m020069

経営者や個人事業主としてビジネスを動かしていると、いろいろな人との出会いがあります。自分のビジネスに大きく寄与してくれる素晴らしい人に会えるかもしれませんし、自分を励ましてくれる良い人と出会えるかもしれません。

その一方で、自分のビジネスに対して否定的な考えをもつ人に会うかもしれませんし、自分のことを利用しようとする悪い人に遭遇してしまうかもしれません。

実際にビジネスで成功するためには、付き合う人間を慎重に選ばなければなりません。つまり、自分のビジネスに良い影響をもたらす人との交流を積極的に持つようにします。その一方で、自分のビジネスに悪影響をもたらす人間とは、何としても関わらないように気をつける必要があります。

そこで、ビジネスで成功するために重要となる良い人間関係の構築方法について解説していきます。

一生付き合えそうにない人とは、最初から人間関係をもたない

実際にビジネスで成果を出している人であっても、細かい言動や感情などは人によって違いがあります。そのため、出会った成功者によっては、こちらに対して平気で厳しいことを言うことがあるかもしれません。また、こちらに対してたくさんの負担をかけてくるかもしれません。

このとき、その成功者自身が、こちらのスキルを高めるためにしてくれているのであれば問題ありません。しかし、感情をこちらに対してぶつけるだけの人や、こちらのことを利用しようとしているだけの人である場合、その人とは人間関係を構築しないようにする必要があります。

そして、こちらに対して厳しい言動をしたとしても、あなたのことをしっかりと気遣って、成功者へと導こうとしてくれる超一流のビジネスマンとの人間関係を、積極的に構築するようにしましょう。

ビジネス成功者には、2種類存在する

実際のところ、世の中のビジネス成功者には、2種類のタイプが存在します。1つ目のタイプは、継続的にビジネスで成功し続けている成功者です。こちらのタイプに属するビジネス成功者とは、何としてでも人間関係を構築する必要があります。

なぜなら、成功し続けている超一流のビジネスマンと人間関係をもつことで、その人からの良い影響を受け、自分自身も超一流の成功者としての考え方ができるようになるからです。

これによって、自分よりもレベルが高い人と組むことができるようになったり、ビジネスで大きな成果を出せるようになったりするようになります。

2つ目のタイプは、打ち上げ花火のように1度だけ大きな成果を出した後、すぐに消えてしまう成功者です。このタイプに属する人間とは、できるだけ関わらないようにしなければなりません。なぜなら、ビジネスで1度大きく成功した後に消えてしまったということは、その成功者自身に何らかの問題がある可能性が高いからです。

例えば、お客様に無意味な商品を大量に売りつけて利益を出し、多くのお客様を泣かせた過去を持つ人かもしれません。または、商品を買ってくれたお客様のことを大切にせず、たくさんのお客様の恨みを買ったことがある人かもしれません。

このような形で無理やり成果を出すような人と人間関係を構築してしまうと、自分自身もこの人の残念な思考に汚染されることになります。そして、その単発の成功者と同じように、一回だけ大きく成果を出した後ですぐに消えることになります。

さらに、多くのお客様の恨みを買ってしまうことになり、ビジネスを続けること自体が困難になってしまいます。

継続して成功している人を見極め、その人との人間関係を築く

ビジネスで成功し続けるためには、ビジネスで継続的に成果を出している超一流のビジネスマンとの人間関係を築くことに注力する必要があります。そして、単発の成功者とは人間関係を築かないように気を付けなければなりません。

ビジネスコンサルでは、単発の成功者の場合、コンサル料として最初から多くのお金を取ろうとします。一方、継続的に成果を出し続ける成功者の場合には、成果報酬や継続課金でコンサル契約を行います。

そのため、ビジネスコンサルを依頼し、大きく成功に近づきたい場合には、成果報酬や継続課金で契約してくれるような、継続的に成功し続ける超一流の成功者に頼むようにしましょう。

