ビジネスで成果を出すことを考えるとき、当然ながら金を稼がなければいけません。お金が生まれることによって、ようやく成功者になることができます。

ただ、このとき多くの人は「できるだけ楽に稼ぎたい」「すぐに儲けたい」と考えるようになります。しかし残念ながら、そのように簡単に稼げるようになる手法はこの世に存在しません。そうした方法に飛びついてもいいですが、詐欺に遭うだけです。

リアルビジネスやネットビジネスを含め、成功者になるにはある程度の努力期間が必要です。いくらかの投資も必要になります。全て無料でビジネスを行うとしている人で成功した人を私は見たことがありません。

ビジネスで成功するには共通の法則があります。そこで、これから副業や起業などで事業を開始することを考えるときに理解するべき成功法則について解説していきます。

成功者はどのような道筋を通るのか

多くの人は「どのような過程を経て成功していくか」を知らないと思います。そのため、これを知っているだけでもその後の心構えが変わってきます。

ビジネスを知らない人であると、成功するための道筋は「努力に応じて成果も現れるようになる」と考えます。しかし、実際にこのようになることはありません。いくら頑張ったとしても、まったく収益に結びつかず、成果が表れない日々が続くようになります。

成功するために描く道筋としては一つだけです。その道筋をたどっていくと、以下のような図となります。

a1

このように、実際の成功では必ず指数関数のような二次曲線を描いて成長していきます。

ビジネスを開始して自分が成功することを信じ、努力を継続する場合、ある時点から急速にビジネスがうまく回るようになります。しかも、このときは急に稼げるように成長していきます。実際にビジネスで成功したことのある人なら、全員がこのような推移(指数関数のような成長曲線)をたどります。

なお、このように成果が遅れて現れることを「遅れの法則」といいます。

・結果ではなく、過程に着目する

先ほどの図の意味を理解すれば、どのように考えて行動しなければいけないのか理解できるようになります。例えば、「月収100万円を達成しました」という人がいたとすると、ほとんどの人はその人の結果だけに着目します。結果だけを見て、「うらやましい」と思うのです。

しかも多くの人は、その人が成果を生み出すまでにどのような道をたどってきたかに興味を示しません。ただ、その人がたどった道を詳しく見てみると、必ず「少し前までは全く成果が出ていなかった」という事実が分かります。

むしろ、広告費や教材費などを払っているのでマイナスかもしれません。 このような状態から、何かのきっかけがあって急に稼げるようになるのです。当然ですが、この稼げるようになるまでの時間はあなたの努力やそれまでのビジネス経験によって左右されます。

ただ、どのような人でも、このような過程を経て稼げるようになることを忘れてはいけません。

・ビジネスに限らず、スポーツでも勉強でも成果が出る曲線は同じ

なお、ここではビジネスでの事例を提示していますが、スポーツでも勉強でも同じです。ある程度の結果が表れるまでには時間がかかります。最初はまったく成果が出ません。ただ、あるときを境にして急速に伸びていくようになります。

あなたも、周囲にいる人の中で過去に「あるとき急速にスポーツがうまくなって上位入賞し始めた」「いきなり学校の成績が伸び、テストで点数を取れるようになった」という人が一人はいるはずです。

これは、その人が隠れて努力していたからです。そしてあるとき、急速に成果として表に表れるようになったのです。遅れの法則というのは、すべての事象に当てはまる成功法則だと考えてください。

なぜ人は挫折し、諦めることで失敗するのか

ここまでの事実を知った上で、なぜ心が折れる人が多いのかを説明するのは簡単です。これは、「自分の努力に対して結果が伴わない」という大きなギャップが生じてしまうために心が折れてしまうのです。

そこで、どれだけ努力しても「必ず理想と現実との間でギャップが生じる」という事実を、しっかりと心に刻み付ける必要があります。

たとえビジネスの天才であっても、「ビジネスのスタート段階ではギャップが生じ、その後で急に稼げるようになる」のは共通です。私もずっとサイト運営によるネットビジネスをしていますが、すべてのWebサイトで先ほど示したようなアクセス数の推移をたどるようになります。

