個人がビジネスをして副業・起業するとき、広告収入でお金を得ることを考える人は非常に多いです。ただ、個人がリアル媒体で広告収入を得るのは現実的ではありません。そこで、サイトやブログなどを立ち上げ、ネットビジネスによる広告収入を得るのが一般的です。

このとき、あなたはどのような広告収入モデルを考えるでしょうか。広告収入とはいっても、さまざまなやり方が存在します。

当然、広告収入のビジネスモデルによって将来の収益額も大きく異なるようになります。そのため、適切な広告収入モデルを選ぶ必要があります。ネットビジネスでは、どのような形態で広告収入を得るのかによって稼げなくなることもあるのです。

そこで、具体的に「どのように考えてサイトやブログを運営し、広告収入を得られるようにすればいいのか」について解説していきます。

広告収入モデルは3つの種類に分けられる

そもそも、Webサイトとしてホームページを作ったり、ブログを構築したりしたとき、どのような広告収入モデルを考えればいいのでしょうか。これには、主に3つの種類があります。3つの中から、どの広告モデルを考えればいいのか検討する必要があります。

具体的には、以下の方法になります。

  • 純広告
  • クリック型広告:Googleアドセンス
  • 成果報酬の広告:アフィリエイト

それぞれ稼ぐための仕組みが異なるため、順番に確認していきます。

純広告は稼げないのでやめるべき

ホームページを作った後、そこに多くのアクセスを集めて企業の広告を貼り付ける手法が純広告になります。仕組みは簡単であり、アクセス数の多いサイトやブログを構築した後、企業から直に広告を掲載してもらうだけになります。

例えば、私は月300万PV以上のアクセス数を誇る薬学サイトを保有しています。このサイトのトップページには、企業と直提携することで取ってきた純広告を掲載しています。

トップページのこの位置に掲載することで、月3万円ほどの広告料が入ってきます。金額がものすごく高いわけではありませんが、これが一般的な相場料金になります。

問題点として、純広告を取ってくるのは不可能に近いほど難しいことがあげられます。私の場合はたまたま純広告を企業から取ってくることができたものの、どれだけアクセス数があったとしても基本的には「広告は取れない」と考えてください。また、純広告の相場料金は恐ろしく低いという現状もあります。

理由は単純であり、純広告では企業側でほぼ成果を出すことができないからです。企業にとって、純広告を出したとしてもほとんど広告をクリックされず、商品・サービスに申し込まれることもないのが現状です。そのため、ホームページを開設して広告収入を得ることを考えたとき、実際のところ純広告は無理だと思った方がいいです。

クリック型広告のGoogleアドセンス

儲かることがないため、純広告ではなく他の仕組みでお金を生み出すことを考えましょう。こうしたとき、次に検討するべきものがクリック型の広告になります。ネットビジネスであれば、Googleアドセンスがクリック型広告に該当します。

先ほどの薬学サイトを再び掲載しますが、以下の部分にあるのがGoogleアドセンスになります。

トップページには先ほどの純広告を貼り付けていたわけですが、その他のコンテンツ記事についてはこのようなGoogleアドセンスを貼っています。先ほどの薬学サイトはGoogleアドセンスが収入源であり、収益は月100万円を軽く超えています。

例えば、以下が実際のGoogleアドセンスからの振込金額になります。この月は130万円以上(その前の月は110万円の報酬)になりました。

純広告では月3万円と非常に稼ぎの額が少なかったわけですが、クリック型の広告では収益額が非常に大きくなりました。

企業にとってみたら、クリック型であれば「広告をクリックされたことは確実」となります。そこから商品を購入してくれるかどうかは別問題ですが、いずれにしても広告をクリックしてくれた以上はサービスに申し込んでくれる可能性が高いです。そのため、報酬額も大きくなるのです。

ホームページを立ち上げ、広告収入を最も簡単に得る方法がアドセンス広告です。特に趣味ブログや雑記ブログをしている人の場合、できるだけ多くのアクセス数を集めてGoogleアドセンスによる収入を増やそうとする人が大多数です。

