ビジネスでも恋愛でも、あらゆる人生の出来事を好転させる方法が存在します。それは、「事実に対してどのような解釈をするのか」というだけです。

ネガティブな感情や不安などは、すべて自分が引き起こしています。決して、他人や周りの環境によって起こっているのではありません。要は、あなたが考えたとおりに物事が動くようになるのです。

事実と解釈の違いを理解すれば、どのように判断して行動すればいいのか理解できるようになります。少し考え方を変えるだけで、簡単に毎日が素晴らしいものへと変化するようになるのです。

すべてを肯定的に捉えることができれば、あらゆることで成功できるようになります。特にビジネスでは、解釈の違いを理解することが非常に重要となります。そこで、「肯定的感情によって幸せになるために必要な概念」について解説していきます。

否定的感情は解釈でしかない

世の中には、どう頑張っても動かせないものがあります。例えば、外で雨が降っていたとします。このとき、「雨が降っている」ことは実際に起こっていることであり、誰もが認めるべきことです。このように、動かせない出来事を「事実」といいます。

ただ、その事実を実際に体験したとき、どのように思うのかは人によって異なります。あなたは、毎日雨が降っていて雲がどんよりしているとき、どのように思うでしょうか。「出かけるときに傘をもたないといけないので面倒だ」「出勤中に濡れるので憂うつだ」と感じるでしょうか。

しかし、人によっては雨を喜ぶ人がいます。日照り続きの農家であれば、雨が降ることを歓迎します。長靴を買ったばかりの小学生であっても、それを履いて登校するのが楽しみで仕方ありません。

両者を比べると、「雨が降っている」という事実は同じです。ただ、まったく同じ事実を認識しているにも関わらず、一方は気持ちが沈み、もう一方は喜んでいます。事実が同一であったとしても、その人が何を感じるのかによって憂うつになることがあれば気分が高揚することもあるのです。

要は、事実に対してどのように解釈をするのかが重要になります。

事実と解釈を分けてビジネスを肯定的にとらえる

ここまでを認識したうえで、あなたは気分を沈めたまま日々を過ごしたいでしょうか。それとも、自分の解釈を変えて毎日を素晴らしいものにしたいでしょうか。結局のところ、考え方さえ変えれば人生は素晴らしいものになります。

これについて、「アフリカで靴を売るビジネス」という有名な話があります。以下、アフリカで商売を考えた靴会社の物語です。

ある会社は靴を売るビジネスをしていました。ただ、国内市場だけでは売り上げが伸びにくいため、海外進出を考案しました。そこでアフリカ市場を視察するよう、セールスマンに指示します。

数日後、現地へ飛んだセールスマンから電話がかかってきました。このとき、セールスマンは「この市場はダメです。全員が裸足で歩いているため、靴など売れるはずがありません」といいました。結局、その会社はアフリカへの進出を諦めました。

同じころ、他の会社も靴を売るためにアフリカへの展開を考えていました。そして同じように、アフリカ市場を視察するために現地へセールスマンを派遣します。このセールスマンは次のようにいいます。

「この市場は無限大です。全員が裸足なので、みんなが靴を履けばものすごい売り上げになります。ケガを防止したり、足の疲れを軽減したりする靴の効果をさっそく啓蒙していこうと考えています」

ここでは、2人のセールスマンが登場しました。2人ともまったく同じ光景を見て、「全員が裸足で歩いている」という事実を認識しています。

しかし、そのあとの解釈がまったく異なっていました。1人はまったく市場価値がないと判断し、もう1人は無限大の市場性を秘めていると感じました。このように事実は1つであるものの、解釈は人によって違うので無限大です。ここにビジネスで成功したり、豊かな人生を歩んだりする秘訣が隠されています。

一流の人であるほど肯定的に解釈する

世の中の成功者というのは、「失敗をしたことがない」と多くの人が言います。もちろん、本当に失敗をしたことがないのではなく、実際は数多くの失敗を繰り返しています。

ただ、失敗したときや上手くいかなかったとき、彼らは「これをすれば物事が思い通りに進まないという事実を学んだので、成功に一歩近づいた」と肯定的に物事をとらえます。そのため、失敗を悪い出来事だと考えていないのです。

多くの人は、自分に不幸なことがあったときに本当に気分を沈めてしまいます。ただ、それは自分が勝手に解釈して悪い感情を引き起こしているにすぎません。否定的な解釈からは、否定的な感情しか生まれないのです。

そこで考え方を変えれば、簡単に肯定的な解釈にすることができます。たとえ失敗したとしても、それを「成功のためのステップ」だと考えるだけで良い感情のまま日々を過ごせるようになります。成功者と呼ばれる人は全員が肯定的解釈の達人です。わずかな違いですが、解釈の違いによってそれまでの人生が違うものになるのです。