これはネットビジネスに限らず、あなたがリアルビジネスを始めるときも同じです。必ず理想と現実との間でギャップが生じます。

そうしたとき、ここまでの内容を思い出すようにしましょう。その後、「確かにいま、自分の努力に対してまだ結果が出ていない。成果が遅れて現れることは本当だ」と考えるのです。

これを理解した上で、決して諦めないで下さい。諦めて挫折すればそこで終わりですが、諦めない限りは必ずいつかは成果が出るようになります。

某有名なスポーツ選手は次のように言います。

100回叩けば壊れる壁なのに、多くの人は99回まで叩いて諦めてしまう。

これについて表した有名な図があります。以下の図です。

これがビジネスを行う上での真理です。あと少し、頑張れば金脈(ダイアモンド脈)を掘り起こすことができたにも関わらず、その一歩手前で引き返してしまうのです。

参考までに、私がネットビジネスを開始したのは大学二年生のときでした。当時はビジネスを始めようとは思っておらず、薬学生だったので趣味で薬のサイトを運営し始めました。しかし、それが広告を貼り付けたら少額ではありますが収入が発生し、たまたまビジネスになったというだけです。

実際のサイトが以下になります。月300万PV以上のサイトに成長し、軽く月100万円の収益を突破するようになりました。

それからというもの、私は何年もネットビジネスを行っています。ここまでに「ネットビジネスを諦める」という選択肢すらありませんでした。これが、私が稼げている理由の一つになります。挫折せず、失敗しても諦めないから結果として成功しています。

あなたが毎月5万円を安定的に稼ぎたい場合であっても、月収100万を目指すのであっても、どちらにしても行おうとしていることは起業になります。

つまり、「業を起こす」という行為を開始しなければいけません。誰かがあなたを稼げるようにすることはまずありません。あなた自身が行動して努力しない限り、副業や起業で稼ぐのは不可能です。

リアルビジネスでもネットビジネスでも年単位の努力が必須

それでは、どれくらいの努力が必要になるのかというと、必ず1年以上の努力がいると考えてください。これに耐えることができないのであれば、あなたが副業や起業などによって脱サラしたり、成功者になったりする資格はありません。

例えば、私はネットビジネスをメインで実践しています。サイト運営のビジネスであり、サイト上に有益な情報を提供することによって、読者からの毎日感謝メールが届くようなWebサイトを構築するのを使命としています。

このとき、ネットビジネスでは新たにサイトやブログを構築して売上が出るまで1年間以上はかかります。ネットビジネスなので不労所得を構築できますが、それまで多大なる努力を積み重ねなければいけないのです。以下が実際に私がサイトを更新し、アクセスが集まるようになったときの推移です。

この図を見て分かる通り、最初はアクセスがまったくありません。少なくとも、半年間はほぼアクセスがゼロです。ただ、1年を経過したくらいから徐々にアクセス数が伸び始め、たくさんの集客(=アクセスがある状態)を実現できていることが分かります。

先ほど遅れの法則を記しましたが、まったく同じ現象が起きていることが分かります。この事実を認識すると、3ヵ月や半年ほどで稼げるようになるのは幻想だといえます。もちろん、ネットビジネスだけでなくリアルビジネスでも年単位の努力が必須になります。

楽に稼ごうとする人は挫折したり、詐欺にあったりする

ただ、ビジネスでの成功期間が1年以上だというと、多くの人は「長すぎるので自分には無理」と考えます。これは、世の中の現実を知らないためにこうした意味不明なことを考えるようになるのです。

また、ビジネス塾に入っている人であれば、場合によっては「自分が稼げないのは教える講師が悪い」と思うようになります。しかし、本当にそうでしょうか。

例えば、スポーツで全国上位を狙うとします。このとき、当然ながら本気で活動しているクラブチームに参加するはずです。そこで、実際に全国一位を何人も輩出したチームに入ります。監督も「全員を必ず全国上位にする」と言っており、やる気に満ち溢れています。

ただ、ある問題がありました。それは、クラブチームに参加しているある生徒が練習に消極的だったのです。

しかし、あるときこの生徒は次のように言います。

僕がクラブチームに入るとき、実力を付けさせて全国上位にしてくれると言ったはず。それなのに、自分はいくら時間がたってもスポーツが上手くならない。このクラブチームは詐欺だ!