このように、ビジネスで成功者になりたい場合には、一生付き合えそうな人とだけ、人間関係をもつようにすることが重要です。そして、継続的に成功し続けている超一流のビジネスマンとは、積極的に人間関係を築く必要があります。

このような形で、自分のビジネスに良い影響をもたらしてくれる人と組みつつ、ビジネスを動かしていきましょう。そうすることで、ビジネスで大きな成果を出し続けることができるようになります。

相手の意見に共感しなければ、その人との人間関係は築けない

ただ、人間関係を構築して良い人と組むために重要なこととして、「相手の意見に共感する」ことがあげられます。相手の考え方に共感する姿勢を示すことで、相手はようやくこちらの話を聞いてくれるようになります。

その一方で、相手に共感しなかった場合、その人との人間関係を築くのはほぼ不可能になってしまいます。

相手に共感しなければ、人間関係を構築できない

私たち人間は、「自分の意見に共感してくれない人とは話をしたくない」と考える傾向にあります。

例えば、あなたが「ダイエットで1番重要なのは食事制限である」と考えていたとします。このとき、自分と話している相手が「ダイエットでは運動が一番大事ですよね。無理に食事を減らすとリバウンドしやすくなってしまいますから」と言ってきたらどうでしょうか。

あなたは、自分の意見を全否定されたことに、大きな不快感を覚えてしまうはずです。そして、会話をしている相手に対して、「この人とは意見が合わないから、会話をしないようにしよう」と考えるようになります。さらに、相手とは人間関係を築きたくないと感じるはずです。

このように、私たち人間は「自分の意見に共感してくれない人とは、会話を避けるようにしよう」と考える傾向にあります。さらに、「こちらに共感してくれない相手とは、人間関係を持ちたくない」と思う性質があります。そのため、相手と人間関係を築きたい場合には、必ず相手に共感する姿勢を示さなければなりません。

相手の意見を聞き、それに共感する

人の意見に共感するためには、まず相手がこちらに話をしてくれなくてはなりません。したがって、相手との会話を始めるためには、その最初の切り口としてその人に欠かさずに挨拶し、自分と会話をしてもらえないかを相手に確認します。そして、相手が会話に応じてくれたとき、その人と自分との会話がスタートします。

相手との会話が始まったとき、もし相手があなたに対して共感を求める内容の言葉を投げかけたときには、必ず相手の考え方に同調する内容の言葉を返すようにします。

例えば、相手がダイエットに成功できなくて悩んでおり、あなたに対して「ダイエットを成功させるのは難しいですよね」と質問したとします。このとき、「ダイエットは簡単ですよ。普段の食事を改善させて、運動量を増やせばいいのですから」と、もし言ってしまったらどうなるでしょうか。

その相手は、あなたに共感してもらえなかったことに不快感を覚えます。そして、あなたに対して「この人とは、人間関係を築きたくない」と考え、会話をしてもらえなくなってしまう可能性が高いです。この事態を避けるためには、相手の意見に共感する姿勢を示す必要があります。

先ほどの例でいえば、「ダイエットは簡単ですよ。普段の食事を改善させて、運動量を増やせばいいのですから」とは言わないようにします。その代わりに、「確かにダイエットは難しいですよね。食事を減らそうにも好きな物は我慢できないですし、運動もなかなか続かないですよね」と言うようにします。

つまり、「ダイエットは難しい」という相手の意見に共感する言葉を返すのです。

このように、相手の意見に共感することによって、その人はあなたに対して好意を持ちます。さらに、あなたに対して、「この人は自分の気持ちを理解してくれる」と思うになります。これにより、あなたは相手との人間関係を築くことに、大きく前進することができます。