成功を手に入れるためには、いくつか条件があります。その中の一つに、「事実と解釈の違いを認識したうえで、肯定的な思考をすることで良い感情を生み出す」ことがあります。あなたが本当の意味で豊かな人生を歩みたい場合、まずは自らの解釈をポジティブに変えるようにしましょう。

才能を言い訳にして努力を怠ると、ビジネスで成功できない

このように考えると、ビジネスの場面でどのように行動すればいいのか見えてきます。ビジネスを諦めてしまう人のなかには、「自分には才能がないからビジネスで成功できなかった」と嘆く人がいます。ただ実際のところ、ビジネスでは才能の有無にかかわらず成功することが可能です。

自分には才能がないから成功できないと考えるのは、単なる言い訳に過ぎないといえます。そこで事実と解釈を分けて考える必要があります。

基本的に才能は、その人が生まれながらにして持っているものです。そのため、どれだけ努力をしたとしても、才能を手に入れることはできません。

しかし、いくら才能があったとしても、自分で磨かなければその能力自体が衰えてしまいます。例えばサッカーの才能をもつ人が、自分が才能を持つことに慢心してサッカーの練習を怠った場合、当然ながらサッカーの能力が落ちていくことになります。

一方でたとえサッカーの才能がない人であっても、他のチームメイトに隠れて血のにじむような努力を続け、さらにプロの指導者の下で鍛錬を積んでいくことによって、サッカーの技術を高めることが可能になります。プロサッカー選手にはなれなくても、誰もが認める実力を手にすることは可能なのです。

起業・副業など、事業では圧倒的な努力をするべき

ここで重要なのは、「起業・副業をするときに月100万円ほどの利益を出すのは、いってしまえば努力さえすれば誰でも達成できる難しくないこと」だという事実です。

サラリーマンなどが副業・起業によってビジネスを開始して上場企業を作ることになると、ビジネスの才能をもった限られた人だけが許されます。スポーツでいうと「プロ野球で活躍する」「プロサッカー選手になる」のと同じくらい難しいです。

ただ、実際のところビジネスの世界で月100万円ほどであれば、達成している人は腐るほどいます。実際、正しい努力をすれば1~2年ほどで月100万円の利益くらい余裕で到達できてしまいます。もちろん努力しなければいけませんが、ビジネスで稼ぐのはスポーツでいう「県大会に出場するレベル」程度でしかないのです。

しかし、スポーツでも3ヵ月や半年ほどで結果が出ないのと同じように、ビジネスでも最初の半年ほどはなかなか成果が出ません。そのため、ビジネスを始める人の多くが「自分には才能がなかった」などと判断し、途中で挫折してしまうという現実があります。

ビジネスでは才能を意識すればするほど、成功から遠ざかることになります。ただ、正しく努力をすれば問題なく成功者になることができます。そうして行動していけば、やがてビジネスで大きな成果を生み出すことができ、自分の人生をより良い方向に変えていくことができます。

ビジネスの成功(金儲け)に学歴が関係ない理由

同じように考えると、当然ながらビジネスでは学歴もまったく関係ありません。学校のテストで良い点数を取れるかどうかは、金儲けをする上でまったく関係ないのです。「自分は学歴がないから成功できない」と言い訳をする人は多いですが、中卒でも成功者になっている人は何人もいます。

それでは、なぜ学歴が関係ないのでしょうか。これには、明確な理由があります。大学までのテストというのは、既に決まったルールや法則をどれだけ正確に覚えているかを確認するツールにすぎません。つまり、他の誰かが発見したものを暗記して、その通りに答えるだけで問題ないのです。

ただ、ビジネスではどうかというと、明確な答えが存在しません。どれも正解かもしれませんし、どの選択をしても不正解で大きな失敗をするケースも存在します。進むべき道は一つではなく、それぞれ答えが違います。

そういう意味では、学校のテストで良い点を取るのと、ビジネスで金儲けをするのはまったく別です。そのため、いくら暗記力に優れた人であっても、不測の事態が起きた瞬間に機能不全に陥ってしまうことが多いのです。

実際のところ、ビジネスでは暗記力よりも「誠実に対応できるか」「目の前に大きな障害が出現したとき、諦めずに乗り越えられるか」などの方が重要です。これを備えたうえで、ビジネスモデルがしっかりしていれば誰でも成功できます。

中卒や高卒の人であってもビジネスで成功できるのは、こうした理由があります。いくら高学歴であっても、決められたレールの上でしか勝負できないのであれば、金儲けしようとしても失敗します。

肯定的な解釈で判断・行動すると成功する

ただ、高学歴の人であるほど成功者が多いのは事実です。これについても、明確な理由があります。それは、高学歴を手に入れるためには努力が必要だからです。

有名大学に入ろうとすれば、高校生のときに猛勉強しなければいけません。そのため、高学歴の人であるほど、「大きなことを成し遂げるためには、努力が必要」ということを実体験で学んでいます。

