dd9

人間として生きている以上は、怒ってしまったり罪の意識を感じたりすることがあります。こうした負の感情は精神的にあまり良い影響を与えないため、自分の中で適切にコントロールする必要があります。

それでは、どのようにすれば怒りや罪悪感から解放されるようになるのでしょうか。これを実現できるようになるためには、まず「なぜ怒りや罪悪感の感情が生まれるのか」を知らなければいけません。怒りや罪悪感を覚えるのは理由があります。どのようなときに怒ったり罪悪感を覚えたりするのかを知ることができれば、そうしたときに対処できるようになります。

他人が自分のルールを破ると「怒り」の感情が生まれる

なぜ、あなたは怒るのでしょうか。こうした感情は、自分の中に存在するルールを他人が破ったときに生じます。人間には自分なりのルールを誰もがもっています。これに従わない人に対して、怒りの感情が沸き起こるのです。

例えば、病院や新幹線の中などは公共の場であり、「こうした場では他人に迷惑をかけないために静かにしておくべきだ」と考えているとします。このとき、隣にいる子供が騒ぎ始めたらどうでしょうか。その場合、子供に対して注意をすることでしょう。

なぜ、子供を注意したかというと、自分の中にある「公共の場では静かにしておくべきだ」というルールを子供が破ったからです。

他にも、明日までに仕上げるように指示していた仕事を部下が行ってこなかったことに対して怒ったとします。なぜ怒りの感情が生じたかというと、「仕事を明日までにしなければいけない」というルールを部下が破ったからです。

目線を自分ではなく、相手に合わせる

どのような場合であっても、怒りの感情は「他人が自分のルールを破ったとき」に生まれます。そこで、怒りの感情を生まないためには、寛大な心で許した後に目線を相手に合わせます。

先ほどの仕事をしなかった部下に対しては、「仕事をしてこなかったのは、何かハプニングがあったからなのか? 困っていることがあれば、アドバイスするから何でも相談してくれ」と言うようにします。

目線を相手に合わせれば、その人はあなたのルールを破ったことを申し訳ないと思い、自らの意思で行動を変えるようになります。このようにして、人間関係を良好に保ったまま相手を動かすのです。

自分が他人のルールを破ると「罪悪感」の感情が生まれる

また、怒りの感情とは異なるケースとして、罪悪感の感情があります。どのようなときに罪悪感の感情が生まれるのかというと、それは自分が相手のルールを破ったときに起こります。

あなたもこれまで、一度は友達の約束を破ったことがあるはずです。例えば、寝過ごしてしまって約束の時間に現れなかったとき、あなたは「時間通りに現れなければいけない」という相手のルールを破ったことになります。これに気づいたあなたは、その瞬間に大きな罪悪感を覚えるようになります。

詐欺師であったり人間的に問題があったりする人でない限り、他人のルールを破ると高確率で罪悪感の感情が芽生えるようになるのです。

ルールを破った後は、すぐに行動するべき

ただ、このとき「他人のルールを破ってしまった」という事実は変わりません。過去を変えることはできないため、そうした事実に対してクヨクヨするのではなく、これからどうすればいいのかに注力する必要があります。

相手はルールを破られているため、怒っている可能性があります。そのため、このことに対するフォローや信頼回復に努めるようにします。罪悪感を覚えて行動が止まっている場合ではありません。すぐに次の行動へ移す必要があります。こうした考えのもとに動くことで、人間関係を良好に保てるようになります。

前提条件が変われば、怒りの感情が起こらなくなる

このように、怒りや罪の意識を感じるときは明確な法則があります。怒りの感情は「他人が自分のルールを破ったとき」であり、罪悪感の感情は「自分が他人のルールを破ったとき」に起こります。

こうしたルールを知っておき、実際にそうしたことが生じたときに適切な対応をするようにしましょう。そうすれば、人間関係がより円滑になるはずです。

ここまでを理解すれば、怒りの感情が起こらなくなります。

人はなぜ怒るのかというと前述の通り「自分の中のルールを他人が破った」ことによって生じます。つまり、怒りというのは自分が判断したものにすぎません。他人が自分を怒らせたのではなく、自らが「怒る」という選択をしたのです。