人生のピンチやチャンスは人間関係からもたらされる

それでは、なぜこのように人間関係や人脈について深く考える必要があるのでしょうか。それは、良いことも悪いことも人が関係してくるからです。

精度の高い良い情報であるほど、人からもたらされます。人脈さえ作ることができれば、インターネット上に情報が載る前に人から素晴らしい情報がやってくるようになるのです。

その反対に、人生のピンチも同様に人からやってきます。そのため、ピンチやチャンスは人間関係から来ることを理解したうえで、どのような対処をすればいいのかを学んでおく必要があります。

成功者は付き合う人を見極めている

世の中で成功者と呼ばれる人は、どのような人に対してもオープンに接していると思うでしょうか。ただ、実際は違います。成功者であるほど、付き合う人を見極めます。理由は単純であり、成功してお金をもつようになるほど、「投資してくれ」などお金にすり寄ってくる人が多くなるからです。

そして、ダメな人間と付き合った瞬間に大きなピンチに陥ることを成功者は知っています。そのため、冷酷ではありますが、そういう人を切り捨ていることの重要性を理解しています。

例えば、世の中には男にだまされやすい女性がいます。そうした人は、決まって何回も男にだまされて貢いでしまいます。これは一種の病気であり、本人が自覚していないだけで、無意識のうちにそうした残念な行動をしているために起こります。

そして重要なのは、こうした思考や考え方はコンピューターウイルスのように伝染することにあります。つまり、あなたがそういう人と付き合うようになれば、あなたも同じように無意識のうちに残念な思考にはまっていき、騙されるようになります。

一流の場に身を置く重要性

成功するためには、「一流の人たちが集まる場に身を置く」ことの重要性がよく説かれます。これは、そうした高い志をもっている人たちの考え方を吸収することで、自分も成功者としてのマインドになるからです。また、新たな人脈を紹介してくれるなど、良いスパイラルが起こるようになります。

その反対も残念な人と一緒にいると、同じように残念な現象が起こります。そのため、ピンチをもたらす人間に対しては、たとえそれが親であっても関係を断ち切る必要があります。

人との関係を断つことも視野に入れる

お人よしの人間であるほど、頼みごとを断れずに利用されてしまいます。そのため、ピンチをもってくる人間をシャットアウトすることも視野に入れましょう。

真面目に働いた結果としての借金であれば問題ありませんが、例えばお酒や女性関係などで実の親や兄弟が借金を背負っている場合、血がつながっている親族であっても関係を切りましょう。あなたにそうした問題を処理できる能力が現時点でないのであれば、一時的に関係をもたないようにするのです。そうしなければ、どうやっても解決に向かいません。

例えば、おぼれている人を助けたいとき、どのようにすればいいでしょうか。周囲に浮輪などはなく、人もいません。

そのときは、助けるための必須条件として、あなた自身が泳げなければいけません。泳げなければ、助けに向かうことは無謀な行為となるのです。当然のようですが、現実世界でこれを認識できていない人は多いです。

人を助けるためには、そのための能力が必要になる

したがって、それが意識的なのか無意識なのかに関わらず、借金を背負ったり人を騙したりするなど、あなたを悪い方向へ引っ張ろうとする人と付き合うとき、あなた自身がそれに対処できるだけの能力を身につけておく必要があります。

おぼれている人を助けるとき、あなた自身が泳げるようになっている必要があるのと同じように、そうした人に対応できるだけの力が必須になるのです。

だからこそ、感情に流されるのではなく一時的に関係を断つ覚悟をしましょう。すり寄ってくる人を信じ込むのではなく、きちんと見極めたうえで判断する必要があります。

こうしてピンチを招く人間をシャットアウトして、チャンスをもたらしてくれる人を見極めたうえで付き合うようにしましょう。不幸のパターンにはまっている場合ではなく、良いスパイラルを引き起こす人とだけ関係をもつようにします。

人生というのは、付き合う人間だけですべてが決まります。この事実を認識したうえで、ダメな人を切り捨て、良い人脈だけを構築するようにしてください。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認