eeee7

会社という組織では、多くの人が連携して仕事をするようになります。そのとき、社内人脈を構築しておくと、かなりスムーズにビジネスを進めることができます。会社というのは一人では何もできず、たくさんの人の協力がなければ話が前に進まないからです。

このとき、部署間を超えた交流を考えなければいけません。同じ部署で良い人脈を作るのは当然ですが、普段では交流のない部署の人たちとも積極的に人脈を広げるようにする必要があります。そうして顔を広げるようにすれば、あなたの存在感は大きくなります。

社内人脈は部署間の衝突を回避する

法人では、多くの部署ごとに分かれています。営業、企画・開発、経理、総務、広報、物流などです。そして、これらの部署全員が良い関係を築いていることはまずありません。大抵は足の引っ張り合いをしています。

例えば、営業と企画の関係は悪いことが多いです。営業は商品を売ることが目的であるため、成績を上げるためにたくさん売ることを考えます。ただ、企画・開発は「そんなものはできない」と突っぱねてしまうことがよくあります。

例えば、ITソフトの開発会社であれば、開発部門の人が「そのようなソフトをこの金額と納期で行うのは不可能だ」と営業部門の人に言うことは多いです。

このように、部署間で温度差があることは珍しいことではありません。「経理が予算をくれない」「営業が動かない」「企画がよく分からない商品ばかり開発する」などの状況に陥ってしまうのです。

これでは、組織は適切に機能しません。社員が数人規模の会社に比べて、多くの従業員を抱えている企業の方が仕事のスピードが遅かったり、質が悪かったりすることが実際にあります。この理由は、社員間のコミュニケーションがうまくいっていないことによります。

そこで、社内人脈を作り上げるようにしましょう。同じ部署間で上司や後輩、同僚と良い関係を築くのは当然のこととして、他の部署と人脈を築くのです。まったく顔を合わさなかったり、電話でしか話さなかったりする仲から、まずはお互いに顔を知っていて談笑する仲へと昇格するようにしましょう。

これだけでも、仕事がかなりスムーズになるはずです。

幹事やイベントの企画を行う

それでは、具体的に何をすればあなたの社内人脈を広げることができるのでしょうか。これを実現するためには、幹事を引き受けたりイベントの企画を行ったりしてみてください。

会社である以上は、社員間の交流を深めるために年に数回はイベントを行います。ダメな企業はそのようなお金もないのでイベントをしないかもしれませんが、優秀な会社はイベントをすることで社内の意思疎通を図ることの重要性を理解しています。そのため、必ずイベントを開催します。

このとき、率先して幹事を引き受けるようにしてください。全員をまとめる仕事が幹事ですが、報酬は発生せず、かなりの重労働になります。イベントの企画段階から参画する必要があるため、頭もかなり使います。ただ、あえてこうした面倒な役割を引き受けるようにするのです。

幹事として活躍するようになれば、部署を超えてさまざまな人にアポを取ったり電話をしたりするようになります。

そうして連絡を取っていると、当然ながら普段は絶対に会わないような役員や部長とも連絡を取るようになります。あなたが本気になって行動し、何度も連絡をするようになると、必ず親身になって相談してくれるようになり、仲良くなるはずです。

もちろん、イベント開催の準備では他の部署の先輩や後輩、同僚とも協力します。そうした中で、部署を超えて交流を図っていくことを考えましょう。つまり、イベントに参加することで多くの人と交流するのではありません。「イベント準備」を通して、他の部署の人と仲良くなるのです。

優秀な人と仲良くなるイベント活用術

こうしたイベントに協力してくれる従業員であるほど優秀な社員である確率が高いため、開催準備の過程で親しくなった人とは、イベント終了後も良い関係を保っておくのがとても重要になります。

例えば何か困ったことがあれば、部署を超えた頼みごとや根回しができます。役員や部長と知り合っておけば、社内で引き上げてもらえるかもしれません。こうして、社内人脈を広げていくのです。

なお、イベント開催の幹事をするときの注意点として、「トップの人からお伺いを立て、社長など肩書きが上の人から承諾を取っていく」ことがあげられます。会社組織である以上、決裁権は経営者や役員、部長の順番になります。

そのため、イベントに社長が参加するとき、必ず最初に経営者の意見を聞くことでそれに沿うようにしましょう。その次に役員、そして部長という順番になります。

その他に属する「役職の低い人」の意見は無視して、経営者層の意見に従ったイベントにする必要があります。そうしなければ、トップ層の一言の意見だけで練ったイベント企画が一瞬にして台無しになることがあるからです。