ちなみに、Googleアドセンスはその人に合わせて自動で広告が表示されるため、純広告のようにどこかの企業と提携しなくても問題ないという大きなメリットがあります。「アドセンス広告をブログに貼るだけで、収益化のための導線が完成する」という、非常に簡単な手法になります。

アプリ開発もクリック型広告になる

クリック型広告はWebサイトだけに限りません。アプリ開発でも頻繁に行われています。一般企業であれば自社サービスの紹介や拡散、利便性向上のためにアプリをリリースすることがあります。ただ、個人がアプリ開発をする目的は何かのサービスを広めるというより、単純に広告収入を得るという目的があります。

例えば、以下は私がいつも活用している目覚ましアプリです。

このように、広告が自動で差し込まれるようになっています。特にホームページを立ち上げて多くのアクセス数を稼がなくても、多くの人にアプリをダウンロードしてもらって毎日使ってもらうようにすれば、勝手に広告がクリックされてあなたに多くの収益をもたらせてくれるようになります。

アプリでもWebサイトでも収入を増やすときの考え方は同じです。それは、「どれだけ多くの人にアプローチして、広告をクリックしてもらえる機会を増やすのか」にあります。

完全成果報酬のアフィリエイト

ただ、どれだけ広告がクリックされたとしても商品・サービスに申し込まれるかどうかは別問題です。企業にしてみれば、お金だけ消えて儲からない可能性があります。

そこで、完全成果報酬の広告としてアフィリエイトがあります。成果報酬であるため、あなたのサイトやブログから実際に申し込みがあったときだけ報酬が支払われるようになります。

例えば、私は以下のようなアフィリエイトサイトを保有しています。

薬剤師の転職サイトであり、このサイト経由で転職エージェント(リクナビ薬剤師など)に登録してもらったときだけ、成果報酬での支払いがあります。

成果報酬のアフィリエイトは収益性が非常に高いという特徴があります。要は、申し込みがあったときの広告収入が非常に大きいのです。例えば、私の場合は転職したい薬剤師による申し込みが一件あったとき、6万円の報酬をもらえるようになっています。

以下のように報酬額が設定されています。

実際に申し込みがあったときだけお金を支払えばいいため、広告主にとってみれば非常にありがたいシステムです。また、成果報酬だからこそ多くの広告主は広告費を支払ってくれるようになります。

webメディアはアフィリエイトが稼げる

なお、副業によるお小遣い稼ぎや起業でのビジネスを含め、どのような方法が儲かるのでしょうか。ネットビジネスで稼ぐには、稼ぐ方法を理解したうえでホームページ作りを進めなければいけません。

これについては、以下のように考えてください。

  • 月1万円ほどのお小遣いで問題ない:Googleアドセンス
  • 本気で稼ぎたい:アフィリエイト

先ほど、薬学サイトではクリック型広告で月100万円以上を稼いでいる実例を紹介しました。このようにいうと、「Googleアドセンスでも大きく稼げるではないか」と思われるかもしれません。

確かに、ここまでの巨大媒体を築くことができれば、それだけの収入を得ることは可能です。たとえ放置であったとしても、年収は勝手に上がっていきます。

ただ、現実的な話をすると、これだけのアクセスを得るまでに10年以上の歳月がかかっています。サイトのページ数は2000ページ以上であり、Webメディアを作るための労力は大きいです。ここまで稼ぎ出すまでにかかった時間を考えると、働いたわりには稼ぐ額が少ないです。

それでは、薬剤師の転職サイトで考えてみましょう。このサイトは薬学サイトに比べて、アクセス数は圧倒的に少ないです。1日100~200UUくらいです。つまり、月のアクセス数は1万以下であり、薬学サイトに比べて30分の1以下しかアクセスがありません。しかし、月30~50万円を稼いでくれています。もちろん、運用年数も少ないです。

