起業・独立のときは、必ずビジネスの手法を学ばなければいけません。ただ、このときWebサイト・ブログ運営やせどりを含めたネットビジネスとなると、なぜかノウハウコレクターが多くなる傾向にあります。

また、成功できない人の典型例として、「いくつものノウハウに手を出そうとすること」もよく見られる傾向です。稼ぐ手法としてはいくつもありますが、アフィリエイトやせどり、さらにはリアルビジネスを含め違うものに手を出そうとするのです。

こうしてノウハウコレクター化していきますが、ビジネスで稼ぐためには、「自分が行わないことを決める」という作業が必要になります。

そこで起業・独立や副業をするとき、「どのようにして金儲けを考え、ノウハウコレクターから脱出すればいいのか」について解説していきます。

サイト・ブログ運営やせどりなど、ネットビジネスはシンプル

たとえ副業であったとしても、お金を稼ぐことは「起業すること」と同じです。ゼロの状態からお金を稼がなくてはいけません。ただ、知識やスキルゼロの素人であっても非常にシンプルな方法で稼ぐことができます。

例えばネットビジネスの中でも、サイト・ブログを活用したアフィリエイトでは「読者に有益な情報を提供してアクセスを集め、そこに広告を貼る」だけです。そのため、誰でも簡単に実践できます。

せどりも同じであり、安く仕入れてネット上で高く売るだけです。何も難しいことはありません。

ビジネスは複雑に考えるほど破たんしやすくなります。そのため、稼ぐための仕組みは非常シンプルで簡単です。ただ、簡単とはいっても「理論が簡単」なだけです。ビジネスモデル自体は単純でなければいけませんが、お金を得るためにはもの凄い努力が必要です。

知識だけはあるノウハウコレクターが起業で失敗する理由

このとき認識しなければいけないことは、「起業・独立や副業で成功する方法は世の中に全公開されている」という事実です。

例えば書店に行けば、そこには実際に大成功を収めた人のノウハウが凝縮されています。アフィリエイトやせどりなどのネットビジネスに限らず、不動産・飲食店・株式投資などあらゆる成功事例が記されています。しかも、どれもその通りに実践すれば成果を出すことができます。

それだけでなく、いまではインターネット上にも無料であらゆる成功方法が記されています。実際、当サイトはWebサイトやブログの運営で成功する方法について全公開していますが、無料で得られる情報であってもその通りに実践すれば成功できるほどです。

ただ、これだけ成功する方法が公開されているにも関わらず、なぜほとんどの人はうまく行っていないのでしょうか。この理由は単純であり、行動していないからです。

例えばスポーツを上達させたいとき、本で学ぶだけでは不十分です。実際に練習を重ね、試合もしなければスポーツはうまくなりません。これとまったく同じことはビジネスにもいえます。ビジネスを動かせば、書籍に書かれていない問題点が出てくるため、それらを突破していかなければいけません。

そのため、勉強だけをしていても無意味です。多くの人は学ぶことが大好きですが、ビジネスでの副業・起業に成功したいのであれば、勉強だけで満足せず、実際に行動する必要があります。

勉強ができても成功できない理由

日本の学歴社会の良くない面として、まさにこの点があげられます。「知識をたくさんもっている人であるほど評価される」のが実情だからです。既に答えが用意されており、その答えをどれだけ正確に解けるかが評価されます。

どれだけ知識をもっているかによって評価されるため、世間でいう頭の良い人であるほど、知識をもつだけですべてを悟ったと思ってしまいます。ただ、実世界においてこれは勘違いでしかありません。

また、本の著者が何年も積んできた経験を活字やセミナーから学んだとしても、行動に移さなければ「どう活用すれば良いか」までは分からないのが実情です。

そこで本当は本の内容を自分の中に落とし込み、書かれていることを実行に移さなければいけません。これが経験になり、小さな成功体験を積み重ねていけば、それがやがてノウハウになります。こうして、知識が「知恵」へと変わります。

実社会では答えの分からないものに対して、試行錯誤を繰り返しながら正解を導き出さなければいけません。学校のように、既に決まっている答えを導き出すのとは大きく異なるのです。