ここまで考えて幹事を行い、イベントを成功させることを考えましょう。社内人脈を拡大できる人は、ほぼ例外なく仕事のできる人です。あなたが社内人脈を築くように努力し、さらには仕事まで頑張れば「昇進」という形で必ず返ってくるようになります。

同僚、上司、後輩との社内人脈の作り方・広げ方

なお、実際の社内人脈としては同僚、上司、後輩の3つに分かれます。そして、それぞれで社内人脈を構築する必要があります。

それでは、どのように社内人脈を広げていけばいいのでしょうか。そこで、同僚、上司、後輩に分けて社内人脈の作り方・広げ方について確認していきます。

同僚との社内人脈の作り方・広げ方

同僚というのは、入社年度が同じ「同期」から考えて、3~5年ほどの先輩・後輩を含みます。会社の中では、3~5年程度の差であれば仲が良いことが多く、一緒に飲みに行ったり遊びに行ったりする機会がたくさんあります。そのため、同世代ということで同僚という括りで考えるのです。

このとき、同じ部署だけでなく、違う部署の同僚と仲良くなる方法は単純です。それは、飲み会やイベントを企画したり幹事をしたりすればいいだけです。会社に許可を取る必要はなく、プライベートということで仲間うちでイベントを企画すれば問題ありません。

同期会と称して、自分たちと近い入社年度の人たちにランダムに声をかければ、普段の仕事では会わない同僚とも話すようになります。

そうしてイベントで実際に会い、その後も定期的にイベントを開催するときに出欠の確認を取りながら「元気にしているか?」と聞くようにすれば問題ありません。これだけで、会社の中で多くの同僚と知り合いになれます。

このように、イベント開催の幹事をした後、再び企画をしたり電話でのやり取りをしたりするだけで同僚との社内人脈を作ることができます。これは人見知りの人であっても、意外と決意さえすれば誰でも問題なく行える人脈構築法です。

上司との社内人脈の作り方・広げ方

会社内での上司であれば、あなたの成績をつけたり転勤先を決めたりと大きな権限をもっています。こうした上司と付き合うときに重要なのは、「どの上司を目指したいのか」を決めることにあります。

上司には優秀な人がいれば、ダメな人もいます。このとき、肩書きが下でも素晴らしい人がいれば、上の役職であっても残念な人がいます。そのため、役員や部長などの役職に関係なく、あなたが尊敬できる上司を見つけて付いていくようにしましょう。

いまは役職が低かったとしても、「この人!」と思う人は数年後にトップへと上り詰めていることがほとんどです。

そのため、肩書きに惑わされずに人を見極める必要があります。このような人を見つけたら、1~2年間はその人の考え方や仕事への取り組み方を必死になって学ぶようにしてください。そうして、自分の仕事に応用させていくのです。

重要なのは、その人に誘われたら「たとえ休日であっても誘いに乗る」ことがあります。飲み会は一緒についていく必要があるし、家に呼ばれたらすぐに承諾するようにしましょう。

一見すると面倒のように思えますが、数年後にトップへと上り詰めるような人の考え方を学べるのは、意外と飲みの場やプライベートでの会話であることは多いです。そのため、こうした場はかなり貴重になります。

そうして気に入られると、社外の人間と会うときに同行させてくれたり、異業種交流会へ連れていったりしてもらえます。こうした会合やパーティーで学べることは多く、そこからいくらでも自分自身の仕事へ応用させることができます。

後輩との社内人脈の作り方・広げ方

そして3つ目に、後輩とも社内人脈を広げるようにしましょう。会社の先輩からは、仕事の考え方や手法を盗んで自分に応用させることが大切です。それでは後輩はどうかというと、自分の技術や仕事のノウハウを積極的に伝えるようにします。

後輩の人脈がない人であるほど、「この仕事はまだ後輩に任せられない」と考え、自分で行おうとします。

一方、後輩からの人望が厚い人であるほど、後輩へ期待を寄せることで「お前ならこの仕事ができるはずだ」と考えて、後輩に対し仕事を積極的に投げます。自分が3年かかってできるようになった仕事を、後輩が1年で行えるように指導するのが後輩との人脈を作るうえで重要な考え方になります。

先輩風を吹かせるのではなく、知識は積極的に与えるようにしましょう。そうして指導をしていくと、後輩が失敗したり問題を起こしたりすることがあります。そのとき、怒ってしまう人は多いですが、これでは逆効果です。

そうではなく、「なぜ問題が起こったと思うのか」「次にどのようにすれば失敗を回避できるのか」「自分自身はどうしたいのか」について、後輩と積極的に議論することが大切です。