これが、どういう意味かわかるでしょうか。怒りの感情というのは、本人の捉え方次第によるものが大きいのです。どのように考えるのかによって、怒ること自体がなくなってより良い人生を歩むことができます。

怒りとは何か

ある程度のことをすべて許すことができる人と、すぐに怒る人ではどちらが良好な人間関係を築くことができるでしょうか。もちろん、怒らずに相手を許すことのできる人間です。

これを踏まえたうえで、どうせなら相手に対して怒鳴り散らすのではなく、傾聴したり励ましたりすることで良好な人間関係を構築したいとは思わないでしょうか。

これを実践するためには、あなた自身の考え方を変えるだけで問題ありません。本来なら怒りの感情が沸き起こる場面であっても、前提条件が違うだけで怒りが収まるようになります。これを理解すれば、怒りというのは自ら引き起こしたものだということを認識できます。

例えば、病院で子供たちが騒いでいるとします。子供の目の前には父親がいて、見て見ぬふりをしています。通常なら、病院では静かにしておくべきです。病院には病気の人がたくさん歩いているため、病院内を走り回ったり大きな声を出したりするのはよくありません。

そこであなたは、怒りの感情が沸いてきます。「病院内であるにも関わらず、なぜ父親が子供を注意しないのか」と感じたのです。そうして、実際に父親と思われる人物に対して注意します。すると、驚きの答えが返ってきました。それは、次のようなものです。

申し訳ございません。実は、妻が先ほど急病で亡くなってしまいました。昨日までは元気だったのですけどね。それで、子供たちも少し動揺していて、気を紛らわすために騒いでいるのだと思います。

私が子供たちを注意する立場なのに、そこまで気が回っていませんでした。

これを聞いたあなたは、急に申し訳ない気持でいっぱいになります。そのような悲劇があったにも関わらず、怒りにまかせて言葉を吐いてしまったからです。そこで、「こちらこそ失礼な言動をして、申し訳ございませんでした。奥様のお悔やみ申し上げます」と思わず言っていました。

なぜ、このような現象が起こるのでしょうか。

前提条件が変われば怒りの感情が起こらない

病院内で騒いでいる子供の親に対して大きな怒りを覚えていたとしても、「数時間前に子供の母親が亡くなった」という情報が加わるだけで、怒りの感情がまったく起こらなくなりました。これは、そもそもの前提条件が変わったからです。

こうして考えると、どのような前提条件があるのかによって、怒りを覚えたりまったく怒らなかったりします。まったく同じ出来事であったとしても、その出来事が起きた背景によってその後の結果はまったく違ったものになるのです。

これはつまり、「怒りは自らが起こしている」ともいえます。不都合な場面に出くわしたとき、「感情にまかせて怒る」という選択は簡単です。

ただ、「もしかしたら、何か特別な事情があったのかもしれない」と解釈をして、相手に寄り添うという選択もできるはずです。自分自身が「怒る」という選択をしなければ、怒りの感情は沸き起こりません。

自分の考え方を変えれば、人間関係は良好になる

ここまでを理解すれば、批判や脅し、罰を与える言動など、怒りの感情を起こらなくするには、あなた自身の考え方を変えればいいことが分かります。あなたにとって何か不都合な出来事があったとしても、その前提条件を変えれば怒りの感情は起こらなくなります。

良い人間関係を保つためには、怒りをぶつけるよりも、支援したり励ましたりすることの方が重要です。先ほどの病院の例であっても、前提条件を変えれば次のように提案できたはずです。

「もしかして、何かご事情があったために、お子様が騒いでいるのでしょうか。ただ、大きな音は他の人のご迷惑になるため、代わりに私が面倒を見ましょうか」

同じ出来事に対して、前提条件や考え方を変えるだけでその後の結果は大きく異なるようになります。この事実を認識したうえで、起こった出来事に対するあなたの解釈を変えれば、物事が良い方向に流れることを理解しましょう。そうすると、より素晴らしい人間関係を構築できるようになります。

他人や環境ではなく、自分を変えると人生が幸せになる

ここまで述べてきたメッセージとしては、「自分の考え方を変えるべき」ということがあります。

よりよい人生を生きていくうえで、重要となる考え方はいくつも存在します。その中でも、最も有名で効果的な手法として「他人や環境を変えようとするのではなく、自分を変える」ことがあります。