ビジネスにおいて知識はそこまで重要ではなく、答えが用意されていない状態から考えながら実行に移していかなければ成功することはありません。ここに、単に知識のある人がビジネスで成功できない答えがあります。

ノウハウコレクターは無意味

経験はないものの、多くの知識だけがあるノウハウコレクターほど、「何か素晴らしいノウハウはないか」と探し回ります。しかし、そのような方法はありません。

ビジネスでの成功方法やビジネスモデルは前述の通り非常にシンプルであり、特に目新しいものなど存在しないのです。多くの人は魔法の杖(優れたノウハウ)があるはずだと考えて探します。ただ、そのような手法がない以上は諦めなければいけません。

しかも何かノウハウを講師から学んだとき、ノウハウコレクターであるほど「それは既に知っている内容だ!」と考えます。知識としてもっている内容を聞いたときに不満をもらすのです。

ただ知識を学んだだけで、その内容のすべてを会得したと錯覚してはいけません。経験が伴っていないため、実際には何も知っていないのと同じです。

このような人たちには、圧倒的な成果を出したプロたちが何年もかかって築き上げたものに対して、「わずか数日で会得して、自分も同じような結果を出したい」という安易な考えが根底に横たわっています。何年も耐え抜いて努力し、経験を積むという気持ちが抜け落ちているのです。

「大学受験」「スポーツの上達」では圧倒的な努力をしなければいけないと理解している人であっても、なぜかビジネスでは甘えが出ます。不思議な現象ではありますが、ビジネスの話になった瞬間に「経験を積まずに知識を得るだけで満足してしまう人」が大多数なのです。

知識だけで満足する人では、起業してビジネスを始めたとしても必ず失敗します。そこに経験が伴っていないからです。ここから、なぜ成功する方法が世の中に全公開されているにも関わらず、多くの人で成功できないのか分かるようになります。

あなたが確認すべきことは「本から学んだ知識なのか、経験から学んだ知恵なのか」を区別することです。知識を得たことで、その内容まで理解したと錯覚しないようにしましょう。

ノウハウコレクターの特徴を知り、元を取る思考をするべき

それでは、ノウハウコレクターから脱出するためには何をすればいいのでしょうか。これについては、前述の通り「興味の対象が分散してしまう」ことがノウハウコレクターの特徴だとまずは認識しましょう。そこで、一つのことに集中します。

私もいまでは起業・独立してそれなりにうまく会社経営できていますが、ビジネスにおいて得意なことは一つだけです。それは、Web集客です。私の場合はWebサイトやブログを活用して集客する方法を極めたことで、ビジネスを行えるようになったわけです。

同じように、稼いでいる社長は全員が特定分野で強みをもっています。例えば保険営業のトップだったり、不動産投資で大成功をおさめたりしています。

ただ、その他の分野については知識がありません。それでも問題なく、特定分野にだけ強みをもつからこそ、ビジネスで起業したり副業を開始したりするときに、稼げるようになるのです。

この事実を認識したとき、興味がいろいろあるのは分かりますが、「何をするのか」を一つだけに絞ってビジネスを開始しましょう。例えばネットビジネスでも、以下のようにいろんな種類があります。

  • アフィリエイト
  • ECサイト
  • 雑記ブログ
  • コピーライター
  • せどり
  • 海外輸出・輸入

この中から行うネットビジネスを絞り、それ以外は見ないようにするのです。

また、起業・独立や副業を独学で開始してビジネスで成功する人など、ほぼいません。そのため、最初はセミナーなどで学ぶことになります。そうしたとき成功できるのは、元を取るために支払ったお金以上の価値を得ようとする人たちです。

一方で成功できない人は「少し難しそう……」と思ってすぐに諦めます。実際のところ、ビジネスでは壁しかありません。学校のように既に答えが用意されているのではなく、全て自分で問題解決の糸口を探していく必要があります。