一方的に叱ると後輩は萎縮するだけですが、フォローであれば自ら過ちを認めて改善しようとします。先輩という立場にあるのであれば、冷静になって後輩と向き合うようにしましょう。

このように、同僚、上司、後輩とそれぞれ社内人脈を築くうえで重要な考え方を述べてきました。当たり前の手法ではありますが、これを忠実に実行できる人は圧倒的に少ないです。このように実行できない人の中で、社内出世をしたり会社内で大きな活躍をしたりする人が少数なのは、こうした理由が隠されているからです。

そこで、あなたは社内人脈を広げることで優位にビジネスを進めていくようにしましょう。そうして同僚、上司、後輩とそれぞれ良い人脈を作っていけば、必ずあなたにとってプラスに働くようになるはずです。

社内人脈が社外人脈へと広がる理由

しかしながら、会社組織の中で働くとき、社内だけの人脈に頼っていてはダメです。本当に優秀な人であるほど、社外に強力な人脈をもっています。一つの会社だけでビジネスが完結することはないため、どれだけ会社の外に頼れる人たちがいるのかはとても重要です。

それでは、どのようにして社外人脈を強化すればいいのかというと、実は社内人脈を大切にすることが挙げられます。

社内人脈の乏しい人は社外人脈も弱いです。その反対に、社内に強力なコネクションをもっている人であるほど、社外人脈が強いためにスムーズに仕事を進めることができるようになります。

社内人脈が社外人脈につながる理由

最も効率的に社外の人脈を広げる方法として、社内の優秀な上司に弟子入りすることが挙げられます。

会社に何人もの従業員が働いているのであれば、同じ社員の中に「必ず将来はトップ層に食い込む人」が在籍しています。そのときの肩書きではなく、どれだけその人が優秀なのかを判断したうえで、その上司の荷物持ちでもするような気持ちで付いていくようにするのです。

このとき、尊敬する上司の仕事を盗み、考え方を真似するようにしてください。また、プライベートであっても飲み会や休日の誘いは断らずに付いていくようにしましょう。

そうして可愛がられるようになると、得意先との商談や異業種交流会などのパーティーに連れていってくれるようになります。社内でトップ成績を残すなど、将来は上に上り詰める人間であるなら、100%の確率でそうした社外人脈が豊富です。

社外人脈のない人で仕事ができる人は存在しないため、優秀な人であるほどそうしたイベントへ顔を出していると考えてください。

このようにして優秀な上司に付いていけば、勝手に社外のスゴイ人たちと知り合う機会に恵まれるようになります。つまり、良い上司と仲良くなれば、その上司が頑張って築き上げてきた社外の人脈まで引っ張ってこられるようになるのです。これが、社内人脈が社外人脈へとつながる理由です。

もちろん、上司だけが社外人脈を築くためのキーになるわけではありません。同僚であっても後輩であっても、有能な人であるほど会社の外に強力な人脈があります。そこで、こうした人たちと会社内で人脈を作っておくことにより、社外で強いコネクションをもてるようになるのです。

辞めた人まで大切にして、社会人脈を磨く

社外の人脈を築くとなると、同業他社との人脈をイメージする人が多いです。例えば医療業界であれば、同じように医師、看護師、薬剤師などの職種の人たちで情報交換するのです。

確かに、こうした人たちと仲良くなるのは大切です。ただ、本当に素晴らしいアイディアを見つけて、自分の創造性を伸ばしたいと思うのであれば、これまでまったく接したことのない職種の人たちと交流するようにしてください。あなたが知らないだけで、意外と世の中にはさまざまな職種があります。

水商売の世界でナンバーワンの人、芸能人をプロデュースしている陰の立役者、商品開発の仕掛け人など、普通では接することのできない人であっても、異業種の人脈をたどっていけば会って話すことができます。そうして刺激を受けることにより、自分のビジネスへ応用させていくのです。

実際のところ、あなたがビジネスで悩んでいることは、他の業界で既に解決済みのことがほとんどです。ビジネスでの悩みの多くは、異業種の人が答えをもっていると考えてください。優秀な人であるほど異業種の社外人脈が強いのには、それなりの理由があるのです。

なお、社外人脈を築くとき、会社を辞めた人も大切にしてください。会社を辞めた人が他で活躍しているのであれば、昔のよしみでそれも強力な人脈になるからです。

これは、あなたが会社を辞めて転職したり独立起業したりする場合も同様です。かつての仲間は強い人脈として残ります。そのため、去って行った人やかつての会社に対して悪口を言うことは絶対にやめましょう。悪口による不利益は大きいですが、得をすることは一つもありません。

