ipad-820272_640

サイトやブログを運営する場合、ぜひともメールマガジン(メルマガ)の導入を検討してみてください。なぜなら、メルマガはサイトやブログに比べてマネタイズ力が強いからです。

実際のところ、世の中のあらゆる企業や事業者が、ビジネスのためにメルマガを発行し、活用しています。そして、サイトやブログの運営にプラスしてメルマガを導入することで、ビジネスをさらに加速させることができるようになります。

そこで、「サイトやブログに加えてメルマガを運用することの重要性」と「メルマガの具体的な活用法」について、それぞれ解説していきます。

なぜメルマガを導入するべきなのか

ビジネスにおいてサイトやブログを活用する場合、お客様にとって有益な情報をひたすら発信していくことが大切です。これを続けることによって、大量のアクセスが集まる人気サイト(人気ブログ)に成長していきます。

しかし結局のところ、サイトやブログの場合、お客様が自らページを閉じてしまうことで、お客様に情報を提供することができなくなります。

さらに言ってしまうと、お客様が検索エンジンなどを使って、サイトやブログに記載している記事にたどり着いてくれなければ、こちらの情報を得ることができません。このような事実から、サイトやブログは「守りの媒体」と呼ばれています。

その一方で、メルマガであれば、お客様がサイトやブログに訪れていなくても、一方的にこちらの情報を提供することができます。このことから、メルマガは「攻めの媒体」と呼ばれています。

そして、守りの媒体であるサイトやブログの運営に加えて、攻めの媒体であるメルマガを発行し、活用することが重要です。これによって、サイトやブログに訪れるお客様だけでなく、守りの媒体から離脱したお客様にもアプローチを仕掛けることができるからです。

どのようにメルマガを活用すれば良いのか

実際のところ、メルマガを活用するためには、サイトやブログなどの守りの媒体を用いる必要があります。なぜなら、守りの媒体を通してお客様のメールアドレスを教えてもらわなければ、お客様にメルマガを送信できないからです。

そして、お客様にメールアドレスを教えてもらうためには、お客様にとって利益になるオファーをする必要があります。つまり、お客様にとってメリットしかない圧倒的なオファーをして、それを提供する代わりにメールアドレスを教えてもらうようにするのです。

具体的な例としては、「メルマガ限定で、11回ものオリジナル動画を無料提供します」「1000ページを軽く超えるPDFファイルを無料でプレゼントします」などのような、強烈なオファーをするのです。これによって、サイトやブログに訪れるお客様を惹き付け、メールアドレスを教えてもらうことができます。

さらに、このような情報だけを扱ったオファーであれば、資金力に乏しい中小零細企業や個人事業主であっても、少ない労力で行うことができます。実際に提供するものを作るのは大変ですが、一度作ってしまえば、あとは何度でも使いまわすことができます。

そして、お客様に圧倒的なオファーをし、大量の顧客リスト(お客様のメールアドレスなどの個人情報)を集めることができれば、適度に売り込みをすることで、大きな利益を出せるようになります。

メールマガジン(メルマガ)の特徴を理解し、有効活用して稼ぐ

サイトやブログの運営に加えてメルマガを活用することで、あなたのビジネスをさらに加速させることができます。

そして、お客様にメルマガを送るためには、お客様が「欲しい!」と思うような圧倒的なプレゼントを用意し、メールアドレスを教えてもらう必要があります。

これを行うことができれば、たくさんの顧客リストを集められるようになります。そして、お客様に情報発信をしつつ、たまに売り込みを仕掛けることで、大きな成果を出すことができます。

メルマガを活用する場合、それによって得られるメリットを把握した上で、正しく運用していく必要があります。メルマガの特徴と効果的な活用法としては、お客様のファン化があります。

メルマガによって、お客様をファン化させる

お客様に無料のプレゼントを提供し、顧客リスト(お客様のメールアドレスなどの個人情報)を獲得した場合には、メルマガを使って情報発信していくようにしましょう。それによって、お客様が次第にあなたのファンになってくれるようになります。これには、ある心理現象が関係しています。

人は、同じ人に何度も接触するうちに、その人に対して好感を抱くようになっていきます。この心理現象のことを、「ザイオンス効果」といいます。つまり、メルマガを使って有益な情報を送り続けることで、お客様が貴方に好意を持ってくれるようになるのです。そして、自身の顧客リスト全てに対して、ひたすら情報発信を行うことで、たくさんのファンを獲得できるようになります。

この状態になれば、メルマガ上でたまに新しい商品やサービスの案内をしただけでも、簡単に売り上げが出るようになります。そのため、メルマガを発行する場合には、お客様をファン化させることを目指すようにしてください。

また、メルマガを使う場合に避けるべきこととして、「売り込みだけを行う」ことがあげられます。これでは、お客様にファンになってもらえないばかりか、すぐにメルマガを解除されることになってしまいます。

実際のところ、世の中の企業の多くは、メルマガを有効に活用できていません。お客様にとって有益な情報を発信しておらず、「新しい商品を発売します」「期間限定で割引します」などの売り込みしか行っていないのです。これでは、お客様に飽きられてしまい、すぐに離脱(メルマガ解除)されてしまいます。

