セールスマンとして活動する場合、お客さんへの対応の仕方以外にも気をつけるべきポイントがあります。それは、自分の見た目(第一印象)です。人は初対面の人と会った場合、その人のことを見た目で判断するからです。

そのため新しい人と頻繁に出会う営業マンの場合、自分の見た目に意識を向けることは必須だといえます。

しかし、「自分の第一印象に気をつける」とはいっても、適切な努力を行わなければ、初対面のお客さんに良い印象をもってもらうことはできません。

また、見た目と共にお客様に対して誠実さを示すことができれば、さらに売れる営業マンになることができます。そこで、「セールスマンは、どのようにして見た目を整えれば良いのか」「誠実な営業によって信頼を勝ち取るには、どのように行動すればいいのか」について解説していきます。

営業用のスーツを複数所持する

営業マンとして活動する場合、必ずやっておくべきこととして「営業で使うためのスーツを複数購入しておく」ことがあげられます。これを用意していないと、お客さんから冷ややかな目で見られてしまう恐れがあります。

セールスマンのなかには、営業用のスーツは1着だけの人もいるかもしれません。しかし、スーツが1着しかないということは、当然ながらそのスーツを毎日着て仕事をすることになります。

この場合、早い段階でスーツにヨレなどが表れるようになります。このようなヨレたスーツを着てお客様と商談した場合、お客さんは「なぜ、この営業はヨレたスーツを着ているのだろう?」と感じます。そうして顧客から軽く見られ、話を真剣に聞いてもらえなくなってしまいます。

さらに、スーツは洗濯機で気軽に洗えるものではないため、毎日着続けたスーツに体臭が染みついてしまいます。このようなスーツで営業活動を行えば、当然ながらお客さんから不潔だと思われてしまいます。

こうした事態を避けるためにも、セールスマンとして活動するためには、営業用のスーツを3~4着など、複数所持するようにしましょう。また着用するスーツを1~2日ごとに入れ替えるようにして、定期的にクリーニングに出す必要があります。

・体形に合ったスーツが必要になる

このときもちろん、スーツは自分の体に合うようにオーダーメイドで作る必要があります。トップ営業マンであれば、ほぼ100%の確率でオーダーメイドスーツをいくつも所持することで、見た目による第一印象に気を付けています。

このように常に状態の良いスーツを着用することで、印象の良い営業活動を実践できるようになります。これによって、初対面のお客様から「真面目でしっかりした人だ」と思ってもらえるようになります。

身の丈に合った品を身に付ける

ただ営業マンのなかには、「お客さんに失礼がないように、営業活動ではできるだけブランド品を身にまとうべきだ」と考える人がいます。

確かに、そのセールスマン自身が圧倒的に稼いでおり、なおかつ大企業の経営者などのようにお金持ちのお客様としか商談しないのであれば、高級品を身に付ける必要があるかと思います。

しかし、富裕層でない一般のお客さんに対応する場合、下手にブランド品を身につけてしまうと、かえって逆効果になる恐れがあります。

例えば、あなたの自宅に新人の若い営業マンが訪問に来たとします。このとき、そのセールスマンが高級そうなブランド物の高級腕時計を付け、さらにはもっているカバンなども誰もが知っているブランド品であれば、あなたはどのように思うでしょうか?

きっと「どうして、この若さで高級品が買えるのだろう?」「このセールスマンの恰好には、何か裏がありそう⋯⋯」と不信感を抱いてしまうのではないかと思います。

営業マンとして活動する場合には、「必ずしもブランド品を身につけたほうが良い」というわけではありません。実際に会うお客さんの目線を考え、適切な服装を心掛ける必要があります。

見た目が営業活動に与える理由

それでは、なぜ第一印象を含めた見た目が営業活動で重視されるのでしょうか。これは、それだけ誠実な印象を与えることができるからです。

例えば、多くの人が注目するスポーツに野球があり、その中でも高校野球はいろんな人が観戦します。このとき、なぜたくさんの人が高校球児を応援するかというと、真面目な見た目で頑張っているからだといえます。

