あなたはお金をドブに捨てたり燃やしたりすることができるでしょうか。これができるかどうかもビジネスで成功できる分かれ道となります。

多くの人はこれができないために成功できません。しかし、本当に稼いでいる人は常にお金を燃やし続けています。ただそうは言っても、本当にお金を捨てたり燃やしたりしている訳ではありません。

要はお金を出して正しい失敗をしているかどうかになります。

経営者の視点とは

サラリーマンが楽な理由がここにあるのですが、サラリーマンは失敗していくら会社に損害を与えても自分の給料が減ることはありません。上司に怒られることはあるかもしれませんが、言ってしまえば頭さえ下げていればそれで済みます。

つまり、自分の財布を全く痛めることなく会社のお金を使って何度も失敗することができるのです。ここに、「なぜ雇われサラリーマンは楽なのか」という答えがあります。極端な話をすれば、机に座っているだけで給料が貰えます。

サラリーマン生活が長いとビジネスで成功しにくいとよく言われますが、このような人はまさに自分の財布の中からお金が出て行くことに耐えられないのです。

実際にはこれらの人も「消費」に対しては多くのお金を使っているので何とも言えないのですが、「投資」としてビジネスを行うようになると急にお金を出せなくなります。そのため、ビジネスで成功することもありません。

それでは経営者はどうかと言うと、失敗が全て自分に跳ね返ってきます。つまり、広告を出すなど常にお金を燃やし続けながらテストを繰り返しているのです。これが雇われサラリーマンと経営者の違いです。

与えられた事を言われたとおりに行っていれば評価されるのがサラリーマンです。それに対して、経営者は結果だけが評価基準となります。ビジネスを行うためには、この思考を叩き込まないといけません。

正しい失敗とは何か

ビジネスでは必ずお金が先出しとなります。しかも、そのお金で元を取れる保障はどこにもありません。教材代やセミナー代、コンサル費用や広告費など、あらゆる費用がかかります。

ネットビジネスではこの金銭的リスクが大幅に少なくなりますが、それでもある程度はお金を出さなければいけません。もしこれがリアルビジネスであれば、店舗費や人件費など多くの費用が圧し掛かってきまが、リアルビジネスほど大きなお金は必要ありません。

そこで、少額のお金を払いながら失敗していくのです。広告を出すにしても、「キャッチフレーズを変える」、「広告を出す曜日を変える」、「狙いとするターゲット層を変える」など、テストしなければいけない箇所は無数にあります。

これを繰り返していきながら、少しずつ正解へと近づけていくのです。これが、本当の意味での正しい失敗となります。

ビジネススキルのある経営者は常にこれを繰り返しています。自分である程度のリスクを背負い、テストを行っていくのです。

世の中には「給料が低い」と文句しか言わない人もいますが、これがそもそもの間違いです。経営者は常にお金をドブに捨て続けています。もしこれと同じことができないのであれば、文句を言う資格すらありません。

ただし、いきなり大金をつぎ込むのは間違いです。特に最初は小さく始めなければいけません。私が最初に出した広告は1日500円からでした。

このように少額でも良いので、まずはお金をドブに捨ててみる事に慣れていく必要があります。無駄なお金は支払わなくても良いですが、必要な失敗は積極的にしていかなければいけません。これによって、ようやくビジネスで成功できるようになります。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認