社会に出て働く以上、何かしら人前で発表する機会が訪れます。社内会議の場かもしれませんし、得意先での製品説明かもしれません。あるいは、セミナー講師として多くの聴衆の前で話さなければいけないのかもしれません。これらプレゼン能力は営業職であるほど必要とされ、その内容が営業成績に直結します。

特に、プレゼンではオープニングが重要視されます。聴衆が最も集中して聞いてくれる箇所が最初だからです。ただし、その時間は数十秒です。

10~20秒の時間が経てば、聞き手は他のことを考え始めます。「今日の夕飯は何にしようか」「溜まっている仕事をどのように片づけようか」などを頭の中で巡らせます。そこで、プレゼンの冒頭では、できるだけ聴衆をひきつける工夫をしなければいけません。

沈黙を有効活用する

司会者からの紹介が終わった後、演者の多くはすぐに話を始めます。拍手が鳴りやまないうちに、または会場がざわついているにも関わらずスピーチを始める人がいます。これでは、どれだけプレゼンの冒頭に興味深い話をしたとしても、すべてが意味のないものになってしまいます。

そこで、沈黙の時間を作ることはとても有効です。いわゆる、「間」を取ることになります。

例えば、大学の講義中に雑談している学生がいるとします。講師がマイクを使って大きな声で話をしているため、雑談をしても周りの人に気が付かれることはありません。ただ、ここで講師が沈黙の時間を数秒でも取ればどうなるでしょうか。

何もない静粛の中で、学生の雑談だけが響くようになります。学生は「何が起こったのだろう」と不思議に思い、友達との会話を止めてしまうでしょう。その結果、沈黙の後に発せられる講師からの言葉に対して、多くの聞き手が耳を傾けるようになります。

プレゼン中の沈黙はそれだけ聞き手に影響を与えることができます。会話と会話の間に沈黙を入れることにより、その後に続く言葉の印象を強めるのです。

オープニングで間を取ることにより、最初に発せられる言葉のインパクトを強めることができます。聴衆が最も集中している最初の10~20秒を有効活用するため、「間」はとても重要な要素なのです。

沈黙といっても、5秒も必要ありません。2~3秒で問題ないです。ただ、実際に行ってみれば分かりますが、2~3秒でも講師や聴衆にとっては長い時間に感じられます。この不安を我慢し、「間」を味方にすると、その後のプレゼンも成功しやすくなります。

最初に聴衆のメリット(利益)を約束する

セミナーであれ、営業先の研修であれば、聞き手は暇だからあなたのプレゼンを聞いているわけではありません。何かしらの得られるメリット(利益)があると思っているからこそ、わざわざ時間を割いて聞いているのです。

そこで、あなたは冒頭で聴衆にメリットを約束しなければいけません。「私の話を聞くことにより、これだけ大きなメリットをあなたは得ることができます」と宣言するのです。何が得られるのか分からないままであると、聞く側はやる気をなくしてしまいます。

例えば、「今回のセミナーでは、一か月以内に彼女を作るための3つの法則を伝えます」「御社の経理計算の時間を半分にする最新の会計ソフトをご紹介します」などになります。

ビジネスでは、結論を先に述べることが重要になります。新聞や雑誌を見ても、先に結論が述べられています。これは、自分が伝えたいことを最初に述べることにより、その後も読んでもらうようにするためです。これと同じように、プレゼンでも冒頭に伝えたいことを示さなければいけません。

最も良くないのは、あなたの自慢話をすることです。人前でプレゼンを行う以上は素晴らしい実績をもっている方が大半です。ただ、実績を披露するだけの話はまったく面白くありません。そうではなく、あなたが出した実績を他の人でも再現できるようにノウハウ化し、これを伝えるのです。

プレゼンでは、自分が主役になってはいけません。あくまでも、聞き手が主役になる必要があります。そのための手助けをするのが演者であるため、聞き手のメリットを提示することが重要なのです。

聴衆にとって役に立つ情報を話すのであれば、自慢話に聞こえることはありません。あなたが出した実績に対して、「こうすればあなたでも実践できる」「このように応用する」と伝えていくのです。こうして、聴衆が満足するプレゼン内容になります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認