これからインターネットビジネスを活用して大学生が副業したり、サラリーマンが脱サラ・起業を目指したりするとき、必ず認識しなければいけないことがあります。それは、「失敗する人はどのような人であり、成功する人の特徴はどうなっているのか」を理解することです。

世の中には成功法則が存在するため、どのようにしてネットビジネスを進めていけばいいのか理解しなければいけません。

私はこれまでにネットビジネスを開始した大学生や主婦、サラリーマンを含めいろんな人を見てきましたが、どの人も成功する人には共通点があります。

当然、全員が成功したいと考えてビジネスを始めます。ただ、大多数は挫折して失敗します。これは、正しいネットビジネスのやり方を理解していないからです。そこで、どのように考えてネットビジネスに取り組んでいけばいいのかについて解説していきます。

ネットビジネスでの失敗率が高く、成功率が低い理由

まず、大前提としてどれくらいの人がインターネットビジネスで稼いでいるのかを理解する必要があります。これについて有名なデータがあり、ネットビジネス(アフィリエイトを含む)をしている人の中で月5,000円以上稼げている人は5%未満だとされています。

つまり、残りの95%以上の人は月5,000円すら稼ぐことができておらず、収益がほとんどない状況なのです。

こうした現実を考えると、「月5,000円を稼げているかどうか」という指標だけで考えると失敗率は95%となります。成功率は5%未満であり、ネットビジネスとはいってもそこまで簡単ではないことが分かります。

  • メール10通で稼げる
  • 3ヵ月で月20万円は余裕
  • バカでも3クリックで稼げる

これらはすべて幻想であることが分かります。しかし、実際のところ世の中に存在しているネットビジネス系のサイトやブログを見ると、どれも「簡単に稼げる系の人たちばかり」のように思います。こうした幻想を真に受けて、簡単に稼げると錯覚するからすぐに挫折し、失敗するわけです。

ネットビジネスでの失敗率が異常に高く成功率が低いのは、「楽して稼ぎたいという、意味不明なことを考えている人が多すぎる」という根本的な問題があります。

例えば、ラーメン屋を始めるときに「飲食店の経営で楽に稼ぎたい」と思う人はいないはずです。しかし、なぜかインターネットビジネスになった瞬間に正常な思考をほとんどの人ができなくなります。

ただ、副業であれ起業・脱サラであれ、あなたが行おうとすることはビジネスであり金儲けです。そのため、通常のビジネスを行うのと同じように本気で取り組まなければいけません。

成功例や失敗例からネットビジネスでの副業・起業を学ぶ

なお、私は何年もサイト運営をメインにネットビジネスをしており、これまで何人もの成功者を輩出しているのでいくつもの成功事例があります。例えば、以下は私が指導して成功者になった人のサイト例となります。

工事の仲介サイトであり、工事を受注して工事会社へ丸投げし、10%の手数料(例えば200万円の工事なら手数料20万円)をもらうマッチングビジネスになります。わずかな仲介の手間によって何十万円ものお金を得るビジネスになります。

彼が成功した理由として、「楽に稼げる方法は存在しないことを理解したうえで、圧倒的な行動を実践した」ことがあげられます。完全ゼロからのスタートでしたが、いまでは年間1億2,000万円もの工事を受注するWebサイトにまで成長しました。

ただ当然ながら、私がこれまでアドバイスした人の中でも、全員が成功者になったわけではありません。成功事例はたくさんありますが、それと同じくらい失敗例も存在します。さらにいうと、楽に稼げる方法はないと理解した人であっても、うまく行かずに挫折するケースもあります。

そこで、ネットビジネスで成功する人と失敗する人の違いをさらに細かく確認していきます。

成功する人は行動力が違う

実際にビジネスを開始するとき、当然ですが行動しなければ何も成果を生み出しません。しかし、多くの人は頭の中で難しく考えてしまい、結局のところ動きません。そのため、成果はゼロです。失敗する事例で最も多いのが、「行動しなかった」ことに起因します。

私の肌感覚になりますが、実際にネットビジネスを開始して行動する人は全体の3割未満です。

ネットビジネスではサイトやブログを作ることが必須となるので、まずはホームページを立ち上げて有益な記事を書き続ける必要があります。しかし、実際にサイトを作って記事をWeb上にアップする人は全体の3割ほどなのです。多くの人は行動せず、調べる作業だけ頑張って何もアップしません。

また、たとえ記事を書いたとしても多くは2~3記事ほどでやめます。要は、三日坊主になるのです。作業が面倒になって途中で投げ出すため、結局のところサイトやブログに記事が貯まっていきません。きちんと記事を書き続ける人でいうと、全体の5%もいません。

