ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

効果的なセミナー集客の極意

 

セミナーで最も難しいことが「受講者を集めること(集客を行うこと)」です。いくらセミナー講師の実績が素晴らしかったとしても、そこに人が集まらなければセミナーは成立しません。

 

そこで、セミナーで受講者を集める時の集客法(主にメルマガやSNSなどのインターネットを活用した方法)を詳細に記載していきます。

 

 告知は早目に行う
セミナーに人を効率よく集める最も単純な方法として、「できるだけ早く集客を行う」ことがあります。多くの人はセミナー告知を開催日の一ヶ月を切ってから行いますが、これでは遅いです。

 

一ヶ月前から集客を行うのではなく、二ヶ月前からセミナー募集を行えば受講者数は単純に二倍となります。三ヶ月前から告知を行っていれば、さらに良いです。しかし、セミナー講師であっても三ヶ月も前から集客を行っている人は稀です。だからこそ、大きな効果を発揮します。

 

また、告知回数と申込み人数は比例します。一日に何回も告知しても意味はありませんが、毎日告知するのは大きな意味があります。だからこそ、早目にセミナー募集を開始して、何日にもわたって何回も告知するのです。

 

セミナー内容が決まっていない場合、セミナーの日程だけを伝えても問題ありません。早目の告知を行うことで「既にその日は予定が埋まっている」という状況を避けるのです。

 

 セミナー内容を可能な限り詳しく具体的に書く
多くの場合、セミナーの募集は自分のサイト上で行います。この時はセミナーの内容を詳細に書けば書くほど人が集まります。

 

そもそも、「どのような話を聞けるのか分からないセミナー」に対して、人はお金と時間をかけて来ることはありません。人によって興味が異なるからです。例えば、セミナー講師養成講座であっても「セミナー開催のノウハウ」を知りたい人がいれば、「セミナーの集客法」を知りたい人がいます。

 

これらを明確にすることで、ようやく人が集まってきます。セミナーの内容はあなたが書かないと分からないため、箇条書きでセミナー内容を記載する必要があります。

 

 必ず予告告知をする
いきなりセミナーの募集開始をしても人は集まりません。実際に行えば分かりますが、恐ろしいくらい反応がありません。そこで、予告告知を活用します。言い換えれば、「期待感を高める」ことを行います。

 

ネットビジネスでは、この手法をプロダクトローンチと表現することがあります。

 

ネットビジネスの中でも「簡単に稼げます系」のようなグレーなビジネスを行っている人であれば、全員これを実施しています。多くの人はこれを悪徳商法に利用していますが、そうではなくて「セミナー集客」という真っ当なビジネスで活用するのです。

 

この時の告知は「3通1セット」で行います。まず、セミナー募集の3日前に基礎知識を与えます。「セミナー講師養成講座」のセミナーを開きたいのであれば、「セミナー講師の重要性」や「なぜ、今セミナー講師をする必要があるのか」を情報提供していきます。この時に売り込みをしてはいけません。

 

セミナー募集1日前になると、今度は「○○についてさらに詳しくなりたくないか」という内容の情報を提供します。先ほどの例であれば、「セミナーを開くときの集客法」や「開催する時のノウハウ」などの情報を提供し、この時にチラッとセミナーについて記載します。

 

このように前もって2通の予告を行うことで期待感を高め、3通目でようやくセミナー募集を開始します。

 

この時はスタートダッシュに命をかけてください。なぜなら、申込みが殺到するのは告知開始直後だからです。告知一発目のメルマガやセールスレターが最も重要だということです。最初に多くの人が申し込むと、後が楽です。

 

 切り口を変えて告知する
セミナー告知でスタートダッシュをした後は何回も告知を行うことになります。この時はノウハウを交えたり、セミナー内容を書くことで「読んだ人が得をするメール」を心がけてください。単なる売り込みであると誰も読みませんが、ノウハウであれば読んでくれます。

 

この時の告知文は毎回変える必要があります。人によって反応するポイントが異なるからです。セミナー講師を育てる内容のセミナーであっても、

 

・セミナーのコンセプト作り
・セミナー集客の極意
・惹きつける話し方(プレゼン方法)
・魅力的なスライド作成

 

と多くのカテゴリーが存在します。これを1つだけの切り口で紹介し続けると、一部の人しかセミナーに来てくれません。切り口を変えて告知することで、ようやくたくさんの人が反応してくれるようになります。

 

 カウントダウンや値上げは効果的
古典的な方法ですが、カウントダウンや値上げは効果絶大です。「残り○席」や「○月○日から値上げ」などを行うのです。ウソを言うのはダメですが、本当なら問題ありません。

 

そして、セミナー集客では当日申込みでもOKにすることがポイントです。あなたも経験あると思いますが、中には入っていた予定が急にキャンセルになる人がいます。

 

これを見据えてセミナー当日の朝に告知をしていれば、たまたまタイミングが合った人はセミナーへ来てくれます。当日の朝に告知すると、2~3人は来てくれると思っておいてください。

 

ただ、リアルに近い媒体になるほど集客力が強くなることは忘れないでください。ネットマーケティングを学んでいる人であるほど、インターネットだけで完結しようとする人は多いです。しかし、実際はリアルの媒体まで活用する人が集客を行える人です。

 

サイトやメール、SNSで人を集めるよりも、電話の方が効果的です。また、電話ではなく対面で頼み込むと絶大な威力を発揮します。だからこそ、リアルの場での交流が重要なのです。ここまでがセミナー集客の極意です。

効果的なセミナー集客の極意

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

ビジネスで稼げる人は全員セミナーを行っている
セミナーで稼ぐためのビジネスモデルを理解する
差別化戦略によるセミナーモデル
セミナー講師が絶対に行ってはいけないこと:失敗経験から学ぶ
ジョイントセミナーは成功しにくい
ジョイントセミナー開催での有名講師の招待法
セミナーで懇親会を開く際の注意点
人数を集めないセミナーほど成功する
開催日を決めるとセミナーが動き始める
講師はセミナーで謙遜してはいけない
ボランティアスタッフをセミナーで募集するには
値段の高いセミナーであるほど満足度は高い
セミナー講師が話し方を上達させるためには
セミナーやイベント企画の参加者が予想外に少ないときの考え方
セミナーの開催日時や会場の決め方
セミナー集客のタイトル決めに必要な6つのポイント
2時間のセミナーを構築するためのステップ
セミナー満足度を高める3つの法則
セミナーの9割は準備で決まる
セミナー内容をレジュメに全て書いてはいけない
セミナースタッフに「名札」を付けさせる理由
セミナー当日の持ち物チェックリスト
セミナー集客は会場予約から始まる
セミナー受講者を集める際の集客状況の推移
サイトやブログを使ってセミナー受講者を集める
メールマガジン(メルマガ)がセミナー集客に最も効果的
受講者数を1.5倍にするセミナー集客法
リアル媒体とインターネットを駆使したセミナー集客法
業種・地域を絞った法人向けセミナーでのFAXDM集客
士業が効果を発揮するセミナー集客法
セミナー参加費を決める3つの法則
参加費が高額なセミナーを開催して集客を行う
高額商品を作る5ステップ
最強のバックエンド販売の勉強方法
セミナー後に行うバックエンドの販売方法
セミナー映像を教材・特典にする