微妙です。1記事の文字量が多すぎの場合、多くのケースで読者を一人に絞ることができておらず、結局何が言いたいのか、不明な文章になっていることがほとんどだからです。

「SEOでは文字数が多ければいい」というのは幻想であり、前述の通り一人の読者が欲するニッチ記事でなければいけません。

例えば、以下のようにキーワードを選んで記事を書くとします。結論から言うとゴミ記事が完成されるのですが、この理由がわかるでしょうか。

  • 腰痛 効果
  • 腰痛 改善法
  • 腰痛 直し方

なぜゴミ記事になるのかというと、ペルソナを設定できないからです。要は、一人の読者に限定することができていません。

腰痛を治すにしても、以下のように非常に多くの人を想定できます。

  • ヘルニアの人
  • ぎっくり腰になった人
  • 妊娠後期の妊婦
  • 毎日、デスクワークの人
  • 70歳以上の高齢者

ペルソナが一人ではないため、本気で腰痛の治し方に関する記事を書くとなると、1記事が10万文字以上になります。その結果、まったく読まれない文章になります。

想定できる読者が2人でもダメです。必ず一人の読者になるようにキーワードを選んだうえでライティングしなければいけません。

イメージとしては、1万文字以上だと文字数が多過ぎだと考えてください。もちろん、私が書く記事の中でも1万字ほどになることは稀にあります。一人の読者に伝えようとするとき、結果的にそれだけの文字量になってしまったのです。

ただ、これが13,000~15,000字以上になる場合、「何かおかしい」と考えた方がいいです。読者のペルソナが一人でないケースがほとんどだからです。また、読者も読み疲れを起こします。その場合、記事の分割を考えましょう。

アフィリエイトで稼ぐには文字数が必要

アフィリエイトには種類があります。サイト・ブログアフィリエイトやトレンドアフィリエイト、情報商材アフィリエイトなどです。これらすべてにおいてブログなどの媒体が必要になりますが、アクセスを集めるためにはある程度の文字量が必須です。短い記事ではSEOで上位表示されません。

ネットビジネスの稼ぎ方を理解するのは重要ですが、その中の一つに「どれだけ有益な情報を読者に提供することができるか」があります。そして、その鍵を握っている要素の一つが1記事の文字数です。

500文字や1,000文字程度の薄い記事を量産しても意味はありません。いくら記事数が多かったとしても、アクセスが集まるようになることはないです。そこで、必ず3,000字以上に仕上げるようにしましょう。

しかもこのとき、ターゲットを一人に設定したうえで、テーマに沿った情報を深掘りしていく必要があります。

この記事でも、できるだけ具体例を交えて解説していきました。また私の実体験を踏まえて、どのように考えればSEOで評価されるようになるのかも述べています。記事の内容はサイトやブログ運営のすべてで適応できるノウハウですが、特に「アフィリエイトでの、1記事文字数を気にしている人」と、かなり狭めたペルソナになるように設定しました。

このように設定したうえで、「一人のペルソナが知りたいと考えることを述べる」からこそSEOで評価されるようになります。サイトやブログを活用した物販アフィリエイトやトレンドアフィリエイトを含め、適切な文字数で記事を作るようにしてください。

参考までに、この記事は5,500文字ほどになります。これだけの文字量であっても、アフィリエイトの文字数について本気で悩んでいる人であれば、スムーズに読み進めることができたのではないでしょうか。

読者を一人に設定しているのであれば、これくらいの文字数なら読者はストレスなく読んでくれるようになります。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認