誹謗・中傷から人脈が生まれることはありません。そうではなく、例えば会社を辞めたのであれば、「かつての会社に感謝しており、上司を含めてあの会社から教わったからこそ、いまの自分がある」と周囲に言うようにしましょう。

そうして感謝の心をもって接すれば、かつての同僚を含めて多くの社外人脈を広げられるようになります。

異性やライバルの人脈形成がビジネス発展につながる

そうして、異性やライバルの人脈までもっていれば、非常に強固な人脈を構築できるようなります。こうした人脈を広げていくことが、あなたのビジネスの発展へとつながるようになります。

どのような仕事であったとしても、異性が関わってきます。そのため、異性がどのように考えているのかを研究することは、ビジネスを発展させることに繋がります。

例えば、「起業」をテーマにした内容に飛びつくのは男性が多いです。ただ、女性の中にもビジネスに興味をもっている人はいます。他には、「子育て」は女性が興味を示す内容ですが、男性の中にも子育てに興味を示す人が一定数います。そこで、こうした人たちにも響くメッセージを投げかけるためには、異性を知らなければいけません。

異性が興味をもつ媒体に目を向ける

そこで男性であれば、女性誌を読むようにしましょう。女性であれば、経済新聞を読むのがいいかもしれません。そして、最も良いのは「何でも言いあえるビジネスでの異性の友達」をもつことです。

学生のような単なる友達では男女関係まで意識する必要があり、個人の感情が入るので正常な判断ができなくなります。一方で、「ビジネスでの異性」であれば、ビジネス仲間と割り切って付き合えるのでよけいな感情が入らず、素直に異性の調査を行うことができます。

例えば私は男性ですが、女性のビジネス仲間に化粧品のことについて尋ねたとき、彼女は「顔に塗ったときにリフトアップする化粧品が欲しい」「毛穴を消す化粧品を望んでいる」など、意見を言ってくれました。女性にとっては普通のことかもしれませんが、男性である私にとってみればそのような化粧品を欲しいと思う女性が多いのは衝撃的でした。

毛穴など、男性は誰も気にしませんが、そうしたことに女性は興味・関心があることを知ったわけです。そうなると、そこからまた新たなビジネスを構築できるようになります。

異性の価値を知ることは重要です。このとき、「自分に自信をもっている異性」との人脈を大切にしましょう。実際に異性と話すとき、女性誌(女性の方は男性誌や経済新聞)を読み、ある程度まで異性の価値を知っていれば、話を弾ませることができます。

そうして異性の人脈を作れば、ビジネスでの人脈を築けようになるはずです。

ライバルと人脈を築く重要性

また、人脈を作るときには異性だけでなく、ライバルとも良い関係を築くことが重要です。ライバルというのは、お互いに切磋琢磨し合える仲だといえます。

ライバルが頑張ると自分の利益や取り分が減るため、相手をけなす人は多いですが、これではいつまで経っても人脈を築けません。活躍できる人であるほど、ライバルと協力体制を整えるようにします。

社内でライバルが表彰を受けたり、ライバル会社の人が大きな成績を出したりしたとき、嫉妬している場合ではありません。「それだけの実績を出してスゴイ!」と相手を素直に認め、どのようにしてそれだけの結果を出したのかを聞くようにしましょう。

ある程度の信頼関係があり、興味をもって聞けば相手は何でも話してくれます。そのときの話をもとにして、あなたの仕事に活かせば問題ありません。

これは、あなたが大きな成果を出したときも同様です。たとえそれがライバルであったとしても、行ったことや考えていることを包み隠さず伝えるようにしましょう。「稼げない人はケチな人」です。そして、一流の人であるほど相手に教えようとします。積極的に相手へ良い情報を与えれば、後になって相手がさらに良い情報を提供してくれるようになるからです。

このようにして、ライバルと人脈を築くようにしましょう。あなたが困ったときに助けてくれるのは、実はライバルであることは多いです。人脈というのは、ライバルであっても広げることが可能なのです。

人脈の作り方として異性やライバルも含めて考えるようにしましょう。自分の周囲だけで完結するのではなく、そこから人脈を広げることでビジネスを行いやすくするのです。そうして成果を出していけば、多くの人があなたのもとにやってくるようになります。

ビジネスでは、社内や社外に人脈を作ると後で大きな力になります。簡単ではないものの、ここまで述べてきたことを実践し、社内に限らずあらゆる場所で人脈を構築するようにしてください。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認