dd4

個人事業主や会社経営者、フルコミッションで働いている営業マンなどは、人脈を積極的に作らなければいけません。一人でビジネスをするのは限界があり、多くの人を巻き込みながら事業展開することが、ビジネス成功の近道になります。

それでは、まったく人脈がない状態からどのようにして多くの起業家仲間のネットワークを構築できるようになるのでしょうか。そのための最も簡単な方法としては、異業種交流会に参加するという考え方があります。

ある程度の成果を出した後に異業種交流会へ参加する

交流会とはいっても、特定の業界の人ばかりが集まるパーティーに行っても意味がありません。時間の無駄なので、そうした交流会はできるだけ断るようにしましょう。

ビジネスでは、自分がもっていないスキルをもつ異分野の人と組むことによって、相乗効果(シナジー効果)を得られるようになります。

また、他業種の知識をもつことが、画期的なアイディアの創出に役立ちます。そのため、既に知っている知識を同業者の中で話し合っている暇があるなら、自分が住んでいる世界とは違う人たちと交流をもつようにした方が圧倒的に価値があります。

そのため、ビジネスで人脈づくりを意識しているのであれば、必ず異業種交流会へ顔を出すようにしてください。このときの交流会には、「セミナー後に開催される交流会」と「交流会だけを目的としたもの」の2種類があります。

どちらに参加しても問題ありませんが、いずれにしても「異業種が集まる会に参加する」というポイントだけは外してはいけません。

実績ゼロでは交流会で無視される

ただ、実績ゼロの段階から異業種交流会へ行っても無意味なのでやめておきましょう。そうした交流会で名刺交換をしたとしても、人脈を築くことができないからです。

交流会に出席する目的は、ビジネスマッチングが基本です。つまり、自分にはもっていない人と組むことで新たなビジネスの創出を目的としていたり、仲良くなって他の人脈を紹介してもらったりすることを期待しています。

しかしながら、実績ゼロの状態であると相手に提供できるものがなにもありません。交流会で自己紹介するとき、「まだビジネスで成果を出していませんが、これからよろしくお願いします」と言われたとしても、相手は困ってしまいます。

仕事をお願いすることができなければ、一緒に組んでビジネスをするメリットもないからです。そのため、成果を出していない状況で異業種交流会へ参加するのは無意味なのでやめましょう。

何度も交流会へ参加し、顔を出すようにする

こうした異業種交流会へ参加するとき、一回の参加だけで完結する人がいます。ただ、実際のところ一回だけ会へ顔を出しても、何も得られるものはありません。そうではなく、同じ会へ何度も顔を出すようにしましょう。

また、交流会に参加している人の中には、他の交流会を主催している人も必ず何人かいます。そうした人たちから異業種交流会へお誘いがあった場合、これについても積極的に参加するようにしてください。そうすれば、似たメンバーと何度も会うようになります。初対面では緊張していたとしても、二回目であればわりとスムーズに会話できることは多いです。

こうして何度も会に出席することで、「異業種交流会に出てまで人脈を広げたいと考えている意識の高い経営者や個人事業主」と仲良くなることを考えましょう。異業種交流会で営業活動して自分の商品やサービスの売り込みをするのではなく、人間関係を作ることだけを考えるのです。

異業種交流会は単に名刺交換をする場ではありません。むしろ、名刺交換だけが目的であるなら、行かない方が時間の節約になります。

そうではなく、異業種の人と交流を深め、人脈構築の場と考えましょう。そうして長い付き合いをしていくことで、後々になって人を紹介してもらったり、普通では会えない場所へ裏ルートで行けるようになったりします。こうした人とのつながりを作れるのが異業種交流会なのです。

交流会の主催者やコアメンバーを仲良くなるべき理由

ただ、異業種交流会へ参加するときに最も重要な考え方があります。それは、「交流会の主催者と仲良くなる」ことと、「交流会のコアメンバーと親しくなる」ことの2つです。

異業種交流会の主催者は例外なく人脈が広いです。交流会にはさまざまな人が参加しており、そうした人たちを束ねている存在が主催者です。そうした主催者と仲良くなれば、一気に人脈が広がっていきます。

しかしながら、主催者だけで交流会を開催していることは稀です。準備が大変であるため、多くは交流会のコアメンバーが何人かいるはずです。そうしたコアメンバーとも親しくなることを心がけましょう。

主催者とコアメンバーの両方との良い関係を築くことができれば、その異業種交流会でのやり取りがスムーズになるはずです。

主催者やコアメンバーから紹介してもらう

そうして主催者やコアメンバーと仲良くなった後、誰かと名刺交換を行うときは「主催者またはコアメンバーから、その方を紹介してもらった後に名刺交換を行い、雑談やビジネスの話を行う」という形を取るようにしましょう。

異業種交流会に出て名刺交換をしただけでは、その後のビジネスマッチングにつながる可能性は極めて低いです。初対面の人に仕事を依頼する人はほとんどいませんし、一緒に組んでビジネスをしようとも思いません。