このような現実があるため、クリック型広告は圧倒的に稼ぎにくいことが分かります。純広告はまったく稼げませんが、クリック型広告でも大きな収益を出すのは難しいのです。副業の場合、多くは会社員や主婦がネットビジネスをすることになります。そうしたとき、効率的に稼ぎたいのであればGoogleアドセンスは向いていません。

ただ、趣味ブログの方が立ち上げは簡単であり、記事更新しやすいのは事実です。そのため副業として主婦や会社員がゆるくビジネスをしたい場合、Googleアドセンスによるネットビジネスを行うようにしましょう。目安としては、「1PV = 0.5円」が一般的な平均相場です。

クリック単価(1クリックごとの収益額)はブログの属性によって異なりますが、月2万PVのWebメディアを作って月1万円になると考えてください。

ただ、そうではなく本気で稼ぎたい場合は成果報酬のネットビジネス(アフィリエイト)を検討しましょう。

リアルビジネスでの広告モデルも成果報酬が稼げる

インターネットでの純広告やクリック型の広告モデルは圧倒的に稼ぎにくいことを述べました。これは、リアルビジネスでもまったく同じ現象が起こります。結局のところ、ビジネスの本質は変わらないのです。

例えば、「イベントを開催することで多くの人を集客し、そこに企業からの協賛金を集めて運営する」というビジネスモデルを考えたとします。このビジネスをよく観察すると、「多くの人を集めて広告料をもらう」という意味で純広告のビジネスモデルと同じであることに気がつきます。

他には、多くの居酒屋を特集したフリーペーパーを作成し、これを無料で配布する代わりに居酒屋から掲載料を取るモデルを思いついたとします。これも同様に、たくさんの人の目に触れさせたうえで企業から広告費を出してもらうモデルです。

企業にとって、テレビや新聞、雑誌、フリーペーパーを含め、こうした広告ほど経費をかけにくいものはありません。費用対効果を測りにくく、本当にリターンが返ってくるのか分からないのでリスクが大きいだからです。

また、イベントに人を集めたりフリーペーパーを大量に配布したりするためには、多くの労力が必要です。しかも純広告である以上、広告料を企業から徴収するのは至難の業であるため、結局のところ労力に見合いません。

従業員が何千人、何万人もいる大企業あれば問題ありませんが、少人数や個人での副業・起業で純広告による広告収入モデルは明らかに向いていません。

一方で成果報酬であれば大きく稼げます。例えば、保険の代理店は「保険商品を代わりに売ることで手数料をもらう」という成果報酬モデルを実施していますが、大きく稼げることで知られています。ネットビジネスに限らず、リアルビジネスでも成果報酬型の広告で収益額が増えるのは同じなのです。

月10万円を稼ぐWebメディアの作り方

広告収入を得るための仕組みを理解した後は、実際にお金を得られるサイトやブログを作らなければいけません。このとき、どのようなWebメディアを構築すればいいのでしょうか。Googleアドセンスであれば広告を貼るだけです。ただ、アフィリエイトの場合で稼ぐには戦略を練り、作り方を研究しなければいけません。

アフィリエイトを収入源にして月10万円の副収入を得るには、特定分野に特化させる必要があります。

しかも、アフィリエイトでは稼げる分野が既に決まっています。そのため、あなたの強みを活かしながらも儲かる分野に入る必要があります。例えば、以下のようになります。

  • 金融(キャッシング、クレジットカード、保険など)
  • 投資(株、FXなど)
  • 転職
  • 美容・健康
  • 機器(レンタルサーバー、格安SIMなど)

こうした分野は高単価であり、一件が成約したときに多くの報酬額を受け取れるようになります。例えば、以下は女性用育毛剤ですが一件成約で7,000円になります。

Googleアドセンスで月7,000円を得るには、平均で月14,000PVものアクセスを集めなければいけません。ただ、物販アフィリエイトなら月1件売れるだけで問題ないのです。

しかし、ごちゃ混ぜブログだと商品が売れることはないため、どのジャンルに参入するのか決める必要があります。

このとき、まったく興味のないジャンルではほぼ確実に挫折します。理由は単純であり、アフィリエイトでは1年間はアクセスが集まらないためです。以下に私が新規でサイトを作成し、立ち上げて記事更新していったときの推移を載せます。