こうした現実があるため、多くの人は稼げないのです。ネットビジネスでの失敗率が95以上になるのは、こうした理由があります。成功するには、それなりの行動力が必要になります。ただ、きちんと行動するだけでトップ5%以内に入れることが分かります。

質問文や言い訳から推測できる失敗する人、成功する人

なお、基本的に私の場合、質問文を見ればその人がうまくいくかどうかを一瞬で判断できます。これは、私に特殊能力があるわけではありません。おそらく、誰であっても簡単に判定できるようになります。

このときの判断基準は「行動したうえで質問を投げかけているかどうか」だけです。

ダメな人は行動を伴わず、自分の想像だけで質問をしてきます。また、できない言い訳を並べ立てます。当然、それで成功するなど不可能です。例えば、私は以下のような質問を受けたことがあります。

格安SIMのアフィリエイトサイトの構築がテーマですが、そのためには「いろんな格安SIMと契約する必要があり、支出が多くなって現実的に無理」という言い訳です。

ただ、本当にそうでしょうか。知り合いを探せば、いくらでも携帯電話を格安SIMにしている人を見つけることができます。また、家電量販店へ行けばいくらでも格安SIMに関する写真を撮影することができます。

アイディア次第でいくらでも問題を解決できるにも関わらず、そうした行動を一切せずに無理だと勝手に決めつけています。ただ、こうした言い訳をしている時点で失敗が見えています。

それでは、成功したいのであればどのような思考をして、行動すればいいのでしょうか。これについては、言い訳を一切せずに解決策だけを考えて行動することに尽きます。例えば、以下のような質問をする人は成功する人になります。

自社サービスへの集客であり、お客さんを集めるのに苦労している人だったため、サイト・ブログの運営によってインターネット上から集客しようと考え、サイト運営を始めた人になります。この人の場合、トップページの画像案を既に自分で作成しており、質問文では自分の意見まで述べています。

こうした質問の場合、非常に具体的な指示を与えることができます。また、実際に行動したうえでの質問なので、何が分かっていて何が分からないのか把握したうえで質問していることが分かります。

ちなみに、この人は実際にいまでは成功者になっています。きちんと行動した結果、自社サービスの販売にネットビジネスを取り入れて大成功者になったのですが、行動力さえあればこうしたことが現実に可能です。

「結果」を語るのと「想像」で語るのは大きな違いがある

実際のところ、多くの人は失敗を恐れて行動せず、自分の妄想で語ります。そのため、何も結果を得ることができません。ただ、これはネットビジネスに限らずリアルビジネスでも同様です。

例えば、あなたが営業マンだとします。車の営業や保険の営業など、業種は問いません。このとき、営業マンであるあなたは休日にどのような行動をするでしょうか。

サラリーマン体質が染みついている多くの人は、他の人と同じように休日をプライベートなど休息に充てます。一方、圧倒的な成果を出す人であるほど、休日に商談を入れます。たとえそれが、ゴールデンウィークやクリスマスであったとしてもです。

多くの人は、「クリスマスに商談を入れるのは迷惑なのでは?」と考えます。その日は、多くの人が家族で過ごすなどの予定を入れているからです。しかし、本当にそうでしょうか。

商談相手が独身の男性であれば、そもそもクリスマスというイベントは無縁の存在です。そのため、たとえ12月24日であったとしても関係なく会ってくれます。むしろ、そのような日であるほど「今日は何も予定がありません」と自虐的に話してくれるため、親しくなれるチャンスです。

また、平日は多くの人が学校に行ったり会社で働いていたりするため、休日であるほど商談を行いやすくなります。このように考えると、本来は休日であるほど忙しくなければいけません。たとえ法人営業をしていたとしても、休日にしか会えない人はたくさんいます。

「休日にお客様と商談を行うのは難しい」などと言っている人は、自分の想像でしか考えていません。そのため、「実際にお客様に聞いてみたのか?」と問い正してみると、ほぼ間違いなく自分の妄想で判断していたことが判明します。

実際にお客様に電話などをして全員に怒られたのであれば、確かにやめた方がいいです。しかし、そうでないのであれば行動に移すべきです。

ネットビジネスでの成功方法についてメインで話をしましたが、このように考えると、ここまで解説してきたことはリアルビジネスを含めて成功法則はどれも同じだと気付くのではないでしょうか。うまく行くやり方はどれも共通であり、実際に行動したうえで判断する必要があるのです。

成功する人ほど多くの失敗談がある

そして重要なのは、成功者ほど多くの失敗をしているという事実です。実際、いまでは私は巨大媒体をいくつも保有していますが、これまでに何度も失敗したことがあります。あるときは一年ほどかけてサイトを作成しましたが、月に2万円ほどの収益にしかならなかったこともあります。

