a1180_004071_m

巷の経営者の中には、利益を出すことばかりにフォーカスしてしまう人がいます。確かに、ビジネスで利益を出すこと自体は、会社の成長と存続のために必要なことです。しかり、利益を出すことばかりに注目して会社を運営してしまうと、部下である従業員や取引先などの人が付いて来なくなってしまいます。

この場合、会社の経営がうまくいかなくなっていき、最終的に倒産してしまう可能性が高いです。この事態を回避するためには、お金以上に人間関係の大切さを再認識する必要があります。

そこで、お金よりも人間関係を重視することの重要性について解説していきます。人間関係を重視すれば、良い人脈による人々や友人と一緒に大きなビジネスができるようになります。

お金があるだけの人生は、決して幸せではない

いくらお金があったとしても、それを商品やサービスと交換してくれる会社や人が存在しなければ、何の意味もありません。その一方で、どれだけお金がなかったとしても、普段から人に親切にしていれば、自分に対して恩義を感じている人から助けてもらえる可能性があります。

つまり、たくさんのお金を持っていても、人間関係が全くないのであれば、その人生は決して幸せではありません。そして、お金がなかったとしても、良好な人間関係を保っていれば、幸せな人生を送ることができます。

世の中には、お金がないことを嘆いている人がたくさんいます。しかし、本当に重要視しなければいけないのは、お金よりも人間関係です。つまり、良い人脈や友人をたくさんもつことで、人間関係を作ることにも注力する必要があります。

これは、「生活を切り詰めてボランティアをしろ」ということではありません。その家族や会社などの組織の中で、組織を構成する人間同士が、お互いのために力を出し合うことが重要だということです。

また、自分の組織から離れた異業種の人脈をもったり、普段の業務内では会わないような人と友人になったりするのです。

人間関係に意識を向けて行動することで、良い循環が生まれる

人間関係を良好にしようという意識を持つことで、自分の行動が変わっていきます。それに伴って、周りの人が自分のために動いてくれるようになるのです。

例えば、社員がミスをして会社に損害を出してしまったときには、そのミスが再び起こらない仕組みを考えることに意識を集中します。そして、設備投資や外注などによって、同じミスが発生しないようにする必要があります。

これによって、ミスをしてしまった社員は「自分のせいでミスが起こったのに、お金をかけて対策してもらえてありがたい」と思い、経営者に対して恩義を感じます。そして、その従業員はさらに精力的に働いてくれるようになります。

すると、会社という組織自体に活気が満ち溢れるようになり、他の社員も活発に動いてくれるようになります。そして、自社の業績がさらに右肩上がりになっていきます。

つまり、社員との人間関係に意識を向け、取るべき対策を取ることによって、会社の中に良い循環が生まれるようになります。

その一方で、ミスをした社員を叱り飛ばし、その従業員に始末書を書かせただけでことをすませてしまったらどうでしょうか。その社員は「ミスをした自分が悪いけれど、また同じミスをしてしまうかもしれない」と思い、自信を無くしてしまいます。

そして、ミスをしたことに対する自責の念と社内の居心地の悪さによって、会社を辞めてしまう可能性が高いです。ここまでの流れを聞くと、人によっては「いらない社員がやめてくれて、むしろいいではないか」と思うかもしれません。しかし実際のところ、これだけで話が終わるわけではありません。

人間関係の悪化は破たんをもたらす

ミスをした社員が会社を辞めたとしても、そのときの経営者の対応の仕方が社内に広まります。つまり、会社に所属する従業員のほぼ全員が、ミスをした相手を一方的にこき下ろすような人間に変わっていってしまうのです。

この場合、会社の中に悪い循環が生まれるようになります。具体的には、お客様に提供するサービスの質が落ちたり、社員がすぐに会社をやめてしまったりするようになるのです。

このような事態を避けるためには、社員1人1人との人間関係を良くするように行動しなければなりません。これを行うことで、先ほど述べたような良い循環が生まれ、会社の売り上げが伸びていくようになります。

誰とビジネスを行うのかを重視する

これは、外部の人と仕事をするときも同じです。相手がミスをしたときに責めるのではなく、寛大な心で許さなければいけません。そして、相手への貢献だけを考えていけば、ビジネス仲間が新たな人を紹介してくれるなど良い人脈を構築できるようになります。

そうしてビジネスの友人を増やしていけば、今まで行えなかった事業が可能になることも頻繁にあります。

ビジネスで成果を出すほど、お金やノウハウは重要でないことを理解するようになります。それよりも、良い人脈や友人をもつことで「誰とビジネスを行うのか」が最も大切であることに気がつくのです。