基本的にはこうしたアクセス数になり、1年はどう頑張っても人が訪れないと考えるようにしましょう。そのため、ある程度は情熱をもって取り組める分野である必要があるのです。

そうしてコツコツと頑張って記事更新してアクセスが集まった後、サイトにアフィリエイト広告を貼り付けるだけになります。

アフィリエイトではASPと呼ばれる、「アフィリエイト広告をたくさん保有している会社」に登録すれば、広告を選んでサイトに貼り付けることができるようになります。特にアフィリエイトの場合、以下のようにランキング形式で商品を紹介する方法が基本です。

ASPからこれら適切な広告を取ってきてサイトやブログに貼り、そこから商品を売るように仕向けることで広告収入を得るようにしましょう。

参入テーマの切り方によって収益額が異なる

なお、アフィリエイトで儲かるジャンルに参入すれば、どのようなテーマであっても月10万円は誰でも副業で稼げるようになります。月100万円以上はそれなりに気合を入れないとダメですが、会社員であっても問題なく達成できます。

ただ、いくらの収入にまで増えるのかについては、サイトのテーマ設定によって異なります。例えば、以下のような転職サイトがあると仮定します。

  • 研究職の転職サイト
  • 人事の転職サイト
  • 営業職の転職サイト
  • 介護職の転職サイト
  • 看護師の転職サイト

このうち、研究職は非常に対象人数が少なくなるため、月10~20万円の収益になれば成功だといえます。一方で人事であると、もう少し対象人数が増えるので稼げる額は増加します。これが営業職であると、莫大な対象人数がいるので非常に儲かります。

なお、介護職だと対象人数は減りますが、専門職なので一件の成約に対する単価が高いです。これが看護師になると、もっと高単価になります。そのため、介護職や看護師の転職サイトは儲かるジャンルだと認識されています。

アフィリエイトをするとき、どのようなテーマで考えるのかによって稼ぐ額が違ってきます。こうした仕組みを理解したうえで、どのジャンルに入るのか決めるようにしましょう。

アメブロなどの無料ブログはおすすめできない

なお、人によっては無料ブログに広告を貼ることを考える人がいます。ただ、無料ブログで稼げるようになることはありません。無料ブログの場合、あなたの広告以外に別の広告(無料ブログの運営会社の広告)が貼られるようになります。

この広告を消すことはできません。また、せっかく集まってきた読者が他の広告(無料ブログの運営会社の広告)をクリックして逃げていくことになります。そのため、独自ドメインを取得して自分で広告運営したときに比べると30~50%は収益が落ちるようになります。

副業・起業で広告収入を得ることを考えると、無料ブログはおすすめできません。必ずサイトの作り方を勉強し、自分の媒体をもつようにしましょう。

アメブロやはてなブログなどの無料ブログではダメなのです。アメブロなどの無料ブログではなく、独自ドメインを選択しましょう。

広告の種類や違いを理解してネットビジネスを始める

副業や起業で広告を取り扱うとはいっても、ネットビジネスで活用できる広告にはそれぞれ種類や違いがあります。純広告は実際のところ無理なので無視しなければいけませんが、あなたが取り組める広告としてクリック型広告(Googleアドセンス)と成果報酬型広告(アフィリエイト)の2つがあります。

このうち、どちらに取り組むのが適切なのか考えたうえで、ネットビジネスを始めるといいです。ゆるく稼ぐことを考えているならGoogleアドセンスでの趣味ブログがおすすめです。一方で本気で稼ぎたいならアフィリエイトです。

営利目的でサイトやブログを運営して広告収入を得るとはいっても、そのやり方や仕組みを理解したうえでビジネスを開始するようにしましょう。

サイト運営で不労所得を構築できるのは本当ですが、労力が必要です。そのため、将来どれくらい稼ぎたいのかも踏まえながら、ビジネスモデルを考えるといいです。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認