これについて、おかしいことを言っているとほとんどの人が理解できます。練習を本気で頑張っていないのに、スポーツが上達するわけがありません。本人の努力が足りないことが悪いわけです。また、スポーツでの上達では1年どころか、何年もの努力が必要になることを当然のように理解しています。

しかし、なぜかお金儲けに関してはこのような考えになりません。「年単位の努力など無理」「この教材を勉強しても稼げない。詐欺だ!」と言い放ちます。

だからほとんどの人は稼げません。スポーツを上手になるのと同じように、稼げるようになるためには教材を勉強した後で「もの凄い努力と行動」が必要になるのは当然です。

スポーツでは努力しないといけないことが分かるのに、なぜか多くの人は努力せずに以下のことを実現できると勘違いします。

  • 努力せず、ワンクリックや毎日10分の作業でお金を稼げるようになる
  • あることをすれば、簡単にアクセスを集めることができる
  • 英語は聞き流すだけで話せるようになる
  • あるサプリメントや健康食品だけを飲んでいれば、ダイエットに成功できる

努力せずにこれらを実現するのは不可能です。このことを理解しなければ、いつまで経っても情報弱者のままです。「努力と行動が必ず必要」という事実を認識する必要があります。さらに、「全ての責任は自分にある」ことを心に刻み付けなければいけません。

・楽を目指すと詐欺に引っかかる

また、特にネットビジネスでは詐欺商品があふれかえっています。また、実力のない自称コンサルタントもそこら辺にいくらでもいます。そのため、楽に稼ぎたいと考えている情報弱者であると、まったく成果の出ない商品を売りつけられて詐欺被害に遭遇します。

例えばネットビジネスであれば、「すぐに成果が出る」というコンサルタントは100%の確率でウソです。

  • 5記事ほどのサイトを作れば3ヵ月以内に結果が出る
  • 完全自動のネットビジネスを行い、半年で月50万円は稼げる

正常な思考ができれば、こうした類のものに引っかかることはありません。ただ、人間は短絡的な成果に飛びつく傾向が非常に強いです。そのため、そうした魔法の杖は存在しないことを強く認識する必要があります。

代償の先払いを行い、環境を変えるから成功者になれる

ただ、長期的な努力を継続するときに忘れてはいけないものがあります。それが、代償の先払いです。

サラリーマンと副業・起業の違いは「自らビジネスを実践しているかどうか」にあります。脱サラする前であれば、決まった時間を働けば同じ給料が銀行口座に振り込まれることが分かっています。自分の時間を切り売りすることによってお金を得ているわけです。

ただ、脱サラを含めて副業や起業によってビジネスを開始するとなると、本当にそれをして儲かるようになるのかは誰も分かりません。実際のところ失敗確率は高く、当然ですが全員が成功者になれるわけではありません。

しかし、こうした努力を続けることによって「代償の先払い」をすることは成功に必須となります。成果が出るのか不明な中で将来のビジネスのためにタダ働きを行い、稼ぐ仕組みを作るのは面倒ですし大変です。ただ、こうした代償(=努力、痛み)の先払いをしなければ成功はありません。

・環境を変えることで代償を支払う

当然、成功するときに払わなければいけない代償は「努力」だけではありません。その他の代償についても支払う必要があります。

例えば私の場合がサラリーマンだったとき、本気で脱サラしてネットビジネスで起業するために以下の代償を支払いました。

  • 友人との飲み会や遊びの誘いはすべて断る
  • テレビを見る時間をゼロにする
  • 土日はずっとビジネスの時間に充てる
  • 他の社員が残業している中、空気を読まず毎日定時で退社

それまでは飲み会に誘われると必ず出席していた人間だったので、あるときから急に態度が変わって「どうしたんだ?」と周囲から思われてしまったかもしれません。ただ、自分の成功に関係ないものはシャットアウトするようにしました。

