人前で発表するとき、初心者であるほどスライド作りを最初に行おうとします。しかし、スライド作成より前に、話のコンセプトやストーリー、原稿の作成を先に行わなければいけません。この過程を飛ばしてスライドを作ると、何が言いたいのかよく分からないプレゼンになります。

そこで、スライドはあくまでも補助であることを認識する必要があります。スライドに沿って話をするのではなく、コンテンツやストーリーを補足するためにスライドを活用するのです。

スライドの枚数は少ないほど良い

20分のプレゼンをおこなうとき、あなたは何枚のスライドを用意するでしょうか。初心者であれば、20枚のスライドを用意しようとします。しかし、20分の時間で20枚も使うとなると、1分で次々と変わっていく計算になります。スライドが目まぐるしく切り替わるため、聞き手は話の内容を理解できません。

20分のプレゼンであれば、スライドは多くても5枚です。「1枚のスライドにつき5分を使う」と考えると、20分の場合はスライド4枚が妥当です。

発表の上手な人を観察すると、多くのスライドを用いていないことが分かります。できるだけ少ない枚数で訴えかけ、聴衆の心を動かそうとします。重要なのはスライドの数ではなく、コンテンツの質です。内容を作り込んでいれば、聞き手は満足してくれます。

意識すべきポイントは「最も重要な箇所だけをスライドに書く」ことです。あなたの言いたいことをスライドに全て書き込んではいけません。スライドに書かれている重要箇所をヒントにして、後は話の中で補足していくのです。

スライドに全てを記載してしまい、それを読み上げるだけであれば、資料を配るだけで事足ります。聞き手は「スライドや資料に書かれていないことを聞きたい」と考えているため、読むだけのプレゼンでは聴衆は不満ばかりが溜まります。

シンプルなスライドを目指す

重要箇所だけを記載していけば、シンプルなスライドになります。さらに、スライド枚数も少なくなります。こうして、見やすいスライドが完成されます。

目指すべきは、シンプルなデザインです。よくある失敗は情報を盛り込み過ぎてしまうことです。多くの情報が詰め込まれると、理解に苦労するため、何が言いたいのか分からないスライドになってしまいます。

シンプルなスライド

例として、私が過去にセミナーを行ったときのスライドを右に記します。見てわかる通り、多くの文字はありません。

少ない文字と図によって示されたシンプルなスライドであることが分かります。

ここに多くの文字情報が羅列されていたらどうでしょうか。多分、大体数の人はその時点で話を聞きたくなくなるのではないでしょうか。

最も難しいのは、「できるだけ簡単に、そして分かりやすくする」という行為です。難しい言葉で長く話すのは誰でもできます。それよりも、短い言葉で相手に理解させる方が難易度は高いです。プレゼン能力の高い人であれば、次のように言うでしょう。

「今回は話が長くなります。なぜなら、話を短くするための時間がなかったからです」

相手に伝わる発表をしたい場合、時間と労力をかけて言いたいことを絞る必要があります。こうしてシンプルなスライドにしていきます。

言葉は短いほど伝わります。長く話せば話すほど、内容が薄まってしまうことを認識しなければいけません。これはスライドでも同様であり、本当に重要な箇所だけを簡素にまとめた内容であるほど、相手に理解してもらいやすくなります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録