ビジネスを行う上で、最も多い問題として「モチベーションが上がらないという人が多すぎる」ことが挙げられます。

「どのようにすればやる気のスイッチを入れることができるか」について悩んでいる人がかなりいますが、実のところ間違った認識をしている人がほとんどです。

そこで、正しいモチベーションの上げ方を以下の動画で話していきます。

間違ったモチベーションの上げ方

多くの人がどのように考えているかと言うと、「モチベーションを上げて行動しよう」と考えています。つまり、「モチベーション → 行動」という順番です。

しかし、この考えを持っているから行動できません。

そもそも人間は何もしなくてもモチベーションが上がるような事は、よほどのことがない限り起こりません。そのため、実際には逆の考えをしなければいけません。

それは、「行動をすると勝手にモチベーションが上がってくる」という考えです。つまり、以下のような流れになります。

行動をする → 勝手にモチベーションが上がる

つまり、何でも良いので行動をすることが重要になります。決して、「一時間以上頑張って作業を行おう」とは考えなくても良いのです。「5分だけやろう」と思って行動すれば問題ありません。

「5分間だけ文章を書いてみよう」、「ちょっとだけで良いので、パソコンをいじってみよう」などで良いのです。

このように「毎日簡単にやれることを決める」という事が最も重要になります。

行動が全ての結果を生む

行動をし始めると勝手にモチベーションが上がっていきます。これによって、毎日の積み重ねが一週間となり、一ヶ月、そして半年や一年になっていきます。

多くの人はモチベーションを上げて行動しようとするから失敗します。そうではありません。考えが逆な訳です。行動するからモチベーションが上がるのです。

掃除などでも同じです。やる前は「面倒臭い」と思っていたとしても、「始めてみれば汚い場所が気になって掃除を止められない」という体験をした人も多いと思います。

これを、行動心理学では「作業興奮」と呼びます。何かの作業を始めると、だんだん脳が興奮してきて高いモチベーションが維持されるのです。

そのため、モチベーションを上げる最も有効な方法は「小さいステップとして、簡単な行動を起こす」ということになります。

結果を出せば、なおモチベーションが上がる

このように行動しなければモチベーションは上がりませんが、もし数千円でも良いので成果を出してお金が入ってくると急にモチベーションが上がるようになります。

つまり、金を生み出す経験がエネルギーとなります。やればやるだけ稼げるようになるので、勝手に楽しくなります。

私も同じであり、薬学系サイト(役に立つ薬の情報~専門薬学)などのサイト運営やメルマガの発行をなぜ行っているかと言うと、これがお金に変わるからです。

これが単なるボランティアであれば、私のモチベーションがここまで維持される訳がありません。他の人に感謝されたところで、無償で行う作業でモチベーションを上げることのできる人はガンジーやマザー・テレサくらいではないでしょうか。

そのため、あなたも一度でもよいので「会社などの組織に属さず、自分ひとりだけの力でお金を生み出す」という経験をしてください。そうすれば、モチベーションの維持も容易になります。

たまに「社会のため」と言う人もいますが、全くもって意味がありません。お金だけを追求するのはかなり微妙ですが、だからといってボランティアも最悪です。お金を稼ぐことは悪いことではありませんし、むしろ素晴らしい行為です。

これを理解した上で、最初は「金を稼ぎたい」で良いので収益を生み出すことだけに焦点を当てて、小さな行動を毎日起こしてください。

強制力を付けてモチベーションを維持する

このようにモチベーションを上げる方法として、「5分だけやってみよう」と考え、簡単なことでもいいのでひとまず行動してみることがあります。

これによって、勝手に行動を起こすようになります。ここにさらに「一人で金を稼げた」という経験をすることによって、もっと頑張れるようになります。

なお、モチベーションを維持する方法として、別の方法もあります。それは、強制力のある人と付き合ったり、強制力のある環境に無理やり身を置いたりすることです。

なぜ、やる気のない社員が毎日会社に行くのか

社会人の中で「仕事がつまらない」、「会社に行きたくない」と思っている人は山ほどいます。むしろ、そのように考えている人の方が多いです。

普通に考えれば、このような気持ちであればモチベーションがゼロのはずです。それにも関わらず、どれだけモチベーションがなくても会社に出社してきっちり仕事をこなします。それでは、「なぜモチベーションが全く無い状況なのに仕事を行うことができるか」について考えたことはあるでしょうか。

答えは簡単で、そこに強制力が働いているからです。

会社に行けば、やる気がなくても一応みんなが席について仕事をしています。仕事の締め切りもあり、これを守らなければ上司から檄を飛ばされます。つまり、仕事をやらざるを得ない状況なのです。

このような理由があるため、たとえ仕事に対するやる気がなくても多くの人は行動することができます。

それでは、これと同じ状況を作り出せば良いのです。

例えば私の場合であれば、一人でビジネスを行っていると言っても企業と提携しながらビジネスをしています。そのため、「モチベーションが上がりません」などと言っている暇はありません。行動しなければいけないのです。

どちらかと言うと、「モチベーションが上がらない」というのは幸せなことです。現状にある程度満足しており、「このままではダメだ」という気持ちが薄いために行動できないのです。

行動は小さなことからでも良いですし、家族に宣言することで「家族にお尻を叩かれながらでも毎日行動する」などによってある程度の強制力を持たせれば良いのです。

特に最初は「お金を稼ぐ」という経験がないため、頑張ってモチベーションを上げる必要は全くありません。むしろ、何もしないのに勝手にモチベーションが上がることはありません。

そこで、やらなければいけない強制力のある環境に身を置けば良いですし、5分だけを意識して毎日簡単な事から始めれば問題ないのです。

そして稼げるようになれば、勝手に楽しくなっていきます。その分野が全く好きでなくても、お金が入ってくると頑張ろうという気持ちになります。そのためには、数千円で良いので何としてでも「稼ぐ」という経験をしてください。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認