健康のために学生時代から続けているスポーツ(バドミントン)はずっと続けていましたが、それについても飲み会や試合の誘いはすべて断るようにしました。

そうすると、時間ができます。私の場合、その時間をすべてネットビジネスに充て、有益なWebサイトやブログを作るようにしたのです。なぜ、代償の先払いが必要になるのかというと、このようにしなければ時間を作れないからです。

成功には大きな痛みを伴います。例えば、私の友人で成功している人であれば、「いまの職場で働いているとずっと残業で物理的に時間を取れないため、自分の時間を作れる職場に転職した」という人もいます。これも、一種の代償に当たります。

多くの人は現状維持のままで成功しようとします。ただ、これで成功者になるのは無理だと自覚しなければいけません。

問題の定義を明らかにして、解決しないと成功はない

ただ、このときは問題を明確にしておく必要があります。ビジネスで成功することを考えたとき、あなたの解決するべき問題以外の項目については、いかなる時間も費やしてはいけません。

それでは、あなたにとっての問題とは何なのでしょうか。まずは、身近な例から説明していきます。

人であれば、誰でも叶えたい未来を描いています。たとえ家と会社を往復するだけの毎日を送っているサラリーマンであっても、「老後の心配をしないために大きな貯蓄を作っておきたい」「家族関係をよくして、円満に過ごしたい」と考えているはずです。

ただ、現時点であまり貯蓄がなければどうでしょうか。「老後を不安なく過ごしたい」という願望を満たすことができないため、ここに現状との大きなギャップが生まれます。これが「問題」だといえます。

問題の定義というのは、ありたい姿・あるべき姿に対する現状とのギャップだといえます。

他にも、必ず行きたい志望校があるけれども、模試でE判定を受けるなど現状ではほぼ難しい場合は問題が起きているといえます。「志望校に受かる」という未来に対して、現状は「模試でE判定」という状態であるため、ギャップを生じているといえます。

・達成していることは問題ではない

既に達成していることは「問題」ではありません。これまで達成したことがなく、自分の理想とする姿にギャップが生まれていることが解決すべき問題になります。

ここまでを理解したうえで、あなたの問題は何でしょうか。「目の前にあるどうでもいい仕事をこなさなければいけない」「友達に貸したお金が戻らない」などのことは解決すべき問題ではありません。それらは自分の理想とする姿とは関係ないため、本当の意味での問題ではないのです。

一方で「起業して脱サラし、いまのサラリーマン年収の2倍は稼ぎたい」「ネットビジネスを開始して3ヵ月目だが、まだ売上ゼロで月30万円の目標に達していない」などは問題として捉えていいです。

「叶えたい未来とのギャップ」を感じたとき、そこに問題が潜んでいます。より自分が目指すべき未来を見据えたうえで問題を定義しなければいけません。

このとき重要なのは、問題とは関係ない事柄についてはできるだけ断捨離していくことです。無駄な飲み会を含めあらゆることを削るのです。大きな代償を支払うことにはなりますが、必要ではないことを捨てていくことによって時間を作り、本当の意味で大切なことへ時間と労力を費やすことが成功に必要となるのです。

ビジネス・起業で失敗する人を知り、成功法則を学ぶ

世の中には成功法則があり、明確に決まっています。ここではビジネスでの成功法則を記しましたが、スポーツや勉強を含めすべてに共通することを解説しました。

少し努力しただけで成果が表れることはありません。必ず時間が必要になります。ある程度の努力期間を経て、最初はまったく成果が出ない状況から急激に成功者の階段を駆け上っていくようになるのです。

リアルビジネスやネットビジネスで失敗する人の共通点は決まっています。途中で挫折して諦めるからです。当然ながら、挫折した時点で成功などあり得ません。残るのは失敗だけです。

特に短期的に成果を出すことを考えている人の場合、100%の確率で成果が出ません。それどころか、詐欺商品に引っかかって無駄に借金だけが残るようになります。これを避けるため、ビジネスで成功するために必要な正しい成功法則を学ぶ必要があります。

そうして、努力という代償の先払いを行い、ビジネスの時間をできるだけ確保して行動することが必要になります。あとは、成果を出すために正しい行動を継続することで成功者になるだけです。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認