もちろん、いくら勉強しても本当に志望大学に受かるかどうかは分かりません。その中で努力を積み重ねているため、高校のときに遊んですごした人よりも成功確率が高くなります。

つまり高学歴の人が成功しやすいのは「暗記力に優れているから」という理由ではありません。「努力や継続の重要性を理解している人の割合が高い」という理由だけなのです。

・どれだけ行動できるかが重要

そういう意味では、別に高学歴でなくても、他の分野で大きな成果を出している人は同じようにビジネスでも成功しやすいです。

例えば、「甲子園に出て活躍した」「タレント業界でトップモデルと呼ばれていた」「音楽会で国際的な活躍をした」など、何かしら実績のある人は努力の意味付けや自分なりの成功法則を見出しています。そのため、成功しやすいです。

こうした人たちであれば、事実と解釈を分けて考えられる能力が備わっている可能性が高いです。困難な出来事が立ちはだかったとき、肯定的な解釈をすることで困難な状況を乗り切ることができるのです。

結局のところ、「ビジネスで金儲けする方法」「難関大学に合格する方法」「スポーツで上位に入る方法」など、その原理原則はどれも共通しています。どの分野であっても、成功するために行わなければいけないことは同じなのです。

こうした成功法則を踏まえたうえで、一流の成功者たちが実践していることを自ら実行できることが重要です。そうしたトップ1%未満の人たちが実行している「事実と解釈の違いを認識し、肯定的な判断・行動をする」ことを自ら実践することで、成功者の仲間入りが可能になります。

他人の意見を聞くとき、事実か解釈化を見極める

なお、こうした事実と解釈を分ける行為というのは、自分自身の行動や考え方を分析するときだけに役立つのではありません。部下を含め、他人からの言葉を聞いたときにも正しい判断ができるようになります。

実際のところ、ほとんどの人は言い訳の達人です。できない言い訳を並べ立てるのが大好きなため、サラリーマンからの起業・副業を含め、ビジネスを開始したとしても成功することはありません。これをよく観察すると、個人的な解釈だけで判断して意見を述べていることがほとんどです。

例えば私であれば、サイト運営によるビジネス手法を指導する立場にあります。そうしたとき、一つの事実に対して「できない言い訳(個人的な解釈)」を並べ立てて意見をする人がどうしても出てきます。例えば、以下は「格安SIM(格安スマホを利用するための契約回線)のサイト運営をしている人」から受けたメッセージです。

要は、優れた格安SIMのWebサイトを構築するには、実際にいくつもの格安SIMと契約しないといけないため、お金のない自分では無理だという意見です。

ただ、本当にそうでしょうか。格安SIMのWebサイト・ブログを作ってネットビジネスをするには、確かに実際のスマホの写真を撮ったり、それぞれの通信速度を比較したりして有益な記事を作らなければいけません。これについては事実です。

しかし、解釈を変えればいくらでも解決策を見出すことができます。

  • 家電量販店に出向いて写真を撮らせてもらう
  • 友人に声をかけまくり、それぞれの携帯電話で通信速度のテストをする
  • 最終手段として、携帯ショップでバイトする

要は、一つの事実に対していくらでも解決策があります。ほとんどの人は自分の解釈を入れて、歪めた意見を述べます。ただ、一つの事実に対して正しく意見を述べているケースはほぼありません。そのため、事実と解釈を分ける考え方というのは、他人の意見を聞く場合についても同様に役立ちます。

哲学者ニーチェが残した「事実は存在しない」という名言

これら事実と会社の違いを理解して自分の感情をコントールするというのは、非常に古くから認識されている成功哲学の一つでもあります。

有名人であれば、哲学者ニーチェが残した言葉があります。彼は次のような名言を残しました。

  • 事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである

起こっている出来事(過去の事実)に対して、どう解釈して将来を変えるのかはその人の自由です。過去の出来事や起こった事実を変えることはできないが、解釈によって未来を変えられることについて、哲学者ニーチェもこのように述べているのです。

自分のマインド(心の持ちよう)が違えば成功する

ここでは、起業・副業を含めてビジネス面での事実と解釈を分ける重要性について解説してきました。マーケティングを実践したり、営業をしたりするとき、あらゆる場面でこうした考え方が活きてくるようになります。

ただ実際のところ、これまで述べた通り事実と解釈の違いを理解して感情をコントールするやり方というのは、ビジネスの場面だけで役立つわけではありません。恋愛や勉強、スポーツを含めあらゆる成功方法と合致しています。

結局のところ、成功する方法はどれも同じです。そうした成功法則の一つが事実と解釈を分ける手法になります。

事実を変えることはできません。ただ、一つの事実をどのように捉えるのかはその人の自由です。事実をマイナスに解釈すれば負の感情が沸き起こりますし、肯定的な解釈をすれば成功できるようになります。まずはこの違いを認識したうえで判断・行動してみましょう。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認