頭ではわかっていたとしても、実際にこれを行える人は圧倒的少数です。そのため、本当の意味で理解・実践することができれば、それ以降の人生は別世界に生まれ変わります。

他人と環境は変えられない

多くの人は、自分がうまくいかない理由を他人のせいにします。例えば、仕事でのプロジェクトが失敗におわったとき、どのように考えるでしょうか。または、仕事でなかなか成績を出せないとき、何を考えるでしょうか。

たいていの場合、「上司の判断が間違っていたから」「先輩に恵まれなかったから」「仲間が適切に働いてくれなかったから」という理由がでてきます。あなたの周りを見渡しても、このような理由を並べ立てる人がたくさんいるはずです。

他にも、環境を上手くいかなかった理由にする人は多いです。「いまは不景気だから仕方がない」「ライバル企業が強力すぎたので諦めるしかない」などです。

それでは、こうした理由で解決策を思い浮かべることができるでしょうか。残念ながら、まったくもって打開策を見出すことはできません。どれだけ他人を変えようとしても、まったく思い通りにはいかないからです。これは、環境も同様です。

例えば、「論理的な考えをするように上司を仕向ける」「景気が上向くまで待つ」のように、何のことだかわからない解決策になってしまいます。つまり、まったくもって問題を打破するための提案になっていないのです。そこで、本来は他人や環境ではなく、自分の考え方を変えなければいけません。

自分に責任があると考えれば、解決策が思い浮かぶようになる

先ほどの例であれば、「自分が市場調査をしっかりしていなかったからライバル企業に負けた」「適切な付加価値を創造できなかったから、お客様に提案を受け入れてもらえなかった」と自分に責任があることをまずは認識します。

そうすれば、いくらもで解決策を思い浮かべることができます。市場調査が不適切であったのなら、次回は改善すればいいだけです。付加価値についての詰めが甘かったのであれば、お客様へ要望をヒアリングするなどして訂正すればいいだけです。だからこそ、自分に責任があることを認識し、自らの行動を変えなければいけません。

人間関係の構築は自分が変わることにある

自分を変えるように行動できれば、必ず幸せな人生が待っています。例えば、多くの人が「思い通りに部下が行動してくれない」「上司に恵まれない」とネガティブな思考をして、他人や環境を変えれないことを嘆いている中、自分だけは打開策を見出すことができるからです。

部下が行動してくれないのであれば、「どのような仕組みを自分が構築すれば、自分の考える通りにミスなく部下が動くのだろうか」と考えて実践するだけで、その後の成果が大幅に改善されます。部下を変えようとするのではありません。自分の考え方を変化させれば、チーム全体を良い方向性へ導くことができます。

また、「上司に恵まれない」のであれば、その現状を悲観しても何も生まれません。

そこで、本当に上司が無能なのであれば、あなた自身がその上司の補佐をすることによって裏で活躍し、「仕事場全体の成果を上げることができないか」と考えることはできないでしょうか。

この場合、上司の成果を上げるように動くことになります。ただ、実際に成果が上がってくるようになったとき、職場の仲間は誰が立役者であるか分かっています。また、そのような噂はすぐに広まるものです。

さらに、職場で出世する一番早い方法は、「自分の上司を出世させるように成果を出させる」ことにあります。この本質を理解している人であれば、上司の補佐をするのはそこまで嫌なことではないはずです。

また、このように働くことができれば、当然ながら上司との関係は良くなります。仕事の取りまとめをすれば、他の仲間とのコミュニケーションも円滑になります。信頼関係も強固になるため、少なくとも職場の人間関係での悩みは格段に減少します。

ビジネスでも家庭でも、自分の考えを変えるとうまくいく

これと同じことを、家庭でも行うようにしてください。奥さん(旦那さん)を変えようとしても、絶対に変わりません。そこで、自分自身の解釈や行動だけを変化させるようにしてください。

相手を変えようとすると、反発が生まれます。一方、自分が変われば、相手はその変化に気が付いて受け入れてくれるようになります。

少し思考を変えるだけで、人間関係は大幅に改善していくようになります。

人間にとって、悩みの原因のほとんどは人間関係です。そのため、人間関係が円滑になれば、幸せな人生を歩めるようになれます。この事実を認識したうえで、他人や環境を変えようとするのではなく、まずは自分の考え方を見直すようにしてみてください。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認