商売を始めるとき、多くの人はその場限りで出来るだけたくさん商品を売ろうとします。しかし、本来は将来的な展望まで見据えて商品を販売しなければいけません。やみくもに売ればいいわけでもないのです。

場合によっては、一時的な売り上げによって危機的な状況を招くこともあります。それでは、なぜ爆発的な売上が将来に響く恐れをもたらすのでしょうか。

ビジネスで大きなインパクトは必要ない

世の中には、社会現象を引き起こすほど売れる商品が存在します。分かりやすい例でいえば、お笑い芸人がこれに該当します。別の言葉でいえば、「一発屋」と表現されます。

一時期の流行やブームによって、その年だけはあらゆるテレビに引っ張りだこです。雑誌や新聞を含め、さまざまなメディアに露出しているので見ない日がありません。そのため、一発屋の芸人の多くは一年で多額の金額を稼ぎ出します。

ただ、流行が終わると同時にオファーがなくなります。テレビ出演があったとしても、「あの人はいま」で取り上げられるくらいです。

それでは、このような売れ方に意味はあるのでしょうか。一時的に有名になったことで満足するなら問題ないですが、多くの場合は生活費が必要です。

たとえ最高で月に1000万円以上も稼いだ芸人であっても、一年後に10万円程度に落ちるのでは意味がありません。それよりも、一発当てなくても実力によって長いこと生き残り、毎月50~100万円の給料をもらっている芸人の方が圧倒的に素晴らしいです。

人気商売というのは、飽きられたら終わります。飽きられないように変化を加えることが、本当の意味でプロであるといえます。この努力を怠った芸人は例外なく消えています。

本当に稼げる芸人は、「売れた後の将来設計」まで考えます。例えば他の才能をもつマルチタレントであれば、有名になったことを利用して、「画家として活躍し始めた」「トーク技術を磨く講師としてリスタートした」などのビジネスをしている人が実際にいます。

芸能界で生き続けるにしても、長く活躍している人であるほどマルチに活動しています。一つの分野にとらわれず、ドラマや映画、さらには執筆まで幅広いです。

これは、実業の世界でも同様です。例えば出版であれば、ベストセラーであっても一年後に中古本として山積みにされていることがよくあります。何度も読み直したい本だとは思われず、大量に古本屋に流れてしまったのです。

こういう本であるほど、大量増刷したもののある時を境にピタッと売れなくなります。すると、数字上はたくさん売れたにもかかわらず、大量の在庫によって赤字に転落しやすいです。

そのため、本来は定期的に売れるロングセラーの方が望ましいです。将来の売上予測を立てやすいですし、時が経てば在庫を減らすことができるからです。

飲食店であっても、インパクト重視で「これは美味しい!」と思える商品を出せばよいわけではありません。それよりも、「最初は何も思わなかったが、食べているうちにクセになって毎日通うようになった」となってくれた方が望ましいです。

流行やブームにのってインパクト勝負を仕掛け、一時的に大量販売することは良い結果を招きません。そうではなく、長く売れる仕組みを構築する方がビジネスでは何十倍も大切です。

売らない戦略を学ぶ

ビジネスで集客を行うことは重要ですが、たまに急激に客数が増大することがあります。「マスコミに取り上げられる」などは良い例です。

ただ、客が急に増えすぎるのは好ましくありません。リアル店舗であれば、お客様を外で何時間も待たせることになりますし、それまで通ってくれた既存客の満足度を落としてしまいます。一度信用を失った客はなかなか店に戻ってきてくれないため、リピート客の減少に繋がります。

マスコミの効果は一時的であることが多いため、突如として増えた客は急速に減少していきます。そうなると、リピートしてくれた優良顧客が減った分だけ、将来の利益が下がってしまいます。これを理解している店主もいるため、中には「マスコミお断り」にしている人もいます。

ビジネスを拡大させるとき、必ず身の丈に合った速度で成長しなければいけません。「従業員が育たないうちから大量の広告を出し、集客を頑張った」「ベストセラー商品を狙い、一発勝負をかける」などをすれば、どこかできしみを生じます。

経営者というのは、時間経過と共に「商品が継続的に売れ」「人が育っていき」「満足してくれるお客様(=ファン)の数が徐々に増える」という仕組みを構築するのが仕事です。

これを理解せずに、目先の利益ばかりを追っているうちは瞬間最大風速でしか稼げません。流行やブームにのらずに5~10年後のことまで考え、長いこと支持される仕組みを構築できてこそ、ようやく一人前の経営者です。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認