実際のサイトが以下になります。

健康サイトになりますが、健康に関するいろんなジャンルがごちゃ混ぜで入っています。その結果、何を売りたいのか分からないサイトになってしまい、「アクセスは非常に多いものの、収益には結びつかないWebサイト」になってしまいました。

ただ、こうした失敗談を単なる「失敗と感じるかどうか」は人によって違うと思います。私の場合、「このようなごちゃ混ぜサイトは稼げない」という事実を学べたわけです。

もちろん、「努力の割にあまり稼げなくて損した」と思ってしまう人がほとんどだと思います。

しかしそうではありません。ダメな方法を理解することができたため、成功に近づいたと考えるのが適切です。成功するには、このように物事をポジティブに考える必要があるのです。

借金を含め金銭的リスクゼロで、利益率が高いネットビジネス

なお、そもそもですがネットビジネスに本当の意味で失敗があるのかどうかを理解する必要があります。いわゆるリアルビジネスとは異なり、実はネットビジネスを実践するうえで失敗という概念は存在しません。

これは、ネットビジネスが高利益率であり、固定費がかからず借金返済を含めた金銭的なリスクが存在しないからです。

例えばネットビジネスの場合、月100万円の売上があるときは95%以上が利益になります。「売上=ほぼ利益」なのです。これは、ネットビジネスでは原価という概念がほとんどないという理由があります。

例えば、私の場合はレンタルサーバー代が月1,000円(年間で約12,000円)ほどです。独自ドメイン代は年間で約1,000円です。そのため、そのため利益率が99%以上という、普通では考えられないような異常な数値をたたき出しています。

当然、リアル店舗を運営しているわけではないため、借金返済に追われることはありません。

そう考えると、ネットビジネスに借金の概念がなく、リスクなしで失敗は存在しないことが分かります。

確かに途中で挫折すれば、生み出すお金はゼロになります。ただ、費やした時間は失っているかもしれませんが、金銭的にはほとんど失っていません。借金がないため、本当の意味での失敗はネットビジネスに存在しないのです。

リスクゼロでも多少はお金をドブに捨て、正しい失敗をする

ただ、いくらリスクゼロとはいっても多少はお金をドブに捨てたり燃やしたりすることができなければいけません。もちろん、本当にお金を捨てたり燃やしたりするわけではありません。要は、お金を出して正しい失敗を経験しているかどうかになります。

サラリーマンが楽な理由はここにあり、サラリーマンは失敗していくら会社に損害を与えても自分の給料が減ることはありません。上司に怒られることはあるかもしれませんが、言ってしまえば頭さえ下げていればそれで済みます。

つまり、自分の財布を全く痛めることなく会社のお金を使って何度も失敗できるのです。ここに、「なぜ雇われサラリーマンは楽なのか」という答えがあります。極端な話をすれば、机に座っているだけで給料が貰えます。

サラリーマン生活が長いとビジネスで成功しにくいとよく言われますが、このような人はまさに自分の財布の中からお金が出て行くことに耐えられないのです。

それでは経営者はどうかと言うと、失敗によって損すると全て自分に跳ね返ってきます。つまり、広告を出すなど常にお金を燃やし続けながらテストを繰り返しているのです。これが雇われサラリーマンと経営者の違いです。

もちろん大きな借金は必要なくても、ネットビジネスではいくらかの初期投資が必要になります。教材代やセミナー代、コンサル費用が必要になります。こうしたお金が先出しとなり、そのお金で元を取れる保障はどこにもありません。

ネットビジネスでは金銭的にリスクゼロが可能とはいっても、それでも最初にある程度はお金を捻出しなければいけません。また、ネットビジネスでは成果が出るまで時間が必要になるため、お金の面ではリスクなしでも時間のリスクがあります。

そうしたうえで、ドメイン代やサーバー代を含め少額でも良いので、まずはお金をドブに捨ててみることに慣れていく必要があります。無駄なお金は支払わなくても良いですが、必要な失敗は積極的に体験しなければいけません。これによって、ようやくビジネスで成功できるようになります。

1年以上の成功期間がかかることを理解する

なお、ネットビジネスでは金銭的にリスクなしであり、高利益を生み出すのは本当ですが、時間がかかります。基本的に1年間は成果が出ないと考えてください。

例えば、以下は実際に私がサイト運営をしたときにアクセス推移ですが、ネットビジネスでのサイトやブログ運営では全員がこのような傾向をたどりアクセス数が増えていきます。

