起業するとなると、必ずと言っていいほど周囲の反対があります。まず、家族に止められます。今の仕事を辞めずに働いて欲しいといわれることでしょう。

また、今勤めている会社からも反対されます。あなたが有能であるほど、できるだけ起業しないように説得されます。

これは、起業に限りません。転職するときも同様です。例えば、「完全成果報酬の会社への転職」や「大企業からベンチャー企業への転職」では、家族や勤務先から猛反対されます。このときにどのような振る舞いをすれば、周囲の反対を乗り切ることができるのでしょうか。

周囲の人が起業や転職に反対するのは普通である

起業家でない限り、世の中にいる99%の人はサラリーマン思考をもっています。常に決められた一定の金額が振り込まれ、安定している分だけ大きな成功もありません。そしてこのような人では、本当に成功するかどうか分からないリスクを取ることができません。

既にものすごく稼いでいるのであれば、家族も「自由に起業しなさい」ということでしょう。しかし、まだ実績も何もない状態では、本当に稼げている姿を想像できないのです。

その結果、起業や転職に反対するという行動にでます。これは自らゼロから稼ぐ経験をしたことがないため、仕方のないことでもあります。

本来、起業家というのは完全ゼロベースの状態にワクワクするものです。既に成功している人やシステムが回っている企業に興味を示すことはなく、むしろ収益が年々減少している企業を立て直すことに大きな喜びを感じます。自ら利益を生み出すことが自分の仕事であると認識しているのです。

しかしながら、このような人は圧倒的に少ないです。そのため、あなたが起業したいと周囲に漏らしたとき、賛同してくれる人は少ないでしょう。

起業や転職にどれだけ本気なのか

それでも起業や転職によって成功したいのであれば、何とかして周囲を説得させる必要があります。このとき、あなたの本気度が試されます。

私の知り合いには、完全成果報酬の保険営業で圧倒的な成果を出している人がいます。この人の場合、その保険会社への転職に2年かかったといいます。理由は、周囲からの猛反対があったからです。

まず、自分の親と妻の親に反対されます。子供が二人もいて、今の会社で既に幹部クラスへの道筋が立っているのに転職をするとは考えられないと言われたそうです。また、元の会社からも反対されます。これまで幹部にするために通常では考えられない研修を行い、多くのお金を使ったといいます。

こうした大反対にあい、1年目は保険会社への転職が流れてしまいます。それでも諦めきれなかった彼は、その後も転職するために周囲へ働きかけます。

そのようなある日、奥さんと二人で話をします。彼の奥さんは弁護士事務所に勤めており、このときは正式な離婚届を握りしめていました。そのときに奥さんが言うには、「離婚届に印を押してくれれば、好きに転職してもいい」とのことです。

もちろん、条件を提示されました。印を押した後は永続的に養育費を出し、1年以内に成果を出さないといけないというものです。

もし、これが他人事ではなく、あなた自身に起こった出来事であれば、あなたはどのような行動をするでしょうか。目の前にある書類に印を押すだけで、それまで反対し続けられていた外資系保険会社の営業職への転職を叶えることができます。しかし、印を押さなければ一生同じ会社でいつも通りの生活が続きます。

あなたならどうするか、少し真剣に考えてみてください。

……

…………

……………………

その営業マンはどうしたかというと、喜んで印を押しました。その後、「今までありがとう。ただ、絶対に成功して生活には困らせないようにするから」と言って奥さんに書類を渡しました。

すると、逆に奥さんは慌てます。離婚届を持ってきたのは、本当に離婚するためではなかったからです。転職にどれだけ本気なのかを確かめたかったというだけです。そして、そこまで本気であるなら、成功することを念押した上で転職することを許しました。

そして現在では、宣言通り普通のサラリーマンでは考えられない額を稼ぎ続けています。本人が言うには、「そこまでして送り出されたため、成功以外に道がなくなった」といいます。

多くの人は、離婚届を出されたときに起業や転職を諦めてしまいます。ただ、これはそこまで本気になれていなかった証でもあります。所詮はその程度の覚悟であるため、起業してもほとんどの人が失敗します。

本気になれば、どのような場面でも乗り越えることができます。これを行える人間だけが、成功するための条件を手に入れることができます。

ちなみに、こういう場面では周囲にいる人の行動から人間性を読み取ることができます。例えば、「元いた会社の人が起業や転職を引き留めるのは、本当にその人のことを考えているのか」ということです。

本音をいえば、その人が起業や転職をすることで人員が不足し、その穴埋めのために忙しくなることを避けたいという考えで引き留めている場合がほとんどです。これは、相手のためを思っているのではなく、自分の都合だけで物事を考えていることが分かります。

そういう意味では、こういう場面で心から応援してくれる友人は本物です。そのような友達を大切にすれば、成功した後でも一生の付き合いになることは言うまでもないです。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中