そのため、メルマガを活用する場合には、有益な情報を発信することを重視してください。そして、頻繁に売り込みをかけないようにしてみてください。このような意識でメルマガを運用することで、お客様をファン化させることができます。これにより、実際にオファーをしたときに、しっかりと利益を出せるようになります。

サイトやブログよりも、メルマガの方が販売力は強い

メルマガは、サイトやブログに比べて強いマネタイズ力を誇ります。そのため、サイトやブログで商品やサービスを販売するよりも、メルマガを使って売り込みを仕掛けた方が、利益を出しやすいです。

そして実際のところ、メルマガは期間限定の商品(サービス)の販売に有効です。そのため、限られた期間内で売り抜きたい商品やサービスがある場合には、サイトやブログに加えてメルマガを活用することが重要になります。

また、メルマガを使って新しい商品やサービスをオファーする場合、新商品に関する有益な情報を提供していき、その後に売り込みを行うのが有効です。

つまり、ひたすら情報発信を続けてお客様との信頼関係を構築し、その一方で商品やサービスに対する興味を持ってもらいます。そして、信頼関係ができ、なおかつ「この商品(サービス)が欲しい!」と思ってもらえたところで、商品・サービスを売り込んでいくのです。

このような方法で商品やサービスを売り込むことで、より多くのお客様に販売することができます。そして、実際に利益を出せるようになります。

メルマガを発行する場合には、専任の担当者が必要である

このように、メルマガを活用する場合には、お客様をファン化させることが重要になります。これにより、その後のマネタイズが簡単になります。

またメルマガは、サイトやブログに比べて強いマネタイズ力を持ちます。そのため、商品やサービスを販売する際には、サイトやブログに加えて、メルマガも活用した方が利益を出しやすくなります。

そして、新商品を売る場合には、メルマガを使って商品に関する有益な情報を発信し、お客様との信頼関係を構築しつつ、発売する商品に対して興味を持ってもらうことが重要になります。これによって、期間限定の商品・サービスであっても、多くのお客様に買ってもらえるようになります。

ただ、企業がメールマガジン(メルマガ)を発行する場合、いくつか注意すべきポイントがあります。その注意点の一つとして、「メルマガを専任の担当者に任せる」ということがあげられます。

これを行わないと、発行するメルマガの効果が薄れてしまう恐れがあります。具体的に言うと、メルマガ読者が少人数になってしまったり、利益にほとんど結びつかなかったりする可能性があります。

このような事態に陥らないためにも、会社でメルマガを発行する場合には、必ず専任の担当者を立てて取り組むことが重要です。そして、メルマガの専任担当者を立てる意義について正しく理解した上で、メルマガを発行する必要があります。

パソコンに詳しい新人社員にメルマガを任せてはいけない

メルマガの重要性を理解できていない会社の場合、メルマガの発行をパソコンの知識がある新人社員にやらせてしまう傾向にあります。

一見すると、パソコンを活用して発行するメルマガは、パソコンに詳しい人がやった方が良いように思えるかもしれません。しかし実際のところ、メルマガにパソコンの知識は関係ありません。むしろ、「パソコンに詳しい」というだけで、自社に関する知識が乏しい新人社員にメルマガを任せてしまうと、せっかくの取り組みが台無しになる可能性が高いです。

メルマガは、企業の戦略や理念を付加させ、お客様を獲得するために大変重要なツールです。それにもかかわらず、会社の戦略や理念を把握できていない新人社員に任せたとき、果たして良い成果があげられるでしょうか。現実的に考えて、とても困難なことです。

このことから分かるように、メルマガは、自社の戦略や理念を十分に理解しているベテラン社員に任せた方が賢明です。そして、メルマガにはパソコンの知識は一切関係ないことを認識しておいてください。

メルマガは本業の片手間で行うべきではない

メルマガを発行する会社のなかには、外回りの営業担当者などに対して、本業の片手間にメルマガを担当させようとする企業があります。これは、やってはいけない間違いの一つです。

なぜならメルマガは、先ほど述べたように、自社の戦略や理念をお客様に伝えた上で、お客様を自社のファンにするための重要なツールだからです。つまりメルマガは、本業の片手間でやっていい業務ではなく、会社の発展に大きく直結することを認識した上で、慎重かつ戦略的に取り組むべきものなのです。

特定の部署の社員に対して、本業の片手間にメルマガを取り組ませた場合、その社員は限られた時間でメルマガの文面を作らなければなりません。そのため、本来であればしっかりと練らなければならないメルマガが、残念な文章のまま発行されてしまう恐れがあります。

その上、本業に追加する形でメルマガを任された社員は、本業とメルマガの板挟みになってしまいます。この場合、本業とメルマガの両方に支障をきたす可能性があります。

このような事態を招かないためにも、メルマガを発行する場合には、メルマガだけを選任する担当者を立てるようにしてみてください。こうすることで、より洗練されたメルマガに仕上げられるようになります。その上、特定の社員だけに負担が増えなくなることで、社内でミスが起こる頻度を減らすことができます。

このように、メルマガを発行する場合には、会社の理念や戦略をしっかりと認識しているベテラン社員に任せることが重要です。さらに、メルマガの発行だけを業務とする専任の担当者にのみ、メルマガに取り組んでもらう必要があります。

専門の人が行うことで、メルマガの質を高めることができます。多くのお客様の共感を得ることができれば、あなたの利益はおのずと増大していくことになります。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認