ここから、当初の1年はどうやってもアクセスが集まらず成果が出ないことを読み取れます。これだけの期間が必要なため、「3ヵ月で稼いだ」という自称コンサルタントの主張が完全にウソであることが分かります。

ただ、逆にいえばわずか1年という短い期間だけでもいいので頑張れた場合は成功者になれます。失敗する人は「1年もの努力は長い」と考えます。一方で成功する人は「たった1年でいいのか!」と考えます。わずかな違いですが、成功するにはこのように考え方を変える必要があります。

ネットビジネスのリスクは「時間」です。リスクゼロなのはあくまでもお金の面であり、時間の面でのリスクは大きいと考えましょう。

ダメな種類のネットビジネスだと確実に損する

ただ、行動力があっていろいろ損するようにすればいいとはいっても、このときは大前提があります。それは、「正しい努力を行う」ことです。

特にネットビジネス初心者であるほど、無駄な努力をします。いくら頑張っても成果の出ないことばかりに注力するのです。実際、ネットビジネスで稼ぐとはいってもさまざまな方法や種類があります。代表的なものを挙げると以下のようになります。

  • 雑記ブログ
  • 情報商材
  • せどり
  • トレンドアフィリエイト
  • 海外輸出

このように、非常に多くの方法や種類があります。ただ、上記に記載したものはほとんどの場合で稼ぐことができません。また、人を騙す非常に怪しい手法ばかりになります。真っ当な方法といっても、海外輸出くらいなのではと思います。

例えば情報商材はねずみ講の手法であり、そうした分野に入っても稼ぐのは100%の確率で無理です。また、トレンドアフィリエイトでは芸能人のネタを題材にして記事を作りますが、興味のない芸能ネタをまとめて記事化した後、変な商材を紹介するという方法になります。

こうしたダメな手法が横行しているのがネットビジネスの現状であり、成果の出ない方法をほとんどの人が実践します。

・稼ぎ方を全公開していない人は論外

さらにいうと、ネットビジネス系の人は多くで「自分が稼いでいる手法を明確に教えない」という特徴があります。これは、その人が実践している方法が上記のような怪しいねずみ講であったり、人から嫌われたりする方法だからです。

そのため、稼ぎ方を公開できないという方が正しいです。

感謝されるビジネス以外は無意味

ただ、ビジネスは人を騙すものではありません。言い換えれば、ネットビジネスを実践して売上を拡大させるほど、人から感謝されるビジネス以外は無意味です。

例えば前述の通り、私は有益な情報だけを詰め込んだWebサイト運営をしています。サイトはいくつも保有していますが、以下の看護師転職サイトはその一例です。

現役看護師のライターさんに頑張ってもらっていますが、こうした有益な情報をひたすら詰め込むようにしています。そのため感謝メールしか届きませんし、社会的な意義も大きいです。こうしたネットビジネスであると、「利益の額 = 社会貢献の額」となります。

誰も騙しておらず、必要な人に役立つ情報を無償で提供しています。その後、納得して転職サービスに登録してくれたとき、私にお金が入る仕組みになっています。

ビジネスとは、本来こういう類のものでなければいけません。多くの人がネットビジネスでダメなのは、「他人のためにならない、自分のためのビジネス」をメインで実践しているからです。

もちろん、Web上で情報発信している「稼げる系の人たち」の大半がねずみ講という大きな問題はあるのですが、そうした人から学んでも間違った努力を重ねることになるのです。こうした事実を理解し、真っ当なネットビジネスを選択した上での失敗を積み重ね、それを糧として成功へと近づけるようにしましょう。

副業や起業・脱サラで成功したいなら失敗するべき

多くの人は失敗を恐れます。ただネットビジネスで成功することは、その時点でなくなります。まずは行動してみて、どのような結果が出るのか確認しながら試行錯誤するのが正しい成功方法です。

しかも、お金の面での失敗はありません。金銭的にはリスクゼロなので、行動しない方が損です。

ノウハウコレクターになって知識だけを付けても意味はなく、実際にやってみることに大きな意味があります。成功したいのであれば、まずは勉強したりやり方を気にしたりするのではなく動くようにしましょう。

子供の成長が早いのは失敗を恐れないからです。これと同じように、行動力を発揮できる人の方が素早く成功者になれます。

ただ、ネットビジネスにはいくつもの方法や種類があり、そのほとんどが稼げない手法です。人を騙すやり方も多いです。こうした手法による無駄な努力を続けても意味がないため、感謝されるビジネスだけ実践するようにしましょう。

成功するには、適切な考え方が存在します。そのために必要なネットビジネスでの成功法則を述べてきました。こうした思考をインストールし、実際に行動することで、高利益のネットビジネスで成功者になる道がようやく開けるようになります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認