ビジネスを行って金儲けを考える場合、動画を有効に活用することは重要です。文章や音声だけでは伝わりにくい内容であったとしても、動画であれば一瞬にして理解させることができます。

集客を行うとき、動画は強力なツールになります。ただ、戦略なしに映像を用いてもビジネス上の利益には結びつきにくいです。動画マーケティングを行う以上は、適切な方法に沿ってビジネスを動かさなければいけません。

YouTubeからの広告料は儲からない

映像を作成した後は、他人に見てもらわなければいけません。動画を作っただけで終わっていては、単なる自己満足になってしまいます。他の人に映像を視聴してもらうことで、感動させることに動画作成の意義があります。

現在はYouTubeなどの動画投稿サイトが存在します。そこに動画をアップロードした後、適切な手順を踏めば多くの人の目に触れることになります。

このとき、映像を活用してどこにキャッシュポイントを置けばよいのでしょうか。ビジネスの素人であれば、YouTubeで再生されるときに発生する広告料を目当てにします。

YouTubeであなたの動画が再生されるとき、「広告を出すかどうか」を設定することができます。このときに発生する広告料の何割かについて、あなたへ還元される仕組みがあります。そこで動画をたくさん再生してもらうことで広告料を得ようとするのです。

ただ、残念ながら費用対効果の点でいえばこのような手法は儲かりません。詳しくは省きますが、「広告モデル」は最も稼ぎにくい方法だからです。

「多くのアクセスが集めるメディアを構築し、そこに広告を貼りつける」という広告モデルは小学生でも思いつくビジネスであるため、多くの人が取り組もうとします。ただ、現実は圧倒的に利益を出しにくいので挫折する人がほとんどです。ビジネスのできる人であれば、広告料ではなく他の導線を動画に仕掛けていきます。

メルマガや店舗などへ動画から誘導する

あなたのビジネスを活性化させるために映像は重要ではあるものの、単に有益な情報を与えるだけでは意味がありません。視聴者は「いい情報を知ることができた」と思うだけで留まります。本来、動画を見せることで、そこから行動を自ら起すように仕向けなければいけません。

あなたがリアル店舗を運営しているのであれば、何とかして店に来てもらうように動画の最後などにメッセージを投げかける必要があります。または、サイト運営をしていて見込み客のリストが欲しいとき、リスト集めのために動画を活用します。

ECサイトの運営をしているのであれば、商品の使い方を説明してもいいかもしれません。商品の活用法が詳しく分かれば、欲しいと思う人が出てくるはずです。そうすれば、動画から利益を生み出せるようになります。

映像を作成した後、そこへ他人の広告を載せている場合ではないのです。何かしらあなたの商品を宣伝しなければいけません。電話がかかってくるような仕掛けをしてもいいし、セミナーへ誘導してもいいです。

いずれにしても、自社商品を購入するような仕掛けを映像の中に導入するのが動画マーケティングの基本です。これを行わないのであれば、YouTubeなどを活用して動画による情報発信をする意味がありません。つまり、映像を用いたプロモーションを行うことに動画の価値があります。

ビジネスを組み立てるときは、最初に「明らかに儲かるモデル」を構築しなければいけません。あとは、そのビジネスモデルに沿った動画を作成し、視聴者に行動を促すような導線を作るだけです。

こうしてメルマガへ登録させたり、店舗やセミナーへ誘導したりすることで収益化が加速していきます。そうなると、ビジネスで大きな利益を出せるようになるはずです。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録