それでは、もし高校球児が「茶髪でピアス」の状態であればどうでしょうか。しかも、ロッカールームでタバコを平気で吸っているとします。

こうした姿であれば、たとえ甲子園での優勝候補だとしてもその高校球児たちを応援したいとは思わないはずです。どれだけ実力があり、結果を出していたとしても、見た目が悪いだけで相手にされなくなってしまうのです。

非常に分かりやすい例を出しましたが、まったく同じ現象が営業活動でも起こります。見た目を意識し、第一印象を良いものにしなければ、あなたから商品が売れることはないのです。

・イケメンや美女は関係ない

このように考えると、セールスマンで売れるかどうかに「イケメンや美女かどうか」は関係ないことが分かります。

甲子園で活躍している高校球児は見た目が必ずしもイケメンなわけではありません。ただ、真面目な態度で一つの目的を達成するために集中しているからこそ、いろんな人から応援される存在になっているのです。

言葉・考え・行動を一致させ、営業活動でお客様の信頼を得る

こうした「見た目に注意する」ことは、セールスマンとしての必須条件です。ただ、第一印象だけが良くてもいけません。

商品の販売をするにしてもサービスの提供にしても、ビジネスを行う以上は必ずお客さんに信頼してもらう必要があります。

そこでお客さんに誠実さを示す方法として、営業活動を行うときに「言葉・考え・行動の3つすべてを一致させる」ことがあげられます。これを実行に移すことによって、ようやくお客様の信頼を得られるようになります。

・言葉・考え・行動の3つを一致させる方法

ビジネスを行う上で、言葉・考え・行動を一致させる手法として、「自ら一致させようと意識する」ことがあげられます。つまり普段のビジネス活動において、お客さんに対して言葉・考え・行動の3つが一貫するように気をつけながら仕事に取り組むのです。

例えば、ダイエットサプリメントを販売する際に、その商品を自分が一切使っていないにも関わらず、「私もこのサプリメントを飲んで痩せることができた」などとウソをつかないようにします。

また布団用掃除機を販売する際に、その商品にダニを除去する機能がないにも関わらず、「ホコリを根こそぎ吸い込むだけでなく、ダニの除去まで行えます」などと偽らないようにします。

ウソを伝える営業マンは信用されない

これは極端な例かもしれませんが、「商品が売れるか売れないのかを左右する重要な要素」として、「売っている商品に対して絶対的な自信があるか」があります。要は、あなたが本当に良いと思えるものでなければ売れないのです。

そうしたとき、本人が経験していなくても別の方法で伝えても問題ありません。

販売しているダイエットサプリメントを使ったことがないのであれば、例えば「私自身はもともと痩せていたので使っておりませんが、数多くのモニターの方に使用いただいており、多くの方が効果を実感されています」と伝えます。もちろん、実際にいろんな人に使ってもらう必要はあります。

また、布団用掃除機にダニを除去する機能がなければ、例えば「この布団用掃除機にはダニを除去する機能はございませんが、ダニの死骸の除去であれば他社の商品には負けません」といった形で、別の面で挽回するような説明をします。

商品販売などのビジネス活動において、こちらが不利になるようなことを、たとえお客さんが指摘したとしても、それを隠そうとしてはいけません。

むしろ、正直に話して納得してもらった上で商品・サービスの購入を検討してもらう必要があります。このことを徹底することで、ようやく営業活動でお客さんから信頼を得られるようになります。

見た目を意識し、誠実だからこそ売れる

売れる営業というのは、見た目の第一印象と誠実さを大切にしています。売れる営業は全員がオーダーメイドスーツを何着も保有していますし、見た目がピシッとしています。

見た目の印象が悪いと、その瞬間にあなたから商品は売れなくなります。

ただ、どれだけ見た目に気を付けたとしても誠実さがなければ意味がありません。商品に対して自信を持ち、本当の意味でお客さんのことを考えた提案ができなければ、セールスマンとして活躍することはできないのです。

ここまで述べたことはセールス活動の基本であり、原理原則になります。最初の一歩でもあり、意識できて当然の内容だといえます。そのため、いますぐ実践するようにしましょう。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認