お金よりも大切な「誠実さ」と「信頼」があなたを救う

このように、お金よりも人間関係の方がはるかに大切です。人脈さえあれば、ビジネスでは一瞬にしてお金を生み出すことができます。ただ、人脈はお金では買うことができません。この意識をもってビジネスを動かしていけば、おのずと良い成果を得られるようになっていきます。

もし、ビジネスで成功したいのであれば、お金だけに意識を向けるのは、ぜひともやめてください。そして、自分を支えてくれる人を大事にするようにしてください。それによって、ビジネス成功者の階段を少しずつ上っていけるようになります。

なお、より人脈の重要性を理解するためには、お金についてより深く学ばなければいけません。

多くの人はお金の意味について勘違いをしています。労働をすることでお金をもらい、お金は何かを買うためのツールとしか考えていない人が大半のように思います。ただ、実際はそうではありません。お金というのは社会貢献の度合いを表すものであり、そして何より「信頼」を表す指標でもあります。

あなたが誠実で人から信頼されているのであれば、後からいくらでもお金がついてきます。「誠実」「信頼」がお金と密接に関わるため、人に接するときの態度や考え方がかなり重要になります。それでは、なぜ誠実さや信頼が結果としてお金を運んでくるのでしょうか。

よく考えれば、この理由を理解できるようになります。そうして、お金よりも大切なものが見えるようになります。

信頼が価値を作る

お金というのは、もともとは単なる紙切れです。それにも関わらず、多くの人は紙切れを手にするために精力的に働きます。なぜ、このような現象が起こるのでしょうか。

それは、日本銀行が発行した紙切れだからです。ただの紙切れであっても、日本銀行が発行すると紙幣という大きな信頼が付与されます。無価値なものであったとしても、そこに信頼が加われば価値あるものに変貌するのです。

しかし、日本財政が破たんして日本銀行の信頼がなくなればどうでしょうか。日本円の価値が暴落するため、1万円札は無価値なものになってしまいます。いわゆる、超インフレが起こります。実際、世界には紙幣の価値がなくなってしまった結果、あり得ないほどのインフレを起こしている国が存在します。紙幣というのは、どれだけ信頼されているのかが重要なのです。

これと同じことは、あなたの周りでも起こっています。例えば、あなたが旅行したときに昔の友達の家に泊めてもらうとします。

このときは何も思わないかもしれませんが、ホテルに泊まればそれなりの金額を支払う必要があります。そうした宿泊費が無料になる理由は単純であり、友達からあなたが信頼されているからです。要は、ホテル代に匹敵する信頼を勝ち得ているのです。言い換えれば、信頼がホテル代に化けたといえます。

しかし、これが見知らぬ人から「泊めてくれ」と言われた場合はどうでしょうか。間違いなく拒否するでしょう。この理由は単純であり、信頼されていないからです。信頼がなければ、ホテル代に見合うだけのものは提供されません。

誠実さと信頼がお金を集める

こうした「信頼」はあなたの誠実さによって構築されます。少なくとも、平気でウソをついたり人を騙したりする人が信頼されることはありません。つまり、どれだけ誠実に人と接することができ、信頼残高を積み上げることができるかが重要になるのです。

そうして誠実に対応していけば、本当に困ったときに助けてくれます。例えば起業しようとするとき、「お前なら応援できる」と融資をしてくれるかもしれません。お金という形でなくても、人脈を紹介してくれるかもしれません。

あなたが誠実で信頼してもらえるのであれば、窮地に追い込まれても後でいくらでも修正することが可能です。

信頼をお金で買うことはできない

一方、残念ながらお金で信頼を買うことはできません。ビジネスで成功すると、お金にすり寄ってくるギラギラした人が多くなります。ただ、お金がなくなった瞬間にそうした人たちは消えるため、信頼されているかというとかなり微妙です。本当の信頼は、破産しても助けてくれる人だけを指します。

そういう意味では、多くの人に囲まれてお金があるように見えるセレブであっても、実際のところ大きな孤独を感じている人は多いです。これは、心から信頼できる人が少ないためです。

要は、どれだけ信頼できる人をもっているかが重要になります。例えば、1000人のファンがいるのであれば、100万円を集めるのはビジネスのできる人ならそこまで難しくありません。しかし、100万円があっても1000人のファンを作ることはできません。

こうした事実を踏まえたうえで、誠実さと信頼はお金よりも重要な項目になります。そうして信頼を積み上げることが、あなたが窮地に追い込まれたときに自分自身を救うことにつながります。本当に大切なのは、実はお金よりも人からの信頼なのです。

感謝の気持ちを取り戻し、人間関係を維持する

そうして、相手に感謝の気持ちを示すことで良好な人間関係を築くようにしましょう。ただ、このときは「感謝の気持ちに対する温度差」が起こることを念頭に置く必要があります。

例えばあなたが人に何かを頼まれ、その依頼に正確に応えたとします。このとき、あなたに頼みごとを聞いてもらった相手は、根性が曲がった人間でない限り、あなたに感謝します。