ただ、主催者やコアメンバーから紹介された場合であれば展開が違ってきます。例えば、主催者から紹介された後に名刺交換をした場合、あなたは「主催者と親しい信頼できる人」と認識されるようになります。その結果、仕事を投げてもらったり一緒にビジネスをしたりしやすくなります。要は、主催者やコアメンバーの信頼を活用するのです。

このような考え方に従って異業種交流会を活用すれば、ビジネスマッチングしやすくなります。主催者やコアメンバーにとってみれば、毎回参加してくれたり友人を連れてきてくれたりするあなたは重宝する存在です。

一方、あなたも主催者やコアメンバーからさまざまな人を紹介してもらえば、人脈が一気に広がるようになります。

異業種交流会というのは、営業活動を行う場所ではなく、人脈作りの場だといえます。こうした認識をもち、主催者やコアメンバーと積極的に仲良くなるようにしましょう。そうすれば、ビジネスの幅が拡大するようになります。

異業種交流会での営業活動が嫌われ、成果も出ない理由

ほとんど人脈がない状態であったり、これから人脈を構築していきたいと考えていたりする場合、異業種交流会を活用するのは効果的です。

「セミナー後に開かれる交流会」や「異業種交流会だけを目的としたもの」など、その内容はさまざまです。いずれにしても異業種交流会へは、意識の高い経営者や個人事業主が参加しています。

ただ、中には営業目的で交流会へ来ている人がいます。営業のために異業種交流会へ参加するのは勝手ですが、ほとんど成果が出ません。こうした営業活動は非効率ですし、相手に嫌われることが多いのでやめておいた方がいいです。

そうではなく、異業種交流会は自分の人脈を広げる場として活用しなければいけません。下手に営業を行うよりも、人との関係を作ることだけに注力するのです。そうすれば、交流会の場で営業しなくても後で大きな仕事を受注できるようになり、人脈も一気に広がっていきます。

異業種交流会から派生する人脈の作り方と注意点

世の中でビジネスをしている人の中で、異業種交流会に出てまでさまざまな人との接点をもちたいと思う人は少数です。そのため、こうした交流会に出ている人は比較的意識の高い人が多いです。

もちろん、交流会の質によって参加する人のレベルは異なります。ただ、いずれにしても異業種交流会は多くの人との人脈を構築できるチャンスの場だといえます。

名刺交換するだけでは、交流会に参加して人脈が広がることはありません。そこで何回も交流会に顔を出したり、交流会で知り合った人のセミナーに出たりすることで人とのつながりを広げていくようにしましょう。こうして、さらに多くの人とつながっていくようになります。

つまり、前述の通り交流会は一回参加して終わりではありません。繰り返し参加することによって、ようやくその威力を発揮するようになるのです。

ただ、自分の商品やサービスを売り込むために来ている人がいます。これは相手に嫌われるだけなので、やめておいた方がいいです。

営業や宣伝ばかりの交流会に価値はない

異業種交流会というのは、ビジネスマッチングなどの交流を目的としている会であり、営業の場ではありません。営業目的の人ばかりが集まる交流会では、参加者は商品を売ることしか考えてないので、その交流会自体に価値がありません。

本来であれば、異業種交流会に出席することで新たな人と組み、ビジネスを行うことでさらに大きな人脈を作ることを考えなければいけません。そうすれば、さらに大きなビジネスを動かせるようになります。

こうしたことを理解せず、異業種交流会という狭い範囲だけで完結する営業活動をしている以上は、大きな発展はありません。ビジネスで成功することもないです。

メルマガ送付やネットワークビジネスへの勧誘をやめる

特に嫌われやすい行為として、名刺交換した人へのメルマガ送付やネットワークビジネスへの勧誘があります。

逆の立場になればわかりますが、交流会で名刺交換しただけの人からいきなりメールマガジンが送られてくればどうでしょうか。信頼関係を構築できていない相手からいきなりメールが送りこまれるため、嫌悪感しか抱かれません。

同じように、ネットワークビジネス(口コミを介して健康食品や化粧品などを売るビジネス)への勧誘を行おうとしても、ほとんどの場合で相手は嫌がります。そもそも、不快感を与える方法で勧誘している時点でネットワークビジネスでの成功はありません。したがって、このような形による勧誘は迷惑なので行わないようにしましょう。

最悪の場合、こうした営業活動ばかりしていると主催者から出入り禁止を言い渡されることがあります。主催者にとってみれば、営業目的で参加することで他の参加者に嫌な思いをさせる人間は邪魔でしかないからです。

もちろん、営業をしても問題ない例外パターンはあります。それは、あなたが行っているビジネスを説明したとき、相手が興味をもってくれた場合です。例えば、これから行おうとしているセミナーを軽く説明したとき、相手が身を乗り出して聞くようになったとき、日時や場所を教えてその人を参加させても問題ないです。

要は、「相手が望んでいることを提案する場合」であれば営業をしてもいいです。ただ、相手が望んでいないにも関わらず異業種交流会で営業活動をする人が多いため、この場合は問題が起こりやすいです。

こうした事実を認識したうえで、営業目的ではなく人脈を作るために交流会を活用しましょう。そうすれば、後で大きな成果を出せるようになります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録