そのため「難しそう」と思ってすぐに諦めるのであれば、厳しい言い方をすれば自分の力だけでお金を稼ぐのは諦めたほうがいいです。

成功できる人ほど、多少の壁があったとしても、その壁を乗り越えるためにどうすれば良いかを考えます。決して言い訳をせずに行動し続けます。そうして行うべきことを一つに定め、途中で諦めることなく実践した瞬間にノウハウコレクターから脱出できるようになります。

完璧を目指すと手が止まる

そうして実際に行動し始めると、ようやくビジネスが回り始めます。例えばWebサイト・ブログを運営するネットビジネスを開始するのであれば、「キーワードをどうすればいいのか」「文字数をどうするのか」「独自情報をどう手に入れればいいのか」などを考え始めます。

反対に、ノウハウコレクターの場合は行動していないケースが多く、そもそもスタートラインにすら立てていないことがほとんどです。そのため行動に移した時点で、その他大勢のノウハウコレクターから抜け出すことができます。

しかし、たとえ行動したとしても多くの人は途中で行動をやめてしまいます。なぜ、そうした現象が起こるのでしょうか。この理由についても単純であり、ほとんどの人は完璧を目指そうとするからです。

例えばサイトやブログを作るとき、「この記事のままでは、とても世の中に公開できない」と考え、推敲を繰り返してずっと考えるようになります。

他にもせどり・物販であっても、「もっと安く仕入れる場所があるのでは?」と考えて、結局のところ何も仕入れることなく終わってしまうのです。

ただ、ビジネス初心者が完璧を目指しても無意味です。特にビジネスを開始した最初のころに動いたものについては、100%の確率で完成度が低いからです。その時点では完璧だと思ったとしても、半年後に確認すると「何でこんなに質が低いことをやっていたのだろう」と考えるようになるのです。

例えばネットビジネスでサイトアフィリエイトをするにしても、「一番最初に書いた記事」と「半年後に書いた記事」を見比べると、その内容に歴然とした差が出るのが当然なのです。

この現象は、いまでは成功者と呼ばれる人でも同様であり、最初は質の悪い仕事をしていて、実際に行動を重ねていくうちに改善していったわけです。多くの人は最初から質を求めようとしますがすべて無意味です。そうではなく量をこなすことで、ようやく質に変わっていくことを認識しましょう。

・子供の成長が早い理由

そうした視点で見たとき、なぜ子供の成長が早いのか分かるでしょうか。これは、失敗を恐れずに中途半端な状態でもいいからチャレンジし続けるからです。そうして挑戦していき、やりながら軌道修正するからこそ素早く成長していくのです。

ただ、ほとんどの人は大人になった瞬間に成長が圧倒的に遅くなります。これは、最初から完璧主義を目指して新たな挑戦をやめてしまうからだといえます。

そのため完璧主義は目指さず、積極的にチャレンジしていくようにしましょう。最初は雑に始めて、後で軌道修正していけば問題ありません。ビジネスで稼ぐ一つの分野を見定めたあと、行動するときに完璧主義を目指さなければ、ノウハウコレクターを脱出して成果を生み出せるようになります。

ノウハウコレクターの特徴や心理を理解し、脱する

世の中でノウハウコレクターと呼ばれる人としては、特にネットビジネスでの起業・独立や副業を考えている人の中に多いです。

こうした人には共通点があり、その特徴や心理はどれも同じです。まず、ノウハウコレクターだと知識だけは多いです。しかし行動が伴っていないため、人から聞いたことであったり、勉強したりした範囲でしか物事を語れません。この状態では言葉には重みがなく、意味がないといえます。

そこで、実際に行動してみましょう。ノウハウコレクターだと多くのことに目が移りがちですが、行うべき一つのことを明確に決め、それ以外は考えないようにするのです。ビジネスを開始するとなると最初に投資を行い、勉強代を支払う必要があるため、支払ったお金を取り戻すまではやり遂げるといいです。

このときは完璧主義をやめ、ビジネスの開始するときは雑に始めるようにしましょう。どれだけの成功者でも、最初は低い完成度から入っています。最初は圧倒的な行動を実践し、その後に質を高めていけば問題ありません。

こうしたことを考えながらビジネスを進めていくことで成果が出るようなり、ノウハウコレクターから脱出していくのです。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認