それでは、このとき相手があなたに感じた恩義は、時間の経過とともに強くなっていくのでしょうか、それとも弱くなっていくのでしょうか。

こうした世の中の原則を理解することは、その後の人間関係を維持するときに役に立ちます。そこで、まずは感謝の気持ちに対する恩義について理解するようにするのです。

相手に対する恩義は、時間とともに失われる

残念なことですが、相手に頼まれごとをされ、それに答えたときの相手の感謝の度合いは、時間とともに少しずつ薄れてしまいます。つまり、助けてもらったことに対する価値は、時間の経過によって低く感じられるようになるのです

例えば、あなたがアルバイトをしていて、同僚に1日だけ自分の代わりに仕事に出てほしいと頼まれたとします。このとき、あなたが相手の要求に応じた直後であれば、相手は「とてもありがたい!」と感じ、あなたに対して強い恩義を感じます。

しかし、そこから一定期間が経過したときには、「別にあの人に代わってもらわなくても良かったかな」などと相手は考えるようになります。そして、あなたに対してさほど恩義を感じなくなってしまうのです。

そのため、相手に何らかの恩恵を与えたとしても、相手に対して見返りは求めない方が良いです。

また、人によっては、自分を助けた人に対して「今度はこちらの要求に応じてもらいたい」と考えることがあるかもしれません。この場合には、相手に「自分に対する感謝の気持ち」を取り戻してもらうことが効果的です。

感謝の気持ちを呼び起こす方法

相手に、自分に対する感謝の気持ちを取り戻してほしい場合、そのための方法の1つとして、相手に対して以下の言葉を使うことがあげられます。

あのとき私があなたを助けたのは、逆の立場だったら、あなたも同じことを私にしてくれると分かっているからです

この言葉を相手に使うことで、相手は自分があなたから受けた恩恵をもう一度確認することになります。そのため、相手はあなたに対して、再び強い感謝の気持ちを持つようになります。

ただ、何度もこの言葉を使ってしまうと、相手から「くどい」と思われ、人間関係に支障をきたす恐れがあります。このことから、もし先ほど紹介した手法を使う場合には、必ず常識の範囲内で行うようにしてください。

相手に与えた恩恵に対する評価は、時間とともに高まる

その一方で、人が他人の要求に応じた場合、その直後では「自分が相手にしたことは、それほど大したことではない」と感じます。そして、自分が相手に与えた恩恵について低い評価を下します。

ただ、そこから時間が経過すると、人は、過去に相手に与えた利益について「自分は、相手に対して立派なことをした」と考えます。そして、自分が当時の相手に与えた恩恵について高く評価します

これは誰かに助けてもらった場合も同様です。あなたが他人に助けてもらったとき、そこから一定期間が経過した場合、その人はあなたに与えた恩恵について大きく見積もるようになります。

相手への感謝の気持ちが薄れると、人間関係に支障が出る

あなたが自分の要求を他人に応じてもらったときから、長い時間が過ぎたとします。そして、あなたを助けた人に対して、あなたが感謝の意を示さなかったとします。この場合、人によっては、あなたに対して悪く思う可能性があります。

このことは、あなたとその人との人間関係を壊すことにつながります。もし、自分を助けてくれた相手との人間関係を損ないたくない場合には、相手に何かをしてもらった後、できるだけ早めに何らかの形で恩返しをするようにしましょう

これによって、相手はあなたに対して「常識のある人だ」と感じます。その結果、あなたを助けた人があなたの敵になるという事態を避けることができます。

依頼に対する断り方を学ぶ

また、場合によっては、自分を助けてくれた人の要求に答えられないこともあるかもしれません。そのときには、相手の依頼に断った直後に、「あのときは、本当にありがとうございました」と、改めて相手に感謝の意を伝えるのが良いでしょう。

この方法をとることで、相手はあなたに対して「今回は断られたけど、あの人は悪い人ではない」と感じます。つまり、相手はあなたに対して嫌悪感を持ちにくくなるのです。これにより、あなたと相手との人間関係の崩壊を食い止めることができます。

ただ、何度も断り続けるのは良くありません。そのため、相手の要求に対して応えられそうなケースでは、すぐにそれに応え、相手に恩を返した方が賢明です。

このように、恩恵を受けた側と与えた側とでは、その後の恩恵に対する評価が大きく変わってきます。このことを理解した上で、自分が相手を助けたときには、相手に与えた恩恵の見返りを求めないようにしましょう。そして、相手に何かをしてもらった場合には、その相手に対して、可能な範囲でも早めに恩返しをしましょう。

これらに気をつけることにより、人間関係をさらに良好に保つことができます。このことが、ビジネスで大きな成果を上げるのに重要な役割を果たすのです。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録