ビジネスを行うときに最も重要となる部分が「集客」になります。これさえ出来てしまえば、全てのビジネスで上手くいくようになります。

集客では利益を出してはいけません。これは化粧品会社や健康食品会社を見れば分かります。なぜこれらの企業が赤字を出してまでサンプルをばら撒いたり格安で商品を提供したりしているかと言えば、それは本気で集客を行っているからです。

この時、集客では「無料」の物を配っている事が多いです。ただし、無料の使い方を多くの方が勘違いしています。これを理解しなければ、いつまで経っても集客ができません。

なお、別に商品を提供しなくても、「価値のある情報」でも問題ありません。弁護士や経営コンサルタントなど、情報によってビジネスを行っている人はいくらでもいます。それでは、どのような「無料」を提供すれば良いのか、以下の動画をご覧ください。

無料では最高の商品をプレゼントする

商品を売りたい場合、そもそも見込み客がいなければビジネスがスタートしません。そのため、まずはお客様を集めることから始めます。

この時に「無料商品」を配ることで顧客リストを構築していきます。いわゆる、あなたが提供する商品に興味がある見込み客を募集していくのです。

多くの人がここで失敗します。それは、「提供するものはどうせ無料だし……」と思って本当に無料程度のプレゼントをします。これは最悪です。

これはお客様の立場になれば分かります。

例えば、あなたが受け取った無料プレゼントが1週間後に壊れてしまい、むしろゴミになってしまったらどうでしょうか? その製品を提供している会社の商品は、全て大したことがないように思えないでしょうか。

多分、「簡単に壊れてしまうような商品を提供する会社」と考えてしまいます。これは避けなければいけません。

それではどうしなければいけないかと言うと、最高の無料をプレゼントします。下手をすれば商品と同等かそれ以上の無料を提供する必要があります。これによって、見込み客は提供された商品と無料とのギャップによってあなたのファンになってくれます。最高の無料によって見込み客は満足し、その後に紹介される商品も購入してくれるようになります。

最高の無料情報を提供する

無料とは言っても、それでも製品を提供するにはかなりのコストがかかります。良い品物を提供しようとするほど、その分だけ製造コストが高くなってしまいます。輸送コストや人件費を考えると、かなりの赤字が出てしまいます。

ただし、必ずしも製品を提供しなければいけない訳でもないと認識してください。提供するものは情報でも構いません。

電子コンテンツであれば無限に量産することができ、輸送コストもかかりません。一瞬でお客様のもとに最高の無料商品を提供することができます。さらに言えば、この過程を全て自動化させることもできます。

私もこの戦略を行っています。

薬学系サイトであれば、「1000ページを軽く越えるテキストと大量の映像・音声」を全て無料でプレゼントしています。その代わりとして、「名前」と「メールアドレス」を取得します。

これはビジネス系サイトでも同じです。「ポータルサイトビジネス」という私しか行っていない社会的意義の高いビジネスの行い方を解説した動画を無料で提供しています。

これによって、無料プレゼントを受け取った方はとても満足してくれます。返信を要求していないにも関わらず、何通もの感謝メールが勝手に毎日届くようになります。

本当はここまでしなければいけません。

これを行えるようになれば、売上を上げるのが恐ろしく簡単になります。要は相手の想像をはるかに超える無料を提供すれば良いのです。この時の無料は必ずしも製品である必要はなく、私が行っているように情報でも全く問題ありません。決して無料程度の製品をプレゼントしてはいけません。

あらゆる商品の中でも、「無料」はかなり力を入れて作り上げたものでないと意味がないと認識してください。まずは最高の無料を提供することで、見込み客を満足させることだけを考えてください。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録