セミナーでは集客が最も難しいです。ビジネスでは「新規顧客を獲得するコストが最も高い」と言われているため、これは当たり前のことです。セミナー講師を目指す人の中にも、集客に困っている人は多いです。

しかし、集客の方法を学べば、受講者を集めることはそこまで難しいものではありません。ここでは、セミナー集客の極意を話します。

面倒なことを行うのが集客である

そもそも、ビジネスでは「面倒なこと」を積極的に行う必要があります。稼げない99%の人はここを勘違いしています。あるはずのない魔法の杖を必死で探そうとするのです。一方、稼げる残り1%の人は面倒なことを積極的に行おうとします。これが、稼ぐための原点です。

要は、「これさえ行えば集客は完璧!」のような手法は存在しないことを認めることからセミナー集客の第一歩を踏み出せます。超一流のマーケッターであるダン・ケネディも次のように言っています。

「私は、30人の顧客を集める1つの方法を知らない。ただ、1人の顧客を集める方法は30通り知っている。私はそれらを全て実行しているだけだ」

つまり、いろいろな手法を試すことで、ありとあらゆる場所から集客を行っているだけなのです。これは私も同じです。サイトやメルマガ、SNSなどのインターネットを駆使するだけでなく、リアル媒体(新聞広告、口コミ)も考慮して集客を行っています。

ここまでを考えて全て行っているから集客ができるのです。たまに、「動画を活用した方がいいですか」「SNSを行った方がいいですか」などの質問を受けますが、かなり的外れな質問です。「1つをするのではなく、全部試してみる」ことが正解です。考えて悩む暇があるなら、実行してみればいいのです。

確かに、現在の私はメルマガで告知するだけで30人くらいは簡単に集まります。しかし、ゼロからビジネスを立ち上げる人はそのようなことは一切考えず、あらゆる手段を使って集客を行ってください。

それでは、セミナーの受講者を集めるためにどのような集客法が存在するか書き出していきます。あなたがセミナーを開催して集客を行うとき、このページに書かれていることをできるだけたくさん実行してください。

インターネットを活用した集客

サイト・ブログにセミナー告知記事をアップする

サイトやブログの記事下にセミナー情報を常に記載しておくようにしましょう。また、セミナー専用ページを作り、そこへリンクを飛ばす方法も有効です。詳細な内容が書かれたセミナー案内を熟読することにより、ようやく訪問者はセミナー参加の決意をしてくれます。

そのためには、あらかじめサイトやブログなどの媒体を育てておきましょう。2~3回くらいセミナー告知記事を見れば、訪問者は少し気になるようになります。そのきっかけ作りを行うのです。

サイト・ブログのヘッダーでセミナー案内を行う

記事はもちろんのこと、サイトやブログのヘッダー部分(ページを開いた瞬間に目に入ってくるサイト上部)でもセミナー告知を行ってください。

サイトの訪問者に対して、必ずセミナー案内が見えるようにするのです。

メールの活用

メルマガを行っている人は、既にファンがついていることになります。そのため、集客を行いやすいです。メルマガのファンであれば、たとえ高額セミナーであってもセミナー内容によっては参加してくれます。

ちなみに、メルマガを行っていない人であっても、ビジネスの関係でメールのやり取りを行う機会は多いはずです。そこで、メールの署名にセミナー情報を記載しましょう。

SNSを活用する

ソーシャルメディアを活用して集客を行っている人は多いです。

学生時代の友達がセミナーに来ることはありませんが、他のセミナーで出会った人やビジネス上の付き合いがある人であれば反応してくれる可能性が高いです。

セミナーポータルサイトを活用する

世の中には、セミナー開催を告知するためのサイトが存在します。例えば、「セミナーズ」や「セミナー情報.COM」などが有名です。

これらに登録し、1人でも多く受講者を集めましょう。

過去の商品購入者やセミナー参加者へ個別メール

あなたから何か商品を買ったりサービスを受けたりしたことのある方は、既にあなたのことを知っています。つまり、かなり濃い見込み客です。この方に対して、個別にメールを送ります。もちろん、過去のセミナー参加者へ対しても同様に送ります。

その人が反応しやすいキーワードを入れ、それぞれに送ればかなり高い反応率を得ることができます。

リアル媒体を活用した集客

インターネットだけでセミナー集客を完結させようとする人は多いです。そうではなく、オフラインでの集客をマスターすることで集客がより簡単になります。

交流会、セミナーでチラシ配布

あなたのビジネスに興味をもっているかもしれない見込み客がたくさん集まっている場所として、交流会やセミナーがあります。このような場所に来る人は意識の高い方が多いです。

そこで、あなたの強み(USP)を60秒以内で説明できるようにしましょう。名刺交換の際に短い言葉で端的に「あなたの売り」を伝え、興味をもってもらうのです。このときにさりげなくチラシを渡せば、セミナーに来てくれる可能があります。

たとえセミナーに来なかったとしても、サイトを訪れたりメルマガに登録してくれたりするかもしれません。そのための導線を作っておくのです。名刺にセミナー情報を記載しておくことも効果的です。

DM、雑誌広告、新聞広告、ポスティング

既にセミナーへ来たことのある方であれば、一人一人ハガキを送れば高い反応を得ることができます。住所を知っていれば、このようにDM(ダイレクトメール)を送ることが可能です。

また、雑誌広告や新聞広告は「特定の地域に絞ったセミナー」で大きな効果を発揮します。地方新聞に広告を出せば、多くの人を集客できます。広告費はかかりますが、セミナーでそれ以上の収益がでるようにビジネスを組んでおけば問題ありません。

整骨院や美容院などの店舗運営をしている人では、自分で紙を印刷して一軒ずつポスティングしていけば、印刷代だけで特定の地域だけに限定してアピールすることができます。

知り合いで互いのセミナーを宣伝する

一人だけでセミナー集客を行うことが難しい場合、他の人に宣伝してもらう方法があります。もちろん、何も知らない人のセミナーを紹介したい人はいません。あなたのセミナーを紹介してもらいたいのであれば、あらかじめ知り合いになっておくなどして仲良くなり、信頼関係を築いておく必要があります。

また、影響力のある人と何とかして信頼関係を構築できれば、「セミナーへ無料招待したい」と申し入れたときに受け入れてくれる可能性が高いです。この場合、その影響力のある人がセミナーを宣伝してくれる可能性があります。

このように、セミナーの集客には多くの方法があります。ゼロから行う人の場合、これを全て行わなければいけません。集客は才能ではなく、冒頭で話した通り「面倒なことをどれだけ行えるか」だけです。

受講者が集まるまで動き続けられる人が、セミナーの集客を行える人です。最後まで諦めなければ、セミナー受講者はいくらでも集まります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中